このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
トップページ > 記事閲覧
面をつけて、”狂う”…?
日時: 2019/04/25 20:06:11
名前: 剣士A 

Hide.さん
どうも大変長らく御無沙汰致しております。
10数年前に時折ながら同サイトに来訪しておりました
剣士Aです。

久々ではありますが、ある方のブログを拝見して、この様な事が書かれていたので、先ずは目をお通し頂ければ、と思います。m(_ _)m

hhttps://ameblo.jp/von-hameln119/entry-12451231298.html

この記事の途中で、剣道及び薙刀のことについて触れているのですが
この記事内の説明の通り、”面をつけて狂う”という解釈を読んで
「何と幼稚な解釈か…」という風に感じました。
この方は、仮面ライダーやギャバン、シャリバンといった
東映が制作した特撮ドラマが好きらしいのですが、面をつけて”狂う”と言われると
我々は狂うために剣道をやっているのか…と思うと
少々複雑な心境になりました…


Hide.さんはこの記事を読まれて、どの様に思われましたでしょうか?
メンテ

Page: 1 |

Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.1 )
日時: 2019/04/26 07:15:21
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

管理人のHide.です。

おお、剣士Aさん。戻ってきていただき嬉しく思います。
昔に比べずいぶん寂れましたが細々とやってます

ご案内のブログ拝見しました。
剣道をまったくご存じない方の記事です。
取るに足りません。
作者には申し訳ありませんが「苦笑」以外の何物でもありませんね。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.2 )
日時: 2019/04/26 13:30:39
名前: アヤ 

どうも初めての書き込みで失礼します。
私もこの人のブログを拝見させて貰いましたが
「そんなにおかしなコトを言ってるかな?」と思いました。
確かに剣道の面をつける行為を仮面ライダーのマスクをかぶるのと
同じ点で語ったのは「幼稚」と受け止められなくもないですが
「闘う者に生まれ変わる」或いは「一剣士として稽古に励む」という
観点から見ると、これは割と同じ感覚のように思います。
気合いについても「面をつけることによって狂う」というのも
確かに面をつけてもいないのに、鬨の声をあげることなど出来ませんし
キチンと読解力があれば、的外れなコトは書いてはいないと思います。

逆にHideさんに質問なのですが
どこをどう読んで「苦笑」に至ったのでしょうか?
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.3 )
日時: 2019/04/26 15:21:50
名前: その程度の読解力 

面を着けなくても、気魄を込める事は出来ますけどね
面を着けなくても、大声を出す事も出来ますけどね
気魄を込めて大声を出す事と、狂ってる事が同義だとは思いません
剣道を知らない人から見れば狂ってるように見えるかもしれませんが、それは声を出す競技全般に言える事ではないですか?
一心不乱に稽古や試合に打ち込む姿を、狂ってるとしか表現出来ないというのは苦笑しかないですね
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.4 )
日時: 2019/04/27 07:22:55
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

To アヤさん

管理人のHide.です。

真剣に議論するようなことではないと考えますが、お尋ねいただいたのでとりあえずお答
えします。

私が苦笑した理由は、No.3のその程度の読解力さんと同じ理由です。


>そう、マスクやヘルメット、もっと云うならば、鎧や兜(あと面頬など)は
>元来自身の中にある、戦意を高揚させるために着装するモノなのです。

面を着けるのはヒーローが変身するのとは意味が違います。
かつては木刀を使って素面素小手でお稽古をしていた時代があったわけですが、真剣にや
ればやるほどけが人が続出。これでは稽古になりません。
そこで考案されたのが剣道具です。
つまり、真剣に剣の修行をしても双方が傷つかないように、という工夫によって生まれた
のです。
それを同列に考えられても困ります。


>”面を被れば、恥ずかしさを忘れて、狂った様に声を上げても構わない”というのを
>端的に云うならば”面(マスク・ヘルメット)を被り、我を忘れて、狂うことで強くなれ
>る”というコトなのです。

筆者はこのように書いてますが、掛け声をかけることによって気迫を込めることは、日常
生活でもあることです。マスクやヘルメット、面がないと気合いを込められないわけでは
ありません。

また、上記した通り、剣道具をつけることによって、ケガを恐れることなく真剣に剣道の
稽古に取り組むことができるわけで、恥ずかしさを忘れて奇声を発するためではありませ
ん。

たしかに剣道は非日常ですが、私たちは「即日常」を考え学ぶことが大切です。
刀で斬り合いをすることなど全くない現代において、剣道をする目的は、真剣に修行する
ことによって自身の人格の完成を目指してのことです。
これは、剣道の理念にも謳われています


>最後にゴーグルで目を覆って、カガミを観てもらえればわかると思うのですが
>前出の様に、東映特撮ドラマのヒーロー(ヒロイン)になった気分がしませんか?
>もっと云うならば、”狂った”自分を体感出来ませんか?

面をかぶっただけでは「狂った自分」を体感することはできません。
この筆者にも剣道の面を着けていただきたいものですm(_ _)m


ちなみに蛇足ですが、最後の段落と上の部分の整合性が取れていないと考えます。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.5 )
日時: 2019/04/27 18:44:19
名前: アヤ 

Hideさん
御回答ありがとうございます。
ですが疑問点も幾つか見受けられましたので
敢えて批判を覚悟で反論させて頂きます。

まず”面を着けるのはヒーローが変身するのとは意味が違う”とのことですが
確かにそれは理解出来ます。
ですが、それを100%違う!と否定出来るでしょうか?
私はとある剣友会の手伝いを数年ほど務めていますが
剣友会に入会する子供も少なくなりかけていた矢先
10年ほど前に日曜日の朝7時半に放送されていた
「侍戦隊シンケンジャー」を見て、剣道に興味を持った子たちが数名いました。
幸いにしてそのうち3人は中学・高校に進学して
以降も剣道を続けています。
確かに現実に防具をつけて稽古する剣道と、虚構の中の創作である特撮ヒーローは明らかに違いますが
剣道への興味を持つ糸口としての特撮ヒーローの存在については
どうお考えでしょうか?
それとも”特撮ヒーローに憧れて剣道を始めるなどもっての外”という風に
考えておられるのでしょうか?
そうした考えを持たれているのでしたら、私は大変残念という風に考えます。
出生率の低下に伴って、日本での剣道人口も右肩下がりの状況にある中
前出のように特撮ヒーローの出現で、僅かながらも剣道に興味を
持ってくれた子供たちが現れた、という点では良かったと思いましたが。
それについてはどのようにお考えでしょうか?

次に”剣道をする目的は、真剣に修行する
ことによって自身の人格の完成を目指してのこと”ですが
私の剣友会では、70代前後の先生が4名おられますが
過去に教え方の厳しい先生がおられまして、その先生は稽古に来た
低学年の児童に容赦なく罵声を浴びせたり、大人の稽古でも初心者の人を
壁まで突き飛ばしたり、と手荒い剣道をされる先生がいました。
幸いにして数年前に鬼籍に入られましたが、このような教え方をされる先生も
人格者に当たるのでしょうか?
私はこのような教え方をされる先生には、申し訳ありませんが
消えてなくなってもらいたい、と思っています。
こうした先生方がいる限り、剣道はきつく厳しい武道との
印象を拭えないどころか、剣道の衰退につながる、という風に
思いますが。
私は人格者と思う先生方も、何人か見てはきましたが、そうでない先生方も多数見ました。
寧ろ剣道の世界においては、後者の方が多いように思います。
この矛盾を孕んで、この先、日本の剣道人口が増えると思いますか?
その点についても御回答願います。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.6 )
日時: 2019/04/27 20:44:02
名前: 虚刀 

なぜこのブログの内容に共感できないと主張すると特撮を入り口に入ってくる子供を否定することになるのか、話の繋がりに共感できません。
特撮、子供、剣道、このブログはその流れの外にあります。子供がこのブログを読んで剣道に興味を持つ事がありえますか?

後半は、仮に矛盾があったとしてそれはHideさん個人の責任ではありません。理念に沿えていない他の修行者さんの抱える問題であって、Hideさんが人格の完成を目標にするものと認識されている事や剣道界がその目標を掲げる事を妨げるものではないと思います。にもかかわらずHideさんを追及するのは筋が違うように感じますし、このブログに共感できないがために追及されなければならない事でもないと思います。

全体の印象として、反論と言いつつ話のほとんどがブログの主張に共感できないことと無関係な、アヤさん自身の剣道界不信の発露であるように見えています。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.7 )
日時: 2019/04/28 07:42:42
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

To アヤさん

>「侍戦隊シンケンジャー」を見て、剣道に興味を持った子たちが数名いました。
>幸いにしてそのうち3人は中学・高校に進学して
>以降も剣道を続けています。

けっこうなことです。
動機となった戦隊ものは「侍戦隊」ですよね?
剣道を想起させるネーミングです。

その他の剣道を想起させないネーミングなら、剣道への動機付けにはならなかったと想像
できますので、「戦隊もののヒーローにあこがれて」という根拠としては薄いと考えます


>剣道への興味を持つ糸口としての特撮ヒーローの存在については
>どうお考えでしょうか?
>それとも”特撮ヒーローに憧れて剣道を始めるなどもっての外”という風に
>考えておられるのでしょうか?

どんな動機であれ、剣道に興味を持ち門をたたいてくれたことは喜ばしいことです。
あとは指導者が、どう興味関心を持たせ剣道を続けさせるかにかかっています。

私の頃は「赤胴鈴之助」というマンガがきっかけで多くの子どもたちが剣道に入門しまし
た。かく言う私もその一人です。チャンバラごっこなども流行っていた時代ですからね(笑)

その後、「六三四の剣」の時代にもたくさんの入門者がありました。

最近はTVで時代劇が全くなくなってしまいました。
TVの影響は大きいですからねぇ。それも剣道へのあこがれを少なくしているかもしれませ
ん。
バラエティでは取り上げられることがありますが、子どもたちの見る時間帯ではありませ
んし、「あこがれる」という内容かどうかは不明です(>_<)

ともあれ、戦隊ものにせよマンガにせよ、そうしたものを見て入ってきてくれる子を否定
する気持ちは微塵もありません。


>私は人格者と思う先生方も、何人か見てはきましたが、そうでない先生方も多数見ました。
>寧ろ剣道の世界においては、後者の方が多いように思います。

残念ながら、私も同意見です。
段位を取得し、その段位の上に胡坐をかき、下の者に対して威張り散らす高段者のなんと
多いことか。
そういう方々は剣道の理念、目的を履き違えておられるのです。
嘆かわしいことですね(T T)
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.8 )
日時: 2019/04/28 07:45:05
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

To 虚刀さん

管理人のHide.です。
いつも書き込みありがとうございます
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.9 )
日時: 2019/04/28 10:31:15
名前: 虚刀 

To Hideさん

こちらこそありがとうございます。
私は頭が悪いので読み返すと皆さんのお邪魔をしてしまったなと思う事もあります。
自他のために書き込み内容に気を付けたいと思います。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.10 )
日時: 2019/09/10 15:02:50
名前: 元剣士 

おぅ、横から失礼させてもらうぜ

「面をつけて狂う」のがおかしいって?
相変わらず、剣道家の連中は意識高い系の莫迦ばっかりだな
俺は昔、剣道やってて、昔っからの特撮狂だが
どうして面をつけることが「狂う」ってことに気づかないんだ?
それとも面をつけるのは、頭部の打突からの防護だけが目的で
面をつけることで闘う人間へと進化するための行為ということを
何で否定するんだ?
アンタら剣道やってる連中は、剣道は日ごろの平和である中で
自己を修練すべく稽古を積む、的なことをのたまってるが
本当か?と俺には懐疑的だがね
それとアンタら剣道やってる連中は「剣道は特撮ヒーローになるのとは違う」なんて
つまらないことを言ってるようだが
アンタたちのその現実感覚の無さが剣道人口の衰退を招いているんじゃないのか?
本当に剣道が日本に於いて必要な格技・武道の一つであると言うなら
今の剣道人口をもっと盛り返してみろよ 出生率減少という現実を嘆いてないでさ
それが出来ないなら、剣道やってる連中が特撮のことについて
口出ししないで貰いたいモンだな

これだから剣道しか知らない莫迦は困るんだよ!



メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.12 )
日時: 2019/09/11 08:08:35
名前: 気弱な剣士の父 

剣道始めるきっかけが特撮や時代劇の
影響があっても否定はしませんが
実際に剣道をやっていたら
あきらかに別物だなと思うはずですがw
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.13 )
日時: 2019/09/11 08:54:52
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

To 元剣士さん

管理人のHide.です。

ご意見は拝聴いたしますが、剣道具は竹刀で叩き合う時に怪我をするのを防ぐ目的が主で
す。変身を目的にしたものではないと考えます。


>本当に剣道が日本に於いて必要な格技・武道の一つであると言うなら
>今の剣道人口をもっと盛り返してみろよ 出生率減少という現実を嘆いてないでさ
>それが出来ないなら、剣道やってる連中が特撮のことについて
>口出ししないで貰いたいモンだな

特撮のことについてはなにも意見を述べていないと思いますが?
多くの剣道愛好家は、剣道という現代ではたいして意味のない運動競技に汗を流しつつ、
己と向き合い自己の心身を鍛錬する目的でお稽古に取り組んでいるものです。
我々は粛々と、先達が残してくれた剣道という文化を、間違うことなく後世に伝えること
を考えております。
剣道人口が増えるに越したことはありませんが、間違ったものを広めることこそ罪になる
と愚考する次第です。

「元剣士」というHNを拝見するに、昔は剣道をおやりになっていたが、今は剣道をおやり
になっていらっしゃらない方でしょうか?
正しく剣道を学ばれなかったのでしょうね。
一番大切な「礼」のお気持ちが皆無のようですので。

匿名掲示板とはいえ、PCの向こうにいるのは生身の人間です。
そこに思い至らない書き込みは、たとえどんなに正論であってもだれも耳を傾けません。
お気を付けくださいm(_ _)m
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.14 )
日時: 2019/09/11 15:54:15
名前: 元剣士 

Hideさんと申す御宅が管理人かい?

さっきの返信、読ませて貰ったが
悪いが「何を言ってんだか」としか思えないね

剣道具が剣道をする際に競技者の身体を
防護するモノということは承知してるさ
だが、防具は”剣道をたしなむ者に「あくまでも身体を防護する為だけ」着用させる”為だけのモノか?
剣道をやる人間だってゴマンといるんだ
やる側にしてみれば、ただ単に稽古する為だけに
防具を身につける者もいれば
「俺は防具を身を固めて闘う人間になる!」って
思ってる人間だっているんだよ
少なくとも、剣道を習ってた頃の俺はそうだったがね
それを御宅らの勝手な基準で”幼稚”と決めつけるなって言ってるんだよ
そもそも「防具=身体を護る為だけのモノ」という決めつけが、考え方として貧困だよ

俺は30年近く前にドイツに行ったことがあるけども
ヨーロッパでは騎士道というのが今でも残っててさ
騎士は主君・婦人を尊び、一大事があれば
その者を護る為に鎧に身を固め、馬に乗り闘いの場へ
赴くんだ、って教えられたコトがあってさ
騎士の家系に生まれた男で当時20代後半だったエックハルトって奴で
「私は普段この地で森を護る仕事に携わっているが、この鎧は私の家に脅かすような何か良からぬことがあれば、我が身と愛する者を護るべく、常に磨いている」
って言ってたけどね
今じゃ闘いの手段が飛び道具主体になってしまったから
鎧に身を固めるってコトもないだろうけどさ
でも、このエックハルトが言ってたよ
「私はこの鎧に身を固めることは、余程のことがない限り無いだろう
でも、この鎧を一度着た時に、その時、私は愛する者を護る騎士という存在に成れた、その思いが全身を支配した」
って言ってたよ

こんな考え方が出来る人間、日本にいるか?
昔から大陸が陸続きで、闘いが昔から当然だったヨーロッパと
海に囲まれた日本の考え方の違いと言ってしまえばそれまでだが
この国で平和ボケの中で、剣道やってる連中は、そこまでイメージが湧かないんだろうな

そういうイメージが出来るようになれない限りは、日本はいつまで経っても
日本を護ろう!なんて人間は出て来やしないよ
東映の特撮ドラマやマーベルコミックのヒーローは「何の為に、誰の為に闘うか?」が明白だから、まだ理解出来るけどさ
日本も剣道界が率先して、こうしたイメージを取り入れる!
というならまだ救いがあるけどな
今のままじゃ、剣道界はトキやパンダのように滅びゆく生き物になっていってるのと同じだ

最後に日本から剣道の火が消えかかってから、WWFに支援を乞うようなコトだけはしないでくれ

じゃあな!
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.15 )
日時: 2019/09/12 07:19:39
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

To 元剣士さん

>やる側にしてみれば、ただ単に稽古する為だけに
>防具を身につける者もいれば
>「俺は防具を身を固めて闘う人間になる!」って
>思ってる人間だっているんだよ

まぁ、個々人の考え方はそれぞれですから、そういう方もいらっしゃるかもしれませんね


>それを御宅らの勝手な基準で”幼稚”と決めつけるなって言ってるんだよ

私の書き込みのどこに幼稚だなどいう記載がありますでしょうか?
反論の矛先が違っています。


>こんな考え方が出来る人間、日本にいるか?

逆に伺いますが、ヨーロッパ人では騎士道をそのようにとらえて備えておられる方が大半
なのでしょうか?


>今のままじゃ、剣道界はトキやパンダのように滅びゆく生き物になっていってるのと同
>じだ

絶滅しないように、ご意見を頭の片隅において鋭意努力していく所存です。
ありがとうございましたm(_ _)m
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.16 )
日時: 2019/09/12 08:16:17
名前: 気弱な剣士の父 

なるほど中二病ってこういう人を言うんですね〜

騎士道について語る前に
武士道の礼節をちゃんと理解した方が良いと
思いますよ
平時の際の心がけや礼節について
それがちゃんと出来ていてこそ有事の際の行動につながるのだから
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.17 )
日時: 2019/09/12 12:36:36
名前: から 

そもそも、実戦ではほぼ役に立たない剣道が、なぜ警察官や自衛官、刑務官などで行われているんでしょうか?
まずそのあたりを理解していないと、「変身!」って面をつけるのが不自然だって事に気付きませんね
理解する前に剣道から離れてしまったのは残念です
この件に関してはいつまでたっても平行線のままでしょう
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.18 )
日時: 2019/10/25 04:53:04
名前: γ 

どうも初めまして。
過去のスレッドにコメント致しまして、真に申し訳ありません。
私は時折ながら、このスレッドを拝見してはおりましたが
是は是で中々興味深い話題なのではないか?と思っておりました。

剣道をされておられる皆様においては
面は「頭部への打突を防ぐべく着装するものであり、其以上其以下に非ず」という考えの方がやはり多い様で
それを特撮ドラマに於ける「変身」という行為と一緒という風にされると
「否!」という気持ちはよくわかります。
竹刀からの打突より身を護るべく防具は身につけるものであり
変身するという風への考えに至ることも理解出来ます。

しかし、剣道を修練されている人口は
残念ながら、剣道を修練していない人口よりも少ないのが現実です。
そうした部外者の「防具を纏う行為=特撮ドラマに於ける変身」という発想を
有り得ない考えと撥ね付けるのは、剣道を修練されている方々のエゴだと
いう風に受け取られてもおかしくないのではないでしょうか?
剣道を修練するに当たり、防具を纏うのは当然のことであり
それが「変身」を意味しない、と言うのであれば、
剣道を修練しない側からしてみれば
防具を纏う行為が「竹刀からの打突より身を護る」以上に
「一般の人物が、戦士・闘士へと姿を変えるべく防具を身に纏う」
という風に考えるのも、私は其は其で良いのではないか?
と思う次第です。
面をつける行為が、本郷剛が仮面ライダーとなりショッカーを殲滅すべく
戦士としての決意を固める為に、マスクを被るのと同等の行為ではない
とするならば、剣道をされている側は「あぁ、剣道を学んでない側からすれば
そういう風に見えるのだな」で良いではありませんか。

複雑に入り組んだ現代に於いて、解釈は幾通りも存在します。
「何が正しくて、何が間違いなのか」を追求していくと
正邪の追求は、最終的には論争・戦争という結果に帰結することになりかねません。
正しくない物事や考えは、そう簡単には変わりません。

剣道を学ぼうとするも、諸般の事情で断念せざるを得なくなった
一般の者からの拙論と受け止めるに留めておいた方が良いかと思う次第です。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.19 )
日時: 2019/10/25 07:01:56
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

To γさん

管理人のHide.です。

私もNo.3を同じような趣旨で書かせていただきました。
色々な考え方があるんだなぁ、という感じですが、問われたのでそうではない(と考え
る)理由を述べさせていただいたまでです
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.20 )
日時: 2019/12/22 06:05:09
名前: γ 

Hideさん
大変御無沙汰しておりました。
私自身があまりパソコンに詳しくない事や
何より忙しい身ゆえ、返答が遅くなってしまった事を
どうか御理解下さい。

このスレッドにおける、以前のHideさんの返答を拝見させて貰いましたが
敢えて苦言と映るような書き方になってしまいますが
「剣道を修練されている人間というのは、やはり心が狭い人種なのか…」
という風に私には感じました。
私も剣道を修練している身ではありますが、過去にとあるラジオ番組で
すでに泉下の人になられて久しい、5代目柳家小さん師匠が
「以前、娘の子にあることを云われてね、私は長いこと剣道をやってんだけどね
「お爺ちゃん、剣道用の着物を着て、防具を身につけて、面をかぶって
竹刀で叩き合いっこしてるけど、ナンか仮面ライダーみたいだね」って云われてさ
私も「あァ、まぁそんなモンだ でも爺ちゃんはバッタの化けモンみたいに
空高く飛んだりはしないけどな」と仰っていたのを思い出しましたが
こういう様な返答が出来る人が、どうして剣道界には少ないのでしょうか?
勿論、柳家小さん師匠は落語家という、云わば芸人ではありましたが
これが他の人ならば「けしからん!」或いは「剣道を舐めている」といった言動になってしまうのは
いかがなモノでしょうか?
こういう”大人の返答”が出来ない人が多いのが、今の私が思う
剣道を修練されている人々の問題点の様に思う次第です。

話は変わりますが、私は剣道を修練する傍ら、18歳で自動二輪の免許を取得した
所謂バイクライダーであったりします。
あるバイク関連用品を扱う店へ行くと、道場の棚に並べられた
剣道の面の如く、一列にヘルメットが置かれているのをよく目にするのですが
その光景はある種の凄さを感じます。
ヘルメットをかぶる事は、バイクに乗る上で大切な事ですが
”ヘルメットをかぶる事でライダーになる”という事と
”剣道を稽古する為に面をかぶる”という事を同一視する事は
問題でしょうか?
日常と隔離された場所に入り、非日常の世界に足を踏み入れる
云わば”異相する”行為が、剣道に於いては特別であり、バイクに乗る者 若しくは
特撮ドラマに興味を惹かれた者はそれを表面上からしか見ていない
愚劣な考え、とするのでは
剣道家の方々の視野の狭さを感じる様に思えてなりません。
確かに剣道は日本古来の伝統がありますから”現代性と分け隔てた場所で
修練するからこそ意味がある”という考えも理解は出来ますが
伝統だけに精神性を求めるばかりに、現代性が皆無であるが故に
猛稽古のみに価値がある、と考え、スパルタ的修練手段を取ってしまう
人物を量産している…という皮肉な現実もあると私は感じます。
「剣道は日本古来からの伝統なり」というならば国際化した
今の剣道界を、本で剣道を修練している人にはどう映るのでしょうか?
「正しくない だからこそそれをあるべき姿に回帰させるべし」とする様な
考えを持つ人が多いからこそ、日本の剣道界が廃れていってしまっているという
皮肉な現実を理解出来ている人が、今の日本で剣道を修練している
人々にいるでしょうか?
ここの問題点を理解出来ていない人間のいかに多いことか。
私はこうした人に「今の日本がガラパゴス化してしまっている
一因なのだ」という事をキチンと教えていく必要性を痛感せずにいられません。

如何でしょうか?
Hideさん、宜しければ御回答宜しくお願い致します。
尚、こちらが即答出来ない旨も御理解の上で御回答頂ければ幸いです。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.21 )
日時: 2019/12/23 08:44:15
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

To γさん

私は形稽古も大好きで、日本剣道形はもちろん、古流では一刀流を学ばせていただいてお
ります。
形稽古では防具を付けませんが、防具をつけて竹刀で打ち合うとき以上に「剣士モード」
に入り込めます。
それゆえ「面をつけて狂う」はピンときませんで(^^ゞ


>確かに剣道は日本古来の伝統がありますから”現代性と分け隔てた場所で
>修練するからこそ意味がある”という考えも理解は出来ますが
>伝統だけに精神性を求めるばかりに、現代性が皆無であるが故に
>猛稽古のみに価値がある、と考え、スパルタ的修練手段を取ってしまう
>人物を量産している…という皮肉な現実もあると私は感じます。

現代の日本で剣道に取り組んでいる人たちのほとんどがそういう考え方だとお考えでしょ
うか?


>「正しくない だからこそそれをあるべき姿に回帰させるべし」とする様な
>考えを持つ人が多いからこそ、日本の剣道界が廃れていってしまっているという
>皮肉な現実を理解出来ている人が、今の日本で剣道を修練している
>人々にいるでしょうか?

少なくとも私には、日本の剣道界が廃れていっているという認識はありません。
そもγさんが「廃れていってしまっている」とは、なにをもってそうおっしゃっておられ
るのか?
そのあたりをお示しいただけますと助かりますm(_ _)m
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.22 )
日時: 2019/12/29 09:26:16
名前: 横から失礼します 

私も「面をつけて狂う」をいう表現には違和感を覚えます。面をつけた狭い視野の中で集中しやすい環境かもしれませんが、防具は安全性を考えて付けるもの、そして先生方からもそう教わります。

もう一つ、違和感を覚えましたのは、
「アヤさん」「元剣士さん」「γさん」の文章の記載方法や文脈、段落の切り替えなどが似ていることです。
違えば申し訳ありませんが同じ方?と考えてしまいました。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.23 )
日時: 2019/12/29 19:25:13
名前: 虚刀 

剣道の歴史を調べましたが、第二次世界大戦敗戦時にGHQによって戦争に加担した超国家思想?だかなにかと見做されて解体されて以降、復活するにあたってスポーツとして発展していくということになったようですね。

剣道を習う時、技術論は皆さんよく取り組まれていると思いますが、歴史や、哲学というか理念というか。
それを現代でどう位置付けるか。
こういった座学的な内容は一部の高段者とそのお弟子さん周辺にしか伝わっていないのでは?と思うわけです。(内外で自発的に興味を持った層はともかくとして)
そしてそもそも、それ自体GHQの警戒、解体の対象であったようですし、今どの程度体系的に残っているか私は把握しておりません。

精神文化的要素を剣道家達が学ぶ時、それを感じさせる師や研究者気質な人に出会う、自ら調べる、段位など、人それぞれ学習機会や内容にある種の断絶があると思います。

剣道がスポーツであるならば、剣道家達は主に技術と競技によってつながる事になると思いますし狂ってもいいと思います。
道であるなら精神文化をどう扱うかは問題だと思います。
そして実際には、これはどちらも切り捨てにくく、また現状として両方を含んでいると思われますので、目指すべきは両立であると考えるわけです。

価値観の多様化は、それぞれの価値観が整備されて相互に把握しあい秩序を保つ必要があると思います。
相容れない価値観の乱立、衝突、無秩序は、価値観の霧散だと思います。

このスレッドの状況は、未整備、霧散した状況が表面化しているのであって、諸々定まっていない(又は定めている事が普及していない)以上は何が正しいか、間違っているかも定めようがないと思います。
剣道的価値観を、剣道家のどこまでの層がどの程度把握し、それにどこまで沿うべきなのか。
両立するとして、スポーツ派と武道派で別々に両立するのか、一個人の中での両立なのかということもあります。修練のどの段階で両立するか、座学も充実させ武道的価値観を情報だけ先に開示、普及させてもいいのではないか、とも。

スポーツ的競技者でも、武道方面に理解のある方も多いわけですから、武道VSスポーツとは単純化しすぎですが、一部ではやはりこのような状況になるわけです。剣道の伝習形態にはまだまだ向上の余地がある様に思いますし、これらが問題の本質ではないかと感じます。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.24 )
日時: 2019/12/29 19:31:55
名前: 虚刀 

申し訳ありません、断定的に語っておりますが、あくまで私にはそう見えて、こう考えた、という話ですので、あまり強く発信する意図は無いです。
もし強く批判的に感じてしまった方が居たら申し訳ないです。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.25 )
日時: 2020/07/25 04:50:25
名前: 鬼滅の刀 

このスレッド見て思ったんだけどさー、剣道やってる人って、どうしようもないくらいにアタマの固い人が多いんだねー
剣道やってる人は”面をつけること=特撮ヒーローになるコトじゃない”って考えてる時点で思考が停止しちゃってるよね
どちらも”何かと闘う人”という風に考えれたら別に間違ってないと思うんだけどねー
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.26 )
日時: 2020/08/01 19:45:49
名前: 鬼滅の刀 

こっちが書き込んでから、一週間経ったけど、何の返答もないのかい?
ここに集ってる剣道人は、このコトについて、臭い物に蓋でスルーしようとしてるってコトかい?
それとも自分達に関係ないから、このままアナクロニズムに漬かったまんまで
21世紀も乗り越えて行こうって考えなの?

臆病だね
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.27 )
日時: 2020/08/02 07:33:24
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

To 鬼滅の刃さん

管理人のHide.です。

私の考えはすでに上に述べてあります。
あなたのお考えとは異なります。
お読みいただけますれば、ことさらレスの必要もないと判断しております。
恐らくほかの方も同じお考えかとm(_ _)m
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.28 )
日時: 2020/08/02 19:50:54
名前: 鬼滅の刀 

Hideさんとやらへ
悪いが、こっちの名前は鬼滅の刃じゃなく
”鬼滅の刀”なんだけどね。
アンタ、目は大丈夫かい?


それと<あなたの考えとは異なるのでレスする必要はない>ということは
剣道界はそうしたコトを「取るに足りない、しょうもないコト」
という風にしか考えてないってコトだよね?
だから剣道界は朽ち果てて来てるんじゃないのかい。
アンタは前の返答で「剣道が廃れていっているという認識は私にはない」なんて
愚の骨頂の様なコトを云っているけどね
アンタが全国から学生が集まって来る東京とか
九州の様な剣道の盛んなトコしか見てないからじゃないのかい?
少なくともこっちには中学が4校、高校が3校あるけど
ウチの地元の中・高どちらも剣道部が存在しないんだけどね。
アンタのモノの見方は完全に<木を見て森を見ず>なんじゃないのか?

それと剣道界に限らず、日本人というのは、こうしたピンと来ないコトに関して
「コイツは一体何を訳の分からんコトを言ってるんだ?」的な風にしか受け取れない時点で愚鈍の極みだ。
一見、利益にならないコトでも、この先、風向き次第でそれがテーマになり得るコトだってあるだろうに
それを<取るに足りぬ、くだらんコト>で切り捨てる
このままじゃ日本人は永遠にネトウヨと同種の、どんなコトに於いても
日本万歳!で済ましてしまう程度の低い人種のままだ。

イタリア人の小説家のウンベルト・エーコが20年前に著した
「永遠のファシズム」で言ってたよ

1.「伝統崇拝」志向であり、「反知性」志向であること
2.「反近代主義」あるいは「非合理主義」であること
3.「行動のための行動」を崇拝すること
4. 批判を許さないこと
5.「余所者排斥」あるいは「排外主義」、「人種差別主義」であること
6. 社会的・経済的危機における個人や社会の不満から発生すること
7.一般大衆に向かって「ナショナリズム」を訴えること
8. 必ず「敵」をつくるが、敵の力を客観的に把握する能力に欠け、最後は敗北する
9. 大衆一人一人を英雄にすべく、教育すること
10. 潜在的意志を性の問題に向け、女性蔑視や性的マイノリティ排斥に向かうこと
11.少数の選ばれた集団の声が「民衆の声」にすり替えられること(質的ポピュリズム)
12. 貧弱な語彙と「単純な表現」を好むこと

今の日本の剣道界に蔓延しているのはまさしくコレだ。
特に2.と4.と9.なんてまさにそうだろ。
その辺り、もう少し改心した方が良いと思うがね。







メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.29 )
日時: 2020/08/02 23:43:47
名前: 竈門炭次郎 

鬼滅の刀さん
>剣道やってる人って、どうしようもないくらいにアタマの固い人が多いんだねー
     既成概念と言うのは、年を取るとどうしても思考回路に「経験値」として先行
するものです。 あなたも年を取るとお分かりいただけると思います。 年長
の他人の頭が固いという前に、十分ご自分の頭を柔軟に保つ努力をなさってく
ださい。

>こっちが書き込んでから、一週間経ったけど、何の返答もないのかい?
     これでは何か返答しようとしていても、引っ込めたくなります。 多くの返答
が届くような工夫を送信文に盛り込んでおいてください。 同じ内容を書くに
しても「やんわり」と表現なさる事をお勧めします。

>ここに集ってる剣道人は、このコトについて、臭い物に蓋でスルーしようとしてるってコトかい?
    臭いも何も「面を付けて狂う」と言う心理が理解できないから、剣道人として同
じ土俵で議論しにくいのです。
よろしかったら気滅の刀さんの感じる「面を付けて狂う」心理をご披露ください。

そう言う所が整ったら、かなり面白い議論が出来そうなのです。
僕の思う所では面を付けたら、相手と思いっきり「渡り合える」状態になったという感覚
だけですがねえ〜〜〜 「狂う」という感覚は皆無です。 立ち合う場面が面を付けてい
ようがいまいが、気合を込めた発声は別の所でも出していますよ。 一番端的なのは「剣
道形」をやっている時ですね。 やはり勢いのあるカッコいい「形」を打つためには大声
は大切です。

とまあ、鬼滅の刀さんが剣道をやっておられるなら、そういうあたりは以心伝心ではない
でしょうか?
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.30 )
日時: 2020/08/03 07:41:00
名前: Hide.◆vm9xYr4tCqk  < >
参照:

To 鬼滅の刀さん

お名前を間違えてしまい申し訳ありませんでした。
昨今老眼がひどくて「鬼滅の刃ブーム」も相まって先入観でHNを書き込みしてしまいまし
たm(_ _)m

剣道ブームの頃(昭和40年代〜50年代)に比べたら剣道を志す若年層が少なくなっている
ことは間違いありません。もちろん若年層自体の人数も減っておりますので、剣道人口だ
けが減少しているかどうかの検証はできておりませんが。

「面をつけて狂う」を認めることと「剣道人口の減少」の関連性につきましては、さらに
私には理解の及ばないところです。申し訳ありませんm(_ _)m


>イタリア人の小説家のウンベルト・エーコが20年前に著した
>「永遠のファシズム」で言ってたよ

これは存じ上げませんでした。
勉強になります

せっかくの警鐘ですから、理解力のない私宛に書き込みされるよりも、全剣連に提言して
みてはいかがでしょう。
私よりも若く優秀な人材が揃っておりますので、きっと剣道界の将来のために前向きにお
考えいただけることでしょう。
メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.31 )   New!
日時: 2020/08/09 22:26:26
名前: 鬼滅の刀 

竈門炭次朗さんとやら
1週間ほど間が空いてしまった様だが、アンタのコメントに対する返答と行かせて頂こうか。

アンタの返答を拝見させて貰ったけれども、その辺の凡百凡千の剣道人の意見と一緒で
無味無臭だね。
他者(このスレッドのトップにあったブログやってる人間が剣道をやってる(やってた?))が「面をつけて、狂う」
という風に云ってるんだから、まぁそれも一理ある・・・と思えば良いだけの話じゃないのか?
それをここに集まっている剣道人が「アホか」で済ましているか
そうじゃないか、というだけの違いだろ。

このブログ主の書いてる意見は、俺には
「確かにアホな意見かも知れんが、一理あるかもな」という風に感じる次第だがね。

かく云う、俺も昔、仮面ライダーを見てたクチだから
テレビとフィクションをごっちゃにするな、と両親から口を酸っぱくして教えられたけどさ。
ただ、あの東映制作の特撮ドラマの様に、主人公が仮面ライダーのように
強化された肉体を武器に、そして頭部を防護する為にマスクをかぶって
悪の組織と闘うという設定は、かつての正義の戦士vs悪の軍団という
典型的な構図とは云え、それがテレビの中のフィクションだとわかっていても
周囲でそういうコトに興じられる場が皆無に等しいから
敢えて剣道にそれを見出した・・・という風に俺には受け取れたけどな。
当時だとバイクだって、学校で三ない運動が巻き起こっていて
買えるたどうかわからなかったしさ。

ところでアンタは剣道を修練して、一体何年になるんだい?
仮にもしアンタが剣道を教える側にいたとして、或る小学生が
「ボクは仮面ライダーみたいに強くなりたくて剣道を学ぼうと思いました」
って入門に来たら、「アホ抜かせ!」の一言で追い返すのか?
アンタの返答から見ると、そういうコトになるがね。
そんな風にしか、剣道を修練している側から返答が出来ない人間が殆どだから
剣道をやろうとしてる子供達も少なくなって来ている
というコトに何時になったら気付くんだい?
このままだと、本当に剣道は一般層から手を離れて
ヨーロッパの馬術の様に
おカネと馬が所有出来て・・・という前提があって始めてでしか
剣道を修練出来なくなる様になると思うがね。
それでも良いのかね?


メンテ
Re: 面をつけて、”狂う”…? ( No.32 )   New!
日時: 2020/08/10 11:02:38
名前: 鉄心 

私も友人の防具姿がカッコよくて憧れて剣道を始めた口なので、面を被ることが「変身する」という見方には共感できます。
習い始めのころは稽古着袴姿で基礎練しかやらせてもらえないので、面を着けて打ち合う友人たちを見て、自分も早く面を着けたいなーと羨ましかったです。

いよいよ面着けを許された時は嬉しかったですが、そこからは自分も打たれる側になりますので、稽古がしんどくなったのを覚えています。

中学・高校と競技剣道の真っただ中で日々がむしゃらに稽古していきましたので、防具は憧れのアイテムから、商売道具・相棒のような存在になりました。

初めて剣道に触れる方(大人から子供まで)が防具姿の剣道家にあこがれ、「あのカッコで戦ってみたい」という動機で剣道を始められることは大変喜ばしいことです。
でもまあ稽古を重ねるうちに、興味は「防具姿の自分」「タガを外した殴り合いごっこ」から「競技としての剣道の技術」「仲間との切磋琢磨」「勝負の面白さ」に変わっていく方がほとんどかと思います。

その中でも自分のこだわりの防具をオーダーメイドで仕立てる方もいらっしゃいますし、
誰でも防具を買う時は自分なりのこだわりが出ますので、防具そのものに興味がなくなるわけではないと思います。

いずれにせよ、剣道に興味を持ってもらえたきっかけが、「普段と違う格好で戦う姿」というのは大いに結構だと思います。
大人が防具姿の自分に愉悦するのも悪くはないと思います。

ただそれを自分の内に留めておけず、世の中に広く発信したり、そんな考えを持って何が悪い!と食って掛かる姿勢が問題で、
「ああ、この人は剣道を習い始めた時のまま、練度が変わっていないんだな」と思われても仕方ないですね。
メンテ

Page: 1 |