記事タイトル:蛍雪時代 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
to すけきよさん

剣道を頑張っても、将来の保証が何もない剣道界の現状を考えると、「勉強も」ってお考
えになられるのは至極当然のこと。それに対して異を唱えるつもりはひとつもありません(^^)

これはあくまでも私個人の考えですが、私は、もし子どもが望むのなら、勉強なんかどう
でもいいから剣道一直線に歩ましてやろうと思っています。こんな先行きが不透明な時代
じゃないですか。一流大学を出て一流企業に勤めたって、その企業がいつまでもつかすら
わかりません(^^; 大切なのは学力じゃなくてマンパワーだって気がするのです(^o^)
強豪校で揉まれれば、剣道以外の面でも力がつくはずですから。
むろん、文武両道であればそれに越したことはありませんがね(^^;


>でも彼は風格ありますねぇー。今後の楽しみな選手です。

人間的にも見どころのあるやつです。次代の剣道界ばかりでなく電脳剣士会も支えていっ
てくれると楽しみにしていますヽ(^.^)ノ
彼ばかりではなく、中高掲示板にはいい人材がたくさん集まってますけどね(^_-)〜☆
[2003/09/16 17:45:49]

お名前: すけきよ   
>次は高校で力試しですね。

実は志望高校でも若干考えるところがあるんです。

今は家族、本人とも一応ここを目指してがんばろうって所を目標に、
遅ればせながらお勉強に力をいれようかってところなんです。
じゃぁ、なんで迷うことなんかあるの?ってことですが、同じ学年で
一緒に頑張ってきた子達がいます(かっこよくいえば他校のライバル
達)。どうやら彼らは揃って同じ学校を目指しているらしいのです。
まぁ、いずれも公立高校ですから剣道が強くたってお勉強もできなけ
りゃ合格はできないのですが、本人は何度かその高校の練習を見学
(参加も)したことがあり、雰囲気、指導者、部員の資質などに感心
していたのです。まして、”あいつらと”一緒のチームでできたらと
(自分が選手になれる確証は一切ないが)後ろ髪引かれ隊に入っちゃ
ってるみたいなんです。

剣道だけがすべてではなくて、高校生活、さらにはその先の進学等、
トータルに考えて受験先を決めて欲しいと家族は願っています。

そういう父は「インターハイ」とか「全国大会」という響きに非常
に敏感に反応します。自身も当時(30年前?)チームメートとそ
んな言葉を合い言葉に頑張りましたし、実際、経験もさせていただ
きました。今、国体は各県選抜になりましたが、やはり各校が各県
代表戦を勝ち抜き、出場する「インターハイ」は格別なものがある
と思います。

いずれにしろ、がんばってお勉強しなきゃならないわけですし、本
人が後ろ髪をひかれようが家族の気持ちは「剣道がすべてではない」
に集約されているようです。もちろん剣道の試合に絶対はありませ
んし、どこにいこうが自分自身の努力が一番大切なことはいうまで
もありません。

でもなぁー、どうせやるならいいのが集まってるとこがいいよなぁ〜。

PS Hideさん、全中楽しかったです。中学生掲示板もよく覗くので
K県H中のT.N君見るの楽しみにしてたんです。そしたら、びっくり
うちのガキと対戦することになっちゃって。
でも彼は風格ありますねぇー。今後の楽しみな選手です。
[2003/09/15 18:42:51]

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

>PS Hide様 愚息中学進学の際にメールで御相談申し上げたことが
>ございました。その節は適切なアドバイスを頂きありがとうございました。

ありゃ、もう中学引退ですか? なんか早いなぁ(^^; 歳をとるわけだ・・・(-.-)
ご子息、全中にも出場されたのですか。頑張りましたねぇ! ご苦労は多々あったかと思
われますが、よかったではありませんかヽ(^.^)ノ

中学の剣道はこれで一区切り。次は高校で力試しですね。高く飛ぶためには一度身をかが
めなければなりません。今はちょうどそんな時期なんだと思います。蛍雪時代に多くのエ
ネルギーを吸収して、高校ではさらに高くジャンプできますようお祈りいたしております!


>恐縮ではございますがHideさんにも「がんばれーーーっ!!」

暖かい励ましのお言葉、胸に染みます。ありがとうございました(^o^)
[2003/09/15 12:55:04]

お名前: すけきよ   
現在中3の息子が剣道を始めてから7年。
今、中学校の剣道も一応大会が終わり息子も受験勉強という名のオフに入りました。

父(かくいう私)も学生時代までは日々稽古に勤しむ剣士のはしくれでありました。
が、社会に出てからは剣道のどの季節にも逆行する不自然さ(暑い時も全身防具で
覆う、寒い時も冷たい床にわざわざ素足 等)にかこつけて自愛の為にもすすんで
竹刀を持つことはもうあるまいと引退したつもりでおりました。

息子が剣道やるってことになった時、「えーっ、まだ早いでしょぉ〜。もうすこし
わけがわかるようになってからでもいいんじゃぁねーのぉ〜」なんて自分こそわけ
のわからないことをつぶやきながら、「へぇ〜、自分の子供が剣道ねぇ〜」と、ま
だ頼まれもしないのに、「それじゃー、俺も剣道復活かぁ〜」などとほくそ笑んだ
のが昨日のようです。

あれから早幾とせ、今ではリバ剣よろしく(もちろん基本的には稽古嫌いなので完
全に子供相手ではあるが)息子の前では剣豪気取りの愚かな父であります。

思い起こせば、今日がデビュー戦という試合の開会式の途中、試合はまだだってい
うのに極度の緊張からか気分が悪いといって観客席に戻って来ちゃったんです。
先行き不安な気弱な子でしたが、なぜか(やはり剣豪の父の血か?)こと剣道に関
しては真剣に取り組み、地域では癸韻箸泙任呂いなくてもトップクラスの戦績を
あげるようになりました。

運良く出場できた先月の全国中学校大会でも何回か勝ち進むことができ、厳格な父
を標榜するこの父(実体は伴わないが)は直接は言いませんが「たいへんよくがん
ばった」と心の中で慰労してあげてます。

まだまだ振り返るほどの剣歴がある息子ではありませんが、一区切りつけてなれな
いお勉強に奮闘している姿に、「早くまた剣道やろーぜぇ〜」ってむずむずしちゃ
ってる勝手なお父さんです。いまのところ剣を交えてもまだ勝てると信じているの
ですが、いつ、「こりゃ無理だなぁ」となるのか楽しみです。

そう考えると文字どおり親ほども年の離れたもの同士が真剣に勝負ができるなんて
季節に逆行する不自然さはあっても、剣道っていいもんだなぁなんて、返す返すも
自分に都合良く感心する次第です。

ながながとすみません。
昔、「蛍雪時代」っていう受験生向けの雑誌がありましたが、志望高校は本人にと
ってすこしがんばらなくちゃいけないところで、まさに蛍雪の努力?が必要です。
厳格な父としては、「文武両道なんて当然!」と口ではいいながら心の中ではいつ
も「がんばれーーっ!」を連呼する親バカな父なのでした。
それでは最後に「これからも、がんばれーーーっ!!」

失礼しました。

PS Hide様 愚息中学進学の際にメールで御相談申し上げたことが
ございました。その節は適切なアドバイスを頂きありがとうございました。
いろいろ気を揉みましたが、おかげさまで中学の部活も引退です。
ご無沙汰をしましたが、このHPには日頃非常にお世話になっています。
今後ますますのご活躍を期待します。恐縮ではございますがHideさんにも
「がんばれーーーっ!!」
[2003/09/12 17:04:48]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る