記事タイトル:振りかぶり 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: さぬきうどん   
ふりかぶりについて、すこしコメントさせてください。
子供は大人より体全体に対して腕が短く、同じ素振りができにくいように思います。特に小さい子ほどそう感じます。ですから、HIDEさんのおっしゃることが正しいように
思います。皆さん、いかがでしょうか。

お名前: Hide.   
管理人のHide.です。
拙著に関するご質問でしょうか。ご愛読いただきましてありがとうございます(^0^)

さて、振りかぶりですが、これは色々な考え方があります。私の本では全体を通して「一
本がとれる」がテーマになっておりますので、「打突」ということに焦点を当てますと
「剣先がさがる」とか「背中まで振りかぶる」は「ムダな動作」ということになるのです(^^)


>?小1小2の息子が通い始めた道場では足を使わない上下振りのときのみ背中に竹刀を
>つけるくらい振りかぶるように指導されています。
>その他では素早さが出ないので逆に大きく振りかぶると注意を受けています。

これは、肩関節の稼働域を広げたり、真っすぐ振りかぶれているかどうかを確認(お尻の
真ん中に竹刀が来るか)などの目的があるのではと思われます(^^)
ゆえに、その他の素振りでは「振りかぶりすぎ」を注意されるのだと思います。


>?ところが、別の教室に通う小学生が言うには跳躍素振りなどの際にも背中につけるく
>らい振りかぶるのがよいと指導されているということです。

竹刀の振るスピードをつけるために、そういうご指導をされるところもありますね。しか
し、
 1.左の握りが緩みやすい
 2.打突よりも振りかぶりに意識がいき、きちんと剣先が打ちきれない
 3.振りかぶりを楽にするため、頭が前傾しやすい
 4.左手を放さないように振りかぶると、左拳が頭上から大きく離れる
などのマイナス面も出やすく注意が必要と思われます(^^)

お名前: Say   
 嵜兇蠅ぶりの限度は左拳が頭頂部まで上がり剣先は床と平行以下にはなりません」
これは上下振り、前進後退正面打ち、跳躍早素振りに共通することなのでしょうか?
⊂1小2の息子が通い始めた道場では足を使わない上下振りのときのみ背中に竹刀をつけるくらい振りかぶるように指導されています。
その他では素早さが出ないので逆に大きく振りかぶると注意を受けています。
ところが、別の教室に通う小学生が言うには跳躍素振りなどの際にも背中につけるくらい振りかぶるのがよいと指導されているということです。

『剣道上達Book』1章ではP35のダメな例以外では↓とも見られないのですが
先生によるんでしょうか、小学生だからでしょうか

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る