記事タイトル:面の打ち方 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
To mikiちゃん

はじめまして、管理人のHide.というオヤヂです。よろしくね(^^)


>面を打つ時にどうしても、曲げてから打ってしまうので小手を打たれてしまいます。

とのことですが、曲げてしまうというのは、ひじの話でしょうか?
たしかにひじを曲げすぎますと竹刀が直立してしまい、それだけ小手に隙が大きく出来て
しまいますね。でも、刺すように打つ面(刺し面)では、打突力が弱くなりがちですので、
やはり、少しはひじが曲がるもんですよ(^_-)~☆

右腕の「肩ーひじー手首」の3つの関節が「ムチのようにしなやかにつかえる」ようになりま
すと、少ないふり幅でもピシッとしたしっかりした打ちになりますD(^-^)!

お名前: miki   
私は、4月から中になります。面を打つ時にどうしても、曲げてから打ってしまうので小手を打たれてしまいます。どうすれば普通に早く打てるのでしょうか?

お名前: ここ   
面打ちのとき足けって打つとはやくかんじます

お名前: Hide.   
to NORIKOさん&しろたんさん

身体接触を避けようと考える根底には、接触によって体勢が崩れたり、竹刀をさ
ばかれたりするのを嫌う心理もあるようです。
面などの場合、私は「ツバで眉間を割るように」なんていう表現をします(^^)

お相手と身体接触しても、打突姿勢が崩れないように、バランスよく体移動がで
きるようにお稽古していきたいものですねヽ(^.^)ノ

お名前: しろたん   
 わたしも曲がる癖があるので、段審査に向けて「きれいな面打ち」ができるようになるようにがんばってます。
 先生の話によると、相手の突きのところに左手がいくようにめがけて打つといいそうです。

お名前: しろたん   
 わたしも曲がる癖があるので、段審査に向けて「きれいな面打ち」ができるようになるようにがんばってます。
 先生の話によると、相手の突きのところに左手がいくようにめがけて打つといいそうです。

お名前: NORIKO   
トマトカイザーさん、Fすずのすけさん、Hideさん
ありがとうございました。
やはり基本どおりまっすぐに・・ですね。
無意識に接触を嫌っていたのかもしれません。
体当たりのつもりでまっすぐぶつかってみます。
自分では、きちんとやっているつもりのことが
中々できていないようで・・・日々落ち込みながら・・でもお稽古頑張っています!
またよろしく教えてくださいませ。ありがとうございました。(^ー^)ノ

お名前: Hide.   
右にそれてはいけません。

女性はとかく「身体接触」を嫌って直進しない傾向にあります。女子高生でも、
右にカーブしてしまう癖を持った子が多いですね。

お相手とすれ違うとき、互いの距離が離れていればいるほど、反撃を食いやすく
なります。お相手が体さばきをしない場合、ぶつかっていくのが最も反撃されな
いポイントです(^^) 「身体接触」を恐れず、お相手の真っ正面(右足と左足の
間)に踏み込んでいく面がきびしいですねヽ(^.^)ノ

お名前: Fすずのすけ    URL
to NORIKOさん
  どうもです。わたしもトマトカイザーさんのように、稽古では
体当たり(というか若干の接触?)を伴って走り抜けるのが王道かとは
思います。ただし接触するような場合に問題なのが目線で、相手の顔面を見ないで走り抜けるのはスキだらけなので、案外にNORIKOさんは
天性の実戦派なのかもしれませんね。

お名前: トマトカイザー   
はじめまして。トマトカイザーです!
面を打ったあとは、ぶつかったほうがいいと思いますが、
相手がよけてくれるんじゃないですか?僕は学校では
そう指導されましたよ。

お名前: NORIKO    URL
いつも読ませて頂いて参考にさせていただいております。
私は面を打った後、右にそれる癖があるらしいのです。
自分ではまっすぐ打ち抜いていると思っているのですが、
打ち抜けるとき相手がいる場合右に抜けるのはいけないことなのでしょうか?
体当たりした方が良いのでしょうか?
教えてくださいませ。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る