記事タイトル:すっころんだあと 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
To しろたんさん

管理人のHide.です(^^)
すべては剣童さんがお答えくださった通りです。剣童さん、丁寧なご回答、ありがとうござ
いますヽ(^.^)ノ

ただ、審判員でも誤解している人がいて、一本打つまで「やめ」をかけずにボーっと見てい
る人がいるんですね(^^; そうではなくて、転倒(両膝、あるいはお尻や背中が床に着く)
した人が直ちに起き上がれず、お相手もまた直後に打突を試みなかった場合、試合の公正を
守るために「やめ」の宣告を行わなくてはいけないわけです。

倒れたり竹刀を放したお相手に、すかさず攻撃を仕掛ける集中力と技術力は一朝一夕に養
えるものではありませんが、私などは「武士の情け」とでも申しましょうか、そういうところ
で勝負を決めてほしくはありませんね(^^;

お名前: 剣童   
失礼します。

しろたん 様  
>すっころんだあと一回なら「面」をうってもいい
ではなく「転倒した相手に直ちに打ち込んだ打突が、有効打突の要件を満たしている場合は、
一本とする。」です。

ですから、
>,覆鵑念豌鵑覆鵑任垢?
直ちに打ち込まなければいけない。逆に転倒した相手に対して、何回も打ち込むことは反則に
なります

>⊂手じゃだめ?
篭手・面・胴(高校以上は突も)どこでも打ち込んでかまいません。

>あ〜面が入らなかったと思ったら二回、三回打ったらだめ?
一連の連続動作であれば、2段あるいは3段の技でもかまいません。

ちなみに、場外に出たり、竹刀を落とした相手に対しても同様です。

ただ、危険防止のため、審判が「止め」をかける場合もあります。この場合は、有効とはなり
ません。お子さんは小学生でしょうか? そういった場合危険防止の意味で、直ちに「止め」
をかけるなど、大会毎にグランドルールを設ける場合があります。

お名前: しろたん   
 日曜日に、むすこの試合がありました。
 お相撲じゃないんだよ!!」ってつっこみを入れたくなる試合とか(^∇^)
 打つたびに審判のほうを見る子とか個性があって面白かったです。
 
むすこは、勝ち負けは期待しないから、礼と蹲踞がちゃんとできて、
 チームに戻って面をとるまで泣かずにがんばるってのを目標に
がんばりましたp(´∇`)q ファイトォ~♪

 ところで、試合中、相手がすべったり、袴のすそを踏んづけたりして、
すっころんだあと一回なら「面」をうってもいいってきいたんですが
 ,覆鵑念豌鵑覆鵑任垢?
 ⊂手じゃだめ?
 あ〜面が入らなかったと思ったら二回、三回打ったらだめ?
 
ちなみに息子はそのアドバイスを聞いても相手が立つまでぼーっと見てました(苦)

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る