記事タイトル:試合規則について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
To はくどーさん

試合審判規則における小刀による打突の現状と、武蔵会でのご指導について、たいへん詳細
に書いていただきましてありがとうございますヽ(^.^)ノ
これで胸のつかえが取れました(^^)

お名前: はくどー    URL
こんにちは。
こちらの方はあんまり観ていなかったものですから、レスが遅れてしまい申し訳あり
ません。(^^ゞ

さて、小刀での打突の件ですが、先ずは以下の文をご覧下さい。
これは、武蔵会の内部用の講習資料に載せてあるものですが、今度スキージャーナル
社から出版予定の「二刀流技術書」にも掲載する予定のものです。

   ----------------------------------------------------------------

■小刀による打突

 実際に小刀での打突を試みてみると、適切な間合で刃筋正しく十分に気剣体の一致
した小刀の打突をすることは、予想以上に難しいことが分かります。日本剣道形の小
太刀の形に見られるような小刀での打突は相当に修練を積まなければ打ちきることが
出来ません。

 長きにても勝ち、短きにても勝つという二天一流の理念に基づけば、日頃から小刀
での打突を十分に修練しておくことが大切です。

 しかし、剣道の試合競技において、小刀での打突にばかり腐心することは得策では
ありません。試合においては軽く振り回しやすい小刀での打突は、ついつい手数が多
くなってしまいがちですが、試合における有効打突は「小刀で制して大刀で打つ」こ
とを心がける方が良いでしょう。


■小刀を使わない

 小刀を効かせて自在に使いこなし、小刀での打突も相手の出方に応じて正しく十分
に打ちきることが出来るようになり、それを右左どちらの手でも行えるようになると、
二天一流の目指す片手剣法の完成域に近づきます。
 
 大刀・小刀、右手・左手を全く意識することなく、戦いの中で自由に左右両刀を使
いこなせるようになれば、もはや小刀で押さえて大刀で打つとか、右で受けて左で打
つというような、左右両刀の動きををその役割分担によって規制するような心は無く
なり、その場その時の状況に応じて最も打ち易い位置にある剣で、ただ一太刀に打ち
きるという無我の剣、空の剣に行き着きます。

 二刀を構えていても心は一つ、左右長短の剣の違いに心をとらわれることなく、た
だただ右手に持つ大刀で一太刀に打ちきる、いわゆる「左手さして心なし」という境
地を、二刀の修練の先に見出してください。
 
   ---------------------------------------------------------------


さて、小刀での打突というと、多くの方は鍔競り合いからの小刀による打突を想像し
てしまうようですが、武蔵会で教えている小刀技に、鍔競り合いからの小刀打突はあ
りません。

小刀での打突の場面は、武蔵会の基本技には二とおりあります。

先ずは自分から攻めていった場合ですが、大刀での小手打ちや胴打ちを相手に摺り落
とされたり打ち落とされたりした場合に、すかさずもう一歩間合いを詰めて小刀で面
を打つとように連続技の一つとして小刀で打つということがあります。

また、相手が大刀側の小手や胴をを打ってきた場合に対して、相手打ちを大刀側の鍔
元で打ち落としつつ同時に踏み込んで小刀で面を打つことがあります。

ほかにも場面に応じて様々な応用が考えられますが、基本的には上記の二とおりで、
なおかつ打突の際には大刀を腰に引きつけてその切っ先を相手の喉や顔面に向けて、
常に相手の竹刀や体勢を制しておくように指導しています。

全剣連の「剣道試合・審判規則の改正と運用上の要点」における〔二刀について〕と
いう項目には、小刀での打突について下記のような記載がありますが、これに該当す
るような小刀での打突というのは、上記のようなものであると「武蔵会」としては認
識しているわけです。

○小刀での打突が有効打突になるには、大刀で相手を制している場合で、打った方の
  肘が良く伸び、充分な打ちで条件を満たしていることを必要要件とする。但し、つ
  ば競り合いでの小刀の打突は原則として有効としない。

ただし、「武蔵会」としては、先の講習会資料に書いてあるように、試合においてこ
とさら小刀での打突に固執するものではありません。
剣道の稽古の一環として、小刀での打突(右手でも左手でも打つこと)が出来るよう
になることは非常に大切なことですが、剣道試合においては小刀での打突に頼らなく
とも、大刀でしっかりとした一本となる打突を決められれば良いというのが、「武蔵
会」の小刀打突に関する見解です。

お名前: Hide.   
to まんぼーさん
>もっとも、二刀との稽古に慣れてくると、
>小太刀での引き技もそうそう打たれなくなりますが。
>皆様はどのようにお考えなのでしょうか???
うーん、身体はそのままで腕だけ動かして引き小手や半面を打たれたことがありまして、
これには閉口しました(^^; まぁ、一刀でもごまかして引き技を打っている人はおります
が、そういう打ち方が横行するといやですね。


to gureceさん
>全剣連規則で見られる小太刀の有効打突に関する制約は、
>引き技は原則として認めないというだけで
このようには明文化されているのでしょうか?

お名前: gurece   
全剣連規則で見られる小太刀の有効打突に関する制約は、
引き技は原則として認めないというだけで理論上一本になりえるんですよね。
普通に前進しての小太刀での打突に関しては明記されてないのです。
ただ、どちらにせよ小太刀の一本はそれこそ剣道形並みの美しい一本でなければとっては
くれないと思います。 そして、その様な打突があった場合はとってもらいたいものです。

お名前: まんぽー   
学生時代のことですが、私は一度だけ小太刀の技で一本を取ったことがあります。
当時(H6年)はまだ小太刀での引き技に関する規定がなく、私が放った小太刀での
引き面に対し、旗が3本あがりました。
小太刀での引き技は現在一本としないことになっていますが、私が聞いた話ではその理由は
つばぜり合いから相手の横面を打ったりする事例があり、危険であるというような理由だった
と記憶しています。
ただ個人的には私は鍔競りからの小太刀の技は確実かつ冴えのあるものであれば一本とする
べきだと考えています。小太刀の打突は極近間からこそ威力を発揮するからです。
(剣道形の小太刀の形でも、入り身になる、つまり相手の懐にいかに入りこむか
ということがあらわされています)
また、鍔競りからの小太刀での打突が有効となると、鍔競りの時間が短くなる傾向が
あるようです(経験上)。やはり打たれるのが嫌だからでしょうか?
小太刀での打突による危険性を指摘するのであれば、小太刀の重さをもう少し軽くするなど、
ルールを改定することで対応できると思います。もっとも、二刀との稽古に慣れてくると、
小太刀での引き技もそうそう打たれなくなりますが。
皆様はどのようにお考えなのでしょうか???

お名前: Hide.   
To 剣童さん
>確かこれまでは「小刀での打突は確実なものを取る。」といった指導だったと
>解釈していたもので・・・ (今度地元の講習会で確認してみます。(^^))
ですよねぇ・・・(^^;
ぜひぜひ、確認のほど、お願い致しますm(_ _)m

>そのせいか、小刀での打突と言っても、どう判断すべきか経験不足であることは
>否めません。
へたくそな方は力任せに打ちますので、痛いだけで冴えが感じられません。これは、一本
とは判断できないと思います(^^;
しかし、ある程度熟練された方の小太刀は、冴えがあっていいですよ(^^) 制限する理由
は思い当たりませんねぇ・・・。


To 初級者なのですが・・・さん
>・小太刀で一本になるのは太刀で相手の竹刀を完全に制しているとき
情報のご提供、ありがとうございます。
なるほど、こういう規定がありますかねぇ・・・。私のほうでも調べてみますね(^^)

お名前: 初級者なのですが…   
二刀、興味あります。小太刀による打突についてちょこっと調べてみたら
 ・小太刀で一本になるのは太刀で相手の竹刀を完全に制しているとき
 ・つばぜり合いからの小太刀による打突は認められない
ということでした。正確に憶えていないので(私のあやふやな記憶なので)、
100%信じては危険ですが、参考になりましたでしょうか。

お名前: 剣童   
私もこうゆう風に文書に書かれていたので ちょっとびっくりしたんです。
確かこれまでは「小刀での打突は確実なものを取る。」といった指導だったと
解釈していたもので・・・ (今度地元の講習会で確認してみます。(^^))

私の周りには2刀の方がまったくいらっしゃいません。(上段もほとんどいない(^^;)
そのせいか、小刀での打突と言っても、どう判断すべきか経験不足であることは
否めません。形の小太刀1本目、2本目だけが頼りでは心元ないですね。

「二刀」もっと研究してみたいと思います。

お名前: Hide.   
管理人のHide.です。

へー、剣童さんの資料によりますと、全剣連では明らかに「制約している」んですね!
これは驚きです。虎スケさんには申し訳ありませんが、私は、そうした制約があることを
知りませんでした(^^;

これまで何度も二刀の方とお稽古をさせていただいておりますが、小刀で打たれたものも、
しっかりした打突であれば当然「一本」と認識しておりました。つばぜり合いでは「小刀
が下」と決められているわけですから、そうポンポンとは打たれないと思いますけど。

しかし、制約する理由なんてないと思いますがねぇ・・・(^_^ メ)

お名前: 剣童   
失礼します。

虎スケ 様
ちょうど全剣連から出された「試合・審判・運営要領の手引き」に、解説が載っていました。

(事例6)◇ 二刀による小刀での打突は制約されているが、制約の理由は何か。

(解 説) 〃道の文化的な観点から、慣習として二刀を認めているが、公平性や安全性
      の観点から制約している。

私は、小刀での打突も有効打突とするべきだと思っていますが、先生達のお話では、
小刀で 一本になったことは無いということでした。
まだまだ 有効打突の基準が固まっていない というのが実情ではないでしょうか。

確かに鍔迫り合いなど密着した場面で 小刀でバシバシ打たれてはたまりませんが・・・(^^; 
       

お名前: 虎スケ   
Hideさんはじめまして。私は大阪で二刀の稽古を行っている虎スケと申します。Hideさんに御質問があるのですがどうして試合規則では小刀で打突部位を打っても一本にならないのですか?今の高段者の先生方が二刀を嫌っておられるからなのですか?

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る