記事タイトル:早く打つ 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
To 剣魂さん

管理人のHide.です。

これに関しては、これまでにもこの掲示板ばかりでなく「剣道Q&A」などでも何度も語られ
てきた問題です。「早く」などをキーワードにして、ブラウザの「サイト内を検索する」を使って関連のトピを読んでみてくださいm(_ _)m

お名前: 週末剣士   
私のお奨めは「切り返し」です。切り返しをたくさんやられたらいいかと思います。
ポイントは‖腓く振る⊆蠅瞭發魄媼韻靴瞳擇振るBく振る です。気をつけることの
優先順位もこのとおりです。速く振ろうとして力を入れてはいけません。
切り返しでたくさん振ることで手の内が冴え、振りが鋭くなる
ことが期待できます。私は「鋭い振り」を身に付けることが「速い打ち」には欠かせないと
思います。あと、体捌きのスピードについてはやはり打ち込み・かかり稽古をたくさん
こなすことで養えるのではないでしょうか?

お名前: トム   
初めまして、トムと言います
速く打つには
1.手首のトレ−ニング(ビ−ル瓶に砂を入れてふる。)
2.打つとき左足の引きつけを意識するなどが効果的だとおもいます。
応じ技ですがまず自分の得意なものを作ることからはじめてみたらいかがでしょうか。
偉そうなことを書いてしまいましたがまだまだ僕も研究中です。
お互い頑張りましょう。

お名前: 剣魂   
うちの学校は打つのが他の学校よりも遅く、
いつも、2段打ちや3段打ち、返し技が試合の時に生かされていません…

学校に教えに来てくださる先生は、
「もっと早く打つ練習をしなさい!!」
と言います。

では、早く打つ練習とはいったいなんでか?
かかり稽古でいいんですか?
あと、どうすれば試合に返し技などが自然に出来るようになるのでしょうか?
ひたすら練習するしかないんですよね…??

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る