記事タイトル:元立ちの心構え? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
to pppさん

お役に立てたのでしたら幸いです(^^)

お名前: ppp   
やっと、なんかすっきりしました。
ずっと疑問に思っていながら、恥ずかしくて誰にもきけなかったのです。
ありがとうございました。

お名前: Hide.   
to pppさん

おそらくご質問の内容は、技の稽古に関する元立ちのことではないかと推察しま
して、レスを付けさせていただきます(^^)


>で、さらに、元立ちが打突部位をあけず、打つ側がしかけて打つ練習・・・と
>いうのがあって、そのとき、「1本にならなかったら、1本になるまで打つ」
>というのですが、打たれるとき元立ちはどういう状態でうけるのがよいのか、

打たれる元立ちは打たれた直後まで「元立ち」です。足さばきなどは自然にして
いていいのですが、ディフェンスしたりするのはいけません。ただ、構えていれ
ばいいのです。ここまでが「約束稽古」なんですね(^^)

で、この打突が有効ではないと判断したなら、そこからは元立ちとしての「約束」
が終わりですから、後打ちを狙って「当たるまで攻撃する」という「打ちあい」
に転じます(^^)

お名前: 案山子   
確かに元立ちはむつかしいのです。懸かる方の業を十分に引き出して
あげるのが、その役目ですから。私どもでは以下のことに留意しています。
〔迷任羨わずかに剣先を右に開く。小手打ち→剣先を面の位置まで上げる。
 胴打ち→竹刀を面を打った位置まで上げる。
二段打ちの場合は、相手の打ち込みに合わせて後退する。追い込みの場合は
 そのまま素早く後退を続ける
その他の留意点としては、手元はやわらかく、間合いを考えさせます。
また、こんなこともします。
仝砧ちが退く→懸かりが出る→元立ちが出る→懸かりが退く・・これを3〜4回
繰返した後、元立ちが出る瞬間に懸かりが面に跳びます。出頭の稽古になります。
引き業の基本打ちのとき、懸かりが打って引くときには元立ちは必ず中段で
追い込みます。これは、試合等で相手の引き業が不充分だった場合への追い込み
の「癖づけ」です。

pppさんがおっしゃっているとおり、元立ちは棒立ちではいけませんね。
元立ちは懸かりの動きに合わせて(一歩先んじて)動くように心がければ
より現実的で有効な基本練習ができるようになります。
一度、お試しになってみてください。

お名前: とし剣   
pppさんへ
生徒同士の稽古で、基立ちと掛りの稽古はなかなか難しいと思います。
剣道の初心者の考え方で、多いのは基立ちは打たせる、掛りは打っていく
だけと思っている人が多いようですね。
私は、掛かるほうより基立ちのほうが難しいと思います。
基立ちの理想としては、ただ打たせるだけではなく、掛かる人の技量に
合せて攻めていってあげることが必要ではないでしょうか。
攻めることによって掛かるほうはその隙を見つけて打っていくように
なるのではないでしょうか。
お互いの攻防のバランスをとってあげるのが基立ちの役割なのではないでしょうか。
これは基立ちの技術が優位にあることが前提になりますが。

お名前: ppp   
中学での部活で、生徒どおしの練習という前提で・・・
他校におじゃまして練習に参加したとき「元立ちが棒立ちして、御人形になってはダメだ」
と、いわれます。それ以来生徒には、
「試合のつもりで、構えなさい。足さばきもしなさい。」
と、いっています。
で、さらに、元立ちが打突部位をあけず、打つ側がしかけて打つ練習・・・というのがあって、
そのとき、「1本にならなかったら、1本になるまで打つ」
というのですが、打たれるとき元立ちはどういう状態でうけるのがよいのか、
生徒にうまく説明できません。
ガードしてしまっていいのか、
でも、ガードしてしまうとなかなか1本にはならない。
でも、簡単にあけてしまっても・・・
どう指導していったらよいのでしょうか?

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る