記事タイトル:大柄な子の伸ばし方 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
pppさん、忙しさにかまけ、レスが遅くなりましたことをおわびいたします。


>自分より小さい子と対戦するとどうしてもしゃがんで低くなって打ちにいってしまいま
>す。
>もっと面を打てばいいのに・・・と思うのですが
>出小手が怖いらしく、なかなか面に行かず小手にいくし・・・

とかく、大柄な選手は自分が長身であることの有利さを理解せず、こうした傾向に陥りや
すいですね。また、けっこう大柄な選手ほど「気は優しくて力持ちタイプ」が多いのも影
響しているようです。反対に、小柄な選手は向こうっ気の強いタイプが多いようですか
ら、人間ってうまくしたものですね(笑)

長身の選手には、無眼を張って同道と構えることによって懐が広くなり、それだけで「お
相手から打ちにくくなるのだ」という利点をまず教えてあげることでしょう。正しい構え
が出来なければ正しい打ちが出来ないのは道理ですから。
その後は、オキクルミさんと同じように、小手や胴を打たれることを怖がらせずに、真っ
直ぐしっかりした面打ちを繰り返し繰り返し稽古させますヽ(^.^)ノ

懐が深い分、抜き面や上からかぶせるような打ち方で勝ててしまう場合もあるのですが、
そういう選手は大成しません。やはり、中心を攻めて上からドスンと乗るような豪快な一
本を目指させたいですね(^^)

お名前: オキクルミ   
pppさんへ。

僕自身、180儷瓩ありまして、六段の上段者と稽古していると、
いやんなる位、出小手を取られます。
その六段の先生に言わせますと、出小手を取られるのは、
打とうとした時、剣先を右手で引き上げて起こしてしまい、
中段の構えを崩してしまっているからだそうで、
構えを崩さず、手元を絞って前に伸ばすだけで、相手の小手は
横に流れていってしまいます。横からの小手は遅くて、姿勢が
崩れているので、気にしなくていいと思います。
pppさんの教え子さん達は、腰を落として打つ癖がついてしまって
いる様ですが、腰を落としていたら、まず、前には出られません。
僕自身が、そうなので…(だから、背の低い相手への胴は、ホント
苦労してます)。
後はその子達に「今のお前達には、上背を活かした飛び込み面以外に
やる事なんか無い! 綺麗に決まった正面打ちから、出小手を取る
のは至難の技なんだ。出小手を取られるのを怖がっていたら、ここから
先へは進めないと思え」と言い聞かせ(言い切ってもいいと思う)、
その上で、面主体の掛かり稽古を数多くこなすのが一番だと思います。
随分、偉そうな事、言ってしまいましたが…。

お名前: 勝手に白熊   
 TO PPPさん

 私の小手ー面を打つ時の感覚が参考になればと思い
 カキコさせていただきます。
 小手を打突して、手の内の決めができた時は、剣先が
 小手から浮き上がると思います。その浮き上がる剣先の反動
 を利用して面に乗ります。
 一個人の感覚で申し訳ありませんが、生徒さんたちがわかっていただけたら
 幸いです。

お名前: ppp   
アドバイスありがとうございます。
なににしろ
飽きるほど練習する
というのが大事なのかも・・・
根気強くやらせてみます。

お名前: 勝手に白熊   
 TO PPPさん

 「相小手ー面」の練習は、どのように指導されてるでしょうか。
 まず、小手を打つ方(元立ち)は、試合で小手を決めるつもりで
 打突するのが大切だと思います。そして、小手ー面を打つ方は、
 いつ相手が小手に来るかを考えながら構えており、相手が来る!
 と思ったらすかさず小手ー面を打突するのが大切だと思うます。
 実際、相手が小手に来なくても打突するのです。そうすると
 相小手面を打つ感覚がわかってくるのではないでしょうか。
 私は、中学時代に上記に示した方法を指導され、飽きるほど
 繰り返したおかげで自分の最も得意な技になりました。

お名前: トマトカイザー    URL
>pppさん
この前の合宿であい小手面のコツ習いました!
右足をしっかり踏みしめて、左手が右手より上がらないように打って、
そこから大きめに振り上げて面を打つそうです。
合い小手引き面(合い小手のあとその位置から引き面)
ができれば前に出る面は大丈夫らしいです。

お名前: ppp   
TO 勝手に白熊さん
ありがとうございます。
大柄で強い人って、相小手面がすごい速かったりしますよね。
一応、練習メニューには入れてありますが
試合でなかなか成功しないというか
技自体がでないというか・・・
どうしたら試合で使える相小手面が身につくのかなあ

お名前: 勝手に白熊   
 To pppさん

>自分が小さいので大きい人の気持ちはわからないのですが
>どう指導していったらよいでしょう?

 pppさんが、大きい人と試合をした時に感じた厳しかった攻めや、打たれた技そして
 小さい人の心理など教えられたらどうでしょうか?あまりにも漠然としたカキコになって
 しまいごめんなさい。

 面を生かす技で私が好きなのは「相小手ー面」です。「出小手」や「抜き胴」をねらう相手
 には有効だと思います。けど「小手ー胴」を打たれて負けたことがありますけどね(笑)。

お名前: ppp   
うちの部(中学)は大柄な子が2名(180cm前後)いるのですが
自分より小さい子と対戦するとどうしてもしゃがんで低くなって打ちにいってしまいます。
もっと面を打てばいいのに・・・と思うのですが
出小手が怖いらしく、なかなか面に行かず小手にいくし・・・
自分が小さいので大きい人の気持ちはわからないのですが
どう指導していったらよいでしょう?

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る