記事タイトル:三所避けについて 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: リバヒロ之進   
Hideさん、みなさん、ありがとうございます。
道場の先生達と皆さんの助言もあわせて協議したいと思います。
本当にありがとうございました。

お名前: Hide.   
管理人のHide.です。
忙しさにかまけ、レスが遅くなり失礼しましたm(_ _)m

私は逆胴や突を「特別の技」と考えておりませんので、三所よけには迷わずこれらをたた
き込みます。あと、親馬鹿一刀流さんがお書きになっておられる左小手打ちですね(^^)
小学生にもどんどん逆胴を打たせるべきです。ただし、正しい逆胴の打ち方を教えない
と、ただ当てればいいといった逆胴が横行する危険性もあります。事実、中体連あたりで
は、横殴りの逆胴をかなり目にします。現場の指導者がまず、正しい逆胴の打ち方を学ぶ
必要があるでしょうね(^^;

なかなか一本にならなかった逆胴ですが、近年、ずいぶん、有効打突になるようになって
きました。大学生の試合や高校生の試合でも、三所よけに対して積極的に打つ選手が増え
てきており、いい傾向だと感じておりますヽ(^.^)ノ

ただ、小学生に教える場合、「三所よけを多用してくるお相手に限り」としておかないと、
左胴が空かないお相手にまで打つようなことにもなりかねませんので注意が必要ですね(^^;


今年の全日本では、決まり手に突が多かったのですが、これは、三所よけ対策と考えてい
いと思いますよ(^0^)

お名前: リバヒロ之進   
アオダイさん、ひろさん、でるとまけさん、親馬鹿一刀流さん、剣童さん、ありがとう
ございます。
たいへん参考になりました。今の私のスタンスは、はっきりしてませんが、みなさんの
ご意見、ご指導(?)をもとに、子供達に気づかせようかなと考えております。
「先生、反対の胴は打ってもいいんですか?」とか、そういうう言葉がでるまで待って
みようかなと、思ってます。いいか、悪いかわからないのですが、私自身も幼いころ
悩んで、あみ出した技があって、それが決まったときの喜びは今でも忘れられません。
そのような経験も必要かな?なんて思っています。
みなさんはどう思われますか?
ちなみに、あみ出した技というのは、なんのことはない、「小手相打ち面」です。
小手ばかり打ってくる人がいて、、、

お名前: 剣童   
失礼します。

リバヒロ之進 様
三所避け(私は「逆の霞」と呼んでいます。)の決定的な弱点は、中心が開くことです。
ですから、高校以上ではアオダイ様がおっしゃるように「問答無用で突! 更に 突!」
というのが最近の傾向だと思います。
(私もそのように思いっきり突くよう指導しています・・・・恨みでもあるのか(^^;))

だからといって、小学生に「突」をやらせる訳にもいかないですね・・・・

私も三所避け対策には苦労しましたが、「突」以外の技としては、
 〇綾衄鬚韻鮗茲辰秦蠎蠅法¬軌任紡任辰討いず、じっと構えていて
  三所避けから打突に変わる瞬間を狙う。
 避けている上から、一気に連続で何本か打ち込んで最後で決める。
  (さすがに、防ぎきれないようです。力任せですが・・・(^^))
 A蠎蠅3所避けに入る寸前に、裏(竹刀を下から返して)をとって、裏からの
  技を使う。
といったことが、かなり有効でした。
三所避けをする選手には、なかなか打つ機会がありませんので、隙を見せる一瞬に
集中することも大事だと思います。

小・中の生徒には「我慢しろ、高校になったら思いっきり突いてやれ !」と
恐ろしいことをいっておりますが・・・・(^^;)

お名前: 親馬鹿一刀流   
親馬鹿です。
三所よけについては時々話題になりますね。
大体は逆道、左小手打ちで対応しましょうと言う事で落ち着いてしまいますね。
それが一番効果的だからと思います。

少し話題からそれますが、諸流派の中には元々三所よけの構えはあるのだから悪い事ではなくて
それを崩し、打ち込めない方も悪いと仰った先生がおられます。
私、二刀の方とよく稽古しますが、この場合全部よけの感がありますが、その二刀ををどうやっ
て打ち込むかを楽しんでいます。
また数年前の全北海道少年練成大会(通称赤胴大会)で初めて女の子が優勝した事がありますが、ほとんどの技が三所よけからの応じ技でした。
何を言いたいかと言いますと、三所よけも認めておいてそれをどうやって崩して打つかを考えた
いのです。(あっ、それがテーマか)
もっと言いますと、一刀中段の技を主体に稽古し、指導している者としては、違う構えの方に負
けたくないのです。

対応の仕方は逆胴以外にも色々あると思いますよ。
一番簡単なのは、受けた所を体当たりで崩して打つ、鍔迫り合いになる一瞬に打てる所を打つ事
と思います。あるいは受けられる前に売ってしまう、受けるより速く打つの事も有効でしょう。
もっと具体的に言いますと、剣道形一本目と同じ気分で柄もろとも切り込むつもりで打って手元
を上げてよけられたらそのまま体当たりでひっくり返すくらいの打ちをやってもらいたいです。
攻めがあっての応じ技と受の為の受けの三所よけにには違いがあると思います。
三所よけは所詮受けてからの技が主体になってしまうと思いますね。
小学生のうちは、自分から先をかけて、受けられたり、外れたりしたら次から次へと連続技で打
ち込んで打ち込みそのものを攻めに使って崩して打つのが良いと思うのですがいかがでしょう。

お名前: でるとまけ   
三所避けは卑怯な技です。それも子供達がするのは良いでしょうが、有段者がやるのは許せませ
ん。 
それは、自分が攻めもしないのに、打って出ようとするからて゛す。
防御するよりも攻撃しなければなりません。試合の時はそれが正しいように思われますが、やはり
有段者なればそれ相応の返し技があると思うのです。そんな技も出し切れないで、只、三所避けをするのは全く見苦しいと思います。
試合は駆け引きです。その中に自分の磨かれた技を出すべきです。
自身ない人でも三所避けを出さないで堂々と勝負をしましょうね。負けても良いのですよ。そこから
新しい剣道感が生まれると思います。お互いに頑張りましょうね。
                      でねとまけでした。

お名前: ひろ   
 居合をしている方のひろです。
 逆胴の指導はいいと思いますが、あまり最初は教えない方がよいのでは?
逆胴はよほどしっかり稽古しないと左手がへそ前からずれたり手の内が悪く
なったり左腰がゆるんだりしがちです。逆胴を広めるにはとにかく基本打ち
でも勝てるけど、逆胴もつかえる、ぐらいが良いのでは?
 ちなみに居合はほとんどの技が逆胴の位置を斬りません。なぜなら左には
鞘があるからです。夢想神伝流の流刀という技は逆胴を斬りますが、おもい
きり足を踏み込み、腰をかなり下げ、全身の力を込めて敵の鞘ごと叩き割る
つもりで斬ります。この技は相当力技です。つまり、これぐらいしっかり斬
らないと逆胴は斬れないのです。そこから考えると、現代剣道ではえてして
手の内ができていなかったり刃筋がずれてたり、腰が入っていなかったりし
ます。母校で後輩に逆胴を打たせてみたりしましたが、やはり鞘を割って体
に刃が通るほどの勢いはありません。
 試合で逆胴があまり認められないのはそこいら辺の事情があるのではない
でしょうか?

お名前: アオダイ   
指導者の先生方が集まるこのトピに、自分のような者が参加することを
許して下さい。私は学生で、剣道指導に関心を持つアオダイという者です。
大学の休みを利用して、母校の高校剣道部に稽古に行っています。
よろしくお願いします。
「三所避け」すっかりこのネーミングも広まってしまったようですね。
逆胴=左胴というれっきとした技に市民権がなくて、この防御法がすっかり
おなじみになったのは、すごい皮肉だと思います。

先日高校の県大会の応援に行ってきたのですが、思ったより三所避けをする
生徒がいなくて驚きました。なぜなのかなーとよく観察していますと、三所避け
をしても、打たれる=突かれるからでした。
この試合では相手が三所避けをした場合、ほとんどの生徒が問答無用で、諸手突きに出ていました。以外に逆胴は少なかったです・・。突きは一本になることはありませんが、相手へ与えるダメージは大きいからですね、三所避けをした方が、不利になっていく現象が見られました。
また三所避けをする生徒も、やはり強豪校になりますと、それで相手が居着くと手首を返して面
を打ち込み決めている生徒もいて、これは「試合」においては良いことかと思いました。

しかし、リバヒロ之進さんのお話では今は小学生も三所避けをするのですね!
小学生が突く訳にはいきませんし、やはり技としての正しい「逆胴」を打ち方、残心までを
指導するのがいいと思います。私は小学生の頃にたくさんの技を習いましたが、逆胴は習った
記憶はありません、がその時は三所避けをする子なんかいませんでしたからね・・・。

お名前: アオダイ   
指導者の先生方が集まるこのトピに、自分のような者が参加することを
許して下さい。私は学生で、剣道指導に関心を持つアオダイという者です。
大学の休みを利用して、母校の高校剣道部に稽古に行っています。
よろしくお願いします。
「三所避け」すっかりこのネーミングも広まってしまったようですね。
逆胴=左胴というれっきとした技に市民権がなくて、この防御法がすっかり
おなじみになったのは、すごい皮肉だと思います。

先日高校の県大会の応援に行ってきたのですが、思ったより三所避けをする
生徒がいなくて驚きました。なぜなのかなーとよく観察していますと、三所避け
をしても、打たれる=突かれるからでした。
この試合では相手が三所避けをした場合、ほとんどの生徒が問答無用で、諸手突きに出ていました。以外に逆胴は少なかったです・・。突きは一本になることはありませんが、相手へ与えるダメージは大きいからですね、三所避けをした方が、不利になっていく現象が見られました。
また三所避けをする生徒も、やはり強豪校になりますと、それで相手が居着くと手首を返して面
を打ち込み決めている生徒もいて、これは「試合」においては良いことかと思いました。

しかし、リバヒロ之進さんのお話では今は小学生も三所避けをするのですね!
小学生が突く訳にはいきませんし、やはり技としての正しい「逆胴」を打ち方、残心までを
指導するのがいいと思います。私は小学生の頃にたくさんの技を習いましたが、逆胴は習った
記憶はありません、がその時は三所避けをする子なんかいませんでしたからね・・・。

お名前: リバヒロ之進   
ととろさん、ありがとうございます。
逆胴は市民権を得てないですよね〜。
それ故に教えるべきなのでようかね〜?けっして邪道ではないのですから、、、

お名前: ととろ   
 こんにちは中学生を指導している者です。
 試合だけで考えれば三カ所よけは非常に有効だと思います。というのは逆ドウは面・コテ・
ドウに比べて一本になる確率が格段に低いから。試合はポイントの取り合いですから最も
一本になりなりにくい逆ドウをあけて三カ所よけをするのは当然かもしれませんね。
 私は三カ所よけに対しては逆胴を打つように指導しています。逆胴は打撃力が強く
危険が伴いますので三カ所よけを繰り返し使ってくる相手だけに打てと指導しています。
 逆胴もれっきとした技ですから、知識として「こういう技もあるんだよ」という意味で教えて
もいいと思っています。なかなか逆胴を技として認める空気がないのであの三カ所よけが蔓延
しているのではないでしょうか。三カ所よけをなくすためには逆胴が市民権を獲得しないと無理だとです。

 やっぱり子供は試合に勝てないといやになっちゃいますからね〜とくにベスト8と三位じゃ
えらい違いですからね(賞状があるかないか)(・o・) 私は基本は大事だけど、試合は
試合だと割り切って考えていま〜す(・▽・)

お名前: リバヒロ之進   
へタッピ剣士さん、さっそくありがとうございます。
そうなんですよ、技として存在するのですよ、逆胴は、、、おっしゃるとおり、相手に
それをさせない、抑止力になりますよねー。
存在だけでも、教えるべきかなー、、、悩みどころですね、やっぱり。

お名前: ヘタッピ剣士   
リバヒロ之進さんへ
三所避け・・・、自分も試合ではやってしまいます・・・。もちろん、構えを崩さないように
心がけてはいるのですが・・・。
少々うがった考え方かもしれませんが、三所避けに対して逆胴で一本にする審判はわずかながら
ですが、増えているような気がします。それに、逆胴を一本にされると、「これをやると、逆胴
がやばい!やらないようにしよう」と思うかもしれません。それに、技としてある以上、
”知識”という意味も含めて教えてあげては・・・と思いますが。

お名前: リバヒロ之進   
私が、指導させてもらっている道場は、「基本に忠実に、大きく正しい剣道をする。」
という、方針で指導、稽古をしております。
故に、というかやはり試合で良い成績がのこせません。
子供達は、稽古の成果を充分発揮していると思います。
子供達、保護者、他の先生方も、今の指導方針に理解があります。しかし私も含め
やはい、勝ちたい、勝たせてやりたい、優勝させたい、気持ちは当然あります。先日
「三所避け(三箇所避け?)やられたら、どうしたらいいの?」と、小学生から質問
を受け、わたしは、そのことにとらわれず、技のおこりを攻める、先の先、後の先の
説明など、解りやすく説明しました。しかも、三所避けはしないようにとも指導し
ています。
最近では、小学生に逆胴を教えるところも増えたと聞きますが、道場の高段の先生は
反対していて、教えていません。私も、小学生には、必要ないとおもっています。
子供達も、大会でいつもベスト8止まりで涙を呑んでいます。
「勝つ剣道、負けない剣道も教えるべき」とか、「それはしかたない」とか、いろいろ
なご意見があると思います。

この文章を読んでいただいた皆さんにぜひご意見をお聞かせ願いたいと思います。
(どうもうまくかけません、これでわかっていただけますか?)

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る