記事タイトル:出小手を打たれやすい子 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
to pppさん

頑張って成果が上がるといいですねヽ(^.^)ノ

お名前: ppp   
質問しておきながら
なかなか見にこれずすみません・・・
今日、県の強化練習会があり
そこでやはり、出小手とられまくりの子がいて
そういえば・・・と思い出して見にきました。
早速明日からの部活での指導の参考にさせていただきます。

お名前: Hide.   
to pppさん
ほぼ、タカタカさんのお話で事足りているようです。
その他、出小手を打たれにくくする方法としては、

 1.面を打つ前に相手の竹刀を上から押さえて攻める
 2.面を打つ前、剣線を下段につけ、逆に相手の手元を攻める
 3.コテメンや払い面を組みあわせ、相手が出小手を狙いにくい状況を作る

など、「攻め」や「戦術」の部分から考えることもできますね(^^)


to タカタカさん
「思いつくままに」なんて書かれてますが、どうしてどうして、しっかりとまと
まってますよヽ(^.^)ノ ありがとうございます。
指導は2年目ということですが、しっかりとしたいいご指導ができていることで
しょう! 今後とも、カキコ、よろしくお願いします(^_-)〜☆

お名前: タカタカ   
中学校で指導をしています。よろしくお願いします。

いくつかの原因が考えられます。

 ゝ擦料箸瀘てが単調である。
  →面ばかり打っているため、相手に「次は面が来る」事が分かっているのでは
   ないでしょうか。相手に「次は面かな? 小手かな? それとも胴を打って
   くるのかな?」と思わせるように、技を組み立てていけばよいのではないで
   しょうか。たとえ1本にはならなくても「こいつ、小手が打てるのか!」
   「逆胴もあるのか?」と思わせることで相手を揺さぶることができると思い
   ます。

 ⊆蠍気あがっている。
  →右手に力が入っているため、竹刀が上がってしまうのではないでしょうか。
   これは、「面を打とう」と思ったときに、まず手から動いてしまうことが原因
   と考えられます。私は、面打ちは次の順序を意識させるようにしています。
    顱,劼兇鯀阿法蔽鰐未反緤燭法暴个后
    髻,劼兇肪戮譴覆い茲Δ帽を前に進める。
    鵝〆玄蠅巴歸瓩魏,型覆瓩襦
    堯[昭蠎鵑魏鹽召気察¬未鯊任帖
   この「ひざ→腰→左手→手首」を意識させることで、刺すような、腰の
   据わった面が打てるようになると思います。

 L未鯊任珍阿法峅燭」をしている。
  →「何か」が何かによって違いますが、構えの足が原因ではないかと思います。
   一気に跳ぶ体勢が作ることができていないので、ついつい「何か」をして
   しまいその動作を読まれているのではないでしょうか。一気に跳ぶ体勢を
   作るために、次の3つのことに注意させるようにしています。
    顱,かとを上げすぎない(30度ぐらいの角度で)
    髻〆孤┐鮨ばし、「固める」
    鵝〆限のすべての指で床をしっかり「かむ」(分かりますでしょうか)

思いつくままに書いてしまいましたが、どうでしょうか。中学校の指導はまだ2年目
の私の考えですので、間違っているところもあると思います。ご指導、ご意見をお願
いします。  

お名前: ppp   
面にいくと
すぐに出小手を取られてしまう子がいます。
どんなアドバイスをしてあげたらいいですか

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る