記事タイトル:程良い?打ちの強弱 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
To 陸奥守吉行さん

>ひとつの目安として素振りのときバシッとなるようですが
>物理的になぜ、どの部分が、どのようにしてなるのか疑問はふかまるばかりです。

そうですね、手の内を軽く握っているところから、止めた瞬間に急激に締めますので、そ
の音が出るのです。実際にやって見せられると納得していただけるんですが(^^;

でも、右の握りの力を抜き、右腕の「肩・ひじ・手首」を「むちのようにしなやかに使う」
ことを心がければ、手の内に冴えが出てきて、「少ない力で剣先にパワーがこもる」ように
なるはずです。心がけて振ってみてください(^_-)~☆

お名前: 陸奥守吉行   
Hide.さん ありがとうございました。
もう一度サイト内検索し関連事項を何度も読みましたが、よく理解できません。
ひとつの目安として素振りのときバシッとなるようですが
物理的になぜ、どの部分が、どのようにしてなるのか疑問はふかまるばかりです。
Hideさんのいわれるように今はただ空間打突のお稽古に励むしかないと思います。
習うより慣れろ?かも知れません。
ありがとうございました。

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

遅剣の男性の打ちは、空間打突のお稽古を十分にやらないで「打ちこみ」や「切返し」に入る
からですね(^^;

物を打つときでも、剣道の場合は「振りぬく」「振り切る」という事をいたしません。必ず、
打った瞬間に止めるのです。この手の締めのことを一般的に「手の内」と言っており、打突
に「冴え」を出すポイントになります(^^)

成人男性の場合、力がありますので500gくらいの竹の棒を振るのは分けない事なんで
すね。少し基本をしただけで、ある程度の形になるものです。それで、すぐに打突に入る
ものですから、手の内ができておらず「痛い」ということになります(^^;


少し空間打突で「手の内」を作られたほうがよさそうですね(^_-)~☆

お名前: 陸奥守吉行   
To 太陽丸様
早速のご回答をありがとうぞざいました。少し感情的になって思いつめていました。
これでは中年剣士として恥ずかしいですな(笑&恥)
もっと根気良く剣道を楽しみながらお稽古しようと思います。

しかし妙です。太陽丸様から回答いただいただけでおおらかな自分?をとりもどせました。
                       (↑冷静な自分でした。ボケときます)

お名前: 太陽丸   
To 陸奥守吉行さん

始めまして。
町道場で幼少年の指導者の末席に加えて頂いています太陽丸と言う者です。

ウチの道場にも遅剣の方はいらっしゃって、
始められた頃は、どなたの打ちも痛いです。
と言うのは最初指導される時には「思い切って打ちなさい」と言われるからです。
そしてまだ力加減がわからない段階では、右手に力が入りすぎ、
インパクトの瞬間の手の内の締りが甘いので
どうしても「痛い」打ちになってしまうようです。

例えば小手打ちの時小手を空振りしたら
剣先が小手の位置で止まらずに床を叩いてしまっていませんか?
切り返しのときに面(または竹刀)を打ち損じた時に、
勢いで竹刀が大きく相手の体から外れてしまっていませんか?
もしそうであれば、これは全て手の内の締りがないために起こってしまう事なのです。
面小手胴全ての技を打つ時は、そのインパクトの瞬間に竹刀の握りを
雑巾を絞る様に内側に絞り込んでみてください。
当たった瞬間に絞り、すぐに脱力すると打ちも痛くなく尚且つきつい打ちになるはずです。

痛さはご自分が防具をお付けになられて相手の打ちを受けるまでその痛みは判り難い物です。
初心者に打たせた面の痛みは表面的な痛さですが、
熟練者に打たれた面の痛みは頭の中できな臭い匂いがしますから…(笑
剣道はお互いの痛みを知り合うことも思いやりの心に繋がります。

頑張って稽古してください。

お名前: 陸奥守吉行   
 Hideさん 皆さん いつも楽しく拝見させていただいております。
私は初心者中年剣士です。最近剣道をはじめたばかりで防具はまだつけておりません。
「打ちは全力で打つ」とおもっておりました。理由は
〃道は防具をつけているので痛くない。
強く打たないと一本が取れない。
なぜかというと私の読んだ剣道の本(入門書含)や見聞では打ち方の方法は書いてありますが
打ち方の強さを表現しているものが見あたらなかったからです。
 最近お稽古で連続技の時、餮擬け(学生)が私の前に来るのをイヤがった。
             鮴萓犬「イタッ」というのがきこえたような気がした。
などからサイト内検索したところ「中年の初心者ほど始末におえない…全力で打ち込んでくる」
とゆうような記事を読みすごくショッキングでした…。しかし事実それは私です(悲)。
(元受けはもっとショッキングだったかも…)
そこで打ちの強さは、お稽古中 試合中 小手では 胴では 面では 突きでは
いろいろなパターンがあるとおもいますが何もしらない私に教えてください。
また基本的はタブーとされていることも(本などに載っていないこと)ありましたら
教えてください。(アー 少し元気出てきた)

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る