記事タイトル:高段者の左手 


書き込み欄へ  ヘルプ
ここは「剣道 いちに会」という剣道専門の個人サイトです!

1.匿名であっても、剣道関係者として気品と礼節あるカキコをお願いします。
2.特定の個人や団体に対する誹謗中傷はおやめください。
3.
個人情報の流出は厳禁です。
  (進路などプライバシーに関わる書き込みは違法行為として罰せられます)
4.書かれた本人や関係者が不快にならないように留意してください。
5.意見と感情論は違います。
  (根拠が明記されていないカキコは意見とは言えません)
6.カキコは書き捨てにしないで最後まで礼節をもってください。

7.ルールを逸脱したトピ・書き込みは、管理人Hide.により削除されることがあります。


お名前: Hide.    URL
少しでも拙サイトがお宅に立ちますればうれしく存じます。

剣道は「守破離」です。
最初は「これが基本」といわれる方法をきちんと習得していくことが求められます。
基本と応用は、同じ直線上にあるものですから、先生方の技術も間違いではないわけで。
ただ、だからといってそれを真似ても、うまくはいきませんよね(^^;

ってなことで、よろしいのではありませんか。
あいまいな回答ですみません(^_^ メ)

お名前: クラチャン   
Hideさん
基本と応用。簡単な事だったのですね。
私の道場にいます初心者からの「ナゼ?」という質問に出来るだけ詳しく説明する様
心掛けてきたのですが、難しく考え過ぎて自分自身見失っていた部分もあったかと
思います。
ありがとうございました。

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

>―蘓桓圓ら「なぜ(高段者の)先生の構え(竹刀)は斜めなのですか?」と
> 質問された場合の適切な答えが見つけられません。

剣道は右足前左足後ろですから、本来「右自然体」で斜めに向いているものなのです。
ところが、初心の段階でそれをやろうとしますと、
 ●左腰が逃げる
 ●打突時に左手が安定しない
 ●剣線が利かない
などが起こります。
ゆえに、「お相手に正対しなさい」「左こぶしをずらさぬように」「構えはまっすぐ」と教え
るんですd(^-^)! 


>ず玄蠅鮑限Δ悗困蕕靴疹手打ちは、中段剣先中心で構えている相手を打てて
>しまいす。これは横から打つ様なもなのですが有効と思われますか?

先生方は横から打ってませんよね。
しかも、左手は安定していて打ちがとても締まっているはず。
こういう打方は基礎稽古を十分につんだ上級者向けの打方であって、初級者が真似をすれ
ばたちまち形が崩れてしまいます。


何事にも、基本と応用があるってことです。
全部にお答えしませんでしたが、この二つにお答えすれば他の問にもおのずと解が出てき
ますでしょ(^_-)〜☆

お名前: クラチャン   
高段者の方々の構えと小手打ちについて皆様にご教授頂きたく質問させて頂きます。
ここで述べます高段者とは、当方の道場の先生(教師7段)や稽古会等で拝見させて
頂いた先生方(8段のO府警の先生方等)を意味しております。

まず構えですが、初心者には竹刀を正中線に持ってこさせ、手をそれに合わせる様指導
されてますが、高段者の先生は左手親指付け根を中心(へそのあたり)にもってこられ
竹刀をやや斜めに構えられます。剣先は左目に付けるいる先生もいれば、咽喉部に
付けておられる先生もいます。

そこで
―蘓桓圓ら「なぜ(高段者の)先生の構え(竹刀)は斜めなのですか?」と
 質問された場合の適切な答えが見つけられません。
■鈎憤未涼羌藜圓高段者と同じ様な構えをした(真似て)稽古しだした場合の
 対応。(認めていいものか?正中線の構えに修正させる?)
3里に左手を左側にずらすと構えは楽(窮屈ではなくなる)ですが、極端ですと
 昨今問題視されている中高生の試合時の悪い構えに近づくのではないか?との懸念。

続いて小手打ちですが
高段者小手を打つときかなり左手が左側(左腰)へずれて打たれています。
(残心を含め)
私も決して見苦しく感じている訳でなく、機会や姿勢・味さえも感じられる打ちなのですが、日頃「左手は中心に」と口うるさく指導し、指導されてきた私にはここの
矛盾する部分に関し、納得ゆく説明が自分自身にできません。

ず玄蠅鮑限Δ悗困蕕靴疹手打ちは、中段剣先中心で構えている相手を打てて
しまいす。これは横から打つ様なもなのですが有効と思われますか?
ゾ中高生への指導時にこの打ち方を教えても良いものでしょうか?

上手に表現できず申し訳ないのですが、同じ様な感覚をお持ちの方や本件に関する
ご意見等をお聞かせ下さい。

宜しくお願い致します。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る