記事タイトル:基本の面打ち 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
To えーじさん

>あれ?私一足一刀を勘違いしているのかも…(?_?)
>一足一刀とは、その場から打ち込める間合いのことでしたっけ?

その通りです(^^)
「一歩踏み込んだらあたる間合い」が一足一刀ですよ(^^)


>どう攻めてから、どう打つのかに意識をおいて
>とりくんでみなす(^^)

打ち方はもうできてると思いますので、「どう攻めるか」が問題になってくるわけですね(^_-)~☆

お名前: えーじ   
toHide.さん
いつもいつも丁寧なレスをありがとうございます<(_ _)>
>(1)の「間合いを詰める」のはなぜですか? 「攻める(誘う)」などの意図があれば
>詰めてもかまいませんが、ただ「間を詰める」のでしたらたいして意味を感じられません
>が・・・(^^;
あれ?私一足一刀を勘違いしているのかも…(?_?)
一足一刀とは、その場から打ち込める間合いのことでしたっけ?
一足一刀は、攻めながら間合いを一足分詰めたら打てる距離かと…(^^;
その場で打てる距離が、一足一刀なんですね。

>打突というのは必ず「攻め+技」という構成になっているものです。
御意。基本打ちは今まで、打ちと構えのフォーム矯正と間合いの
確認のためだけにしていたような気がします(--;
どう攻めてから、どう打つのかに意識をおいて
とりくんでみなす(^^)

お名前: Hide.   
to えーじさん

>?一足一刀→間合いを詰める→打突
>?一足一刀→おもいきって打突
>のどちらでしょうか(?_?)

(1)の「間合いを詰める」のはなぜですか? 「攻める(誘う)」などの意図があれば
詰めてもかまいませんが、ただ「間を詰める」のでしたらたいして意味を感じられません
が・・・(^^;


>私もHide.さんに「攻め」の仕方を課題にいただいておりますから
>意識した基本打ちを心がけるようにします。

打突というのは必ず「攻め+技」という構成になっているものです。打ち込みやかかり稽
古なら「攻めのない打突」というのも存在するでしょうが、基本打ち(技の稽古)の場合
は、必ず「どこを(何を、どう)攻めて打ったのか」を明確にしながら取り組むことが大
切ですよ(^_-)〜☆

お名前: えーじ   
toみのるさん
ありがとうございます。
基本打ちは毎回「これでいいのかな?」と迷いながら
やってしまいます(--;
(あまり深刻では有りませんが…(^^;)

>,両豺膣峭腓い魑佑瓩襪里搬覇佑隆屬冒蠎蠅魎僂觧間をおかないで
>詰めて瞬時に打てば、私が思うのには,皚△眛韻犬世隼廚辰討い泙后
なるほど。わかりました。
私は、ちょっと細かいところにとらわれてしまっていたのかもしれません。
基本打ちでは、なるべく初動が見えにくいようにと考えてしまうものですから
…(^^;
でも、それよりも優先順位としては、基本打ちでも
「しっかり攻めてしっかり打つ」ココが重要なんですね(^^)

お名前: みのる   
↓途中で送ってしまった(^^;

,両豺膣峭腓い魑佑瓩襪里搬覇佑隆屬冒蠎蠅魎僂觧間をおかないで
詰めて瞬時に打てば、私が思うのには,皚△眛韻犬世隼廚辰討い泙后

お名前: みのる   
to えーじさん

 >^貘一刀→間合いを詰める→打突
 >一足一刀→おもいきって打突
私の場合は打突する時には半歩いやほとんど右足は踏み出さなくても少しでも
ぐっと入って打つようにしています。ですので ↓△任皸媼韻両紊任
同じだと思っています。攻めあっている相手との距離によって形の上で
は,砲覆襪△砲覆襪だと思っていますが、果たして・・・(^_^)

,両豺膣峭腓い魑佑瓩襪里搬覇佑隆屬
私が思うのには,皚△眛韻犬世隼廚辰討い泙后

お名前: えーじ   
toHide.さん
>基本打ちでしたら、一足一刀の間合いから打つように心がけられてはいかがでしょうか(^^)
と、いうことは
^貘一刀→間合いを詰める→打突
一足一刀→おもいきって打突
のどちらでしょうか(?_?)
これまで、あまり細かい指導というのを受けたことがなくて
たまに、ヘンなことを言うかもしれませんがご容赦ください。

>ひょっとすると、床を蹴り放してしまってはおりませんか?(^^;
蹴り放してはいないと思うのですが、「押す」感覚では
ないのかもしれません(^^;
次回お稽古で、ちょっと確認してみます。

>私の場合は「攻め」ですかね。攻めてお相手の崩れ(または居着き)を誘うように意識し
>てます。それが出来れば、もう、打った打たれたはたいして関係ない(笑)
「攻め」ですね(^^)私もHide.さんに「攻め」の仕方を課題にいただいておりますから
意識した基本打ちを心がけるようにします。

お名前: Hide.   
>私は、「一足一刀から少しだけ間合いを詰めたところから
>足を継がずに大きく振りかぶって面」をしています。

基本打ちでしたら、一足一刀の間合いから打つように心がけられてはいかがでしょうか(^^)
そういう状態で、カラダが崩れないようにお稽古していくほうがいいように思われますが。


>けり足を意識して、上体がブレずに、うちこめるよう稽古中ですが
>そんな稽古で、良いのでしょうか?(^^;

ひょっとすると、床を蹴り放してしまってはおりませんか?(^^;
左足で右足と重心を前に押しだしているのですから、「蹴る」ではなく「押す」という感

覚を持つことが大切です。こういう足の出し方をしていれば、上半身のぶれは少なくなる
はずですが(^_-)〜☆


>みなさんはどんなことに意識をおいて、稽古されておりますでしょうか(^^)

そうですねぇ、人それぞれ、意識している課題が違うと思いますからねぇ・・・。
私の場合は「攻め」ですかね。攻めてお相手の崩れ(または居着き)を誘うように意識し
てます。それが出来れば、もう、打った打たれたはたいして関係ない(笑)
お相手の心は十分に打てているはずですからヽ(^.^)ノ

お名前: えーじ   
みなさん、基本打ちの時の面はどうやって打っていますか?
私は、「一足一刀から少しだけ間合いを詰めたところから
足を継がずに大きく振りかぶって面」をしています。
これだと、前に跳躍する稽古にもなりますし、肩甲骨を
意識できるような気がするからです。
でも、このとき上体が少し上下にブレているようで
踏み込みが、すこし軽いように感じます。
けり足を意識して、上体がブレずに、うちこめるよう稽古中ですが
そんな稽古で、良いのでしょうか?(^^;

あと、他にはできるだけ遠い間合いから小さい面打ち
間合いを詰めるときにお相手を誘うことを意識しながらの
面打ちなどを稽古しますが、みなさんはどんなことに
意識をおいて、稽古されておりますでしょうか(^^)
よかったら、教えて下さい。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る