記事タイトル:でばな面のうちかた教えてください 


書き込み欄へ  ヘルプ
ここは「剣道 いちに会」という剣道専門の個人サイトです!

1.匿名であっても、剣道関係者として気品と礼節あるカキコをお願いします。
2.特定の個人や団体に対する誹謗中傷はおやめください。
3.
個人情報の流出は厳禁です。
  (進路などプライバシーに関わる書き込みは違法行為として罰せられます)
4.書かれた本人や関係者が不快にならないように留意してください。
5.意見と感情論は違います。
  (根拠が明記されていないカキコは意見とは言えません)
6.カキコは書き捨てにしないで最後まで礼節をもってください。

7.ルールを逸脱したトピ・書き込みは、管理人Hide.により削除されることがあります。


このトピは現在書き込みできません。
再開を希望される方はお手数ですが管理人までメールしてください。
お名前: Hide.   
to JOさん

>相手のでばなをとらえたら,体の重心を前にかけます。相手の胴を突くような
>感じです。そのあと、左手をやや下方に押し出すような感じでコンパクトに振
>りかぶり

うーん、JOさんもお書きになっているように、この動作の間に打たれちゃうよう
な気がするんですが・・・(^^;
相手の出鼻を感じたら、左足で床を押しだしながら素早く面を打った形に腕を移
動させればよろしいかと。

お名前: JO   
皆さんレスありがとうございました。
あのあといろいろとでばな面などの研究を続け,自分なりに考えたことを
書きます。
まず、相手のでばなをとらえたら,体の重心を前にかけます。相手の胴を
突くような感じです。そのあと、左手をやや下方に押し出すような感じで
コンパクトに振りかぶり(この二つの動作で出小手を打たれる確率が減ります)
相手の面金のすぐ上のあたりを狙います。ものうちと言うより剣先で打つ感じです。
瞬間的に重心を前にかけることで打突に勢いがつき、有効打突になる可能性が
高くなると思います。
また、トンチンカンさんのおっしゃるように、相手が間を詰めようとして一歩
踏み出した瞬間を狙うと非常に有効でした。ただし、これは待ち剣になってしまう
のではないかと心配です。
出ばな面は、非常に見ていて豪快で気持ちが良く、個人的に好きな技です。
難しいけれどもぜひ得意技にしたいです。
なにぶん中学生の未熟な考えですので、皆様のご批評をいただければ幸いです。

お名前: Hide.   
to JOさん

トンチンカンさんが詳しく説明してくださったので、いまさら私が出る幕ではあ
りませんが、トンチンカンさんの第1〜3段階までは「形の出鼻」と呼ばれるも
ので、基礎段階なんです。先々の先で出鼻を打つ場合、「心の出鼻」を意識しな
ければなりません。つまり「出ようとして心が動こうとした瞬間に打つ」といっ
たレベルですヽ(^.^)ノ

むろん、これは極意にも匹敵するものでそう易々とできるようにはなりませんか
ら、まずは、「形の出鼻」をしっかりととらえられるようにお稽古していくこと
が肝要と考えます。頑張ってくださいね(^^)

お名前: トンチンカン   
 (出頭)面打ちは、小さい方の打ちで行います。
 この小さい打ち方には、『半振り上げ』と『手首の打ち』の2つの技術があります。
どちらでも構いませんが、『手首の打ち』の方が、技のバリエーションが広く、甲手を
引っ掛けられることもありません。京都大会などでは、どちらかといえば、昔で云う『
半振り上げ』をなさる先生がまだまだみられるようです。さらには、この2つの打ち方
を混同されて説明される方々をよく見かけます。明らかにこの2つの打ちは全く別物で
す。小さい打ちのさらなる工夫・研究が望まれます。

さて、本題の具体的練習法ですが、
【第1段階】 元立ちが大きく1歩攻めて入ろうとするところを打っていく。
【第2段階】 元立ちが小さく1歩攻めて入ろうとするところを1つ我慢して、
       構えから打ち出しの2つの間の割れ目を打っていく。
【第3段階】 元立ちが小さく1歩攻めて入ろうとする所をその場で攻め返し
       て打つ。(攻めごと吸引する)

*出頭の打突の機会は、2つあると考えられます。1つは、構えから打ち出し
への移行期。もう一つは、振り下ろしから打突までの移行期。後者は、出のタ
イミングは相手とほぼ同時で、『相打ちの面』といいます。古流では、『彼我
一調子』、『切り落とし』、『一つの打ち』、『合撃』などと呼んでいます。

この要領は、/燭団召阿法大きく踏み込む。⊃兇蠅眇燭団召阿法振幅は
できるだけ大きくを心がける。特に、,鉢△蓮⊇估技に限らず、あらゆる技
の原則であるとともに、打ち勝つための鉄則であるので、しっかり反復習得す
ること。自分こそは、真っ直ぐ打ち出しているつもりであっても、端から見れ
ば、わずかにほんの数センチ左右にずれているものである。この数センチの狂
いが勝負を決する一番の要因であることを理解すること。

お名前: JO   
先の先の技である、出ばな面が打てるようになりたいです。
教えてください。


記事一覧に戻る