記事タイトル:面返し胴について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 人間   
弱剣士くん、それについての原因をまとめてみたよ。まあ見てください。
〜蠎蠅悪かった
⊆分の反射速度が遅い
自分の竹刀を操る力が足りない
ず庸修無い

まあとりあえず
,両豺腓泙逝臂翩廖
△呂發Ψ道に慣れるしかない
の場合も△汎韻検ただ慣れろ。
い鮗ら認めるようじゃ弱剣士どころかもう剣士でもない
つまり 銑ぁイ匹両豺腓任皀汽椶蕕塞死で剣道をやってれば大解決さッ!
ファイト!

お名前: Hide.   
to 弱剣士さん

はじめまして、管理人のHide.です(^^)

そうですねぇ、面抜き胴はちゃんと打てるのでしょうか? 技術的には面応じ返し胴の方
が難しいですから、面抜き胴が出来ていないとすると、チャレンジするのは困難かもしれ
ませんよぉ(^^;

ちなみに、面応じ返し胴ですが、抜き胴よりも面を引きつけて打つところに難しさがあり
ます。お相手の面を感じたら、右にやや開きだしながら腕を上げていき、竹刀の中ほどで
面を迎えに行くようにはね上げ、そこから素早くて首を返して胴を打つのです(^^)
「受けて」返すのではなく「はね上げて」返すのがポイントなんですよ。

ガンバってお稽古してみてくださいねヽ(^.^)ノ

お名前: ビューティー   
面返し胴は別に途中で竹刀を返さなくても、
そのまま抜き胴を打つ気持ちでいくと良いよ。
その抜き胴の途中に、『返し』があるだけだよ。
だから、『竹刀を返そう』と思うと打てないよ。
たぶん・・・。

お名前: 弱剣士   
初めまして!弱剣士です!
早速質問ですが、今僕は面返し胴を練習しています。
ところが相手の面がはやくてうまく応じれません。
どうしたらうまく応じることができますか?
みなさん、この弱剣士にひとつご指導お願いします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る