記事タイトル:手元が上がる 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: げん   
剣志郎さん!ありがとうございます!
早速明日から稽古の時に練習していきたいと思います。でも、むずかしそうですね〜。
時間をかけてがんばります!

お名前: 剣志郎   
げんさんへ☆

>「目付け」を鍛えると言うのはどういった意味なのでしょうか?
えっと、前トピの「臨機応変に攻めるには」というところで、ゆき絵さんにお話したんです
が、「目付け」とは「相手を見るポイント」とでも言いましょうか、視点の事です。詳しく
はそちらのトピをお読み頂きたいのですが、相手がフェイントなのか?ホントに打つ気があ
るのか?を見分ける目を鍛えると、その他の注意事項が活きてくるわけです☆

だいたい「剣道のセンスがいい」とか言われる人は、この「目付け」が良い人です。これが
良ければムダ打ちもしなくなるし、フェイントに動じることも少なくなります。げんさんが
手元を上げるのと同じように相手も手元は上がります。そこを狙って打つにも「目付け」は
重要になります。

例題でげんさんがお書きになっている「中心を意識すると…」という話を取り上げますが、
これは中心を意識しすぎて、相手が担いだ瞬間の打突機会を見逃している目付けの悪さに原
因があります。「構え」は守りでもあり攻めでもあるのです。「構えを崩さない」と言うと
なんとなく「守り」をイメージしますが、実は構えている最中は「攻撃の機会を狙っている
」攻めの最中なんです(まぁ、厳密には同時に行っている訳ですが(^^ゞ)。げんさんの言
う「中心を意識する=守りを固める」になってしまっているようです。まず、その意識を変
えることと、その「担いだ時の機会」を捉える目が育てば、必ず勝てるようになります。

頑張って下さい☆(^○^)ノ

お名前: げん   
剣志郎さん、武史さん、Hide.さん御指導ありがとうございます!
剣志郎さんに質問なんですが、『目付け」を鍛えると言うのはどういった意味なのでしょうか?

お名前: Hide.   
管理人のHide.です。

手元が上がるっていうのは、お相手に攻められたときに手元が上がりやすいということで
しょうか? 「守ろう」「打たれたくない」という意識が強すぎる場合、手元が上がって
しまう人が多いように思われますが・・・(^^;

お相手の動作が起こりそうになったら、「先をかけて打つ」っていうのはどうでしょう。
つまり、お相手の出鼻を狙っていくのです。これだと、手元の上がりは少なくなるように
思いますが・・・(^^)

お名前: 武史   
あまり参考にならないかもしれませんが、打つとき剣先から上げるように意識して
みてはいかがでしょうか??あと、刺し面を使ってみても良いかもしれません。
でも刺し面は打突力が弱いので、しっかり手の内?を鍛える事が必要です。
後は剣志郎さんの事を参考にしてみて下さい。

お名前: 剣志郎   
げんさんへ☆

「手元があがる」というのはフェイントに引っかかるってことかなぁ?
打つ時は誰でも手元が上がるよね?だから、上げない方法ってのはないんだけど…。
  々兇畚个靴燭蕁気にせず打つ!
 ◆〜蠎蠅旅兇瓩帽修┐鯤さない!
  「打てない」と思ったら、迷わず間合いを切る!
 ぁ 嵌鬚韻蕕譴覆ぁ廚隼廚辰燭蕁∩蠎蠅硫に入って、すかさず引き技!
 ァ 嵬槁佞院廚鮹辰┐襦
 Αー蠍気鮠紊欧襪箸は自分が打つとき!

ちょっと、時間がないので、今日はここまで☆(^^ゞ  また今度!☆

お名前: げん   
こんにちは。僕は稽古の時にいつも手元があがってしまい、そこをよく打たれてしまいます。
手元をあげないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?
中心を意識すると言うのもやってみましたが、その時は担ぎ技を打たれてしまいます。
誰かよい方法があれば教えてください。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る