記事タイトル:出小手の打ち方 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
To watanabeさん

>僕が京都で学生してたときに教わったコツなんですが、
>「踏み込む右足を自分の左側、ちょうど相手の右足の前辺りに踏み込め」
>という教えなんですけど、これって、生徒に教えてかまわないんですかね?

ハイ、よろしいかと思います。私も子供たちに、「小手は、お相手の右足を踏むように」と指導
しておりますヽ(^.^)ノ

お名前: watanabe   
To;Hide.さん
便乗質問ですいません。
本来なら指導者板で聞くところですがちょうど話題が出てきたので。
僕が京都で学生してたときに教わったコツなんですが、
「踏み込む右足を自分の左側、ちょうど相手の右足の前辺りに踏み込め」
という教えなんですけど、これって、生徒に教えてかまわないんですかね?

確かに物理的に考えて真っ直ぐ(相手の左足前)に踏み込みながらこてを
竹刀真っ直ぐ振り下ろした場合、相手竹刀のしのぎや鍔元に当たったりしやすい
ので、合理的とは思うのですが。どうもうちの学生は相手左足前にちゃんと
踏み込んでいても斜めに竹刀を振り下ろして打つので・・・。

図示

     [相手]
  右足→0 0←左足
     | |
     ◆
            ´、△惘βを踏み込む
  左足→0 0←右足

お名前: Hide.   
管理人のHide.です。
おや、なおかちゃん、こちらにも進出ですか(^^)

そうですねぇ、中学生ボードでは「応じ返し胴」か「抜き胴」をっていうお話をしましたが、
こちらでは、出小手の打ち方に関してお話しましょう(^_-)~☆

早い面に対抗するためには、
 1.出遅れないこと(気持ちで勝っていること)
 2.大ぶりしないこと
 3.ひざを高く上げすぎないこと
 4.打突後体さばきをすばやくすること(面のコースにいない)
という点が大切です。

まず、1ですが、気持ちで負けているときは、どんなにすばやい出小手を持っていたと
してもお相手の面に負けてしまいます。まずは、「動いたら打つ!!」「私の出小手は必ず
あたる」と信じて、前に前に攻めることが肝心です。お相手が「打とう」として気持ちが動
いた瞬間を捕らえないと乗られます。

2と3は共通しています。出小手は振り上げたら打ち遅れます。左足で短く激しく床を
押して、右ひざをやや曲げるようにして体全体で下に竹刀を振ります。つまり、構えた
剣先よりも低いところで出小手を打つような気持ちです。
右足をスリップするように前に踏み込みますので、ひざはほとんど上に上がりません。
ひざが上がってしまうと体も浮いてしまい、これまた打ち遅れます(^^;

4の体さばきですが、出小手を打つのはまっすぐ前に、その直後、すばやく左足ひきつ
けて右に開き足をして体をさばきます。竹刀を持たずに、この足さばきだけを徹底的に
お稽古してみてください。


とまぁ、こんなところですが、おわかりになりましたでしょうか?ヽ(^.^)ノ 

お名前: なおか   
鋭い面の打たれる方の出小手の打ち方を教えてください。(こつなどの)
出小手ではなくても鋭い面の対処法を教えてくださってもありがたいです。
レスでもけっこうなのですが、メールをくださったほうがありがたいです。
よろしくお願いいたします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る