記事タイトル:面打ちの悩み。 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
To 和輝さん

お役に立ちますればうれしく存じます。
頑張ってくださいねヽ(^.^)ノ

お名前: 和輝   
ありがとうございます。頑張ってみます。

お名前: 和輝   
ありがとうございます。頑張ってみます。

お名前: Hide.    URL
to 和輝さん

はじめまして、管理人のHide.というオヤヂです(^^)

そうですね、ポイントは、
 1.出小手が間に合わなくなるくらい間合を詰める
 2.小手面などを多用して、お相手に出小手を狙いにくい状況を作る
 3.出小手に負けない自信がつくくらいまで面打ちを極める
ってな感じでしょうか(^o^) 

私としては、2と3の併用が望ましいと考えております。

お名前: 和輝   
いきなりですが、、、私は稽古の時は面を打てるのですが試合になると出小手をとられるんじゃないかと思い、思い切って面を打ちにいけません。どうしたら克服できるでしょうか・・・。

お名前: Hide.    URL
お役に立ちますればれしく存じます。
まずは、薄利骨折を治すことからはじめてくださいね(^^;

お名前: 剥離骨折   
ご返答ありがとうございました。さっそくやってみます!

P.S ちなみに、HNはいま剥離骨折をしているためこれにしちゃいました^^

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

また、妙なHNですねぇ・・・。薄利骨折のご経験でもおありなのでしょうか? カルシウ
ムをしっかりとおとりになりまして、再発防止に努めていただきたいと思います(^^)


さて、ご質問の件ですが、すり足による前進後退(体の運用)をお勧めいたします。
このときに留意する事は、
 1.可能な限り大きく移動する
 2.左足が床を押す感覚を身につける(一次跳躍)
 3.前進の場合は右足とともに重心が移動する(ひざから進む)
 4.右足着地後はひざの上の大体直筋を使って身体を引き上げる(二次跳躍)
です。

「体の運用」の詳細は拙サイトの「Hide.剣道研究室」を参照してください(^_-)~☆
http://ichinikai.com/zakki.htm

お名前: 剥離骨折。   
某高校2年の剥離骨折です。

質問なのですが、面を打つときに右足が前に出ず上に上がってしまい、そのためなのでしょうか?手元が浮いてしまって小手を狙われてしまいます。以前から改善しようとしているのですが、なかなかなおりません。

なにかアドバイスがあればおねがいします!

同じようなトピがあったらすいませんです・・・。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る