記事タイトル:面払い面、面返し面 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
To みかんさん

>でも、子ども達の日に日に上達していくのを見ると、
>少し難しい技でも、挑戦させてあげてもいいかなって思ってしまいます。

そうですね。そういう気持ちってわかりますよヽ(^.^)ノ
子どもたちに技を教えてあげて、それができたときのうれしそうな表情。そしてそれが試
合などで決まったときの誇らしげな顔。指導者冥利に尽きますねヽ(^.^)ノ

お名前: みかん   
そうですね。基本が第一だと私も思います。
去年の秋の新人戦が終わってから、正面打ちを中心に毎日稽古を積み重ね
てきました。正月明けから、連続技、そして基本的な応じ技を
くりかえしくりかえし練習してきました。
最近は足さばき、手首の返しも上手になってきました。
そして、今回、ちょっと難しい
すりあげ技を練習に取り入れることになったのです。
pppさんのおっしゃるとおり、中学生にはちょっと難しい技ですね。
でも、子ども達の日に日に上達していくのを見ると、
少し難しい技でも、挑戦させてあげてもいいかなって思ってしまいます。
もちろん、発達段階の遅れている子にはもう一度基礎から教えますが。
逆に飲み込みのはやい子は、あっというまに覚えてしまいます。
まとまりのない文章になりましたが。

お名前: Hide.   
to pppさん

面すりあげ面や面返し面っていうのは、どちらかというと身長の大きな選手向きの技なん
です。小柄な選手の場合、上からのしかかられてしまいますので、よほど体さばきがよく
ないとキレイに決めることができにくいんです(^^;
むろん、中学生でも可能ですヽ(^.^)ノ

ただ、これはあくまでも私の個人的な意見なんですが、中学生(初心者)には、
 ●飛び込み面
 ●コテメン
 ●出小手(面抜き胴)
の3つをしっかりと覚えさせるだけで十分と思いますが(^^)

お名前: ppp   
面すりあげ面って、よく剣道の本にのっていますが
中学生ぐらいで可能な技ですか?
まずは自分で・・・と思って何度か練習してみたのですが
ちっともできないので、当然生徒にも教えられません・・・

お名前: Hide.   
to みかんさん

えーっと、混乱しておいでのようですので、こちらで整理をしてお話しますね。


まず、「面払い面」という技は存在します(^^)
お相手が打ってくる面を、表鎬でパチンと「張って」やるのです。これによって面の軌跡
が外れますので、そこをこちらが打突するのです。
最初に説明しました通り、右開き足を使って右斜め前に出ながら打つのが一般的ですが、
さがって残心をとってもかまいませんヽ(^.^)ノ


すりあげですが、案山子さんが書かれておいでのように、表からでも裏からでも存在しま
す。そもそも、「すりあげ」と「返し」の違いですが、
 ●すりあげ・・・お相手の打突を受けた鎬と同じ側を打つ
          ex.左鎬で受けて、左面を打つ(面表すりあげ面)
 ●返し・・・・・お相手の打突を受けた鎬と反対側を打つ
          ex.左鎬で受けて右胴を打つ(面返し胴)
というように考えてください。
ですから、当然、「面表すりあげ面」と「面裏すりあげ面」が存在するわけですが、「面
返し面」は現実的には表しかできません。イヤ、器用な人ならできるかもしれませんが(^^;


と、こんなところでおわかりいただけましたか?(^^)


>PS Hideさんの本、Yahooショッピングで注文しました!

アハハ、ありがとうございます(^^)
しかし便利な世の中になりましたね。ご活用いただけますれば幸いです!

お名前: 案山子   
おじさん剣士の案山子です。
みかんさんのご質問に私なりの考えを述べてみようと思います。
面すりあげ面は瞬間的な高度な技ですね。攻めの気を十分に保って
相面のように打たねば出遅れて成功しません。
従って、みかんさんのおっしゃる通り面払い面はありえませんし、
面返し面はタイミング的に遅くなった分、有効度が低くなります。

面すりあげ面は表からでも、裏からでも可能です。体捌きが右か左かの
違いだけです。
ただ、お相手が振り降ろしてくる竹刀をすりあげて打突する訳ですから
どうしても打つ位置的にはお相手の真横か斜め後ろになりますね。
私自身は相面的に双方が出ながら、振りかぶり=すりあげ動作で打つ
のが面すりあげ面の醍醐味だと考えております。
この場合のすりあげは、お相手の竹刀の軌跡を左右どちらかに10センチ
ずらせるだけでいいのです。自分の面の巾は20センチ位しかないのですから
こうすればお相手の竹刀は肩に落ちてしまい、有効打突にはなり得ません。

お名前: みかん   
再びすいません。みかんです。
いろんな書物を読みあさっておりますが、
私、間違えに気づきました。
「面払い面」ではなく「面すりあげ面」なんですね。
払い技は、しかけ技でしたよね。
ということで、前回の質問△砲弔い討蓮表だろうと裏だろうと
「すりあげ」なんだということがわかりました。
では、すいません、あと残りの,鉢についてよろしくお願いします。

お名前: みかん   
早速ご教授ありがとうございます。すいません、再び質問です。
 〜蠎蠅涼歸瓩領△鯤Гぁ覆垢蠅△押卜¬未鯊覇佑靴討發いい任垢茲諭
 表と裏とどちらが簡単なのでしょうか?
◆〇篌身、ごちゃ混ぜになってしまっていますが、面払い面と面すりあげ面
 の区別について教えて下さい。私は、個人的に「表は払い、裏はすりあげ」
 と勝手に区別して,諒乎罎法覆垢蠅△押砲判颪い討い泙垢、
 これって間違えですか?
 面払い面のときも、面返し面のように後退して残心をとってもいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

PS Hideさんの本、Yahooショッピングで注文しました!
  なんと近所のセブンイレブンで受け取ることができるんですよ。
  便利な世の中になりましたね。はやく届かないかなと待ち遠しいです!

お名前: Hide.   
みかんさんお久しぶりですヽ(^.^)ノ

面払い面ですか。難しい技ですよ。お相手の面に対して右斜め前に体を開きだしながら、
「前」というより「横」にさばいて打ちます。
打突後は、お相手が自分の左脇を擦り抜けていきますので、それにたいして正対するよう
に振り向いて残心となります(^^)

面返し面ですが、みかんさんがおっしゃるとうに「真後ろに後退しながら打つ」方法と、
左斜め横(お相手のカラダの突っ込みに応じて、斜め前や斜め後ろになる)にさばいて打
つ方法があります。
お相手が自分の右横を擦り抜けていってしまう場合は、振り向いて正対して残心。お相手
が自分の懐に入ってきてしまう場合は、お相手と接近して引き面と同じような形で残心に
なります。

こんなお答えでいいのかな?(^^)

お名前: みかん   
Hideさん、みなさんお久しぶりです。みかんです。
久しぶりに教えていただきたいことがあっておじゃまさせてもらいました。
今度、学校で面払い面と面返し面の練習をしようと思うのですが、
足さばきならびに、残心の取り方を忘れてしまいました。
私の記憶が確かならば、面払い面は開き足をつかって斜めから打突、面返し面は
後退しながら打突だったような気がします。(かなり自信ありません)
どうか、面払い面と面返し面のやり方を教えて下さい。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る