記事タイトル:出ると必ず下がる相手 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
to ケンさん

ご参考になれば幸いですヽ(^.^)ノ
これからも拙サイトをご贔屓にお願いいたします!

お名前: ケン   
Hide様

的を得たアドバイス、本当に有難うございます。
これで剣道をすることに更なる面白味が出てきました。
Hideさんを指導者に持つ生徒さん幸運ですね。
また何かありましたら書き込みさせていただきますので
宜しくお願いします。
これからも「いちに会」頑張ってください!

お名前: Hide.   
to ケンさん

はじめまして、管理人のHide.と申します。すっかり出遅れてしまったようですね、
申し訳ありません(^^;


「出ると必ずさがる相手」とはいっても、さがり方にはいくつかの分類ができる
と思います。
 1.打たれるのを嫌って意識的にさがる
 2.ビックリして反射的にさがる
 3.技を見切ってさがる
です。
1と2の見分けは簡単につくと思います。フェイントなどの動作をしてみたとき、
ビクッと反応するのが2のタイプですね。1はもっと確信的にさがります。はら
ちゃんさんが書かれているようなのが1のタイプといっていいでしょう。
1と2の場合はその後の攻撃が来ないことがほとんどですが、3の場合は攻撃さ
れますね。3のタイプはかなりの上位者ですので、容易に攻略は出来ません(^^;


さて、おそらくケンさんがお尋ねになっておられるタイプは1ではないかと思わ
れます。攻めていってさがるのかなと思うと前に打って出てくるのではないです
か?(^^; こちらの攻めが効果的に働かず、こちらがそれにとらわれると意表を
ついて出てきますので、たいへんやりにくいタイプだということができます。

こういう人には、打っていかないのが最大の攻めです(笑) 我慢をするのも、
打っていく以上に勇気のいることなんですね。
しかし、それでは膠着してしまいますので、ジワジワ間合を詰めることだけは忘
れないでください。
すると、お相手は業を煮やして出てまいりますので、そこを待ち構えて出鼻で打
ちます。お相手がたぐり寄せようとしている網を、こっちで手繰ってやる理です(^^)
この形が一度決まると攻守が逆転いたします。お相手の打ち気を十二分に引きだ
して、こちらの術中にのみ込んでいけばいいのですヽ(^.^)ノ

なお、さがるのであればカベ際までもさがらせてあげましょう(笑) そのポジ
ション取りの悪さに、お相手の方がげんなりしますから(^_-)〜☆

お名前: えーじ   
はじめまして。
下がる相手には、攻めて行けばよいと思います。
具体的には、何の技でもさがるのであれば打ち気をみせて
下がる分だけどんどん攻めていきませう。
そこで、すぐに打つのではなく、面や小手にわずかにスキを
みせます。(相手によってスキの程度を変えます)
どんなに下がる相手でも、“おいしそう”と思わせれば必ず食いついてきます。
前にでて、攻めるだけ攻めてそこで面をあけ、相手が“ガブッ”とくるところを
胴に抜くといった感じです。
こういうのを引き出すといって、上手な先生方は必ずこういう風にされます。
私も高段者の先生方にかかると、すぐに“ガブッ”といってしまって…。(^^;
下がるお相手には、気持ち的にもガンガンに攻めることが大切と考えます。
私もリバ剣です。リバイバル剣士会盛り上がっていきましょう(^o^)/

お名前: ケン   
一晩の間に様々なアドバイスを頂き有難うございます!
いろいろ対策というのはあるものなのですね。是非是非次回の稽古で試させて
いただきます。
私の悪いところは2段3段と打っていくと体が伸びてしまい踏み込みの
弱い手打ちになってしまうことです。
練習不足といってしまえばそれまでなんですが、ご年配の方も同じような
形で2段3段と攻めていかれているのでしょうか?

お名前:   
ほっとけ といいたいところでしょうか?
フェイントで攻めと見せかけて攻めないというのもありかもしれません
あとは難しいですけど三段攻めでしょうか。
ずあんさんのいうようにずかずかと入るというのも結構やっています。
上段で間合いを分からなくし、しとめるのもありだとおもいますが?
実際どうなんでしょう? 説明にもなってなくすみません

お名前: maymym   
ケンさん、はじめまして。
リバおば剣士のmaymymと申します。
『出ると必ずさがる』お相手・・・いらっしゃいますよね。
自分でも分かっているのに、なかなか打突が思うようにいかないんですよね。
ここで、私が考えるのには、
‘鹵並任舛、パターンとしてお相手に読まれてはいないか?
二段打ちとはいえ、届かないのであれば、継ぎ足で2本目の技を出してみてはどうか?
F鹵並任舛ダメなら、三段打ちではどうか?
ということです。

,乏催するのであれば、まず二段打ちのバリエーションを増やしてみるとよいと思います。
はらちゃんさんのカキコのように突きを交えるのも、インパクト大かと思います。
△蓮二段打ちのバリエーションのひとつとして、たまに入れると、お相手のひく
タイミングが崩れる効果もあると思います。
も、そういうお相手にはよいと思います。なかなか、3段打ちって使わないからこそ
効果がアップするのではないでしょうか?
いずれも、お相手の構えや体勢の崩れに応じた技が出せるようにお稽古なさると
良いと思います。
以上、リバおば剣士のひとり言でした。

お名前: ずあん   
ずあんです。

私もこのタイプはやりにくさがあります。
面を打ちに行っても、下がられると届かず、さらに小手を打たれたりするとなんとも
消化不良になります。

このような相手に時々使うのは、ズカズカと歩み足で相手も間合いにどんどん入って
無理やり近間になってしまう手です。
そこまで入れば下がられても打ちに行けば届きますし何とかなることがあります。

一度試してみてください。

お名前: はらちゃん   
私もこのタイプは苦手です。特に下段になって大きく素早く下がる相手は
下がった時に面や小手面を打っても下から突き上げる感じで突いて防御してきます。
また出小手を待っているのがみえみえでいやです。
攻めて相手がさがる瞬間に突き(片手突き)が効果的ですが、これも一回見せたら終わり
ですね。いつもおっかけっこしているみたいでほんといやです。
皆様の対策をお聞かせ下さい。

お名前: ケン   
初めて書き込みさせていただきます。
どの指導書をめくっても疑問が解けなかったことがサラサラと
説明されている御サイトに数日前に出会い感激しております。
今日は標題の件で皆様のお知恵を伺いたく思います。
私10年のブランクを経てのリバイバル剣士です。
前にでる稽古を心がけているのですが、苦手な相手は
攻撃の形がなんであれ下がる相手です。 こて面、面々と
2段技も放っては見るものの38歳のリバイバル剣士は
充分なばねがないのか、届きません。何か良策はないものでしょうか。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る