記事タイトル:緊張 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: kimi   
to るろうに 様

座る事の多い剣道は腰の動脈が圧迫され、どうしても下半身の血行が悪くなります。

時間的余裕のない場合、深々とした礼(90度)を10回するだけでかなり改善します。
筋肉へのマッサージ(刺激を与えるような)は、筋肉を使った時と同じ効果があり、血流を促し
酸素を供給しますので、その後の働きは見違えるように良くなります。

ストレッチやマッサージ部分に意識を集中する事で、より高い効果が得られます。
結果として、雑念を払い脳への過大な血流を防ぐ事ができますので、是非お試し下さい。

お名前: るろうに    URL
To kimi様
へぇ〜、そうなんですか!やっぱり緊張は体によくないのですね。
前の大会なんか3ヶ月以上前から緊張してました^^;
おとつい試合形式の練習したのですが、それだけで緊張していました><
試合の直前に手足をマッサージするのは知りませんでした。
今度是非試してみます!ありがとうございました。

お名前: kimi   
to るろうに 様

過度な緊張は、血液が頭部に集中しすぎる(赤面などに現れる)ため、他の部分の
動きは悪くなります。
一方、適度な緊張は脳細胞を活性化させ、他の部分の働きにも良い効果を生みます。

方法としては以下が考えられます。

 日常生活(人前での発声や演説)や普段の稽古(試合形式)で、緊張感に慣れる。
  年を重ねる毎に横柄になってしまい、困ったものです。
◆∋邱腓篆該困猟樵阿法⊆蠡を入念にマッサージする。
  必要な部分の血流をよくする事で、頭に血が上るのを防ぎます。

お名前: るろうに    URL
匿名さん、匿名さんさん、ありがとうございます。
To 匿名さん
なるほど、自分がやることばかり考えてるから緊張するんですね。
他のことにも目を向けてみます。

To 匿名さんさん
目標を立てることはいいことですね!
自分も目標を立ててみます。
何をしようかな〜(笑)

お名前: 匿名さん   
うちの母ちゃんは、試合前や試験前のとき、緊張をやわらげるため、勝てばOOOを
食いまくるぞ!!と、あきれた目標をかかげます。でも、これが、わりかしいいのです。
なんせ、相手は食べ物ですから。楽になれます。試合で上寿司大盛りメンーと、がんばって
いると、なんかすごくいいです。試合中は心はもう、寿司寿司絶対食うぞ!!おぉー!!。
ばかな母ちゃんを持つと、すごく幸せです。こんなときは。(笑い)

お名前: 匿名   
私は、むしろ変わってるのかもしれませんが、
審査や試合でも緊張をしないタイプです。

ですが、審査や試合前には、他の人と同様、周りからのアドバイスの中で
「緊張せずに、普段どおりに落ち着いて」と言われます。
そんななかで、審査前の、ある先生からのアドバイスでしたが、
他の人が審査や試合をしているところばかり見てると、
その中に自分が入っていくものだから、緊張するのも当たり前、
もっと他のところに目を向けることで緊張をほぐすとのことでした。
たとえば、会場全体をグルリと見渡して、審判の先生に誰がいるだろうかとか、
応援に来ている人がどんな人なんだろうかとか、
自分が置かれる立場でない部分に目を向けることで、
緊張がやわらぐとのことでした。

緊張感を持たない私が言っても説得力がありませんが、
試してみてはいかがでしょうか?

お名前: るろうに    URL
今週の土曜日に大会があるのですが、とても緊張しています。
緊張するとどうもうまく出来ません(当たり前か^^;)
緊張を落ち着かせる(?)オススメの方法がございましたら、お教え願えませんか。
相変わらず、日本語の下手なるろうにでした。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る