記事タイトル:遠くへ・・・ 


書き込み欄へ  ヘルプ
ここは「剣道 いちに会」という剣道専門の個人サイトです!

1.匿名であっても、剣道関係者として気品と礼節あるカキコをお願いします。
2.特定の個人や団体に対する誹謗中傷はおやめください。
3.
個人情報の流出は厳禁です。
  (進路などプライバシーに関わる書き込みは違法行為として罰せられます)
4.書かれた本人や関係者が不快にならないように留意してください。
5.意見と感情論は違います。
  (根拠が明記されていないカキコは意見とは言えません)
6.カキコは書き捨てにしないで最後まで礼節をもってください。

7.ルールを逸脱したトピ・書き込みは、管理人Hide.により削除されることがあります。


お名前: Hide.    URL
打つときに背中が緩むと腰が沈みますね。
構えたときの背中の張りを持続したまま打ちに行くようにすればOKですよ(^^)

お名前: 滅   
すいません、返事が遅くなってしまいました。
Hide.さんが教えてくれたように、左足を蹴り放さないようにし、ヒザから前に出るようにしたのですが、腰が沈みとても打ちにくいです。
腰が沈まないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。
ご教授よろしくお願いします。

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

左足を蹴り放してしまうと、思いのほか前に行きませんね。
また、足先を前に出そうと思っても進みません。「ひざから前に出る」といった意識が必
要だと思います(^^)

なお、右足は高く上げず、足裏を「床と平行に」保つよう心がけることも大切でしょうd(^-^)!

お名前: 滅   
今回は踏み込みについてご教授いただきたく書かせていただきます。
顧問の先生に「その長身を生かした鋭い、すばやい面を身につけなさい」と言われ、僕は今、面を中心に稽古に励んでいます。
そのとき、先生に
 ̄鵑へ踏み込むように
∈玄蠅鯀蠎蠅砲屬弔韻襪茲Δ
面を打て、と指導されました。
中でも,痢岷鵑へ踏み込む」というのがどうしてもできません。
先生によると「その場で踏み込んでいて、まったく前へ出ていなく、腰が突き出ている」という現状だそうです。
ということで、遠くへ踏み込むにはどうしたらいいか、また心掛けること、いい練習法をご教授お願いいたします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る