記事タイトル:抜き胴に迷いが! 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
お役に立てますれば幸いです(^^)

暑いですけど、お稽古頑張ってくださいね!
また、なにか問題点が出てきましたらご質問ください(^_-)〜☆

お名前: みかん   
ご指摘の通り、肘と手首に問題があるようです。
心当たりがあります。
私の打ち方は、肘が曲がった状態で、手首が固まって
打っていました。これでは届かないはずです。
明日、お昼から稽古がありますので、早速、
胴の練習をしてみたいと思います。
ホントHideさんには助けられる思いです。
ありがとうございました!

お名前: Hide.   
>今まで一度も捕らえた胴を見たことがなかったんです。
>というか、見ようとすると姿勢が崩れてしまって・・・。

前で胴をとらえていれば、姿勢を崩さなくても横目で打突部位を確認できるはず
です(^^)


>一足一刀の間合いだと、竹刀が届かない時があるんです。

それは、「腕が縮んでいる」か「手首が前方に振れていない」からでしょう。
左の拳を右拳の位置までスライドさせつつ、右の肘も左の肘もしっかり伸ばす感
じで「手首を伸ばして剣先を前に振る」ことを意識すれば、一足一刀からちょう
どいいところで打てるはずです(^^)

お名前: みかん   
いつもわかりやすいご説明ありがとうございます。
抜き胴が今になって不安に思うようになったのは、
実は、自分が相手の胴を捕らえたとき、
今まで一度も捕らえた胴を見たことがなかったんです。
というか、見ようとすると姿勢が崩れてしまって・・・。
でも、今度の稽古で、自分がちゃんと相手の脇を
打っているかどうか気にしてみます。

しかし、私には胴を打つ前の間合いへの迷いが残っています。
一足一刀の間合いだと、竹刀が届かない時があるんです。
近間だとHideさんの仰るような元打ちになってしまうし・・・。
何が悪いのでしょうか?

お名前: Hide.   
抜き胴のタイミングを時間的経過を追って書いてみますと、
 1.相手の手元が上がりはじめる
 2.左足で床を押し出し、腰にタメができる
 3.相手のカラダが前に出ようと動きだす
 4.自身の剣先を小さく振り上げつつ、右足が右斜め前に(送り足にて)押し
   出される
 5.相手の竹刀が面のコースに入ってくる
 6.剣先を鋭く前に振りだし、右足大腿直筋の引き上げとともに胴を打つ
 7.腕のふり抜きと同時に左足が引きつけられる
となります。

ポイントは、
 ●自分のカラダよりも前で相手の胴をとらえる(すれ違いざまに打つのではな
  い)
 ●剣先で相手のわき腹をとらえる(元打ちに注意→打ち送れると元打ちに)
 ●胴を打ったあと、右の握りの小指側(下筋)を緩めて手首を解放する
 ●踏みだした右足を軸に腰を時計回りにひねる動作を加え、腕で振り抜かない
 ●剣先を下に抜かないで、打突後、剣先はナチュラルに前に
 ●左の握りを柄に添え、竹刀から離さないようにする
 ●少なくとも相手とすれ違うまでは、左足を右足の前に追い越さない
といったところでしょうか(^^)

お名前: みかん   
最近稽古で、抜き胴がうまくできなくなってしまいました。
胴を打つとき、こんなことを考え込んでしまいます。
 ‘垢鯊任弔箸の足さばきはどうだったかなあ?
  (打つ直前歩み足になって近間すぎなような気が・・・)
◆〇笋倭蠎蠅瞭垢里匹海鯊任辰討い襪里世蹐Α
  (腹打ってないかな?)
 打った後、竹刀を早く抜いた方がいいのかな?
私は中学生を指導している身なので、自分の胴に迷いがあると
指導者としての自信も失ってしまいそうです。
正しい抜き胴をおしえてください。よろしくお願いします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る