記事タイトル:左さばきの返し胴 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
トモさん、お久しぶりです(^^)

そうですねぇ、左さばきの応じ返し胴は、年配の先生は良く使われますが、若年層ではほ
とんど使われませんね。と言いますのも、残念ながら、この技はなかなか試合で一本にな
りにくいのです。打突後さがるという技の性格上、お相手の勢いに押されているように見
えてしまうのです。また、前に出て打つ「右さばきの応じ返し胴」と違って、お相手の突
進してくる力を利用できませんから、打突が軽くなりがちで冴えに欠けるんですね(^^;

同じ左さばきなら、応じ返し面の方が一本になる可能性は高いと思いますよ(^^)


ちなみに、打ち方ですが、剣童さんがお書きになっておられる通りです。剣童さん、あり
がとうございましたm(_ _)m

お名前: 剣童   
失礼します。

トモ 様
左さばきの胴
〜蠎蠅面を打ってきたら、相手の竹刀をすりあげる(あるいは受ける)。
(ここまでは、右さばきと同じです。)
∩蠎蠅梁任噌みの勢いに応じて、左足を左後方にさばく。
A蠎蠅留ζ垢鯊任繊△修里泙涅幻緤に下がる。
(相手は右側をすり抜けることになります。)
っ翆覆北瓩襦
こんな要領です。,鉢△楼賚△瞭虻遒砲覆蠅泙后A蠎蠅涼歸瓩鬚垢蠅△欧覆ら左足を
さばきます。竹刀のすりあげは、表・裏どちらでもいいですが、表のほうが最初はやり
やすいと思います。
注意点は、胴を打ったあと面ががら空きの状態となることです。相手の打ち間でぼやぼ
やしていると、面を打たれます。


相手の手元を上げさせる方法は、
〜蠎蠅涼歸瓩鮠紊ら押さえつけて、戻そうとする反動を利用する。
∩蠎蠅涼歸瓩硫爾坊先をつけて、面の打ち気を誘う。
A宛紊梁さばきを利用する。(急に前に来られるとどうしても手元が上がる。)
いらの踏み込み(ドンと踏み込むだけ、打ち込まない)を利用する。
チ蠎蠅涼歸瓩亮蠍気剖瓩い箸海蹐髻⇔△ら強めに払う。
こんな方法があります。他の技にも応用が利きます。それから、いろいろ組み合わ
せた使い方も出来ます。
この他にも方法はありますが、書いているときりがないので・・・・(^_^;
試してみてください。

お名前: トモ   
久しぶりです。胴打ちに関してなのですが、
左さばきの返し胴とはどういう技なのでしょう?
自分では右にさばいて打つのしかやったことがないので、よくわからないのですが・・

あと、いつも応じ技以外の胴を打つときに相手が手元をあげてくれないので、
うまく打てません。 何かうまいしかけ方をどなたか教えてください。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る