記事タイトル:後方からの面打ち 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
>後方からポンポンと打たれると、なんだか妙に口惜しい
>のですが、動きがのろい、ということなんですね・・

刀での斬り合いであれば、敵に背中を見せれば一巻の終わりです(^^;
まぁ、そこを戒められているのだと思い「早く抜けて早く振り返る」を心がけてみてくださ
いp(^-^)q

お名前: 剣道初心者   
早速のご回答、ありがとうございました。
後方からポンポンと打たれると、なんだか妙に口惜しい
のですが、動きがのろい、ということなんですね・・

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

試合におきまして、後頭部は防具のない部分ですのでそこを意図的に打突することは「反
則」であると考えます。誤って打突下とみなされる場合は「反則」ではありませんが(^^;

ちなみに、横からの打突は一本になりますが、後方からの打突は一本にはなりません。


>(私は単に教育的な打突であると解釈しているのですが・・)

そうですね、稽古などの場合、あまりに背中を見せている時間が長い場合、私もポンポン
と打ってみたりはいたしますが(^^;

お名前: 剣道初心者   
稽古の際、打突し、抜ける時に後方から面(というか脳天)をよく打たれます。
後方から面(というか脳天)を打つ、という行為は、〕効な打突、反則、
0嫐のない打突であるが反則ではない、のいずれに該当するのでしょうか。
まことにつまらぬ疑問ですみませんが、お教え下さい。
(私は単に教育的な打突であると解釈しているのですが・・)

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る