記事タイトル:先の手 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
to くにさん

奥が深いというよりも、IMAINGさんのおっしゃるようにケースバイケースですか
ら画一的なことしかかけないと言った方が正解です(^^;
「百錬自得」という言葉がありますが、知識として理解したら、次は実践です。
その中から、またフィードバックされてそれが経験となる・・・。お稽古ってそ
うした積み上げなんじゃないでしょうか(^^)

お名前: くに   
すいません。
そっち行って、続きやりましょうか(^_^;)

お名前: IMAING    URL
基本的に攻めのための技(攻めを効かせる間合いの詰め方)に使う竹刀操作は
結局は自分の動きとそれに対する相手の反応で出来ているように思います。
例えば「はずし」では自分剣先を相手の中心からずらして物理的に距離感を
少なくし、間合いを詰めやすくするのに対して〜蠎蠅真直ぐ剣先を中心につけて
出た場合と∩蠎蠅外した剣先に追従した場合、そして0貉下がった場合など
いろいろなケースが考えられ、その場合場合で次の対応が必要になります。
そんな繰り返しが一つひとつのケーススタディとなっていくのでは無いでしょうか?

バリエーションが増えればそれだけ余裕も出来て、巾が広がるような(^_^;)
これは剣道談話室向けの話ですね。

お名前: くに   
早速のお答え、ありがとうございます。

でも、何だか教科書を読んでいるような…(^^)

個々のわざについて、個別に質問しなければなりませんかねぇ。
まぁ、それだけ奥が深いと言うことでしょうが。

教科書にのっていないような技は自分の工夫で修得しなければいけないということかな。

お名前: Hide.   
to くにさん

「攻めるための技」という書き方はたいへん微妙です。元々「攻める」ことが目
的ではなく「打つため」に「攻める」わけですから、技というのはすべて「打つ
ための技」しか存在しないはずです。
と揚げ足取りのように言ってしまっては実もふたもありませんので、広義に解釈
して「攻めを利かせるための間合の詰め方の技術」ということでいいですね?(^^)


「はずし」「つけ」「押し」「抑え」「はじき」「はね」「払い」「張り」「巻
き抑え」「巻き落とし」「巻き上げ」と弱い順にこんなところでしょうか。いや、
もう少しあるかもしれません(^^; なにせ、うろ覚えで書いたものですから・・・。

お名前: くに   
この欄を見ていると、こちらから仕掛けるための技が出てきます。
回りながら間合いをつめたり、相手の竹刀の下にこちらの竹刀をつけて、間合いを隠したり。

他に、こちらから攻めるための技があるでしょうか?

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る