記事タイトル:打突の機会と間合いのこと 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
>現代では色々な先生が色々な事を教えてくれますので生徒としては迷うことがかえって多
>くなってしまう のかもしれません。

う〜ん、まさにヒデジーノさんのおっしゃる通りですね。
それぞれの先生とも「よかれ」と思ってご指導されておられるわけですから、逆に困ってし
まいますよね(^^;

時代も情報が氾濫し、取捨選択能力を求められております。剣道界も同じでしょうか(^_^ メ)

お名前: ヒデジーノ   
私は先生によってその教えが違うのはあたりまえだと思うのですが。
それぞれに剣風が違うのですから。前へ前へと攻め込んでくる先生もいれば
遠間に構えて、相手の出を押さえたり、返したり、攻めてこないと見ると、
攻め込んできて打突したりする先生も居ます。自分が普段目指している剣道
を相手に伝えようとする。それが指導になってしまう。自分が使わない技も
指導できるようなマルチな人間てそうわ居ないのではないかと思うのです。

昔の師弟関係はこの先生の剣を習いたいと思う人が先生に弟子入りし、その
剣風を伝承していくというやり方であったと思います。現代では色々な先生が
色々な事を教えてくれますので生徒としては迷うことがかえって多くなってしまう
のかもしれません。

アドバイスは素直に受け入れて、自分の剣道を目指してください。出来ればこの先生の
剣道を模倣したいと思う先生の指導を受けれればいいのですが。

よしろうさんにはそういう先生がいらっしゃいますか。
剣道は1年早く始めるよりその1年で師を探したほうが上達が早いと言われている
そうです。
残念ながら私も、この先生に師事したいという方に今だ巡りあえていません。

お名前: Hide.    URL
To よしろうさん
>正直B先生は構わずどかどかと打ち込み稽古のように打っていくと、よしよし
>・・・・と言う感じなものですから、本当にそれでいいのかしら?と思っていました
B先生がそういう稽古が「よしろうさんに必要だ」とお考えになっておられるなら、そういう
風に打つ稽古を心がければいいのではありませんか(^^)

でも、やっぱ、「攻めた」という意識は必要です。
「どこを攻めてどう打ったか?」ということを常に考えて臨まれると、同じ「打たれた」としても
結果は大きく違ってくると思いますよ(^_-)~☆


To くまさん
>自分が攻めて間を詰めた場合と攻められて間が近くなったのとは違うのではないのでしょ
>うか?
おっしゃるとおりです。物理的な距離は同じでも、精神的にも状況的にもまったく状況が違
いますね。このあたりの感覚がわかってくると、「隙なのか誘いなのか」も見えてくるってわ
けですねヽ(^.^)ノ

お名前: くま   
よしろう さん始めまして。くまと申します。

くまも同じようなことで最近まで悩んでましたので、お気持ちは分かります。
最近やっと少しですが、わかりかけてきた処です。

私もみのるさんの書かれているように、両先生の言われることは、
言い方が違うが、同じことを言っているのだと思います。

ようは、遠い間合いから攻め上がり、機会を捕らえて即座に打ちこむと言う事ではないでしょうか?
自分が攻めて間を詰めた場合と攻められて間が近くなったのとは違うのではないのでしょうか?


単なる距離的な間合いだけの話しと聞くから勘違いしてしまうと思うのです。

A先生、 もう少し近く迄攻めて・・・・・・・・・
自分から攻めると言う事、攻めずに他だ打ち込めば良いと言う物ではないと言う事。
もう少し、攻めて相手の反応をみて即座に打ちこみなさい。

B先生、打たないから間合いが近くなってしまって、・・・・・・
自分から、攻めずに躊躇しているから反対に攻められ、間合いが近くなる。
間合いが近くなりすぎるまでに自分から攻め、打ちこむことが重要。

待ち剣と我慢の剣道は違うと言う事でしょうか?難しいですね、
くまもこのように書いておりますが、そのように何時も出切るかと言うとそうではありません。
お互いに、悩み楽しみ剣道を続けて行きましょう。

お名前: よしろう   
みのるさん、hideさん,アドバイスをありがとうございます

複数の先生のいうことを良く汲み取ったうえで、
自分で統一?した考えで稽古に取り組まなくては行けないなあ
と思いました
勝手に打たずに、攻めて(攻めたつもりで)、相手が崩れるなり、反応するなり、
動き出したりしようとすれば打つが
そうでなければ自分の間合いのギリギリの範囲ではダメもとでも打ちを出す・・・
というように心がけてみます


すもさんの真面目な発言もありがとうございました
正直B先生は構わずどかどかと打ち込み稽古のように打っていくと、よしよし
・・・・と言う感じなものですから、本当にそれでいいのかしら?と思っていました

どっちみち地稽古の終わり際には打ち込みを
お願いするのでなんともメリハリがないような気がしていたのです

いずれにしてもくよくよと愚痴めいたことをいっているより、頂いたアドバイスを参考に
工夫してみます
ありがとうございました

お名前: Hide.    URL
To よしろうさん

管理人のHide.です(^^)

>困ったことは、そのお二人の稽古の指導の仕方が正反対だということです

え〜とぉ、何回かよしろうさんのカキコを拝読させていただきましたが、どちらの先生も同じ
ことを教えようとされておられるように読み取れましたが・・・(^^;

最初の先生をA先生、後者をB先生といたしますと、
 A先生:遠間から打つのではなく、機会をとらえて打ちなさい=攻めなさい
 B先生:間がつまるまで策がない=攻めなさい
同じことでは?(^^)

B先生とのお稽古の場合、みのるさんもご指摘されておられますが、
>私の方で相手に全然隙がない・・私の攻めが効かない・・のに闇雲に打っていくのもどう
>かと思い、躊躇しているうちに間合いが近くなってしまいます
のところが問題ですね。
間詰まりになってしまう前に「攻めきれていない」のならスッと間を切ることも大切。それ
が「間合いの攻防」っていうことですし、攻めを組み立てる上でも重要なポイントだと思いま
す(^0^)

お名前: すも   
う………ん。

よしろうさんって、聖人だよなぁ。

自分がよしろう(敬称略)だったら、と考えてみる。

 
片方の先生がいるときは、近間でガマンして相手が出てくるまで待ち、


もう片方の先生がいるときは、遠い間合いから ムリ! と思っても
急いで打つ…







二人同時に道場にいる時は(さあ困った!!)




ア、 近間と遠い間での打ちを交互に適当に混ぜてみる(両方の先生を立ててみる)
イ、 近間or遠間か選ぶ
     顱覆匹辰舛に嫌われるの覚悟で…徹底して片方の先生のおしえを死守!)
     髻覆匹辰舛に好かれたいheartで…  同  上   )
ウ、 曜日や時間帯、身体の疲労度によって変えてみる(我がの都合で…疲れてきたので自分                                 は近間になります、とか)   
エ、一足一刀の間合いで打つ(みのるさんのアドヴァイスのように…    )



すも的にはやや図々しく ア、 を選択しています。 
練習中に アッ、見られてるぅ!と思った瞬間に切り換えてるでしょう…きっと
もしくは、距離的にみてより近くにいる先生に合わせて…

そんなことできたら よしろうさんは悩みはすまい…

お名前: みのる   
よしろうさん
わたしが感じたことはですね、
 >私の方で相手に全然隙がない・・私の攻めが効かない・・のに闇雲に打っていくのも
 >どうかと思い、躊躇しているうちに間合いが近くなってしまいます
ここが問題なのではないでしょうか、ぐっと一歩自分の打ち間に入って即打つ!
この「ぐっと一歩(半歩でももっと少しでも)入ること」が攻めになりますね、
それで打っていって乗られたり返されたりするのは相手がうわ手なら当たり前のことです。
攻めが効いてるかどうか見てると機会が逃げてしまいます。
要は攻め入って自分の打ち間に入って即打つと言う稽古が大事で、両先生との稽古でも同じに
出来るのではないでしょうか(^_^)

お名前: よしろう   
私は社会人でもうすぐ40歳になります、
一昨年四段になりました
週3〜4回程度の稽古は地稽古が中心です
そのほかにはできるだけ毎日素振りをしています

普段数箇所の道場で稽古しています
そのなかで一番指導を良くして下さる道場でのことです
その道場でも私のことを気にかけていてくれて、
より具体的な指導をしてくださる先生が2人います
片方は数年前に7段になり、もう一人はただ今7段に挑戦中の方で
どちらも50歳少し前くらいです
そしてどちらも小柄でがっちりした体型で剣道も似たような感じがします

困ったことは、そのお二人の稽古の指導の仕方が正反対だということです
(私が未熟で正反対だと思うのかもしれませんが・・・)
片方の先生は私が遠い間から飛び込んで面を打つと
「機会を捉えていない、自分勝手に打っている、
相手が動いた瞬間、打とうとした瞬間に狙いを定めていないから
簡単に返されるし、よけるのも簡単だ、自分が打ちやすくても相手との関係で言えば
もう少し近くまで攻めて、相手が反応するところを打つ練習をしなさい」
と言われます

もう片方の先生は自分がとどかないのを承知で私に気をつかって遠い間を取ってくださいます
しかし、私の方で相手に全然隙がない・・私の攻めが効かない・・のに闇雲に打っていくのも
どうかと思い、躊躇しているうちに間合いが近くなってしまいます
そうすると、
「なんでわざわざ間合いをとってやっているのに打ってこないんだ?
打たないから間合いが近くなってしまって、打てる機会を無くしてしまうだろう」
というようなことを言われます

毎回同じようなことを指導されますし、先生方はいい意味で
「誰とやる時でも同じことをこころがけてやりなさい」
といわれます
ところが私の認識ではどちらも正解で
どちらも疑問もあるために消化不良を起こしています

同じ道場内で一緒にやっているのに、
こちらから各先生に合わせた稽古をするのも妙な気がしますし、

相手によって多少は稽古の仕方が違ってもいいと思うのですが
上の2種類ともできるようにするべきか、
とりあえずどちらかがそれなりにできるように片方に割り切って取り組みべきか
そんなことを迷っています

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る