記事タイトル:合気とは 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 風月   
どうも、たまたま迷い込んでしまった風月です。
皆様の討論には感動しました。
御礼に一つ、小ネタを教えます。

合気道は、剣の理合を含んでいる(日雲談)
合気道の開祖は、槍の練習をしていたことがある。

そして、私の気に入っている、合気道のとある達人が言った言葉を一つ。

「動けば、それが業になる」

お名前: Hide.   
MAKOさん、よかったですねヽ(^.^)ノ
私も便乗して勉強させていただきました。ありがとうございました! お互いに
頑張りましょうね!(^^)

お名前: MAKO   
最初に合気について質問した、MAKOです。

皆様の深い議論に見入っていました。

親馬鹿一刀流さんの  
<非常に弾力と粘りのある棒をイメージして下さい。
の書き込みには大変感銘いたしました。さぞかし名のある方と
存知あげます。
 私の剣道はまさに、棒を落としたり、折れんばかりに押し込んだり
の剣道だったと思います。
中学生などと稽古する時の違和感、高段者と稽古する時
の充実感、安定感はこの棒の存在があったのですね。

これは私の数年分の稽古でも得られるかどうかの記事でした。
これからはお相手に、棒の弾力を常に感じてもらえるように
稽古いたします。

ありがとうございました。

お名前: Hide.   
to 親馬鹿一刀流さん
毎度ながら、親馬鹿さんのまとめはお上手ですよねヽ(^.^)ノ
こうして考えると、みのるさんもおっしゃるように、「縁」と「合気」はベクト
ルの方向性が違う点を除けばほぼ同じものと考えることができそうですね(^^)

「弾力と粘りのある棒」の例え、これからの指導の中で使わせていただきます。
ありがとうございましたm(_ _)m


to あっちさん
>Hideさんには、釈迦に説法かもしれませんが・・・・
アハハ、そんなことはございません(^^;

「活人剣」と「殺人剣」の対比のお話、たいへん分かりやすく拝読させていただ
きました。やはりこれも「和す」ということのようですね。親馬鹿さんのカキコ
でも「弾力と粘りのある棒を支え合っている状態」は「和している」形ですから、
「合気」と「和す」はほぼ同義と考えていってよさそうに思えます(^^)

お名前: あっち   
To Hideさん

>攻めようとする枕を押さえられてしまったら、抜き差しならない状態で居着いて
>しまいますよね。剣道にも通じる理ですが、これが合気道における「合気」なの
>でしょうか???(^^;

合気道における「合気」については、正直言ってよく知りません。
「氣の郷」で一日体験をしたことはありますが、そこでは呼吸法だけで
そこまでのご説明はありませんでした。

私なりに考えていることを述べてみたいと思います。
Hideさんには、釈迦に説法かもしれませんが・・・・

「武」は元々、相手の矛を収めさせるものでよく言われる
ように“活人剣<拳>”であって、“殺人剣<拳>”では
無い筈です。

「武」でいうところの「合気」は相手の気に文字通り合わせる訳で
  ・相対した時に、相手が攻撃する気がなければそのままこちらも
   攻撃しない。
    (殺人剣では相手にその気がなくとも、攻撃する。)

  ・相手が攻撃する時には、先の気で相手の攻撃に対応できるよう
   身構える。
   こちらに隙がないことを相手が分かって、攻撃を止めれば
   そこで終わり。
  ・相手が更に攻撃してくれば、応じてやり技量の違いを分からせ
   参ったと言わせる。   
  ・参ったと言わない場合は、相手に一時的なダメージを与える。
    (相手は活かす)

なお、同じ技量の活人剣と殺人剣が相対した時には、活人剣の方が
勝つはずです。

同じ技量であれば、先に仕掛けた方が負けるはずです。
名人でも打ち込む瞬間は隙ができます。

これは形に表れた仕掛けではなく、気持ちが動いた時の
勝負になります。

打ち込む時には、重心が移動するので動き出した動作は止められません。
同じように、打とうと気持ちが動いた瞬間には気持ちの中で重心が移動して
いるので、それに合わせられると防ぎようがありません。
<巷間言われる、“におい”とはこれに近いのではないでしょうか。>

心に曇りない明鏡止水の心境の活人剣の相手に、殺人剣が打とうと心(気)を動かせば
その瞬間に負けとなる筈です。
(活人剣が殺人剣に気を合わせたわけです。)

技の「合気」ではなく大きな意味の「合気」とはこのようなものではないでしょうか。
  

お名前: みのる   
親馬鹿一刀流さんこんばんは

なるほど! 感じがわかります。縁と似ていますかね !

お名前: 親馬鹿一刀流   
私も合気について考えてみました。
触刃の間合いより少し長めの非常に弾力と粘りのある棒をイメージして下さい。
この棒のイメージで、剣道の合気について個人的な考えを書いてみます。

お相手と自分の胸でお互いに支えあいます。お互いの協力がないと棒は床に落ちてしま
います。
この支えあっている状態が合気ではないかと考察します。
非常に弾力がありますので、近間になっても棒はしなりますが、床には落ちません。

初心者は合気の事が分かりませんので、棒をお互いに支える作業なしに打ちます。
上達するとちょうど良いたわみ具合で棒を支えあえます。
若い時は、棒を押し込みながら打ちにいきます。
若い同士が稽古をしますと棒が折れんばかりに押し合いながら打ち合います。
お相手が高段者であれば棒からの微妙な圧力を感じ取れて出端が分かりますので、簡単に
返し技を使えます。
また、ある程度たわむようにお互いに圧力をかけておいて、片方が力を抜きますと相手は
前のめりになったり、打たざるを得なくなります。
気持ちの入れ方次第で棒は硬くなります。
棒を硬くして相手を突き飛ばす事が出来ます。
また、たわみの戻りをなくしてほんの数ミリ引くだけで棒を落として前のめりにさせたり、
押し込む方向を分からなくしたり出来ます。
あるいは、軽い圧力をかけながらどうですかどうですかと聞いてくるような相手には、自分で棒をはずしてしまえば同じ結果になります。
もうひとつ、棒をかけようとした瞬間、棒がかかって安心した瞬間を打つことも考えられます。

以上、合気での攻防、対の打ち合い、引き出しての打ち、合気はずしを考えてみました。

お名前: Hide.   
to Fのすけさん

>なんか、冒頭でおっしゃられたように、剣道型の稽古が
>合気のモデル体験として良いような気がしてきました。

でしょ?(笑)
ですから、昔の方は、「形稽古」と「竹刀稽古」を半々に、また、「自分でする
稽古」と「見取り稽古」を半々にされたのではないでしょうか(^^)


>折りしも、今週末ですね、第一回。いいなあ。

予想したより人数が多くなってしまいまして、どうなりますかまったく不明です。
いい会にできればいいんですが・・・( -o-) フゥ

お名前: Fのすけ   
to HIdeさん
はい。ニオイ、気配を感じとって、合気につなげる。これを
無意識にやってると。 んー・・・
  なんか、冒頭でおっしゃられたように、剣道型の稽古が
合気のモデル体験として良いような気がしてきました。
折りしも、今週末ですね、第一回。いいなあ。

お名前: Hide.   
to 大さん
>要するに、私の解釈は合気道での『合気』とは、技術そのもののように受け取
>れました。(^^;
なるほど、「お相手の力のかかり方に対するこちらの力のかけ具合」ってな感じ
なのでしょうか? 「気」や「心」の話ではないんですね(^^;


to Fのすけさん
>えー、わたしのレベルでは、Hideさんの「お相手を理解した上で」の
>理解という所にキーワードを感じました。より理解力がある
>ほうがイニシアチブをとると。
うーん、理解かぁ・・・、自分では例えのひとつとしてそう書きましたが、厳密
にいうとそういうのとはちょっと違うんですよね。強いて言うなら「ニオイ」で
す。「気」のようなもので感じることもありますが、「ニオイ」というか「気配
というか」そんなようなものを感じ取って、それをどう「合気にするか」ってい
うことを無意識のうちに行なっているのです。
その範疇に「読み」があるのかな・・・(^^;

ちょっと「合気」の話とは外れてしまうかもしれませんが(^_^ メ)


to あっちさん
武田惣角の逸話、たいへん勉強になりましたヽ(^.^)ノ
攻めようとする枕を押さえられてしまったら、抜き差しならない状態で居着いて
しまいますよね。剣道にも通じる理ですが、これが合気道における「合気」なの
でしょうか???(^^;

お名前: あっち   
合気道の開祖 植芝盛平翁の師で知られている武田惣角の物語の中に
「どんなに鍛えていても、相手に抵抗できない瞬間がある。
 いや、鍛えているからこそ抵抗できなかったというべきか。」

「支那では、気という言い方をする。だが難しいものではない。
 目の前で手を打たれれば目をつぶる。それと同じことです。
 押されれば咄嗟に引きたくなる。引かれれば咄嗟に押したくなる。
 それを利用すればよいのだ。
 瞬時にその押しと引きを入れ換える。すると君の体がどちらに反応
 していいのかわからず、動けなくなる。」

「支那では、手に子鳥を乗せる訓練をする人もいる。
 小鳥が飛び立とうとする瞬間に足で蹴って飛び上がるのです。
 その瞬間に手をさっと下げてやる。そうすると小鳥は絶対に
 飛び立てない。ずっと掌にのったままだそうです。
 気を合わせるのですよ。」

「私が近づいていくと、君は何とか攻撃しようとする。
 その瞬間ににひょいとそれを抑えてやる。
 すると、その瞬間君は押すことも引くこともできなくなる。
 それこそが術です。
 術が身に付けば、技は何を使うおうが決まる。
 投げでも、突きでも、固めでもね・・・」

 これは剣道でも使えます。
 

お名前: Fのすけ   
えー、わたしのレベルでは、Hideさんの「お相手を理解した上で」の
理解という所にキーワードを感じました。より理解力がある
ほうがイニシアチブをとると。

先日、二刀流の坂本龍馬さんと試合稽古をした際、「引き胴
と見せかけて引き面」というセコい技を試みたのですが、
わたしが胴を打つ動きをはじめた時に、龍馬さんはもう頭上
に二刀をかざして、次に来る面をブロックしておられました。
これは理解力という意味で、なにもかもお見通しなんですね。
わたしにも、お相手の二打先が読めたら、剣道が楽しいだろうな
と思いました。すいません、
Cの話題とチョットずれたかな。

お名前: 大   
to Hide.さん

>大さんは、合気道における「合気」の解釈をご存じなんですか?(^^) ひょっと
>したらそれが、剣道の「合気」に影響を及ぼしているのでは???

私は、合気道は全く知りませんが前にも申しましたとおり、疑問を持った折り少し本を読んだ
程度ですのでよくはわかりませんが、合気道の世界でも『合気とは』なんぞや!と言う事で
数ぺージを割いています。長くなりますので要約しますと・・・

『合気』の用例として
合気を掛ける・・・敵が我を掴んだときその肉体の接点をそのまま利用して重心を片寄らせ
                 力を出せないようにすること。
合気投げ・・・・・上の状態から投げ技を掛ける事。
合気充満の腕・・・上の状態時の腕の様子。 等々・・

要するに、私の解釈は合気道での『合気』とは、技術そのもののように受け取れました。(^^;

>このあたりは、武道専門課程の学生の卒論のテーマにぴったりです。だれ
>か取り組んで教えてくれませんかねぇ(笑)

面白いかも知れませんねぇ〜・・・・・・えらい話になってしもうたなぁ(^^;

ヒョットして、古武道の練達の方だとその辺のところ御存知かも(^^)、レス下さい。m(_ _)m

お名前: Hide.   
to 大さん

>>ちなみに大さんは、今はどちらの解釈で「合気」を使われていらっしゃるので
>>すか?
>結論から申しますと、剣道の稽古の場合は、Hide.さんやMAKOさんの先生と同
>じ解釈をしております。(^_^)

了解です(^^)


>じつは、私もある時MAKOさんと同じ事を言われたことが有りまして、『合気』
>について考えたものですから、解釈に違いのあることを認識しております。

しかし、どこの辺りからどのように「合気」の定義が逆転してしまったのでしょ
うね。このあたりは、武道専門課程の学生の卒論のテーマにぴったりです。だれ
か取り組んで教えてくれませんかねぇ(笑)


>ちなみに、合気道での『合気』の定義は剣道の『合気』とは少し異なっている
>様ですね。

ここここ、実は私もこのお題を考えるにあたって引っ掛かってた点なんです。
大さんは、合気道における「合気」の解釈をご存じなんですか?(^^) ひょっと
したらそれが、剣道の「合気」に影響を及ぼしているのでは???

お名前: 大   
to Hide.さん

>ちなみに大さんは、今はどちらの解釈で「合気」を使われていらっしゃるのですか?

結論から申しますと、剣道の稽古の場合は、Hide.さんやMAKOさんの先生と同じ解釈をして
おります。(^_^)・・・・身近な先生方も殆ど積極的意味合いでお使いです。

 >小栗全三郎 先生の剣道講話速記録のお話を「合気」と考えるならば、現代剣道で
 >の解釈と反対にとらえられていたということですかね。

そうだと思います。
じつは、私もある時MAKOさんと同じ事を言われたことが有りまして、『合気』について
考えたものですから、解釈に違いのあることを認識しております。

ちなみに、合気道での『合気』の定義は剣道の『合気』とは少し異なっている様ですね。

お名前: Hide.   
to Fのすけさん
>「合気」とは、例えば「お相手様、あなたを正面から受けとめて、あなたにつ
>き合います。ただし、あなたにおびやかされることはありません。」というよ
>うな状態でしょうか?
うーん、「あなたのお考えを理解したうえで、私はこういかせていただきます」っ
てな感じでしょうか(^^)


to みのるさん
>お相手が初段の人とは自分も初段になって3段のお相手には3段になって、5
>段の人には5段、7段の人は7段の気合いでお稽古することでしょうか。
たしかに、これもひとつの合気ですね(^^)
私の師匠の「ちょっと強く」に通じる考え方だと思います。


to 大さん
小栗全三郎 先生の剣道講話速記録のお話を「合気」と考えるならば、現代剣道で
の解釈と反対にとらえられていたということですかね。ただ、小栗先生にしても
高野先生にしても「合気」を「お相手に合わせること」という狭い意味合いで使
われておりませんでしょうか(^^;
ゆえに、MAKOさんの先生がおっしゃった「合気」とは意味が違うようですねぇ・・・。
私はやはり「和する」といった意味合いで使われていたと思うのですが。

ちなみに大さんは、今はどちらの解釈で「合気」を使われていらっしゃるのです
か? 最初のカキコに、「私も、一時間違った解釈をしておりましたもので」と
ありますので、気にかかりまして(^^)

お名前: 大   
to Hide.さん

Hide.さんと議論なんて、掛かり稽古のようで大汗ものです。(^ー^;

仰るとおり、『合気』の単語の意味から言うと『気を合わせる』と言うことで、剣道の
稽古等では、積極的な意味で使われていると思います、反対に『合気を外す』ことは、
否定的(消極的)な意味合いとして使われているのが一般的なんだと思っておりますので
敢えて、異を唱えるつもりでは有りませんが・・・・・・・

『合気を外す』ことを積極的な事として解釈する拠り所として、先に引用しました
>次に、北辰一刀流 小栗全三郎 先生の剣道講話速記録で『合気の術』についての記述

> 合気に外れねば善い勝ちではありません。善きに善き、石に石、綿に綿、悪しきに悪しきの
如くは打ち合いして勝負は見えません。故に剣道に於いては拍子の無拍子を打つのであって、
敵弱ければ強く、敵早ければ遅くして勝つのであります。敵がふわふわであると、自分もふわ
ふわして気合が掛からなくなったり、敵が強く来ると自分もまた強く出ないようにしなければ
なりません。若し敵が充分なる気合で掛かって来たならばこちらはふわりと気合を抜き、敵が
合気となって気の緩むとき、速やかに勝ちを制すると楽に勝ち得るものであります。

それに、高名な高野佐三郎先生の著書『剣道』に、『合気を外して闘ふを肝要とす』と有る
ようです。
また、『合気』=『相気』とも言い、剣道では積極的ではない意味で使われていたようです。

ただ、正直申しまして、わたしも剣道の稽古においては『合気』が善い意味に感じております
が・・・・・・・・・(^_^;

お名前: みのる   
みなさんこんにちは

私の場合、合気って・・・そうですねぇ、お相手が初段の人とは自分も初段になって
3段のお相手には3段になって、5段の人には5段、7段の人は7段の気合いでお稽古
することでしょうか。

お名前: Fのすけ   
す、すごい高尚な会話ですね。いつかダイレクトに理解でき
るようになりたいな。

えー、それですと「合気」とは、例えば「お相手様、あなた
を正面から受けとめて、あなたにつき合います。ただし、あ
なたにおびやかされることはありません。」というような状態
でしょうか?

お名前: Hide.   
to 大さん

>Hide.さんの後からコメントするのは大変勇気のいることですが、

アハハ、そんなことは気にせずにお書きになってくださいよ(笑)
私とて修行中の身・・・というよりも、こうした理合関係は、まだまだかじりか
けなんですから、多くの方のご意見を伺い、自分の糧とさせていただきたいと考
えておりますゆえ(^_-)〜☆


>私が思いますに、『合気を外す』とは、例えば釣りで魚を釣り上げるときの釣
>り人と魚の駆け引きの如く、魚が大きく引く時は無理せずリールを緩め、魚が
>引くのを止めた時リールを素早く巻き、徐々に手繰りよせて釣り上げてしまう。
>逆に、魚が引く時リールを巻き、魚が休む時リールを緩めるような状態を『合
>気』であると考えております。

うーん、私の意見は大さんとはまったく反対ですね。前者が「合気」後者が「合
気を外す」って解釈してます(^^)

そのよりどころですが、合気と似たような使い方で「和す」というのがあります
ね。私の師匠は、「5、5の10で和したのでは互格。2、8の10、1、9の
10で和すべし」と教えてくださいました。

佚斎樗山子(こんな字でしたでしょうか?(^^;)の『猫の妙術』にも、「気のあ
るところ必ず理があり、理のあるところ必ず気は離れずにあるから、動作の中に
理に至るものはあり、気はまた一身の用をなすものである。その気がおおらかな
るときは、ものに応ずること無窮で、和する場合は、力を持たずして金石に当た
ろうとも、けっして折ることもない」とあり「和する心」を「ただ無心に、自然に応じる」ことと説いています。

ここから考察するに、「合気」とはものの理(道理)に逆らわず、無心無物にお
相手と対することであり、ムリ・ムダを排した心の持ちようではないかと愚考い
たします(^^)

お名前: 大   
MAKO さん   はじめまして 大 と申します。

Hide.さんの後からコメントするのは大変勇気のいることですが、私も、一時誤った解釈をし
ておりましたもので、私見と、ある剣道講話速記録をご紹介申します。

私が思いますに、『合気を外す』とは、例えば釣りで魚を釣り上げるときの釣り人と魚の駆け引きの如く、魚が大きく引く時は無理せずリールを緩め、魚が引くのを止めた時リールを素早く巻き、徐々に手繰りよせて釣り上げてしまう。逆に、魚が引く時リールを巻き、魚が休む時
リールを緩めるような状態を『合気』であると考えております。

ですから、MAKO さんの先生の仰る『あなたは合気をはずす傾向があるので、これから高段位
を目指すなら合気で稽古をするように』との仰せには疑問を感じます。(^^;

次に、北辰一刀流 小栗全三郎 先生の剣道講話速記録で『合気の術』についての記述をご紹介
いたします。

 合気に外れねば善い勝ちではありません。善きに善き、石に石、綿に綿、悪しきに悪しきの
如くは打ち合いして勝負は見えません。故に剣道に於いては拍子の無拍子を打つのであって、
敵弱ければ強く、敵早ければ遅くして勝つのであります。敵がふわふわであると、自分もふわ
ふわして気合が掛からなくなったり、敵が強く来ると自分もまた強く出ないようにしなければ
なりません。若し敵が充分なる気合で掛かって来たならばこちらはふわりと気合を抜き、敵が
合気となって気の緩むとき、速やかに勝ちを制すると楽に勝ち得るものであります。

こう考えますと『合気』と言う言葉の使い方は難しい !やっぱり奥が深いですね〜

お名前: Hide.   
「合気」の解釈は、Fのすけさんがお書きの「アッチ向いてホイ」がわかりやす
いようですね(笑) お相手の呼吸(気)とこちらの呼吸(気)を合わせること
です。面をつけてのお稽古の中では、なかなか体感(体得)することが難しいも
のですが、形稽古なら容易に「合気」を感じることができるはずです(^^)

合気の感覚の乏しい人は、形においても「自分勝手」で「呼吸の合わない」危険
な形を打たれます。でも、当のご本人はいたってまじめで「気合いを入れて真剣
に」打ってたりします(^^;
上手な方と形を打ちますと、自分が自然にその形の世界に吸い込まれ包まれてい
く感覚を味わうことができます。これが「合気の妙」ですねヽ(^.^)ノ


>稽古の最中は「決して下がらない、間を切らない、中心を崩さない」
>事を心がけてやっているつもりなのですが・・・。
>「合気と合気をはずす」とは?

おそらくですが、MAKOさんは、上記したように「ご自身のことだけ」を考えて
お稽古に臨まれてはいないでしょうか?(^^; お相手が攻めてきても「決してさ
がらない」のは、ある場面ではいいとしても、ある場面ではよくありません。剣
道はお相手との「剣先での語り合い」こそ醍醐味であり楽しいわけですから、あ
る意味において「決して下がらない、間を切らない、中心を崩さない」が傲慢に
なってしまうことも考えられるんです(^^)

私の先生は、私が指導者になるにあたって「圧倒的に強くはいかん。稽古は、常
にちょっと強くじゃ」と教えてくださいました。技自慢・スピード自慢で打つこ
とにおぼれないよう、先生に戒めていただいたものと考えています。「崩れない・
崩さない」は大切ですが、このお相手に「どう崩れないか」「どう崩さないか」っ
ていうことを考えてお稽古し、お相手の意識を常に自分という鏡に照らすよう心
がけてお稽古することが、「合気」の感じられるお稽古なんだと考えます(^^)

もっと簡単な例を引きますと、小学生と互格稽古をするときにまで、「決して下
がらない、間を切らない、中心を崩さない」とは考えませんよね(^^; 
その子の気持ちや心の動きを察知して、間を詰めてあげたり引きだしてあげたり
スキを作ってあげたり・・・なんてことをなさっておられるはずです。それが「お
相手と合気になろう」とする心なんですね(^_-)〜☆

長くなってきましたので結論を申しますと、つまり、「合気」とは、お相手の存
在を意識し、それに敵対するのではなく融合しようとする心の働きなんです。
たぶん、MAKOさんの剣道のレベルが、「打って勝つ」「攻めて勝つ」の段階か
ら「引きだして勝つ」へ進むべきだとお考えになって、その高段者の先生がアド
バイスされたものと拝察いたしますヽ(^0^)ノ

お名前: Fのすけ   
MAKOさん、初めまして。
  わたしは最近、はじめて相面というものを習いはじめまし
たが、相手がイチと来て、ニ、サンで反応していたらダメ
だと。イチと来たのに対してイチで応じるように。と教わり
ました。たとえば合気とは、そんなことを指すのではないで
しょうか?

これをわたしは、自分のためにわかりやすく「アッチ向いて
ホイ」の雰囲気だと理解しています。

そして、出小手を打たれる時など、相手が小手にくるのが
わかってて、それでも手元を上げてしまう感じがあり、
あれもアッチ向いてホイに似ていますね。相手の指が右に
向くのが見ヲていて、白熱するあまりそのままの方向に首
を振ってしまい、負けとなる。あのクライマックスが「合気」
だと思います。     ご参考まで。

お名前: MAKO   
先日高段者の先生に稽古をお願いした後で、「あなたは合気をはずす
傾向があるので、これから高段位を目指すなら合気で稽古をする
ように」と言われました。後でよく考えたのですが、いまいち分かりません
だなたか教えてください。
稽古の最中は「決して下がらない、間を切らない、中心を崩さない」
事を心がけてやっているつもりなのですが・・・。
「合気と合気をはずす」とは?

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る