記事タイトル:ケガ癖 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: masao   
怪我の内容はわからないですけど、もし踵をいためやすいというのなら、構えをちょっと変えてみるだけで、だいぶ改善します。右ひざを軽く曲げてみましょう。そうすることによって、踵から踏み込んでしまうことが少なくなると思います。

お名前: Hide.   
to まるもちゃん

はじめまして、管理人のHide.というオヤヂです。よろしくね(^^)

ケガも、クセになるケガとならないケガがあるんですよ。たとえば、足首のねんざ、太も
も、あるいはふくらはぎの肉離れなどはクセになりやすいケガです。
右足かかとの打撲やアキレス腱炎もクセになりやすいですが、これは足の使い方を直すと
改善できる範囲のケガですね(^^)


>しばらくたった今でも思いっきり踏み込んだ後などはジーンジーンと痛くなってしまい
>ます(>-<)

とのことですが、足のどの部分の話しでしょうか? ひょっとして、スネの骨ではありま
せんか?
もしそうなら、それは疲労骨折を起こしている可能性が高いです。直ちにお稽古をやめ
て、安静にする必要があります。痛みが治まってからも、少しずつはじめないと同じとこ
ろを疲労骨折する可能性がありますので、注意が必要ですね。

どうかお大事に(^_-)〜☆

お名前: りんご   
けが癖という言葉は初めて聞きましたが、何となく分かります、その感じ。
誰でも怪我をするおそれはあるんだけれど、1度怪我をすると、また同じところを
怪我しやすくなるというのはあると思います。それをけが癖というのかも。
肉離れとか、1度やるとまたなりやすいといいますよね。
考えられる注意の仕方は次の3つくらいでしょうか。
,韻の原因になっている剣道の癖を直す・・あつしさんの言われる通りでしょうね。
△韻を予防するための準備運動や、ストレッチ、サポーターなどの活用をする。
D柑劼おかしいと思ったら早く休み、医者に見せるなど処置をする。くれぐれも無理しない。
私も剣道を始めたばかりのころ、変な打ち方をしていたんでしょうね、腱鞘炎やら
関節炎やら、ねんざやら・・・いっぱいしました。でも、上手になりたい一心で
休まずに稽古をしてしまったばかりに、今でも時々痛みますよ。
まるもさんもこれから剣道を楽しむために、上手にけがとつきあってくださいね。
応援しています。

お名前: あつし   
わたしもある道場で稽古すると右足の踵を痛めます。
その道場は床の下がコンクリートなんだと思います。普通の道場は床の下にスプリングが
入ってるんですが・・・ 痛めた後は無理をしないように休んだほうがよいと思います。
私は高校時代に右足のかかとを痛めて、中段で踏み込めなかったので上段の稽古を
しました。痛めたのが幸いしたのかそのおかげで中段と上段を使えるようになりました。
そうやって稽古をやるのも1つの方法だと思います。

しかし抜本的な原因としては右足の踏み込みのときに踵から落ちるような踏み込み足に
なってるのではないでしょうか?上体に意識がいってるとそうなりがちです。
右足をあげるときの高さと着くときの足全体でつくイメージを会得するように努力してみてください。

くれぐれも無理して稽古しないように、痛める恐怖感で思い切って打ち込むことが
出来なくなりそれが癖として残ってしまうことがありますので。
それに足にもよくないと思いますので。

お名前: まるも   
はじめまして。私は高1の剣道初心者です。
今年の夏休みの合宿(7月の下旬)で足が痛くなってしまったのですが5日間稽古をしていました。
合宿の後は稽古は10日ほどなく、医者にも行ったので痛みはほとんどなくなったので治っ
たと思っていたのですが・・・。
しばらくたった今でも思いっきり踏み込んだ後などはジーンジーンと痛くなってしまいます(>-<)
先生も高校時代に痛いのを無理して稽古をしていたら50代くらいになった今でもまだ激し
い稽古をした後は痛むそうです。
もしかして私もケガ癖がついてしまったの!?と心配です。
けれどすごい痛みでもないし、そんなことで稽古を休みたくありません。
でもケガ癖というのがついてしまってこれからずっと痛みに悩まされるのも嫌です。
ケガ癖ってどういうものなのか、またどうやって治したり注意していればいいのか、
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る