記事タイトル:仕掛け技 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
to pppさん

そうですねぇ、攻めの形をひとつに限定しておいて、最初は同じ形から「出口(技
の幅)を広く」作っていくのが楽ですね。そのうち「入り口(攻め方)」も「出
口(技)」も多く出来るようになるのが理想ですが・・・(^^)


最もベーシックな攻め方は、「表から竹刀を押さえて」というグループでしょう。
表から竹刀を押さえられたお相手の反応によって、打つ技を変化させていくので
す。たとえば、
 ●押さえられたままにしていたら、小さく素早く面
 ●押さえ返してきたら、カラリとはずして小手
 ●手元を上げたら、小さく小手
 ●振りかぶるようにしてよけたら、胴(フェイント小手)
 ●さがってよけようとしたら、小手面(面々)
なんていうバリエーションですね(^^)

これに、払い小手や面フェイント小手、などを組みあわせれば、りっぱな仕掛け
技の攻めの系列の完成ですヽ(^.^)ノ


私自身、あまりパターン化するような指導法は好きではありませんが、攻めの基
礎を学ばせるには、その考え方を示す意味からもこう言う方法が効果が上がると
考えます(^^)

お名前: 凛   
仕掛け技で私が良く使うのは、
|瓦小手、担ぎ面 竹刀を抑え込んでの胴又は逆胴
F佑にいって、相手の手元が浮いた所の小手又は面
っ歸瓩鯲△ら払っての面 ハ続技の小手−面ではなく、
その場で小手を打って相手に動きを起させての返し技 等々です。
また九思さんの言われるように、自分から気攻めをして相手の起こり
を捉える出小手も仕掛け技に通じると思います。
「気攻め」を文章で表現するのは難しいのですが、相手に中心を与えず
常に自分が中心をとる事が第一。次に相手の打ちを止めるのではなく、
相手が打って出てくれば、「出頭技」や「返し技」を打ち、「出てこなけ
れば、こちらから打ってでるぞ」という気迫を相手に与える事。
これにより相手にしてみれば、打って出ると「出小手」を打たれるかもしれない、
「胴」を返されるかもしれない。また逆にこのまま対峙すると打って来られるかも
知れないという「迷い」が生じればしめたもの。相手が苦し紛れに打って出てきた所
というのは、当然「気剣体」が一致していない中途半端な打ちであるわけですから、
これを逃さず「待ってました」とばかりに「小手」でも「胴」でも打つわけです。
相手にしてみれば、気力の充実した本当の打ちではなく、所謂「打たされた」打ち
ですね。  ん〜  やっぱり文章にするのは難しい・・・ Hideさんのように
上手く表現できません (^^ゞ  すみません m(__)m

お名前: ppp   
すみません・・・
それがよくわからないのです。
「自分からせめて技を出させる」って
どうやればいいのですか?
(これって「ハズシツ」かも・・・)

お名前: 九思   
それは観点が違うからではないでしょうか?
仕掛けるのではなく、自分から攻めて相手を出してやれば、出篭手でも仕掛け技の一つになるのでは?

お名前: ppp   
いろんな技の稽古をしていますが
出小手とか、抜き胴とか、相小手面とか
相手が動いてなんぼ・・・
という技ばかりになってしまっています。
自分から仕掛ける技で
まず、やらなければいけないもの。
試合で有効なものは何ですか?
また、その練習方法および留意点は?

ある本の「仕掛け」のところには
小さく面
竹刀押さえ胴
小手面
面小手
なんかがのっていましたが・・・

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る