記事タイトル:小手面を打つときとは? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
to 霞さん

意識が変われば取り組みが変わります。
根気よくお稽古してみてくださいp(^-^)qガンバ!

お名前: 霞   
 Hideさん、柳に風さん、こんばんは。

アドバイスありがとうございます。!!

小手面は「小手を1本にするつもりで打った」延長線上、
そして、「小手先の2段技は出鼻の餌食」・・・

大変参考になりました。
焦らずに取り組んでみます。ありがとう。

これからもよろしくおねがいします。!!

お名前: Hide.   
to 霞さん

>このときには小手面の「小手」はうてても「面」までたどりつけない。
>という最悪の状態です。というか相手の竹刀が気になる、邪魔になって
>不恰好な小手面になってしまっていると思うのです。

そうですねぇ。小手面の小手が体勢が崩れずに打てていれば、面にも当たるはずな
んですが・・・(^^; ひょっとすると、小手の段階で体勢が崩れてしまっているっ
ていうことはありませんか? これだと面にはつながりませんね。

柳に風さんもおっしゃってますが、小手で一本にするつもりっていう気持ちで打ち
に行かないと「お相手の手元を破る」ってことはできません。手先だけの二段技
は、逆に「出鼻の餌食」と知らなければいけません(^^)
「カラダで思い切って割って入る」っていう感じで小手を打ちに行ってみましょ
う。きっとうまく面も打てると思いますよヽ(^.^)ノ

お名前: 柳に風   
こんにちは。

>このときには小手面の「小手」はうてても「面」までたどりつけない。

ということは小手は十分に打てているわけですよね。そしたら、その小手で
決めてしまえば良いのですよ。面は蛇足です。例えば試合では小手が入っても
すぐ面に行ってしまってそれが外れた場合、小手も無効になってしまいます。

小手面の本来の、と言うのもおかしいですが、打ち方は、小手を一本にする
積りで打ったけど、外れた、あるいはかわされたので、あいている面を打つ、
というもので、最初から相手の反応も見ずに連続で小手面を打っても、
ある程度の人には通じませんし、評価もされないと思います。

まずは、小手を打つ前の攻め方から工夫してみてはどうでしょうか?

お名前: 霞   
Hideさん、みなさん今晩は。

 その後、アドバイスをしていただいたことを念頭に小手、小手面に取り組んで
いるのですが、どうにも小手面がうまく打てません。(地稽古において)

 というのは、
〜蠎蠅鍔ぜりあいから下がって止まった瞬間には小手面は打てている。
しかし
∩蠎蠅箸犬辰り対峙してから、小手面を打っていってもサッパリになってしまう。
具体的には
このときには小手面の「小手」はうてても「面」までたどりつけない。
という最悪の状態です。というか相手の竹刀が気になる、邪魔になって
不恰好な小手面になってしまっていると思うのです。
地稽古においてもっとスムーズに小手面を打つにはどうしたら良いのでしょうか?
みなさんはどのようなときにどのようにして小手面を打っていっていますか?
「このままでは、技と技をつないでいくことができない」と思うと自信喪失です。

Hideさん、みなさん良きアドバイスをおねがいします。!!

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る