記事タイトル:改善するためには・・・ 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。8月中は合宿遠征に明け暮れ、この掲示板へのレスがまったくできません
でしたことを深くお詫びいたしますm(_ _)m


To龍蔚さん

バスケットの顧問から剣道に変わられたのですか。いろいろとご苦労がおありのようで、それが、
ご質問にも良く現れておられます(^^)
ただ、これらの項目を全部解説しておりますと膨大な量になってしまいますし、ちょっとおせっ
かいさんがおっしゃっておられるように既出のものばかりなんです(^^; ですから、ぜひ、過
去ログを調べてみていただきたいと存じます。

とはいえ、この膨大なサイトから目的の物を探し出すのは至難の業。そこで、このたび、「サイト
内検索」の機能をつけました。トップページのメニューバーから入れますので、ぜひぜひお試し
くださいm( _ _ )m
http://ichinikai.com/kensaku.htm

お名前: ぱろぷんて   
1日1日、全てのことを意識するのはあまりにも負荷が重いのでそれぞれ、今日はこれを意識してやる!と練習することがいいと思います。
特に、剣先が高い・後ろにそる・攻め・左足・膝・構えなどはこの方法で改善できると思います。
・・・それにはかなりの時間を要するわけですけれど(苦笑)
焦りすぎ・打突は上記をある程度克服でき、自信がつけば自ずと直ると思います。

ま!とにかく練習ですね

お名前: ちょいとおせっかい   
『「剣道Q&A」掲示板利用上のご注意とお願い』のところに、管理人さんからの
コメントとして
「3.同様のご質問がないか、よくご確認になってから新しいスレッドをお立
てくださいますようお願いいたします。」
と書いてありますよね。

まず手間を惜しまず過去のスレッドにあたってみてください。ここだけでなく
「恥ずかしい質問コーナー」や「剣道指導者研究室」の掲示板にも分散しては
いますが、左足の問題などはかなり繰り返し出てきているはずです。
ある程度質問の内容を絞った方が、皆さんに答えていただきやすいと思います。

なお、私からは参考書を一冊ご紹介しておきます。生徒さんのために自腹を切
るのも悪くないと思いますよ。

『剣道・徹底クリニック 気・剣・体一致へのアプローチ』
 B5変 208頁(1995年10月発行)

  編 :剣道日本編集部
  定価:1,530円(税込)

お名前: 龍蔚   
今、私が教えている学校では、夏休みを利用して、
基礎をもう一度定着させる稽古をしています。
今までバスケット部の顧問をしていたため、剣道の事は未熟です。
中学のときに多少やっていた程度で、段位も初段です。
先日、試合稽古をしたときに特に目立ったことがありまして、
それを治すためにはどのような事をしたらいいのか、
皆さんの意見をお聞かせください。
・振りが大きい
・膝が上がる
・左足の引付が遅い
・まっすぐ振れていない
・構えたとき右手が伸びきっている
・打突が不正確
・焦りすぎ
・上体が後ろにそっている
・構えが高い
・自分から攻めれてない
皆さんの貴重な意見お待ちしています。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る