記事タイトル:試合で・・ 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 司   
ありがとうございます。気持ちはあります。今度こそは勝つと気合いれるんですが、一瞬の隙をつかれちゃったり・・。力不足を感じます。

お名前: あっぷる。   
わたしも昔はなかなか勝てない子だったけど
気持ちが大事だって引退して気付いたからチームのなかで
きもちを統一。引退前の私のチームではよくこてで見えなくなるところに
「気合」「気持ち」「前進」などチーム統一の言葉を書いてました。
気持ち・・・本当に大事だと思いますよ。

お名前: kujira   
えーと,厳しいことはもう書かれているようなので別の視点から…

実力で五分だとしたら後は気持ちでしょう。
勝てるかどうかではなく勝つんです。その気持ちがありますか。
僕は指導者としていつも閉会式に出るようにいつも言っています。
本当ならいやでも表彰式に出なきゃならんのだからな,といっています。
よくわからんアドバイスですがもし役に立ったら幸いです。

お名前: kimi   
to 司 様

> 試合に出ても相手に劣ってるともおもいませんが、なぜか勝てないのです。

明らかに「眼」が劣っているようですね。
お相手の試合を何気なく眺めただけで、「俺はあいつには負けない」と、決めつけているだけで
はないのですか?
見取りの中でお相手と試合をしてみて、お相手の攻めや打ちが殆ど読め、打突の好機が何度も見
えるのなら、かなりの確立で勝つ事ができるでしょう。
一方、半分も読めないのであれば殆ど勝つことはできません。

また、打突の好機が見えても実戦で上手く打てるとは限りませんね。
その辺を意識した稽古で磨く必要があります。
頑張ってみて下さい。

お名前: 司   
なるほど。最後は竹刀が味方してくれるって事ですね。努力します。

お名前: ぱろぷんて   
先生がおっしゃっていたこと
実力もほぼ同じ相手に勝つためには・・・
少し差を広げるためには剣道を愛しなさい。
そのために竹刀はできるだけ家にもって帰りなさい。(雨だと竹が割れるので×)
そうすれば、竹刀に愛着がついて、最終的には竹刀が勝つ手助けをしてくれるだろう。

つまり、礼儀や剣道を楽しむ心を試合中でも忘れてはいけないということですね。

お名前: gg   
強い学校の試合前の練習法を観察して、真似するといいよ

お名前: gg   
強い学校の試合前の練習法を観察して、真似するといいよ

お名前: 司   
ありがとうございます。今度試合に行ったら、いろんな相手をみたりしたいと思います。そして負けたら、相手にも聞いてみたいとおもいます。

お名前: 私はレギュラーの座から遠い人間でした   
強豪校とか呼ばれている学校に通っていましたが、レギュラーの人達は泣いたり逃げ出したりするくらい辛い稽古をしていました。イメージトレーニングみたいな事もしてました(構えて先をとりあう)。かかり稽古はさながら地獄絵でして…
確かメニューは
準備体操・素振り(合計200本くらいだったかな) 15分
切り返し 10分
打ち込み(単発の打ち込みでなくて 面・コテメン・コテドウ…などまとめて打つ) 15分
追い込み 10分
休憩 10分
(オプションで先の取り合いをやったり、キャプテン・先生の判断によりバリエーションあり)
地稽古 15-20分
かかり稽古 20-30分
切り返し2,3回
整理体操
だったように記憶してます。電車で「某高校に出稽古にいったら切り返しでへたばった」という発言を耳にしたことがあります。これも1つの差かもしれないと思っています。

アドバイスを求めることですが(言い方は悪いですがご容赦ください)、いわゆるレベルの高い学校のレギュラーからすると"あら"がありすぎて私のような弱者にアドバイスすることは普段の稽古中ですら非常に大変なようでした。また、私自身試合後アドバイスを求められたこともあったのですが、何を答えて良いのやら本当に困りました。どうしようもないので適当なことを言ってしまったのですが、今考えると素直に分からないごめんなさいと言えば良かったかと。結局試合後は自分の剣道を振り返ることや次の試合に向けての意識の持ち方で手一杯なのではないかと思います。

見取り稽古というものがありますが、真面目に他人の試合を見ているだけでもかなり違うかと思います、漠然と"勝てる相手・実力がそう変わらない相手・絶対勝てない相手"として見るのではなくてアナを見つけたり、悪い点から学んだりすることを繰り返すことで試合運びをどうすれば良いのか分かるか等得られるものが大きいと思います。強い選手にも必ずアナはあります。アナをみつければ弱者でも偶然一本を取れちゃったりするものです。(二度三度同じ手を食わないというところはさすがとは思います)
そもそも"実力がそう変わらない相手"と相手が判断できるほど実力があるのでしょうか。これについても疑問です。

では無礼なことを沢山書いてしまいましたが、何かの一助になればありがたいです。

お名前: 劣ってる私   
>僕達は練習時間も延ばしたり、試合に慣れるように部内試合や地稽古もふやしま
>した。それで悪い所はお互い言い合うようにしました。

それなりに努力をなさっているようで、自発的にこれができているとしたら素晴ら
しいと思います。ただ、たいへん言葉が悪くて恐縮なのですが、これだとまだ「1
回戦負けレベル」の仲間内での努力ということになります。

練習時間を延ばしても、自己流で間違った打突を繰り返していたら、時間をかけれ
ばかけるほどクセが固定してしまい、上達のさまたげになっていきます。
部内試合や地稽古も悪くはありませんが、お互いに手の内が分かってしまうと、な
れ合いになってしまい、効果がだんだん薄れてくる面があります。
悪いところを言い合える人間関係を作られたのはとてもいいことですが、ほんとう
にその指摘が適切かどうかは、アドバイスをする側の実力にもよります。
すべてが間違っているとは思いませんが、努力の方向が知らず知らずのうちにずれ
ていっているのかもしれません。

一番よいのは、やはりきちんとした先生について指導を受けることです。学校の顧
問の先生が忙しくて部の面倒を十分見られなかったり、剣道の専門家でなかったり
というケースも多いと思いますが、その場合は
”活動とは別に地域の道場に通い、そちらの先生に指導を受ける。
顧問の先生に他校との練習試合を組んでもらい、相手校の先生に指導を受ける。
9眤力△侶道専門部で役員をしている先生のところに電話をし(学校のどこかに
 名簿があるはず)、参加させてもらえる稽古会や講習会がないか教えてもらう。
ぢ膤悗之道部に入ったOBに来てもらう。
ス残浩萓犬僕蠅鵑如地域で指導員を引き受けてくださる方をさがす。
などの方法があります。

次に、試合には出ているわけですから、試合終了後に、対戦した相手チームの選手
や監督の先生のところに飛んでいってあいさつをし、試合の感想を聞いてアドバイ
スをもらうことです。自分たちが負けた(つまり、自分たちより強い)相手なら、
なおのこと話を聞いておかないと損をします。

あと、「稽古日誌・試合記録」は普段から必ずつけるようにすることです。これが
習慣化すると自分がどんな剣道をしているのかがだんだんと自覚できてきますし、
他の人からもらったアドバイスや自分自身の気づきを蓄積していくと、それがかけ
がえのない財産になり、自分を成長させてくれる力になります。

どうぞ頑張ってください。

お名前: 圭   
僕も相手とそう変わらない実力なのにまけることありました。
しかし自分の技がつきた時によく1本を入れられたのに気付いてからは
そう負けなくなりました。いつも何で負けるかを研究したらどうですか?

お名前: 司   
アドバイスありがとうございます。
僕達は練習時間も延ばしたり、試合に慣れるように部内試合や地稽古もふやしました。
それで悪い所はお互い言い合うようにしました。Hide.さんの剣道上達BOOKも買い、
技の細かい所まで気をつけて練習してました。そして団体戦に出たのですがあと1歩で負けました。何かまだ足りないとこがありましたら、書いてください。おねがいします。

お名前: 劣ってる私   
>試合に出ても相手に劣ってるともおもいませんが

これが最大の原因です。いつも1回戦敗退だというのに、いくら何でも「劣ってる
ともおもいません」はないでしょう。「自分たちは弱い。他校の選手に劣っている」
ときちんと認めて、そこからスタートしないから向上できないのです。

稽古の内容は、試合で負ける前と後とで、何か変えてみましたか?
試合で負けて悔しくて、素振りや筋トレ、走り込みを家でもやるようになった人は
どれくらいいますか?
少しでも技の研究をしようと、剣道関係の本や雑誌を買うようになった人は、何人
いますか?
この掲示板や「恥ずかしい質問コーナー」は宝の山のようなものですが、どれくら
いのタイトルを開いてみましたか?

謙虚に「稽古量が足りなかったのではないか」「技の工夫が足りなかったのではな
いか」「気合いが足りなかったのではないか」と考え、努力していれば、少なくと
も毎回負けるという状態からは抜け出せるはずです。

お名前: 司   
僕は高校の剣道部の主将です。うちの部では悩みがあります。
それは試合でいつも1回戦敗退してしまう事です。みんな、
有段者で毎日基本を中心とした練習をしています。試合に
出ても相手に劣ってるともおもいませんが、なぜか勝てないのです。
なぜ勝てないのか、自分達では分からないので、アドバイスを下さる方が
いましたら、宜しくお願いします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る