記事タイトル:剣道修行の目的は? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
to Hiroさん

>試合に勝つだけの剣道でははっきりいって限界があると思いますし、
>その時勝っても、また別の選手に負ける。そんな繰り返しで
>高校時代は苦しかったし、剣道そのものに楽しみはなかったからです。

上には上がいますから、他人との競争に勝つことを目標にしていれば、いずれそ
の限界に気がつきいつしか競技そのものに対する興味関心も失われていくのは、
コーチングの世界では定説なんです。

長続きする動機づけは、「己のスキルアップ」を目標にするやり方です(^^) 常
に昨日の自分と比較しながら練習していくものですね。
まさに剣道でいう「お稽古」という言葉はそれを言い表しているんですけど、時々
間違った形での取り組みに目を奪われてしまうものですねヽ(^.^)ノ
[2001/06/14 09:03:30]

お名前: Hiro   
Hideさん、お返事有難うございました。僕自身励まされました。
試合に勝つだけの剣道でははっきりいって限界があると思いますし、
その時勝っても、また別の選手に負ける。そんな繰り返しで
高校時代は苦しかったし、剣道そのものに楽しみはなかったからです。

 今は、やっと自分の本当にやりたい剣道、やりたかった剣道
ができるようになってきました。まだまだですが、稽古を通して
頑張っていきたいと思います。
[2001/06/12 18:23:42]

お名前: Hide.   
to Hiroさん

>そして今現在は、ほとんど趣味みたいな物で、自然に生きたい
>素朴に続けながら・・・・・・・何もやってないよりなにか
>やってたほうが生活に張り合いも出るし、楽しみながら稽古を
>剣旅を続ける。そして自分の生き方そのものが剣に表れると
>いいかなと思っています。

素晴らしいですね。自然流の自分を表現するための手段が剣道、といったところ
なのでしょうかヽ(^.^)ノ

私もそのような「こだわりのない心」で剣道に取り組んでみたいものです。でも、
もしその境地に達することができたら、このサイトも閉鎖しなきゃならないかも
しれません。このサイトこそ、私自身のこだわりの産物にほかならないからです。
ハハハ、けっこう自己矛盾ですねぇ(^^;
[2001/06/11 20:42:09]

お名前: Hiro   
修行の目的は、小学、中学のころは身体が弱かったので
丈夫にしよう。高校時代は勝つために、試合にでたいために
そして今現在は、ほとんど趣味みたいな物で、自然に生きたい
素朴に続けながら・・・・・・・何もやってないよりなにか
やってたほうが生活に張り合いも出るし、楽しみながら稽古を
剣旅を続ける。そして自分の生き方そのものが剣に表れると
いいかなと思っています。

 子ども達に教える事もありますので上手く自分の剣で伝える事が
今後の僕の剣道人生です。それにはやっぱり地道な稽古が大事ですので
頑張っていきたいと思います。
[2001/06/10 22:05:29]

お名前: Hide.   
to メネリク?世さん

そうですね。おっしゃる通りだと思います。
剣道はひいてはその人の生き方を左右するものがあります。人の生き方の規範になる
ものの根底には宗教観や哲学が絡みついてくるのは当然です。また、そうした観点で
剣道をとらえていないと、単なる叩き合いに終始してしまいますね(^^)

あ、よそでも書きましたが、日本語入力可能なようですから、本文はローマ字ではな
く日本語にてお願いいたしますm(_ _)m


to みのるさん

私はこういうの好きですヽ(^.^)ノ


to himさん

あんまり深いところに持っていかないでください!
管理人の能力の限界を超えてしまいそうです(笑)
[2001/02/04 20:25:08]

お名前: メネリク酸   
Iroiro to setu ha aru to omoimasuga,hitotu niha idai naru senjin
tachi no mikokoro wo etoku shite iku koto dato omoimasu.Soreha nanika
to iwareruto korega mata hitokoto deha arawasemasenga,hitotu niha,Ken 
no michi wo motte onoga shuukyou tomo kami ya hotoke tomo nashi(arui
ha miidashi)sokoni onoreno shimei nado wo miidashi satoru,to iukoto
deha nai de shouka?watashi ha kou omoimasuga minasama ha doudeshouka. 
[2001/02/04 03:43:55]

お名前: くに   
このテーマについては引退だなどと言っておきながら、また出て来ちゃいました。
書き残しがあったのです。すいません。

to IMAING さん

わたしの言うことをご理解いただいてありがとうございます。
一人でも協賛者が居てくれて、わたしも成仏できます。ウークックック(T_T) 

toみのる さん

書き込みありがとうございます。今度はもっと早く入ってねー(^_^)
[2001/02/02 21:50:51]

お名前: みのる   
私の場合、修行の目的は
この道はこの私でもどこまで行けるものなのか?
よし、やれるだけやってみよう!  です。(^^)
[2001/02/02 17:11:10]

お名前: くに   
このテーマについて、あんまり長くなっちゃったから、終わらせようと思ってレス
書いたんですが、終わんなくなっちゃったな。いいんですかあーHideさん(^^;)

親馬鹿一刀流さんとHideさん、特にHideさんさんのレスはわたしの話の次元を突き
抜けてしまったようで…困ったなぁ。

お二人とも、今の時点での目的だとおっしゃっていましたよねぇ。

私としては、入門した頃は、そんな目的を持っていたのではないが、良き師、良き剣友に
めぐりあい、剣道の楽しさ、厳しさを知って続けてこられるうちに、そうした目的を持たれる
境地に立ったのではないかと思うのです。

だから、入門したての者を、自覚がないと排斥するのではなく、自覚が持てるように育てて
欲しいということなのです。

でも、この件に関してはこのくらいにしておきます。

先日、突きを教えていただいてから、Hideさんは私にとっては先生にあたると思ってますので
「そんな気持ちで稽古に来ていたのか。性根を叩き直してやる!」なんて怒られて、壁に激突
させられたりしちゃうと、翌日からの仕事にさしつかえますし…(^^;)

to himさん

「気剣体の一致した打ち」に関しては、おっしゃる通りだと思います。
「技術的なこと」という言葉が適当であったかどうかは、今の私にはわからない点もあります。
そう見えただけ、という程度のことで使ってしまいました。

よいテーマのようにも思えますので、項を変えて問題提起されてはいかがですか?
私も、皆さんのお考えを聞かしていただきたいですねぇ(^_^)

特に私のレスを御希望の場合以外は、このテーマについて私は引退です。
みなさん。ありがとうございましたm(_ _)m
[2001/02/02 15:36:23]

お名前: him   
to くにさん
レスが遅くなってしまいましたが・・・

「気剣体の一致した打ち」というのは、「技術的な」という現象面だけで捉えていた訳ではなかったのですが・・・
私は「相い対する相手との遣り取りの中で気剣体の一致した打ちを出すというのはある意味で剣道の極意ではないかな?」
と考えております。
打とうと思って打つのではなく、相手の動き(この場合、気=心の動き,剣の動き,体の動きを相称)に対して、
自分の気=心,剣,体が自然と反応して動くということです。
そこには、自分の「打とう!」という意志は存在しない(「心妙剣」とでも言いましょうか)。
つまり「気剣体の一致」とは、自分だけの中で一致しているということではなく、相手との遣り取りの中で
すべてに一致したものであるではないか?と考えております。

これは・・・大変なことだと思います。こういうことが出来たという経験はありません。
しかし、これとても「目標」ではありますが、「目的」とはちょっと違うような気がしております。

なんかまだろっこしくなりましたがm(__)m
[2001/02/02 13:09:20]

お名前: Hide.   
to くにさん

>でも、『「自分のための剣道」という考え方から離れてきた』というのに、な
>ぜ「自己錬磨」なさるのでしょう?
>やはり、ご自分の爲に剣道をなさっているという点では、一貫していたのでは
>ありませんか?

勉強不足、力不足で他人に剣の道を説くなどという大それたことをしてもいいも
のでしょうか? それが「自己錬磨」の答です(^^)

技術は日々変化しています。一例をあげれば、高校生や大学生の試合を観ていて
も、技や決め方などに「はやりすたり」の傾向が見られるものです。そういうも
のを吸収・分析していく力が無いと生徒達には教えられませんね。自分でできな
いことは示範できませんから、技術を磨くことをやめるわけにはいきません。
また、審判方や日本剣道形なども変化しています。しっかりと学んでいくことが
指導者としての責任ですね(^^)


>Hideさんは、そんなことおっしゃらずに高段者になって、全剣連を背負って立
>ち、よりよい方向に導いて行って欲しいですね。

アハハ、私にはそんな力はありません(^^;
人間にはそれぞれ「分」があるものですから、それをわきまえなくてはいけない
と思います。中枢に上がって改革する人と、私のように野にあって活動する人と。
私は在野の方が性に合ってる人間です。今は、こうしたHP活動を通じて剣道に
おける様々な諸問題をみなさんといっしょに考えるのが「楽しい」のですヽ(^.^)ノ
雑誌でも述べましたが、インタネの普及とともに、いずれ我々のこうした声を無
視できない時代になるでしょう。
私のは、そんなところに進むべき道を見いだしています(^_-)〜☆
[2001/02/02 09:13:37]

お名前: 親馬鹿一刀流   
to くにさん

私もHideさんとほぼ同じで、現在はという事です。
学生時代には強くなる事を目的にしていました。
少し違うのは、高校生の年代から夏休み冬休みの帰省の時には、防具を持ち帰り、地元の小中学
生と稽古しました。(田舎の先輩に稽古をつけてもらえるのも理由ですが)
この頃から、先生への恩返しの気持ちがあったと思います。
小さな社会貢献は、やっぱり社会人になってからです。
[2001/02/01 20:01:01]

お名前: IMAING    URL
面白いですね。
剣道の話と、自己解析の話とそれぞれに(^^)

まず「自分のため」の話だと、くにさんが言われるように指導者として、とか親としての
気持ちで後輩や子供たちを指導するときに、「試合に強くなること」であろうと
「しっかりした剣道を見につけさせる」であろうとはたまた「剣道の楽しさを知ってもらう」であっても
忘れていけないのは「自分がそうしたい事」つまり「自分のため」なのですね。
それをどこかで「相手のためにやってやっている」と勘違いすると、いろいろな問題に
つながると思います。
これは「自分のため」だから良いとか悪いとかではなくて、そういう事が頭にあることが
大切だというだけにすぎませんが(^_^;)
別のスレッドでも書きましたが、「子供のため」に塾へ行かせるというのと同じですね。

>自己錬磨の部分から「昇段」の文字は霧散しています。段位にこだわることが無
>意味に思えるようになったのです。そんな目安に頼らなくても、自身の力は自分
>が一番よく理解していますから(^^)
そうですね、逆に自信が無いと目安としての「段位」が欲しくなってしまうみたい。
人間って弱いものですから(^_^;)
私も身の程をわきまえてますから「段位」には執着しません。
(あっみなさんに受けるなって事ではないですよ)

ではでは
本当に「楽しい剣道」めざしてがんばりましょう(^^)
[2001/02/01 17:22:40]

お名前: くに   
>小学校から大学卒業するまで、私の剣道修業の目的は「試合に強くなること」
>「誰にも負けないこと」であり、その目標は「日本一のタイトルを獲ること」でした。

「夢は大きく」ですね。
初めはそう思っても、貫き通すのは大変でしょうね。

>大学卒業後、埼玉県内で子供達の剣道指導を始めるわけですが、「個人的にも指導面でも
>誰にも負けないこと」が私の剣道修業の目的でした。目標は「全日本出場」と「子供達の
>県大会優勝」です。高校の指導者となってからは、「鍛え上げ、どこへ出しても恥ずかしく
>ない生徒(剣道面&生活面)を育てること」が目的となり、目標が「関東大会&インターハイ
>出場」でした。このあたりから、「自分のための剣道」という考え方から離れてきたよう
>です(^^)現在の私は、「自己錬磨」と「指導」は剣道修業の両輪ではないかと考えていま
>す。どちらに傾いても、自身の剣道は真っすぐ進まないのでは・・・そんなことを漠然と
>ではありますが考えております。

目的も徐々に変わってきたというわけですね。
Hideさんのような考えになるかどうかは別にして、私も目的や考え方が変わっていって
当然だと思います。

少なくとも、入門したときの動機と、続けているうちに持った目標・目的というものは、
違ってきていますよね。

でも、『「自分のための剣道」という考え方から離れてきた』というのに、なぜ「自己錬磨」
なさるのでしょう?
やはり、ご自分の爲に剣道をなさっているという点では、一貫していたのではありませんか?

私がこのテーマで問題提起をしたのは、実はこのことが言いたかったからなのです。

ダイエット爲にやっていても、とりえを作りたいためにやっていても、自己を向上させるために
やっていても、全日本の栄冠を手にするためにやっていても、みな、自分の爲にやっている
のであって、その目的というものが、人から見て、いかに馬鹿馬鹿しいものであっても、
それを尊重してほしい。
動機は様々でも、その後の目的は変わりうるものなのだから。

このサイトに書き込みをされている方の多くは、将来後進の指導にあたられることと思います。
そういう立場に立ったとき、どうか

「俺の稽古についてこれないような奴はどんどんやめていただいてけっこうだ!
剣道は遊びじゃないんだから!」

などと言わないで欲しい。様々な動機で入門して来られる方を幅広く受け入れ、みんなで
剣道の楽しさを学び、将来は指導者として(一部の人でなく)みんなが、より多くの方々に
また、剣道の楽しさを伝えていけるようにして欲しいと思うのです。

himさんも書いて居られたように、楽しむってこと重要で、心底楽しんでやっていると、
つらい稽古もそんなにつらくなくなっちゃうんじゃありませんか?(^^)

>自己錬磨の部分から「昇段」の文字は霧散しています。段位にこだわることが無意味に
>思えるようになったのです。そんな目安に頼らなくても、自身の力は自分が一番よく理解
>していますから(^^)ゆえに、今の稽古の目的のどこかには、「段位を笠に着て権威主義を
>振り回す高段者を打ち回す」なんていう裏の顔もあるようですがヾ(・_・;)オイオイ

というわけで、私のいまの目的は、体を動かして少しでもスマートになること。
段位は、入門した年も年ですし、おつき合いで3−4段まで行けば充分だと思っています。

Hideさんは、そんなことおっしゃらずに高段者になって、全剣連を背負って立ち、よりよい
方向に導いて行って欲しいですね。

皆さんも、自分で設定した目標に向かって、修行がんばってくださいね、じゃない、一緒に
頑張りましょう!(^^)!
[2001/02/01 14:51:35]

お名前: Hide.   
to くにさん

>親馬鹿一刀流さんとhideさんのは、指導者としての発言ですね。
>はじめから、そんなこと考えていらっしゃいましたか?

ハハハ、むろん考えておりません(^^)
「剣道修業の目的」と審査で聞かれた場合ですから、「今の」ということですよ
ね。ですから、このように答えたわけです。

小学校から大学卒業するまで、私の剣道修業の目的は「試合に強くなること」「誰
にも負けないこと」であり、その目標は「日本一のタイトルを獲ること」でした。
大学卒業後、埼玉県内で子供達の剣道指導を始めるわけですが、「個人的にも指
導面でも誰にも負けないこと」が私の剣道修業の目的でした。目標は「全日本出
場」と「子供達の県大会優勝」です。
高校の指導者となってからは、「鍛え上げ、どこへ出しても恥ずかしくない生徒
(剣道面&生活面)を育てること」が目的となり、目標が「関東大会&インター
ハイ出場」でした。このあたりから、「自分のための剣道」という考え方から離
れてきたようです(^^)

現在の私は、「自己錬磨」と「指導」は剣道修業の両輪ではないかと考えていま
す。どちらに傾いても、自身の剣道は真っすぐ進まないのでは・・・そんなこと
を漠然とではありますが考えております。
自己錬磨の部分から「昇段」の文字は霧散しています。段位にこだわることが無
意味に思えるようになったのです。そんな目安に頼らなくても、自身の力は自分
が一番よく理解していますから(^^)
ゆえに、今の稽古の目的のどこかには、「段位を笠に着て権威主義を振り回す高
段者を打ち回す」なんていう裏の顔もあるようですがヾ(・_・;)オイオイ
[2001/02/01 09:08:53]

お名前: どんぴー   
  くにさんへ
「自分のためではないんですか?」なんかこうグサッ!!っときました。
(悪い意味じゃありません)じぶんのためですかぁ・・・。確かに先生の「恩」や、子供のためと言う回答があってそうおもってしまうのは私もわかります。
「指導者」としての意見もあります。私も引退する前は後輩に指導をしてましたし、
親ばかいわく後輩バカでしたので、「後輩のために〜」とか言いながらいろいろやっていました。
でも、そういいながらでも自分のためになったことがたくさんあります。
他の皆さんもそういう人がいるのではないでしょうか?(勝手な推測だけど・・・。)
決して「恩」や、「〜のため」だけではないと思います。そういう気持ちを忘れず自分を
磨いてるのではないのでしょうか?
生意気なことを言ってすみません。でも、くにさんのこういう発言にはとても考えさせられて
また勉強になったきがします。ありがとうございます。
くにさんサマサマ、管理人のHideさんサマサマ、おかかサマサマ(笑)ですね。
[2001/02/01 00:42:15]

お名前: くに   
みなさん、いろいろ書き込んで下さって、ありがとうございました。

動機については、どんぴーさんの「とりえ」を作りたいということの他は、しんやさんの
従兄弟に誘い込まれた、というのが挙がってましたが、少年剣道からはじめられた方は、
正直言って、ハッキリ覚えてないということもあるでしょうね。

親に勧められた(小さい時ですと、命令とか陰謀に近い場合もあると思いますが)とか、
友達に誘われた、子供が剣道をはじめたので等ということもあるかと思います。

私が高校時代に剣道部に入ったのは、あの姿にあこがれたからです。
カッコ良かったんですよねぇ。

でも、動機がそのまま目的になっている場合って、そんなに多くないように思います。

惰性で、或いは、なんか好きになってしまって剣道を続けていると、いったい何を
目的にして剣道をやっているのかなんて、考えなくなってしまったりしてませんか?

私は、初段の試験にこうした問題が出ることは、目的というものを考えさせてくれる
いいチャンスだと思います。

もちろん、himさんやIMAINGさんが推測されているように、審査する方がパターン化した
答えを持って居られて、それに合わない者はみんな落とすというなら、私のような考えは
、世間知らずの盲論になってしまうのでしょうね。
私は、そんな答えをかいたつもりはありませんが合格でしたので、かならずしも
ステレオタイプの審査員ばかりじゃないようですよ。

himさんのおっしゃる「気剣体の一致した打ちが出来る」というのは、確かに技術的な
目的ですね。納得です。

永遠さん、早速書き込みしていただきありがとうございました。

永遠さんは、きっといい先生や友人・家族に巡り会ったのだろうと思います。
それって、とても幸せなことだと思います。剣道を通じての事ならなおさら
剣道を通じてその恩をお返ししようと思う気持ち、わかります。
人間、一人で生きているのじゃないって事を知っただけでも、剣道をやってて良かったと
言えますよね。

ただ、あえてからませていただきますが、そうした人たちの爲に剣道をなさっておられる
のでしょうか?
自分のためではないのですか?

親馬鹿一刀流さんとhideさんのは、指導者としての発言ですね。
はじめから、そんなこと考えていらっしゃいましたか?

hideさん。別に発言を封じたわけではないので、入ってきて下さーい。(^_^)

ところで、私と一緒で「ダイエット」のために剣道を始めたと言って居られた「みのる」
さん、見てますかー。なんか言って下さーい。
[2001/01/31 23:39:21]

お名前: 親馬鹿一刀流   
私の場合、少年指導では小さな社会貢献と、初めて竹刀の握り方を教えて頂いた先生への恩返し
です。子供達に剣道を通して何か残せると思っています。
自分の稽古は剣道が好きだからやっているのですが、技術向上が目的でしょうか。
社会人になってから付いた先生に言われた事(剣道の事、実生活の事)が出来るようになる事が
剣道修行の目的であり、先生の様な剣道が出来る様になる事が目標かもしれません。
[2001/01/31 21:01:05]

お名前: IMAING    URL
初段審査ですからきっと大した事は考えてないでしょうね。
本当はそういう学科試験のあり方が問題だと思いますが
正解は心身を鍛えるとか礼儀作法が身につくとかが全剣連の唱える目的で
受験者はこれを覚えていくのでしょうね。(^^)
しかし、本当の趣旨を考えると目的を持って剣道をしてくださいって言うことでは
無いでしょうか?
そうなると、何でも正解になりますね。
剣道をやる目的は千差万別、人それぞれですから
大切なことは受験と同じく、目標と目的を履き違えないこと!(^^)
[2001/01/31 18:09:39]

お名前: 永遠   
みなさん、はじめまして。初めて書き込ませていただいた文章が、乱暴になってしまいました。
ヒットラーのことは、誰もが知らなくてはならない悲しい出来事です。しかし、それを遊び半分
で発言したことに、感情的になってしまいました。みなさん、すみませんでした。

to くにさん

私の剣道修行の目的は、正直、わかりません。好きか嫌いかも微妙なところです。
なぜなら、強くなろうと思って稽古していますが、その稽古は必然的に苦しくなるからです。
                                           でも、一生剣道は続けていきます。それが、今までお世話になった先生方、先輩方、同級生、
後輩達、竹刀を交えたすべての方、応援してくださった方々、に対する恩返しだと思っているからです。

やっぱり、剣道好きだなー!稽古がきついと思う時もあるけど。 
[2001/01/31 17:26:46]

お名前: 永遠   
みなさん、はじめまして。初めて書き込ませていただいた文章が、乱暴になってしまいました。
ヒットラーのことは、誰もが知らなくてはならない悲しい出来事です。しかし、それを遊び半分
で発言したことに、感情的になってしまいました。みなさん、すみませんでした。

to くにさん

私の剣道修行の目的は、正直、わかりません。好きか嫌いかも微妙なところです。
なぜなら、強くなろうと思って稽古していますが、その稽古は必然的に苦しくなるからです。
                                           でも、一生剣道は続けていきます。それが、今までお世話になった先生方、先輩方、同級生、
後輩達、竹刀を交えたすべての方、応援してくださった方々、に対する恩返しだと思っているからです。

やっぱり、剣道好きだなー!稽古がきついと思う時もあるけど。 
[2001/01/31 17:25:41]

お名前: him   
「剣道修行の目的」ですか?
よ〜く考えてみると、「目的」というのはないですねぇ(^^;

そりゃあ、「効果」というものはあるかも知れませんが、何かを目指して(目的として)剣道を
やっている訳ではありませんからねぇ。
思いの外、このお題は難しいですねぇ。

強いて言えば「気剣体の一致した打ちが出来る」というのが目的かも知れませんが、じゃあそれが
自分の中でどの位のウエイトを占めるものなのか?判りませんね。

重要なのは「目的」ではなくて、どんぴーさんがおっしゃるように「剣道が好きだ」ということでしょうね。

初段の審査にこんな問題出しちゃあいけないですよ。
どんな答えを期待しているのでしょうかねぇ。
[2001/01/31 13:03:53]

お名前: しんや   
僕の剣道修行の目的は結構自分のためかもしれないですねぇ。
とりあえず、剣道は強くなれば強くなるほど面白いということがわかったから、どんどん強くな
りたいということです。結局アメリカにもっと剣道を普及させたいなぁって考えているのも、自
分の剣道修行のためなんじゃないかなぁとおもいます。
はじめたきっかけは従兄弟に「人数足りないから入って」って言われたことでした。ほんとに
それだけしか覚えてません。でも、もう十年以上もやっちゃいました。

hide.さんの意見にも賛成ですが、それも結局僕は自分のためにやっちゃってしまってる
ような気がします。これじゃ、初段落ちるかなぁ?
[2001/01/31 12:33:06]

お名前: くに   
わーっ!もうhideさんの登場ですか。
うーん。あんまり理想的なこと書かれちゃうと、本音が出しにくいんじゃないかな…。

昇段試験の審査員が見るのじゃないから、みなさん本当はどんなこと考えていたのかが
聞きたかったんだけど。

to英明さん
書き込みありがとうございました。本当は何か言いたいことがあったんじゃありませんか?
私にもわかるように、このテーマについて書いて下さるといいのですが。
このページを御覧になったということは、剣道をしてらっしゃるか、少なくとも剣道に
興味がある方だと思います。具体的に不満な点を書いて下さると、私も、勉強になるのでは
ないかと思います。(^_^)

to永遠さん
正義感の強い方ですね。ありがとうございました。
ついでに、このテーマについてのご意見も、書き込んでいただけると良かったのですが。
ご意見、お待ちしてます。

toどんぴー さん
励ましていただいて、ありがとうございます。
「とりえ」をつくりたいというのは、いい目的ですね。生きていく上での自信にも
つながりますしね。これなら、稽古がつらくてもがんばれるし、継続して行けますね。
ありがとうございました。

「勝手に稽古」の方は、もう少し皆さんのご意見をお聞きしてから何か書きます。
[2001/01/31 11:19:03]

お名前: Hide.   
to くにさん

うーん、私の場合を考えてみますと、今は、「先生から教えていただいた文化と
しての正しい剣道を咀嚼し、より高めて後進に指導すること」って感じですかね(^^)

また、最近はネットの活動も幅広くなってまいりましたので、「ネットを通じて
さらに剣道愛好者の輪を広げること」っていうのもありますでしょうかヽ(^.^)ノ
[2001/01/31 10:11:42]

お名前: Hide.   
to 英明(The サムライ) さん

管理者のHide.です。
あなたのカキコは、このトピックの話題に添っておりません。また、読んだ人が
不快になるような記述はネチケット違反です。文章には品性が現れるといいます。
顔の見えない世界だからこそ、襟を正した文章を心がけるようにしましょう。

なぉ、主張したいことがおありになるのでしたら、別トピックを立ててお話くだ
さいますようお願いいたしますm(_ _)m
[2001/01/31 10:08:29]

お名前: どんぴー   
永遠さんこういうかた(英明さん)に対して厳しく言うと図に乗るだけです。
ほっときましょう。こういうばかばかしいことがお好きで、人を不愉快にす
ることも好きな人に何を言っても無駄です。

英明さん 人が嫌がったりするようなことはやめましょう。ネチケットというも
のを知りませんか?それが守れないならパソコンをしないでください。

くにさん 私のはじめの目的は何かとりえが欲しかったんですよ。
今は、とっても大好きです。目的は千差万別ですからとやかく言うことでもありませんしね。
ただ、好きな時間に好きなことをするって言うのはどうでしょうか?
理由は自分でも分からないけどそういうのは自己中になっちゃう用なきがしますね・・・。
こんな意見でよければ参考にしてください。

荒しなんてきにしないでね。変な文章でごめんね。
[2001/01/31 01:47:28]

お名前: 永遠(とわ)   
  to 英明

剣道が嫌いなのは、別にいいけど、もう少しまともなことを書け!
地球を支配?やれるもんなら、やってみろよ!そのかわりオレの周りの人に手をだしたら、
潰すからな!どんな手つかってもな!
[2001/01/31 00:38:09]

お名前: 英明(The サムライ)   
今日は、記念すべき日だぞ!!まず、剣道を完全に滅ぼして、至福の社会を築こう!
そして私は、彼の、ヒットラーも成し得なかった剣道家供の大粛清を行い、この地球全てを
支配してやろう!!!  フッ、フハハハハハハハハハハフォホホホホホホホホホッ!!!ヒョッ
ヒョッヒョッヒョッヒョッ!!!!!!!
[2001/01/30 19:41:33]

お名前: くに   
初段の審査の時に、「あなたの剣道修行の目的は?」という設問が出たのですが、
みなさんは、何を目的に剣道をなさっているのでしょうか?

「体を丈夫にしたい」「強い精神力を養いたい」「護身用に…」など、入門時の
動機や、「段位を一つでも上げたい」「試合に勝ちたい」「単に好きだから」
など、はじめてからの目的があると思います。

私の場合は、入門時の動機が「ダイエットがしたいから」だったのですが、
段位や勝敗が目的になっているのではないかと思える方々も、時として目にします。

目的って個々人のものだから、人がとやかく言う事じゃないのでしょうか?
そうすると、自分のペースで稽古すればいいのであって、好きな時間に来て、当人が
満足するだけやって、適当に帰ればいいって事になるのでしょうか?

ご意見をお聞かせ下さい。
[2001/01/30 14:16:05]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る