記事タイトル:強い打ち 


書き込み欄へ  ヘルプ
ここは「剣道 いちに会」という剣道専門の個人サイトです!

1.匿名であっても、剣道関係者として気品と礼節あるカキコをお願いします。
2.特定の個人や団体に対する誹謗中傷はおやめください。
3.
個人情報の流出は厳禁です。
  (進路などプライバシーに関わる書き込みは違法行為として罰せられます)
4.書かれた本人や関係者が不快にならないように留意してください。
5.意見と感情論は違います。
  (根拠が明記されていないカキコは意見とは言えません)
6.カキコは書き捨てにしないで最後まで礼節をもってください。

7.ルールを逸脱したトピ・書き込みは、管理人Hide.により削除されることがあります。


お名前: Hide.    URL
To 先輩さん

しっかり踏み込んで打つことを意識された方がよさそうですね。
踏み込みが強ければ、打ちの軽さをかなりの部分でカバーすることができますので(^^)
[2007/12/28 10:30:34]

お名前: 先輩   
なるほど足ですか確かに言われてみれば先生にも「足使って」って言われた気がします
[2007/12/27 19:18:37]

お名前: Hide.    URL
To 先輩さん

管理人のHide.です。

腕で打とうと思っても強い打突にはなりませんよ。
「足で打つ」という気持ちで、踏み込みをしっかりして打突することを心がけてみてくだ
さいd(^-^)!
[2007/12/26 21:53:20]

お名前: 先輩   
自分も強い面打ちがどうしてもできないんですよ。先生に「打つときは竹刀を床と平行にするつもりで打ってみな」っと言われたんでやったら余計弱くなった気がするんです。
どうなんでしょうか?
[2007/12/26 18:17:02]

お名前: 元立ち   
自分なんかが言えることではありませんが
まず、『大きく打つ』から始めたらどうでしょう?
元が痛いと言おうが「大きくしっかり」が大事だと思います。
出来れば文句言わない大人がいれば理想なんですがね(笑)
そんな大人がいれば、遠慮なく締めずに小手面を練習しちゃいましょう!
これは合気ですから強く打っても問題ありませんよ!
[2007/09/13 11:55:30]

お名前: 東北人   
もしかしましたら、部員のかたのほとんどが「打ちが弱い」のではないですか?
だとしたら練習方法に問題があるのかもしれません。
女性の場合、男性以上に上下関係が厳しいので「先輩に強く打っては失礼」と
軽く打つ練習をしていては本番で強くうてなくなってしまいます。
また、「スポーツチャンバラ」のようなやわらかい短刀で片手打ちをするのも強く打てる
練習方法です。(うちの会社の秘儀)
その際は「当てる」のではなく「ぶった切る」気持ちでね。
[2007/09/11 23:08:55]

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

私も打ちが軽いんですよ。
で、心がけることは、もちろん強く打てるに越したことはありませんが、「キメと打ち抜
けをしっかりする」ということで、軽さを補うよう心がけてます。
そんな方法もありますよ(^_-)〜☆
[2007/09/11 07:47:35]

お名前: まっつ   
美咲さん 始めまして。

連続技での打突の軽さですが、「小手」や「面」の時と同じように一太刀づつ
腰から前に出るようにしつつ、強く踏み込むことです。

連続技だからといって素早く「打とう」としていませんか?
早さを意識しすぎると、どうしても「手打ち」になってしまいます。
この「手打ち」が軽さの原因ではないでしょうか。

連続技(小手面)も「小手」・「面」それぞれのの延長線上にあるモノと意識しては
いかがでしょうか。 
[2007/09/11 00:38:55]

お名前: 美咲   
こんにちは。
先日お世話になった美咲です!!
文武両道を目指して頑張っています(^^)

剣道をするにあたって私は打ちが軽いことがわかりました。。
とくに、「小手面」のような連続技だと、小手のあとの面が、
どうしても弱くなってしまうのです。。。
「小手」や「面」などの単発技のときは、意識をすれば
軽い打ちを改善することができるのですが・・・
どうすれば連続技のときに打突を強くできるのでしょうか??
[2007/09/10 23:05:54]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る