記事タイトル:「スーパーサイヤ人」 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
to 孫悟鵠さん

う〜ん、このお話は一番下にあるものと同じですね。
どういう意図で、再び、しかも2つも書き込まれたのでしょうか???(^_^ メ) 

真意をお話いただければ幸いですが、いたずらであるなら削除いたしますm(_ _)m
[2005/08/18 06:37:36]

お名前: 孫悟鵠   
to Hideさん
    いつもお世話になります
 おもしろい話を一つ
高気龍鯊といつも剣道の話をするのですが、ある時愚息が「どうしてもある先輩には勝てない
 良いところまで攻めるけど・・。気の攻めがまずいのか?足りないのか?」で 私、親父馬鹿
としましては ここのトビで探しまくり「気攻め・・。?」 でHideさんの言葉に「(たぶん)
体全体に気を満たし、それを左手へ移し 剣先から相手の左目を攻める?」 だったと思います
が、そのようことを愚息に話したのですが「??」。どうもイメージが湧かないらしくて・・。
親父馬鹿としては何とかイメージを伝えたいと思い、そこで浮かんだのが
 テレビ漫画の「ドラゴンボールZ」の主役「吾空」、Hideさん知ってます?
「吾空」が「スーパーサイヤ人」になると「オーラ」なるものが体の回りに表現されるのです。

 で、時代がマッチしている愚息に、「気が満ちた状態」のイメージは「スーパーサイヤ人」の
「オーラが出ている状態」、攻めは「そのオーラをへその一寸したに集結させ、左手へ移し
剣先から相手の中心・左目・喉にあてる」こう説明しました。(笑い)
 でそのイメージで昨日、先輩との試合でその「気攻め」を実戦・・。
最初はあまり良くなかったそうですけど、後半からは(一本取られた後)もっと気を充実させ
(超スーパーサイヤ人:だそうです)相手を下がらせてからの面を2本取ったそうです。

 おもしろいと思いながらも、このような説明をしなければイメージ出来ない愚息。
情けないやら、幼すぎるやら・・・。「まあいいか(はあ〜)」

   あるおもろい話でした!
[2005/08/17 17:22:14]

お名前: 孫悟鵠   
to Hideさん
    いつもお世話になります
 おもしろい話を一つ
高気龍鯊といつも剣道の話をするのですが、ある時愚息が「どうしてもある先輩には勝てない
 良いところまで攻めるけど・・。気の攻めがまずいのか?足りないのか?」で 私、親父馬鹿
としましては ここのトビで探しまくり「気攻め・・。?」 でHideさんの言葉に「(たぶん)
体全体に気を満たし、それを左手へ移し 剣先から相手の左目を攻める?」 だったと思います
が、そのようことを愚息に話したのですが「??」。どうもイメージが湧かないらしくて・・。
親父馬鹿としては何とかイメージを伝えたいと思い、そこで浮かんだのが
 テレビ漫画の「ドラゴンボールZ」の主役「吾空」、Hideさん知ってます?
「吾空」が「スーパーサイヤ人」になると「オーラ」なるものが体の回りに表現されるのです。

 で、時代がマッチしている愚息に、「気が満ちた状態」のイメージは「スーパーサイヤ人」の
「オーラが出ている状態」、攻めは「そのオーラをへその一寸したに集結させ、左手へ移し
剣先から相手の中心・左目・喉にあてる」こう説明しました。(笑い)
 でそのイメージで昨日、先輩との試合でその「気攻め」を実戦・・。
最初はあまり良くなかったそうですけど、後半からは(一本取られた後)もっと気を充実させ
(超スーパーサイヤ人:だそうです)相手を下がらせてからの面を2本取ったそうです。

 おもしろいと思いながらも、このような説明をしなければイメージ出来ない愚息。
情けないやら、幼すぎるやら・・・。「まあいいか(はあ〜)」

   あるおもろい話でした!
[2005/08/17 17:21:17]

お名前: 西端   
親父馬鹿さん スーパーサイヤ人作戦 いただきます。
うちの中3の息子へ伝えたい。
感謝
[2004/07/06 14:37:14]

お名前: 親父馬鹿   
toマックスさん
 >注目すべきはその修行なんです
 >普段の生活すべてをスーパーサイヤ人の状態で過ごすってことです
 >そのスーパーサイヤ人でいることが日常になればその次ぎが見えてくる 
 >ってことですね。そして悟空はスーパーサイヤ人2になるのですが・・

  なるほどですね!! 
 ちょっと前のことですが、ある道場の知り合いのお父さんが言ってたことを思い出します。
「内の息子は、剣道は強くなりません。なぜかと言うと、剣道人としての生活を送っていない」
と言うことでした。当時何のことか私はわかりませんでした。
 
 普段の生活から、緊張感をもって・段取りを考え過ごす!
「スーパーサイヤ人」のままで日常生活を送ることによりその上が見えてくる。
 ん〜これは非常にいいですね。 早速愚息に話し、人間形成の修練に役立てたいと思います。

  貴重なご意見ありがとうございます!!。
[2004/07/03 10:40:28]

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

なるほど、面白い話ですね(^0^)
さしづめ、愚息でしたら「NARUTO」の「チャクラ」でも引き合いに出せばいいのかな(笑)
なにも、剣道だからといって小難しく教える必要は一つもないわけですから、こうした
アプローチも必要でしょうね。勉強させていただきましたヽ(^.^)ノ
[2004/07/03 09:07:56]

お名前: 三剣士の母   
家の次男は剣道の試合でスーパーサイア人化することがあって、以前は滅茶苦茶腹が立った
時に無敵モードに入ったりしていたのですが、最近の試合で、「試合前に全身に力を入れて
みたらとっても調子良かった。」といっていました。喘息が出たときも、「呼吸が苦しいと
体が温まって調子が良い。」といっているので、彼にとっては試合前にいかに体温を上げる
かが勝敗に大きく関わるらしいです。(喘息が出たときは、試合が終わり次第入院となって
いましたが。)
彼の場合、素振りや切り返し準備運動・試合前の稽古くらいではどうも体の温まり方が足り
ないようです。
試合の時も、今日は負ける気がしない日が有るそうで、そういう時は本当に無敵に近い状態に
成っています。
精神的なものが大きい気もするのですが…。
[2004/07/03 01:26:09]

お名前: マックス    URL
親父馬鹿さん
はじめまして
こういつの私も好きですね

私は子供達にいう説明でもスーパーサイヤ人を使いますね。
ところで悟空のスーパーサイヤ人には1.2.3と段階があるの知ってますか?
ほかのみんなもスーパーサイヤ人になって強くなったので
スーパーサイヤ人をさらに超えることを悟空は考えます。
伝説とまで言われたスーパーサイヤ人をさらに超えるという
発想もすごいのですが
注目すべきはその修行なんです
普段の生活すべてをスーパーサイヤ人の状態で過ごすってことです
そのスーパーサイヤ人でいることが日常になればその次ぎが見えてくる
ってことですね。そして悟空はスーパーサイヤ人2になるのですが・・

剣道でも毎日の稽古を日常にするんです。
ご飯を食べたり寝たりするのと同じように稽古をする。
そうすると次ぎのステップが見えますよね。
子供達にはじめは早素振り100本はキツイかもしれないが
毎日やっているうちに100本が当たり前になってくる。

今日の稽古はキツカったって思う人と、いつもと同じと思う人、
それに今日は足りなかったって思う人。
非日常を日常とすれば、
キツイのが当たり前になれば
それだけ強くなるってことですね
[2004/07/03 00:06:41]

お名前: 親父馬鹿      
to流浪の勤王志士さんへ
 いやあ〜 お恥ずかしい話で恐縮です!! 愚息は「遠慮・気弱・他者からの評価・・。」
等結構気にするタイプで、この前、入れ替え戦で先輩(いい人)に勝ったのですが、2三日後
に先輩が剣道部を去ったそうで、愚息は自分の所為だと気にしていました。その後の
試合はちょっと遠慮気味の感じになり「全敗!!」

 そこで、いいろんな場面云々でいろんな自分で良いんだよ良いんだ(悪意さえなければ)、
そんなこんなで、どんな試合でも構えた以上は「自分は最強だ」と思えるように、
このような「簡単な方法でイメージ」させた次第で、「子も単純なら親も単純」なのですよ
 この子見て此の親有り

  でも少しでもお役に立てれば・・・。 又おもろい話があったらレスします。
  
[2004/07/02 17:31:21]

お名前: 流浪の勤王志士   
親父馬鹿さま
サイコ〜です!おもしろすぎまする!!
イメージって大切ですよね。親父馬鹿さんの伝えようとすることが息子さんに見事に伝わったって
ことですよね!
今地元の道場の子供たち(小・中学生)に教えてるのでとても参考になります。
子供たちには(特に小さい子は)「言葉」で伝えようとするとなかなか難しいものですが、その方法なら
分かりやすくてよいかも知れない!
早速明日の稽古で使ってみようかな(笑)
[2004/07/02 16:42:26]

お名前: 親父馬鹿   
to Hideさん
    いつもお世話になります
 おもしろい話を一つ
高気龍鯊といつも剣道の話をするのですが、ある時愚息が「どうしてもある先輩には勝てない
 良いところまで攻めるけど・・。気の攻めがまずいのか?足りないのか?」で 私、親父馬鹿
としましては ここのトビで探しまくり「気攻め・・。?」 でHideさんの言葉に「(たぶん)
体全体に気を満たし、それを左手へ移し 剣先から相手の左目を攻める?」 だったと思います
が、そのようことを愚息に話したのですが「??」。どうもイメージが湧かないらしくて・・。
親父馬鹿としては何とかイメージを伝えたいと思い、そこで浮かんだのが
 テレビ漫画の「ドラゴンボールZ」の主役「吾空」、Hideさん知ってます?
「吾空」が「スーパーサイヤ人」になると「オーラ」なるものが体の回りに表現されるのです。

 で、時代がマッチしている愚息に、「気が満ちた状態」のイメージは「スーパーサイヤ人」の
「オーラが出ている状態」、攻めは「そのオーラをへその一寸したに集結させ、左手へ移し
剣先から相手の中心・左目・喉にあてる」こう説明しました。(笑い)
 でそのイメージで昨日、先輩との試合でその「気攻め」を実戦・・。
最初はあまり良くなかったそうですけど、後半からは(一本取られた後)もっと気を充実させ
(超スーパーサイヤ人:だそうです)相手を下がらせてからの面を2本取ったそうです。

 おもしろいと思いながらも、このような説明をしなければイメージ出来ない愚息。
情けないやら、幼すぎるやら・・・。「まあいいか(はあ〜)」

   あるおもろい話でした!
[2004/07/02 09:28:01]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る