記事タイトル:だまし打ち!? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.    URL
To 十六夜刑部さん

>私も、まだまだ駆け出しなので、打てるところはどんな方法でも打つ!くらいの気持ち
>で稽古します。

それも悪いことではありませんが、「お相手の意図を読む」ということも剣道では大切な
要素になろうかと存じます。そのあたりのところも、意識してみるといいと思いますよ(^_-)~☆
[2004/03/08 14:29:23]

お名前: 十六夜刑部   
皆様、お返事ありがとうございました。

私も、まだまだ駆け出しなので、打てるところはどんな方法でも打つ!くらいの気持ちで稽古します。(もちろん卑怯な方法でなく)

それでは、失礼します。
[2004/03/07 23:52:11]

お名前: Hide.    URL
「虚を攻めて実を打つ」のがフェイントですね。
ただし、互いのお稽古の中で「実を攻めて実を打つ」をテーマにしているときに、フェイ
ントを使ったらば叱られるのは当然です(笑)

稽古にはそれぞれ目的があるわけですから、それに沿った内容でなければいけません。
お相手が「実を攻めて実を打つ」と欲しているときは、フェイントを使うのは「失礼」と
いうことになります。

そういうことを感じながらお稽古をすることを「合気」または「合気を(で)使う」とい
うんですよ(^_-)〜☆
[2004/02/28 08:19:06]

お名前: pamchun   
剣道日本の記事を読んでいないので、何故「面と見せかけて...滅茶苦茶怒られた」かの真意が
わからないのですが、私見としましては、
1と2って同じことではありませんか?
面をある程度打ち込んでいって(かわされたりして決まらなかった結果)
相手の癖を見極めて小手を打ち込んでいると思うのですが。
3はわざと、相手の目先まで剣先を持っていって(面を打つような動作をして)手元が空いた瞬間に打った。ってことですか?
だとしたら、フェイントとしてよろしいかと思われるのですが。

恐れるべからず、慌てるべからず、平常心で、という心構えであれば相手の動作で手許が空く
なんていけないはずです。
(じゃ、お前やってみろと!言われたら、ゴメンなさいできません。相手の動きにヒビッて手許があきます。きっと)

よく、初心者が小手を打つ時に相手の目から目が離れて、ジーッと小手ばかり見て打つので注意されますよね。
それを逆に利用されたことがあります。小手をジーッと見ていたので、「小手狙いだな」と思っていたら面が飛んできました。(笑い)これもだまし打ちですかね?
[2004/02/28 02:04:18]

お名前: B.B   
だまし打ちですか、、。フェイントは高校ぐらいまでは遣っててもいいんじゃないかと
思います。
中心を攻めて勝って打つのが理想ではありますが、実際かなり難しいですし。
△両豺腓呂△蠅世隼廚い泙后小手を攻めて面っていうのはごく普通にある攻めかただと
思いますし。以上、青二才の意見でした。
[2004/02/27 23:22:42]

お名前: 十六夜刑部   
はじめまして、十六夜刑部と申します。
皆様に質問があるのですが・・・

それは、よく「みせかけて打ってはいかん」といわれますが、どこまでOKなんだろうか?、ということです。

どういうことかというと、以前、稽古で面を攻めたところ、相手が警戒して小手が空いたので打ったらきれいに決まりました。
 「やった!これは使える(^−^)」と喜んだのもつかの間、

剣道日本の『思い出の一本』に、「面と見せかけて小手を打ったら先生に滅茶苦茶怒られた」というようなことが書いてあるではないですか!( ̄□ ̄;)!!

そこで、私なりにどこまで許されるのか、考えてみました。

,△まで面を打つつもりで攻めたが、小手に隙があるので小手を打った(←これはOKでしょう)
¬未鮃兇瓩譴仂手が空くのが判っているので、小手を打つ意志で面を攻め、空いた小手を打った(←問題のケース。私は有りだと思うのですが・・・)
初めから小手を打つ意志で、面の動作をしながら小手を打った(←これは完全にアウト。だまし打ちと言われても仕方ないのでは)

皆様、この場合分け以外にも、どのようなものが許されるのか、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。m(_ _)m
[2004/02/27 21:51:21]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る