記事タイトル:振りかぶった相手の左小手! 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: Hide.   
to バボさん

管理人のHide.です(^^)

このトピックと関係のない質問ですので、「剣道Q&A」あたりに新しいトピック
をお立てになってご質問されると、レスが帰ってくるものと思われます。よろし
くお願いいたしますm(_ _)m
[2001/05/24 11:35:57]

お名前: バボ   
剣道形4本目の説明をしてもらいたいのですが、どなたか教えていただけませんか?
どうかお願いします。
[2001/05/22 21:03:22]

お名前: Hide.   
To せきさん

レスがだいぶ遅くなってしまいましたm(_ _)m

逆胴は引き切りですから、基本的には、自分の左後方へさがりながら打ちます。右後
方に下がりながらでは、充分に「切れない」と考えます。


>逆胴を打って、水車のように回転してしまうのは、とてもカッコ悪いですね!

カッコ悪いだけでなく、有効打突とはできません。
最近、高校や大学の試合では、逆胴のみならず、つばぜり合いからの引き小手や引き
胴(右胴)でも、打った瞬間相手に背中を向けてさがるような打ち方が増えてきまし
た。回転しながらの抜き胴同様、主流になることを懸念しております。
[2000/10/20 09:58:44]

お名前: せきさん   
>逆胴を失敗して、あるいは打ったとしても左後方にさがった場合、その直後の巻き返し面を
>まともにくらうことになります。
私も同じ理由から、自分の側から見て右斜め後方に退きながら逆胴を打つと理解しておりま
した。相手の面打ちを自分の左サイドにさばいて外す要領ですから、案山子さんとは逆方向
にさばいていますね。

>攻め込むときに、逆霞(剣先をやや左に向け、手元を伸ばして)にすれば面への反撃も防御
>できると思うからです。
私が高校生の頃までは防御姿勢は、この逆霞の構えがもっと強調されたような形が一般的では
なかったかと記憶しています(今では少数派の様ですが)。攻め込む時は、これも案山子さん
とは逆の霞にして、剣の傘で体を覆うようなイメージでやっています。やはりHideさんと同じ
で、剣先が相手と相対していない時には左小手を有効な部位として想定している為です。

逆胴を打って、水車のように回転してしまうのは、とてもカッコ悪いですね!
刃筋は、逆胴の場合野球の様に凄い勢いで横殴りにする人を見かけたので、この事かと思って
いました。
[2000/09/19 12:24:53]

お名前: Hide.   
To 案山子さん

それがですね、最近の大学生(高校生)は巧妙になってまして、下にも書きました
ように、左脇を引くようにして体をねじりながら(逆胴も防ぎながら)よけるんで
す。そして、その形から、剣道形4本目のように「巻き返し」て上から叩く(打つ
ではない)んです。逆胴を失敗して、あるいは打ったとしても左後方にさがった場
合、その直後の巻き返し面をまともにくらうことになります。

また、最近では左前に出ながら逆胴を打って、相手に密着するような技法を教える
人もいるようですが、逆胴は引き切りですからアレでは打突の瞬間、左肘&拳を左
横に逃がしてやらねばならず、一本には出来ません。

それらを統合して、左の「上げ小手」の可能性がいいとに愚考したわけです(^^)
[2000/09/19 08:53:02]

お名前: 案山子   
To せきさん  私は逆胴を打つ場合はやや左後ろか左横に、体をさばくように
指導してます。攻め込むときに、逆霞(剣先をやや左に向け、手元を伸ばして)
にすれば面への反撃も防御できると思うからです。次に、左足を左後方か、間合
が近い場合には左横へアウトステップしながら、剣先を振りかぶり逆胴を打ち
ます。その際に左拳を思い切って下に落とすとともに、両脇を閉めるのがコツで
わないかと思います。
Hideさんも言われている「刃筋」の問題は、木刀で逆胴を打ってみてください。
手元を伸ばして打つと、刀の左しのぎの部分で打つことが多くなってきます。
ところが、左拳を押し下げることで、左の握りさえしっかりしてれば刃の部分で
打てることになります。さらに、両脇を閉めて腰の回転で振り抜くようにすれば
万一、失敗した場合でも、水車のようにならず、すぐ中段の構えに戻れます。
[2000/09/19 06:34:05]

お名前: せきさん   
to 案山子さん&Hideさん

左小手、逆胴、いずれも旗が上がりにくい技ですね!
突きは避けられ易く、稽古着に竹刀が引っかかったり、面をくらう場合もあるため、私もこの
場合はあまり使いません。逆胴は打って退く際が難しいですね。やはり、まっすぐ下がらずに
斜め右後方へ退く様にするのでしょうか。

また、逆胴の場合、刃筋が立ちにくいというのは、何を意味するのでしょうか。
[2000/09/18 18:22:02]

お名前: 案山子   
 私が指導しているのは小・中学生ですが、左拳を上げる「例の構え」をとる相手に対しては、
逆胴を打たせています。要領としては、2〜3度攻め込んだときに「例の構え」をとることを確認
したら、次に攻め込むときに逆霞の構えで入り、思い切って逆胴を打つよう指導しています。
逆胴を打つときは左拳を押し下げるとともに両脇を締めるようにすれば、刃筋が立つし、勢いで
体が回転してしまうようなことはありません。脇を締めずに両手を伸ばして打つと、刃筋が立たずしかも大振りになってしまいます。
左小手は審判がなかなか取り辛い面があると思います。
高校生以上になると逆胴プラス突を指導しますね。
[2000/09/18 10:49:50]

お名前: Hide.   
To せきさん

僕は中間なら迷わず突ですけどね(笑)

あと、昨日学生の審判をしていて思ったんですが、やはり、左小伏を上げてよける
あの形には、左の「上げ小手」が一番いいようですね。
逆胴は、ほとんどの学生が刃筋が通っていないため取れません。突も、体をねじる
ようにしているため、当たりません。
今を去る20年ぐらい前、埼玉県に所属しているころ、県警の若手が加治屋隼人先
生の応じ返しを真似てあのよけ方をはじめた当時に、対抗策として左の「上げ小手」
を散々稽古しましたが、試合ではなかなか取ってもらえませんでした。
でも、今こそ、左の「上げ小手」を有効打突としてきちんととる意識を持たないと、
剣道が剣道でなくなってしまう危機感を持ちました。
[2000/09/18 08:30:54]

お名前: せきさん   
ありがとうございます。中間の距離では迷わず左小手を抑えるように、稽古してみます。

この場合、面や胴を打っていくのは理にかなわないと思っていたので安心しました。
剣道連盟系の居合(夢想神伝流)でも、組太刀での初太刀は前足の脛に抜きつける事になって
いますから、前になっている方の腕を切るのは当然と私は思っていましたが、私と対峙した剣
士の方は、前腕に対する意識がまったくありませんでしたので、「何でそんな所叩くの?」と
不思議に感じたのでしょう (^^j)"

自分が納得すれば一本という自己申告制は、私も日頃から取り入れているスタイルです。
いいところを打たれた場合には、こちらから、頂きました!と宣言しています。
こする事で、あとでご挨拶に行ったとき、相手からアドバイスを引き出しやすいと様です。
[2000/09/16 23:50:13]

お名前: Hide.   
To せきさん

おっしゃる通りです。
引き面を打ってさがる途中、振りかぶった状態の左小手を攻めることも反則行為
ではありません。しっかり当たれば一本になりますし、まして、せきさんがお話
しになっているように、そのままで止まっていたのなら一本でしょう(^^)

ただ、解釈は「上段の構が崩れたもの」ではなく「中段の変形」と考えるのが普
通だと思います。


もし、自分の手元が中段の構の位置よりも崩れていたのなら、有効打突となる可
能性がありますが、中段の構のままであれば一本にはなりません。
まぁ、審判を立てているわけではありませんから、「心を打たれた」と感じれば、
「いただきました」でいいと思いますよ(^^)
[2000/09/16 08:17:57]

お名前: せきさん   
…弑イ蟾腓いら引き技を出し、無効の場合でも竹刀を上段に構えたまま残心ともとれない格好
でいる相手の左小手を叩いたところ、相手は不思議そうにしていました。
手を伸ばせば当たるぐらいの中途半端な距離に居る状態で、構えている訳でもないのでしょう
が、あまりにも無防備なため、叩いてしまったのでした。
上段の構えの相手に対しては、左小手への打突が有効とされていたと思いますが、振りかぶった
状態で相手の動向を伺うような場合には”上段の構えが崩れたもの”との解釈を適用してはい
けないのでしょうか?

中段の構えのまま、偶然、左小手を打たれてしまいました。相手は右小手を狙ったものと思
われますが、完璧な打ちでした。もともと構えが裏の方にズレている相手でした。調度、右小手
が空くような構えで、私の竹刀の裏側から攻めて来る相手でした。近間で私が小手を打ったの
ですが、外れ、相手の返した打ちが左小手を見事に捕らえたものでした。充分に冴えのある小手
だった為、「頂きました!」というと相手の方は驚いた様子でした。この左小手は無効と考える
べきでしょうか。試合などで審判をする場合、旗はどうすればいいでしょうか。
[2000/09/15 15:42:40]

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る