記事タイトル:上り症 


書き込み欄へ  ヘルプ
ここは「剣道 いちに会」という剣道専門の個人サイトです!

1.匿名であっても、剣道関係者として気品と礼節あるカキコをお願いします。
2.特定の個人や団体に対する誹謗中傷はおやめください。
3.
個人情報の流出は厳禁です。
  (進路などプライバシーに関わる書き込みは違法行為として罰せられます)
4.書かれた本人や関係者が不快にならないように留意してください。
5.意見と感情論は違います。
  (根拠が明記されていないカキコは意見とは言えません)
6.カキコは書き捨てにしないで最後まで礼節をもってください。

7.ルールを逸脱したトピ・書き込みは、管理人Hide.により削除されることがあります。


お名前: Hide.    URL
To ちかちゃん

管理人のHide.です。

へ〜、そういう克服法もあるんですね。
参考になりました。ありがとうございます(^0^)

お名前: ちか   
耳栓して発表したら声震えないよ!
試してみて。

お名前: Hide.    URL
To kkさん

少しでも拙サイトがお役に立ちましたのならうれしく存じます。

自分は「自分以上でも自分以下でもない」ものです。
審査におきましても、ふだん以上のことは絶対にできません。余計な気負いを捨てて、し
っかりした一本を打つことにのみ集中してお稽古していきましょう。
それが審査に生きてくるはずですので(^0^)

お名前: kk   
>>Everybody goesさん
おめでとうございます。遅レスながら、私も一言。

>>Hide.さん
返信ありがとうございます。
心を平静にする修行ですか・・・・・
平静じゃないおかげで審査後は肝っ玉が小さいなあと度々思います。
早速、平静に努めたいと思います、あと自信につながるよう更に稽古を・・・。

お名前: Hide.    URL
To Everybody goesさん

おお、そうですか。それはよかったですねヽ(^.^)ノ

少し自信がついたんじゃないですか。
また、しっかりと練習して臨むようにしてみてくださいp(^-^)q

お名前: Everybody goes   
To Hide.さん

今日学校で発表がありました。なんと手や声が震えずにできました(^^)
前日に練習しといてヨカッタです。来月は意見文の発表なのでまた頑張りたいです。

お名前: Hide.    URL
To kkさん

管理人のHide.です。

あなたがどれくらい一生懸命お稽古に取り組んでいるのかは不明ですが、まだ、圧倒的に
自信をもって審査に臨めるほどの状態ではないっていうことなんじゃないですかね(^^;

あるいは、審査にあたって「うまくやろう」「上手に見せよう」などの、よけいな心理が強
く働きすぎるのではありませんか。
このケースでしたら、心を平静に保つ修行が必要ですね(^^)

お名前: kk   
あがり症ということで、自分も悩んでいます。
場は昇段審査となりますが、自分の番となり、相手に掛かっていく際、
緊張の余り、汗が(冷や汗というのでしょうか?)足の裏にでてきます。
すると、いざ掛かろうとする際足の裏のべたつきで全く動けません・・、
声も枯れ、筋肉が硬直するような感じもします。

普段の稽古は一生懸命取り組んでいるつもりなのですが何故なのでしょうか?

お名前: Hide.    URL
To Everybody goesさん

少しでも拙サイトがお役に立ちますればうれしく存じます。
発表が終わりましたら、成果のほどを報告いただけるとありがたいです。
しっかりねp(^-^)q

お名前: Everybody goes   
To 東北人兇気鵝Hide.さん

ご返事ありがとうございます。とても丁寧な説明でわかりやすかったです。
今後もお世話になると思いますが、ヨロシクお願いします。

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

そうですねぇ、東北人兇気鵑慮撞曚里話にプラスして、私は「ゆっくり話す」ことをお勧
めします。早口でよどもなく話そうと思うと、そのことがプレッシャーになります。
ゆっくりと、小さい子に読み聞かせるように丁寧に話すこと。
これがポイントだと思います(^^)

あ、しっかりした原稿を作っておいて、何度も声を出しながら下読みをしておくといいで
しょうp(^-^)q

お名前: 東北人   
大勢の前で話す基本は「呼吸」に注意することです。
緊張すると人は「息を吸ってから話す」のですが、実際は逆で「息を吐いてから話す」
方が声が出ます。
また、大勢の目線がアナウンサーの「目を見る」とアナウンサーは緊張するので、女性
ならば胸に「ワンポイントのブローチ」をさして目線をずらすプロもいます。
また、指に「スパイラルテープ」を巻いて目線をそらせたり、イラストを黒板に貼って
視線をコントロールすれば相手より有利な立場で話しができますよ。
仕事の多くは「剣道」に通じているのです。

お名前: Everybody goes   
To 美咲さん

やっぱ緊張しますよね。
アドバイスありがとうございます。

お名前: 美咲   
私も大勢の前で発表する時はとても緊張します。
そんな時は「目の前にいる人たちはただの人形なんだ」
って思うと気持ちが楽になるような気がします!!

お名前: Everybody goes   
学校で発表とかあると緊張して、声や手が震えてしまうんです…。
今度クラスの前で発表があるんですケド、
どうすればいいでしょうか??声が震えない方法とかないでしょうか??
今とても悩んでいます。どなたか教えてください。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る