記事タイトル:拉致されました 


書き込み欄へ  ヘルプ
ここは「剣道 いちに会」という剣道専門の個人サイトです!

1.匿名であっても、剣道関係者として気品と礼節あるカキコをお願いします。
2.特定の個人や団体に対する誹謗中傷はおやめください。
3.
個人情報の流出は厳禁です。
  (進路などプライバシーに関わる書き込みは違法行為として罰せられます)
4.書かれた本人や関係者が不快にならないように留意してください。
5.意見と感情論は違います。
  (根拠が明記されていないカキコは意見とは言えません)
6.カキコは書き捨てにしないで最後まで礼節をもってください。

7.ルールを逸脱したトピ・書き込みは、管理人Hide.により削除されることがあります。


このトピは現在書き込みできません。
再開を希望される方はお手数ですが管理人までメールしてください。
お名前: ひろ   
私は個人的には今の韓国の方の発言には「はて?」と首をかしげてしまいますね。
確かに日本はひどいことをしたかもしれない。でも、それは本当に日本人だけが
したのか?自分たちの民族から「裏切り者?」はいなかったのか?そして本当に
日本はマイナスしか残さなかったのか?なぜ、日本植民地時代、韓国の米の自給率
や耕作地面積が増大したのか?なぜ、識字率が急上昇したのか?なせインフラが
整備されたのか・・・?
そもそも、植民地政策について、我々は偏った見方しかしていないのでは?植民地
では何をしてもいい、きっとひどいこと「しか」しなかったに違いない・・・
もちろんそれを免罪符にするつもりはないですが、どうも釈然としません。

韓国と日本の論争にしても、韓国は日本の悪いとこだけを主張し、日本は韓国に
した悪いことだけ・・・。
逆に韓国は日本の良かったとこを、日本は韓国にした良かったことを調べてみたり
しないのか?日本が韓国の自分の悪かったところを主張しても、「それは右翼的」
とか「人が死んでもいいのか」とくる・・・。正直フェアでないですよね。
韓国や北朝鮮や中国がフェアな姿ってのも想像できませんが。
とりあえず、あそこらへんの国の方にはもっと変なプライドや自己中心的な発想を
少し抑えてほしいですね。日本はたぶん、謝るところは謝りますよ。謝らないのは
、謝らなくても良いことまで謝らせられるのが目に見えてるからでは?

お名前: ひろ   
私は個人的には今の韓国の方の発言には「はて?」と首をかしげてしまいますね。
確かに日本はひどいことをしたかもしれない。でも、それは本当に日本人だけが
したのか?自分たちの民族から「裏切り者?」はいなかったのか?そして本当に
日本はマイナスしか残さなかったのか?なぜ、日本植民地時代、韓国の米の自給率
や耕作地面積が増大したのか?なぜ、識字率が急上昇したのか?なせインフラが
整備されたのか・・・?
そもそも、植民地政策について、我々は偏った見方しかしていないのでは?植民地
では何をしてもいい、きっとひどいこと「しか」しなかったに違いない・・・
もちろんそれを免罪符にするつもりはないですが、どうも釈然としません。

韓国と日本の論争にしても、韓国は日本の悪いとこだけを主張し、日本は韓国に
した悪いことだけ・・・。
逆に韓国は日本の良かったとこを、日本は韓国にした良かったことを調べてみたり
しないのか?日本が韓国の自分の悪かったところを主張しても、「それは右翼的」
とか「人が死んでもいいのか」とくる・・・。正直フェアでないですよね。
韓国や北朝鮮や中国がフェアな姿ってのも想像できませんが。
とりあえず、あそこらへんの国の方にはもっと変なプライドや自己中心的な発想を
少し抑えてほしいですね。日本はたぶん、謝るところは謝りますよ。謝らないのは
、謝らなくても良いことまで謝らせられるのが目に見えてるからでは?

お名前: ガロアウス   
 北朝鮮拉致問題の解決への障害となっているのが、ジェンキンスさんだということは、テレビを
見ているとわかります。
 ところで、若い人は、かつて日本にもジェンキンスさんと似た経歴を持った人がいたことをご存
じでしょうか?
 私は女優岡田嘉子のことを言ってます。
 岡田嘉子とその愛人杉本良吉が国境を越えソ連に亡命したのは、昭和十二年十二月のこと。当時
の日本に嫌気がさしたか、ソ連を理想国家と見たか、まあ、両方の理由だったのでしょう。
 ところが、彼らを待ち受けていたのは、決して理想国家ではありませでした。
 スパイ容疑で逮捕され、杉本は銃殺刑に、岡田は強制収容所で十年の歳月を過ごすことになりま
す。
 強制収容所を出た岡田は、満州で捕虜となり終戦後もソビエトに残った映画俳優の滝口新太郎と
知り合い、昭和25年(1950)結婚しました。
 でも幸せは長くは続かず、滝口は昭和46年に死亡。岡田は望郷の念にかられます。
 日本政府から帰国を認められ、昭和47年十一月、岡田は三十五年ぶりに日本の土を踏みます。
 帰国した彼女は、決して自分の行動を悔やむ発言はしませんでした。
 彼女が亡くなったのは、平成4年2月。
 墓碑には、「悔いなき命をひとすじに」と書かれているそうです。
 さて、ジェンキンスさんが北朝鮮に亡命したのは、1965年だそうですから、既に岡田嘉子よ
り長いですね。
 日本国民は岡田嘉子を歓迎しましたが、アメリカ政府は「帰ってきたら逮捕する!」と言ってい
るそうな──。なんかケツの穴の小さな話ですね。

お名前: ガロアウス   
 北朝鮮の拉致について考える人が頭を抱える問題に「かつて、日本も似たようなことをしたじゃ
ないか」という北朝鮮の言い分があります。
 それについて、少し書いておきます。
 作家伊集院静に『海峡』という作品があります。自伝的小説だそうですが、あらすじはこうです。

 主人公の少年の父は、かつて朝鮮半島から海を渡ってやってきた。そして、韓国の人が(不法に)
海を(小舟で)渡って来日するのを助ける(裏の)仕事をしている……。
 
 この作品はNHKでドラマ化されまして、私はこの伊集院氏と同じ県の出身ですから興味深く見
ました。私の子供の頃も、韓国からの密航者は絶えなかったのです。「不審者を見かけたら警察へ」
などというポスターとかもあったかなあ。
 つまり私が言いたいのはこうです。
 北朝鮮が日本による強制連行を非難するのは当然だし、確かにそういう歴史的事実はあったので
す。しかし一方で、多くの韓国人が「海を渡って一山当てよう!」と考えて日本を目指していたの
も歴史的事実なのであって、この事実を無視すると本質を見失います。
 現在、韓国の人が日韓関係について語ると、たいてい、真実の半分の話しかしません。
 日本に憧れ、日本を目指していた同胞がいたことなど、決して認めようとはしないのです。
 いまの日本に在日韓国人が多数いるのは、すべて日本による強制連行のせい……という言い方を
するのです。
 それが事実なのかどうか、若い人にもわかりやすい例を挙げます。
 関東大震災(1923年)の混乱で多くの韓国人が虐殺されたことは、若い人でも知っている方
が多いと思います。
 つまり、この事件で、その時点で既に日本人の反発をかうほどたくさんの韓国人が関東地域に暮
らしていたことがわかるのです。
 その人達は「戦時中の強制連行」で日本に来たのでしょうか?
 なんか年代的に合わないことが、おわかりでしょうか?
 評論家の佐高信氏の発言を聞いていると、すべての韓国人が強制連行で日本に来たかのように聞
こえますが、事実ではありません。
 日本と韓国の間は、非常に微妙な問題を抱えていまして、理解するのが大変困難ですけど、マス
コミはあまりに単純化した歴史をわれわれに押しつけようとします。
 つまり、韓国側の主張を全面的に受け入れるのが「良心派」、自民党の政治家のように、韓国側
の主張にちょってでも、「そうは言ってもねえ」といったら、「歴史の偽造派」というわけです。
 さらに慰安婦問題について触れたりすると長いので遠慮しますが、若い方には、歴史を冷静に見
て頂きたいと考えます。

お名前: Hide.    URL
まぁ、うんと下のほうに書いて「おしかり」をいただいておりますが、私もイラクへの自
衛隊派遣には反対の立場ですが、「なんかなぁ・・・」って気持ちですね(-_-)

お名前: ひろ   
何のためにイラクにいったのでしょうね?イラクへの自衛隊派遣と拉致との因果関係
はあるのでしょうか?イラクに自衛隊が派遣されたから拉致されたというのなら、
現在イラクにいる日本人は全員拉致されているはず。
拉致されていない日本人の方が、圧倒的に多いというのに・・・。
むしろ、自身の不注意や認識の甘さがなかったのでしょうか?それゆえに自衛隊派遣
との相乗効果で拉致されたのでは?

普段から歌舞伎町とかで人と肩がぶつかったりしながら歩いていた。ある日歌舞伎町
の一斉取締りがあり、ヤクザが大打撃を受けた。それによりいらだったヤクザが歩い
ていると、不注意にぶつかってくるやつがいる。そいつを拉致って殴った・・・。

ちょっと乱暴ですが、警察は悪いのでしょうか?確かにアフターケアを怠った面も
あるかもしれませんが・・・。ヤクザももちろん悪い。しかし、それにいいがかりを
与えるチャンスを与えたのは誰か?
渡辺さんは果たして何歳なのでしょうか?未成年ならいじめがあっても、「相手が
いじめられるようなことをするから」というのは理由になりません。でもイラクに
いくぐらい立派な成人なら、「相手が拉致されるようなことをしたから」拉致されて
当然だな、となりませんか?
そもそもあの三人の方が、取りうる最善の行動をしていたとの話はついぞとして
聞いたことがありません。もちろん、日本政府に「もっと強く強制してでも退避
させる義務があった」なかならまだ気持ちもわからないでもないですが・・・。
なんか自分の責任をたなに上げてますね。

この選挙前の時期にそんなことをするなんて・・・やっぱりどっかの政党のまわし
ものなんですかね?ちょっと不審。

お名前: Hide.    URL
う〜ん、なんなんでしょうねぇ・・・。
あまり訴えをきちんと読んでいないのですが、なんか「盗人猛々しい」ように感じてしまう
のは私の色眼鏡のせいでしょうか(^^;
政府がどう動いたかは定かではありませんが、多くの人が奔走したことは事実。
命を助けられた感謝の気持ってないのでしょうかねぇ・・・( -o-) フゥ

お名前: ガロアウス   
 最近のニュースから。

 イラクで人質になった非政府組織(NGO)活動家、渡辺修孝さん(36)が「日本が自衛隊を
派遣したことを理由に拘束され、精神的、肉体的苦痛を受けた」として、国に500万円の賠償な
どを求める訴訟を8日、東京地裁に起こした。
 帰国時の航空運賃として外務省が請求した約2万3000円についても、支払い義務がないこと
の確認を求めている。

お名前: ガロアウス   
 アメリカが人質問題に悩まされたことがあります。
 1979年十一月4日、「ホメイニ師支持学生団」を名乗る四百人余りの学生がテヘラン
中心部のアメリカ大使館に乱入、大使館員七十人余りを人質にしてたてこもった事件がそれ
です。
 当時のカーター大統領は、この問題を解決できない無能な大統領として、連日、非難を浴
び続けます。
 業を煮やした大統領が発動したのが、翌八十年四月二十五日の軍事作戦ですが、砂漠でヘ
リコプターが墜落するなどして、八人が死亡。大統領は泣く泣く作戦の中止を命じます。
 結局、この問題に引きずられて、大統領の人気は急降下。
 タカ派と非難されていたレーガン大統領の大勝利という結果を招きます。
 ちなみに、人質の解放されたのは、81年一月二十日。つまりレーガンの大統領就任と同
じ日ですけど、むろん偶然ではありません。
 イラン政府としては、にっくきカーターが大統領職にある間は人質を解放したくなかった
のでしょう。
 ついでにいうと、このレーガン大統領は、イランと裏取引でもしたのか、レーガンの任期
後半では、イラン・コントラ事件が浮上して、ずっと悩まされることになるのです。
 そのレーガン大統領の死で、アメリカの各局は、レーガン時代の特集番組を流し続けてい
るとか──。
 数ヶ月もしたら、日本の衛星放送がやるのでしょうね。
 私はたいへん楽しみにしてます。

お名前: ひろ   
 汚い言い方かもしれませんが、私はとりあえず金で済むならそれに越したことがないと
思いますが・・・(汗)

 でも理解に苦しむのはマスコミですね。国民の大多数が「小泉さんよくやった」
みたいな雰囲気になってたのに、わざわざ反対の報道ばかり繰り返す。しかも家族会
と小泉首相の会談も家族会の「首相お疲れさま」の部分を完全にカットして報道・・・
相変わらずマスコミは信用を失うようなことばかりしてますね(汗)従軍慰安婦問題
のときを思い出します。結局マスコミがあおったせいで、韓国とかの人権団体とかが
加熱して真相解明が逆にできなくなりましたからね・・・。
 どうせなら日本政府をマスコミは支援していて、即刻の返還を国民は求めている!
みたいな記事にした方が北朝鮮にも圧力をかけやすいと思いますが。
首相の地位が不安定な状況にマスコミがしときながら、責めるマスコミ・・・
矛盾してますね。

お名前: ガロアウス   
 北朝鮮の拉致問題は、日本政府が膨大な身代金(食料援助という名前の!)を払って五名
返してもらいましたが、なんか小泉首相を評価する人は多いらしい。
 私は前から言っている通り、「金による解決」というのを一番嫌いますから、彼を評価す
るはずもありませんけど、世間の賞賛の声にはびっくりします。
 日本というのは、人質を取られればすぐに金もってやってくるというのは、既に国際的評
価として定まっています。
 小泉さんもそれを繰り返しただけでしょうが、「みんな怒れよ!」と思っているのは私だ
けでしょうか?
 少し前、金正日の息子、金正男が日本に不法入国するという事件がありました。
 この事件を有効に使えば、拉致問題は一気に片付いた可能性があったのですが、このとき
の外務大臣は無能というより、「超々無能」ともいえる田中真紀子だったのだからたまりま
せん。
 そうそうに日本から国外退去処分にしてしまい、拉致問題の解決は結局、大金を支払って
……ということになりました。
 無能の政治家を持った国民の悲劇ということですかね??

お名前: ひろ   
 会田先生の本でしたら何冊か読んでます。

 本当に虐待があったのなら、それは許されざる「戦争犯罪」ですね(戦争責任
ではなくて)
ただ気掛かりなのが、一体誰が何の目的で撮影したのか?特定の思想団体がでっち
上げたのではないか?他のところでも虐待はなかったのか?・・・

話は変わりますけど、最近自衛隊にやっと捕虜の待遇に関するマニュアルが配布
されたらしいですね。ジュネーブ条約に則った捕虜の待遇を今までの自衛隊は知ら
なかった・・・物騒な話です。

戦争は避けるべきですけど、おきてしまったことは取り返しがつかない。

自衛隊は否定しようにも現実に目の前にある。

自衛隊を否定したいがために、中途半端なことをする方がもっと物騒で怖い
ですね(汗)

私的には自衛隊を無くす(→警察を強化)か合法化(憲法改正?)してしっかりと
国民の管理下に置かないと怖くて怖くて・・・

話を戻しますが、やはり戦場では相手も人間であるということを認識することが
大事かと。それがないと西洋宗教は人と動物の区別が明確ですから・・・

一番手っ取り早いのは国家の閣僚同士で肩を組み合って第二道場(?)することが
世界平和の近道かもしれませんね(^^;)

お名前: ガロアウス   
>>青臭い横レスですね

 いえ、そんなことはないでしょう。大変な正論だと思いますよ。
 ところで、いま、イラクの収容所の問題が話題となってますが、さて、この問題につ
いて、過去にどんな例があったのでしょうか?
 1997年にお亡くなりになりましたが、かつて京都大学に会田雄次教授という方が
おられました。
 この方が、1962年に発表したのが、『アーロン収容所』(中央公論社)。英軍捕
虜としてヤンゴンに拘留された体験をもとに書かれた本です。
 今回のイラクの事件でこの本を思い出した人は私だけでもなかったようで、今週号の
『週刊文春』にも、この本に言及している部分があります。
 若い方には積極的にこういう本にチャレンジして頂きたいのですが、時間もないでしょ
うから、さわりだけ書いておきます。

 >>抑留されていた日本軍兵士たちは、収容所の中で酷使された。掃除のために、部
屋に入っていくと、イギリス軍女性兵士(あるいは将校の妻だったか?)たちが着替え
ているシーンにぶつかるときがある。
 最初のうちは、裸が見られて「ラッキー」と喜んでいた日本軍兵士たちも、だんだん
「おかしいな?」と気が付いてくる。というのは、イギリスの女性たちが、裸をまった
く恥ずかしがらないのだ。そのうち、原因がわかって、猛然と腹が立った。
 つまり、イギリスの女たちは、日本人の男を人間と見てない!!裸を恥ずかしがるの
は、人間に対してのみであって、犬や猫に自分の裸を見せるのを恥ずかしがる人などい
ないのだ……<<

 どうですか?なかなかおもしろいでしょう?
 その他、考え方としてなかなか有用な部分があったことを記憶してます。
 いつの時代も、歴史というのは、以前やったことの繰り返しにすぎないのですね。こ
れが現実です。

お名前: ひろ   
関係ない話ですが、
ガロアウスさん、私は神戸出身で震災の時は小学生だったのですが、ボランティア
の方には大変助けられました。本当に感謝してます。この場を借りてありがとう
ございます。

さて、今回のイラクの件ですが、どっちもどっちだったのではないでしょうか?

危ないイラクに不十分な状態で行く方も行く方ですし、それに対して仕方ない
とはいえ限度を越えた発言を家族も家族、それに対して説明や対応が見えて来な
かった政府も政府、それをあおったマスコミもマスコミ、、、
人間ですからミスもありますが、それぞれが誰が見てもベターと思われる行動を
していればそこまで話はいかないのでは?

テロには絶対屈してはいけない、、、
平和を守るのは大事、、、
一人ひとりの生命は何ものにもかえられない、、、
政府の決定は覆せないし、その責任は国民にある、、、
、、、

物事は片面だけでなく、色々複雑な要素が絡み合って構成されている。
それには因があり、果がある。

ベストは無理でも、みんながベターな行動を取ればもっと結果はよく
なったのでは?

例えば、拉致された方は充分に気を付けて準備し、家族にももしもの時の
ことを伝えておく、、、
派遣は決定したのだから、国民はわざわざ自衛隊が活動しにくくなるような
ことをしないで、海外に日本は一枚岩だと思わせるようにする、、、
政府は予め想定して危険な場所には絶対立ち入らせないようにする、、、


なんか全てが後の祭りだから、極論が出たりするのかな?
過ぎたことの反省を活かし、失敗は失敗、成功は成功、
勝って驕らず負けて学ぶ、これこそが剣道家の姿かと、、、

今回で拉致された方も、次に行くときはより素晴らしい活動ができるように
し、政府ももっと色々な対応を取れるようにする。そして人類の平和と
発展に貢献していくようにみんなで考えていく。そのように訴えていくのが
私たち剣道家の使命ではないでしょうか?

ってかなり青臭い横レスですね(汗)

お名前: ガロアウス   
 テレビのコメンテーターが「イラクはベトナム戦争の二の舞になる」といっています。
いまのイラクでブッシュの空爆があったように、かつての北ベトナムで、ジョンソン大統
領の北爆がありました。
 昔の若者は、「ジョンソンの馬鹿野郎、ニクソンの馬鹿野郎!」と叫んで毎日デモに行
きましたし、新聞もその論調でした。
 もちろん当時の私もアメリカ軍さえ撤退すれば、すべてが丸く収まると信じていたので
す。
 さて、実際にアメリカ軍が撤退してベトナムはどうなったのか?そこには、百万とも百
五十万ともいわれるベトナム人が小舟に乗ってベトナムからの脱出をはかる混乱がありま
した。
 単純に「アメリカこそ悪の元凶」と唱えてすむような戦争でなかったことが、アメリカ
軍の撤退後に初めてわかったのです。
 さて、いまのイラクをどう考えたらいいのか?
 いまの若い人が、「ブッシュの馬鹿野郎!」と唱えるのは当然だし、私とて、それに賛
同したい気持ちはあります。
 しかし、私がその台詞を言おうとすると、どうしても、ベトナム戦争の記憶が胸にちら
ついてしまいます。
 あのとき、一方的にアメリカを悪としたのが正しかったのか、いまだに疑問に感じてい
るからです。
 といっても、その後のレーガン大統領が、ベトナム戦争を完全に正当化しましたが、こ
れには大部分の日本人が納得しないでしょう。
 しかし、現実世界には理解困難な面があります。
 昔、平沼騏一郎という総理大臣が「欧州情勢は複雑怪奇……」という有名な台詞を残し
て辞任しましたが、いまの中東情勢こそ複雑怪奇なんでしょう。
 その現実世界を垣間見ることができたということは、若い人にとって大切な教訓だった
のではないでしょうか?

お名前: Hide.    URL
To へっぽこさん

そうですね、心栄えのしっかりした剣道が正しい人間性を作ると思います。
日々勉強ですね(^_-)~☆

お名前: スネ夫   
トピ主さん おかえり!

ハンドル変えたの?(笑)

お名前: じゃい子   
なんだか左寄りの人が多い掲示板ですね。
偶然でしょうか。

お名前: へっぽこ   
Hideさん仲裁ありがとうございます。

書き込みは書き込まれた方の心映えを表します。
剣道家にとって、知識がないことは恥ずべきことではありませんが、正しい心映えがな
いことは恥ずべきことです。
私も、正しい心映えを身につけることができるよう、日々努力しようと思います。

お名前: Hide.    URL
To 何が言いたいさん

矛を納めていただきましてありがとうございます(^^)

若い人がこうした場で意見を述べることは大切なことだと思います。
我々大人は、それをうまく「さらに深い洞察へ」と導くべくカキコをしてあげることが肝要
だと考えます。カキコも勉強&修行ですから(^_-)~☆

いい元立ちをめざしてくださいね!!

お名前: 何が言いたい?   
監理人様
>どちらとも矛を納めてください。
監理人様にそう言われましては納めざるを得ませんな。
>最近「自己責任」という単語が一人歩きしてますが、そんなところで使うもんじゃないと思
いますよ(笑)
ここが使い所と思いましたが・・・違いましたか(笑い)
失礼いたしました。
言いたかった事は、物事を一方向から単純に平面的に見て得々と語るのではなく
様々な方向から立体的に捉えるのが必要ではないかという事です。
剣道関係者の掲示板でこのような「青年の主張」をやっていたのでは、世間では
「ああ、やっぱり剣道なんてのは筋肉だけの単純バカがやるんだ」と思われるでしょうね。

それだったら最初からそう書け!と言われるのでしょうか(笑い)
申し訳ない。またどこかで書き込むことがあったらそう致しましょう。

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

この掲示板はけんかをするための場所ではありません(-_-)
どちらとも矛を納めてください。

中立公平な立場から見て、何が言いたい?さんのほうがよろしくありませんね(^^;
最近「自己責任」という単語が一人歩きしてますが、そんなところで使うもんじゃないと思
いますよ(笑)

お名前: 怒髪天   
>>へっぽこさん
>>フランス紙ルモンドが、「日本人は人道主義に駆り立てられた若者〜
>>日本が異常なんだとほっとしました。

人道主義発祥の地であるフランスの人がそのような事を言うのはごく当たり前の
ことであると考えます。
あと、人道主義をつきつめて共産主義へと移行してゆく人間も多い事を付け加えておきます。
フランスは共産多いしね。近い親戚ですよ。

そしてそれがどうなったかは東西ドイツ統合やソ連における共産主義崩壊を見ればわかりますよね。
もともとバリバリの共産主義者宮崎駿のアニメ作品レベルでならば「赤い」部分も寛容
になれるけども。
(それはプロパガンダと言うよりは芸術作品としての完成度を評価する所以・芸術は
根底にある思想以外にもプロフェッショナリズムにおいても評価されるべきであると
言う観点に於いて肯定出来る)

あまりこのようなものを至高の価値観みたいに崇め奉るのは止めたほうが良いですよ。
と、言うかそういう人道主義を至高の価値感みたいに語る事は少年の道徳感の育成と
言う観点からは評価出来るが市井が人道主義に妄信する姿勢は反社会的活動を行って
いる人々へ餌を与えているだけだ。皮肉な話だが人道主義を入り口にして、いつの間に
やらテロの支援を行う事になってしまう。

試しに日本で自衛隊撤収のデモを「人道的立場」から行っている人々に
「北朝鮮拉致被害者の人達の為にもデモをしようよ」と持ちかけてみればその人たちが
どんな人間なのか良くわかると思う。

お名前: へっぽこ   
何が言いたい?さんへ

あながた剣道をされておられないこと。
そして子供を指導されていないことを祈るばかりです。

このままゆくと、この掲示板が荒れることになりそうなので、これ以上は発言を差し控
えさせて頂きます。

お名前: 何が言いたい?   
自らへっぽこと名乗る方に「その名の通りへっぽこですね」と書くのが侮辱ですか?
それこそ自己責任でしょうが!(笑い)
御自身がお書きになられた>今回の件をふりかえってや>最後に・・・に中に
他人を侮辱するような表現が入っているのは棚に上げて、よくぞまあおっしゃるもんだ。

推測で書くのならば構わないが、あなたのように決めつけて書くのはプロパガンダ以外の
何物でもないですよ。

お名前: へっぽこ   
何が言いたい?さんへ

>いやはやハンドルに偽りなしですな!

書き込みされる掲示板をまちがってますよ。
ここは、剣道愛好家の掲示板です。
お相手を侮辱しないというルールを守れない方はこの他の掲示板に行ってくださいね。

お名前: 何が言いたい?   
ルモンドは日本のニュースを自社で取材していると思ってますか、さてどこの誰が配信しているのでしょう?
また日本のマスコミが何の思想、イデオロギーもなしに全てを報道していると思いますか?
まだ捜査が始まったばかりの事案について、いい年した大人がこれだけ断定的に書くなんてすごいです。

よほど疑う事を知らない純粋な人か、何らかの意図を持って書き込んでいる確信犯か、
・・な人でしょうね(笑い)
いやはやハンドルに偽りなしですな!

お名前: へっぽこ   
最後に・・・

『フランス紙ルモンドが、「日本人は人道主義に駆り立てられた若者を誇るべきなの
に、政府や保守系メディアは解放された人質の無責任さをこき下ろすことにきゅうきゅ
うとしている」と批判した。』(共同通信)ということです。

日本では、政府を筆頭に3人に対する袋叩き状態の中、この記事をみて、やっぱり(彼
らを袋叩きにする)日本が異常なんだとほっとしました。

お名前: へっぽこ   
今回の件をふりかえって

政府に期待を持つのはやめましょう。
政府にはいろいろな経費負担が生じたのかもしれません。
また外務省の職員が「休みもなく、家にも帰らずにがんばってきたかいがあった」と述
べているのも事実でしょう。(こんなことを公言することに嫌悪感を感じますが(私個
人の価値観の問題です。))

しかし、今回の解放に向けて影響を与えたのは、イラク・イスラム聖職者協会であり、日
本の一般国民かた多数寄せられたアルジャジーラへのメッセージであり、イラクで放映
された日本での自衛隊派遣への反対デモであって、政府ではありません。

イラク・イスラム聖職者協会は、今回の解放は「政府へのプレゼント」ではなく「日本
国民へのプレゼント」だと述べており、そのアルコバイシ師は、日本経済新聞の取材に
対して「日本の首相と外相の態度は非常によくない」「日本政府の謝意が伝わってこな
い」「日本の憲法は部隊派遣を禁じているはずなのにイラクに自衛隊がいるのはなぜな
のか」と自衛隊駐留に批判的な立場を表明しています。(4月18日の日経朝刊)

イラクの反米勢力は「テロ」というひと言で「悪者」というレッテルを貼られています
が、実際に米国に1000人を超える民間人が殺害され、自分の身内も殺された
ら・・・・と思うと、自分が彼らの立場にあれば反米活動に身を投じても不思議であり
ません。

政府に期待できない以上、国民1人1人の活動が大切になっています。
そして、インターネットのツールを使えば、実際にアルジャジーラへメールやファクス
を送り、私達1人1人が行動を起こすことも可能なのです。

●自己責任について
現状を認識した上で、イラクの状況をカメラで撮りたい、イラクの人々を助けた
い・・・・というのであれば、その考えを私は否定できません。(自分の命より大切な
ものがある人はたくさんいます。)
ただ、これからイラクに行く人は「自己責任」で行くべきです。
日本政府に助けて欲しいと求めてはいけません。

最後に、ブッシュを差し出して今いる人質を全員解放させろ!・・・暴言でした(笑)。

お名前: Hide.    URL
to 平和願いさん

>「まだイラクに残りたい」と言うのはまだまだ住民を助けたい!と
>言う気持ちからではないのでしょうか?また誘拐されても助けなくても
>いいなんてそんなことは言わないですよね?
>それは人としてひどいのではないのでしょうか?hideさん・・・。

行方不明だった2邦人も解放されたようで、何よりですヽ(^.^)ノ
でも、他国で拉致被害にあっている方々もおられるようです。もうこの連鎖は止まらない
かもしれませんね(-_-)

もちろん、「見殺しにしていい」なんて申しませんよ。当然です! 
もう一度こういうことが起こったとしても、国として救出する義務があるのは当然と考え
ます(^^)
ただ、今回はたまたま(かどうかわかりませんが)、無事に解放されましたが「次もうま
くいく」とは限りません。治安が悪化している今は、活動を自重していただいたほうがよ
ろしいのでは・・・と申し上げているのです(^^;

イラクの人たちのために危険を顧みず行動を起こすことはすばらしいことです。とても私
にはその勇気も行動力もございません。しかし、何事にも「潮時」と言うものがあるので
はありませんか。「今」救いを求めている人たちがいるのは理解できますが、「今」は民
間人がうろうろしても平気な状況ではないようでしょ? すばらしい打突も、好機に放っ
てこそ有効打突たりえるのであって、無謀な攻めから打ったのであればお相手に手痛く返
されるのがオチです。

私はそう考えますが(^^)

お名前: 平和願い   
ここまでトピが書かれているのはすっごいですね。
良かったと思う人もいれば逆に批判する人も様々いる事でしょう。
けれど素直に良かったと先には思えないのでしょうか?人それぞれの
考え方があって当たり前ですが・・。三人の方がイラクへ行ったのはそんな危険
な中でももっと辛い状況である住民を助けに行くために行ったんですよね?
それだけの勇気はすごい事ではないでしょうか?私たちはただテレビをみて
ニュースをみて批判しあったりしているだけではないのでしょうか。
ただ同情することならば誰にでもできることだけれど行動にうつす勇気は
すごい事である事をまず評価するべきではないのでしょうか?そこまで
行動にうつせない自分達を情けなく思う事が先だと私はおもいます。
「まだイラクに残りたい」と言うのはまだまだ住民を助けたい!と
言う気持ちからではないのでしょうか?また誘拐されても助けなくても
いいなんてそんなことは言わないですよね?
それは人としてひどいのではないのでしょうか?hideさん・・・。
またこの意見に様々な批判などあることもわかっていますが、このまま
ではどうしようもなくなっていってしまうと思います。小泉総理の
あの態度もどうかと思います。そりゃ疲れているのもわかりますけど、
あんたの知り合いだったらどうなの!?と聞きたくなります。
みなさんも家族の身にならなければわからない事だと思いますが
自分の子供、親、親族が命の危険にさらされていたら人事では
なくなるのは当たり前ですよね?先に相手の気持ちを考えるべきでは
ないのでしょうか。

お名前: ガロアウス   
 佐々淳行さんが、テレビでいいこと言ってました。
 彼は約八百五十人くらいの若者を過去にカンボジアにボランティアで連れていったそう
です。むろん地雷が埋まっている地域ですから、死ぬかもしれない、地雷で足を失うこと
になるかもしれない。しかし、死んだり足を失ったとしても、苦情を言わない、補償を求
めないなどの覚悟がある青年のみ連れていったそうです。
 むろん、書かせる念書には、「家族がクレームつけない」などの一項も入っているわけ
です。
 佐々淳行氏が言っていることなど、ごく当たり前のことでしょうが、残念ながら日本で
は常識ではありませんでした。
 でも、今回の事件がきっかけに、「自己責任」と叫ぶ人も増えました。佐々淳行氏のよ
うな人が訴えかければ、日本も少しは変わることでしょうね。

お名前: へっぽこ   
読み返すと言葉足らずの部分が・・・

↓で「△一番すっきりすると思いますが、再度今回のような事件が起こったとき、政
府として「自己責任だから見捨てます」といえるのでしょうか・・・。」というのは
政府が「自己責任だから見捨てます」と言ってはならないという趣旨ではなく、現実に
言えるのだろうかという趣旨です。

お名前: へっぽこ   
3人が解放されましたので・・・・・ちょっと意見を。

現に今、イラクにたくさん報道陣やカメラマンいますよね。
ニュース番組でも、かならずイラクの日本人による中継が入ります。

例えば、ベトナム戦争の時に、激戦地に乗り込んでピューリッツァー賞を受賞された報
道カメラマンがおられます。
“爐蕕粒萋阿鯣歡蠅垢襪里。
活動は肯定して、自己責任を貫くのか。

△一番すっきりすると思いますが、再度今回のような事件が起こったとき、政府とし
て「自己責任だから見捨てます」といえるのでしょうか・・・。

今回の事件は、日本が、米国による正義なき戦争を支持したことによる危険が顕在化し
たものです。一番悪いのは米国です。
「1人殺しても重罪なのに、あれだけイラク人を大量虐殺して野放しになっているブッ
シュってなに?」というのが正直な気持ちですね。また、テロに味方するのかとお叱り
を受けるかもしれません(笑)が、3人を捕らえた犯人が「自分達はテロじゃない。自
分達の土地を守るために戦っている。」と言っていたのは個人的に良くわかります。

お名前: ミーシャ   
怒髪天さん、
Hideさん以外の方には無視されるかな?と思っていましたので少々びっくりです!(笑)
お返事遅くなりましてごめんなさい。<(_ _)>

>「それを言っちゃ〜おしめえよ。」って言う寅さん風な甘えた気持ちもありますが。(´・ω・` )ショボーンですよ?

いいえ甘えてはいけません。「運営は試合規則ならびに細則に則って行われる」ってのは
剣道をやってるなら小学生でも知ってて、また守って当たり前の事柄です…、なんてね(笑)
…ご無礼しました。 私には怒髪天さんはじめ皆様になにかを強制する権限も理由もありませんので
私の事などお気になさらないで下さいませ。
幸いHideさんも「もう少しトーンダウンして…(略)」って書いておられるので、そのあたりさえ
お守りになられれば審判の裁量で許可して下さると思いますよ…多分。 @無責任発言です(笑)

…で、御三方が無事救出されて(人によっては姿を現して…と表現するかも知れませんが)このまま
残りたいとか、また行くとか仰っているそうですが、それってちょっと違うんじゃないの?って思います。
多くの人を心配させて、少なく見積もっても数十億はくだらないであろう税金を使わせた人たちの態度では無いですよね。
まずは帰って来て、謎だらけの拉致の詳細を「矛盾無く」説明して頂きたいものです。
しかる後に、行きたいのならまたお行きになれば宜しいかと思います。

しかし、ストリートチルドレンは世界中に居るし、劣化ウラン弾問題だって他所にもあります。
そもそも民間人が行うNGO活動はあくまでもある程度安定した地域での活動が当たり前のはずです。
それなのにわざわざ好き好んで矢玉の下を潜るような事をしなくてもねぇ!?
「そこまでして、なぜイラクなの?」な〜んて臆病者の私は思っちゃいます。

お名前: 問題提起   
感情的な煽りをしてる方やまじめにレスしてくださる方いろいろですが、
まじめにレスしてくださった方々、ご意見ありがとうございました。

Hide.さんはじめ多くの方の考え方もわかりました。
異論は当然ありますが、ここでこれ以上議論する気はありません。
Hide.さんには色々とお手数おかけしたようで失礼しました。


まぁ、たまには意見が違う人とも議論すべきだとは思いますが。。
でもそれはここでやっても仕方ないので私は他でやることにします。

お名前: AE86   
無事に開放されましたね
でも、この人たちの解放後の行動を見ていると・・・。
開放され、ホテルでの会話です
高遠 「ここはどこなの?!」
郡山 「撮らないでくれる?俺もジャーナリストなんだけど!」
高遠 「ちょっともうやめて!」(カメラに対して)
イラク人「日本人がどんな人たちかを一生懸命説明しました」
郡山 「しらねぇよ、俺ら何度も説明しましたぁ!状況がぜんぜん見えません!」
高遠 「信じられない!」
今井 「わけわかんねーな、もう」
高遠 「やめて〜」(状況説明しているイラク人の話をさえぎる)
高遠 「なに?ここホントにバグダッド?」(ふてぶてしく)
郡山 「意外と近かったよね」
高遠 「死ぬかと思った!」
高遠 「あー疲れた〜〜〜」

郡山 聖職者と握手する際左手にタバコを持ったまま、聖職者に指摘され
   るがしばらく手から放さない。再度促されてようやく灰皿に置く。
今井 聖職者を前にして座ったまま応対。握手も座ったまま済ませようと
   したが、聖職者に指摘され立たされる。
高遠 えらい人の前でもずぼらな態度、口卑しくチョコレートを口いっぱい
   に頬張りモゴモゴ口を動かしながら応対。無論、スカーフも無し。

幾ら人質になっていたとは言え、こんなんでいいのでしょうか?
最低限の礼儀(相手の国での)も知らず
確かに、たまたまだったかも知れませんが、自分達の為に
必死に動いてくれた人の前で、タバコ、飲食はふざけるなとしか言いようがありません
また、ジャーナリストの方も帰国せず、取材をするみたいですし
一体、この1週間はなんだったのでしょう?
郡山さんは、まだ帰国せず取材を続けるそうですが
これには小泉首相も苦言を呈しています
「いかに善意の気持ちであっても、これだけの目に遭っても
これだけ多くの政府の人たちが寝食忘れて努力して
なおかつそういうことを言うのか。自覚をもってもらいたい」
との事です。

渡航禁止にするのは憲法上不可能ですし。
たとえ出来たとしてもイラクへは近隣の国から入国可能です
先日、元イラク大使の方が紙面上で意見を述べられていましたが
イラクへ入国する人になんと言ってもほとんど聞いてもらえないそうです
また、危険だから現地の有力者に協力を求めるようにと言っても
危険なタクシーに乗って入国していくそうです
このような人たちが危ない目にあった時、日本政府は
努力すべきなのでしょうか?
今回の3人も勝手に渡航し、人質になる
家族は、行く前には何もせず人質になれば政府に助けを求める
これほど、勝手なことはないのではないでしょうか?
外務省などで、あれだけ言えるのであれば、3人にも
同じように何故言えなかったのでしょう?

今後、イラクに勝手に入国する人たちは
Hide.さんの仰るような、拉致されても救出しないでけっこうという
念書を書いておいていただきたいものです

お名前: kimi   
無事解放されました!
異なる情報に一喜一憂する毎日でしたが、無事解放されて本当に良かった!
新たにお二人が拉致された情報もあり、諸手を上げて喜ぶ事もできませんが、当面の
難局は乗り切ったと言うところでしょうか・・・。
これもひとえに、イラク人と日本人の関係が功を奏したと言えるでしょう。
営々と良い関係を築き上げていただいた多くの皆様に、感謝しなければなりません。

さて、下の方には多くの?なカキコが散在し、凡人の私には理解する事もかないませ
んが・・・
ここで、個人的な意見を少し述べておきます。
1,つき合いこそが大切
  イラクを訪れる場合はもちろんの事、国内においてもイラク人はいます。
  今回も多くの方々が日本在住イラク人や、現地のHPに働きかけました。
  国対国だけで論じることなく、人対人の関係も重要です。
2,理解し理解されること
  宗教や文化、生活習慣は異なりますが、お互いを理解する事が必要です。
  一見異なるように見えても、話し(日本語です)をすると大した違いはありません。
  国として考えるなら、アル・ジャジーラなど有効なメディアを積極的に活用し、
  アラブ社会への積極的なPRが不可欠です(多少しているようですが)。
3,目に見える不戦決意を
  2,と重複しますが、イラクに自衛隊を派遣した目的を公明正大にPRしなけれ
  ばなりません。アラブ社会で知らない人がいなくなるまで・・・しつこく!
  現地での武器携帯も配慮が必要です(校舎内で武器をちらつかせない等)。
  いかにも軍隊と言った制服もいただけません。
  目的が目的ですから、交戦しなければならない状況に陥った場合、速やかな撤退
  が不可欠です(もちろん可能な場合にですが・・・)。
4,イラクへの入国
  原則自己責任です。血税を偏って出費する事は許されません。
  高藤さんを待ち望む子供達も多いでしょう。
  今井さんの計画も現地では歓迎されるでしょう。
  しかし、無差別に外国人の拉致が続いている以上、しばらくの間我慢して下さい。
  あなた達を必要とする時は必ず訪れますから(訪れてほしい!)。

  一方、ジャーナリストに対しての考えは若干異なります。
  今、イラクで起きている事実を世界に伝える事がジャーナリストとしての使命です。
  本人の意思に基づき、使命を全うする気概のある方は、ボディーガードを雇うな
  ど、自己責任の範疇で精一杯頑張って下さい。
  国や報道機関からの助けは一切ありませんので、あくまでも自己責任(日本国パ
  スポートを所持しない)で!  ちなみに報道機関の社員は撤退です!     

お名前: 怒髪天   
>MAX剣志郎さん

あらら、「君」かよ、ガキだと思われているみたいですなトホホ・・

まあ最初から削除覚悟で放言とばすと言う一番低俗な方法で反論(?)してるんだから
真面目に返してもしょうがないけどね。だって貴方は最初から答えが決まっていて
それに合わなければ気に入らないんだろうから。

この点はいささか>>ガロアウスさんの意見にも言える。
前例から言って「撤退反対・見殺し」なのだろうけれど果たしてそれがベストな答えだろうか?これもまた安全パイな意見であろう。
これは何ら他の得策が無い場合、「最悪」の場合の判断であろうと考えます。
私は撤退以外で最善な方法をとるべきだと思いましたよ。つまりテロリストの要求は
呑まずに、しかし見捨てると言うのも又、「情けない国」である事に変わりは無いと
思うのです。「で、どうしろと言うのか?」と貴方は問うでしょうけれども
「どうしろ」よりもこの点での国のあり方についての個人での見解を明確にしていく
と言うのも議論の主題たりうると考えます。はなから答えが決まっていてそれの発表会
が議論の全てでは無いと考えるからです。ひいては議論の深化による個人の人間形成に
役立てば非常に有意義ではないでしょうか?

あと、もっかい
>>MAX剣志郎さん
たとえ話がわからないみたいだけど高速道路歩いていて車にはねられたって
その人の責任だって思いますよ。同情なんてしないし、危ない橋渡ってれば
そんなのは「自分の選んだ道」なんだから他人は巻き込んではいけないよね。
最低限の覚悟なんですよ。彼等にはそれがあったとは思うけどまわりが感情的に
過剰反応しすぎだね。まあ私はそれでも「助かった方が良い」って思ってはいるって
意見だったよ。

でも、ちょっと変わったことやっただけで評価しなさんな。評価されるべき人は
身の回りにも沢山いるよ。大体今回の事件での株の暴落で何人かは首くくった
だろうね。学生のみなさんは「商売と一緒にすんな!」とか仰るだろうけど
そっちだって命がけでやってることだからね。

Hide. さん>>今回拉致された方の関係者もいるかもしれない
(実際、拙サイトの別な掲示板におられます)ってことが問題なわけです。
ご理解いただけませんかねぇ・・・( -o-) フゥ

了解しました。今まで所謂「世間一般」的見地からの視点で語っていました
し、また掲示板においてはそのような声を発言する事にも意味もある
と思うのですが確かにあまり身近に感じてのカキコでは無かった
と思います。私はまだ稽古会等に参加した事が無いのでそのへん鈍感
だったと思います。実際に頻繁にお会いになられている方との温度差を
加味していなかった点は反省いたします。

ここに来てジャーナリスト2名が拉致されました。
何だか失業者達の最後の手段みたいな気もしてきましたね。
政治的意味合いもあるのでしょうが海千山千な世界である
事は想像に難しくありません。

お名前: よーへい   
本当に無事に解放されて良かったですね(>_<)
昨日の9時くらいにお店に来ていたお客さんがラジオで速報を聞いたらしく、
コンビニ中がその話題で一色でした(^^)いや〜色々なお考えがあるとは思いますが
無事に帰って来たということはとても大きな事でイタリア人の方のことを考えると
なんとも複雑ですが、政府も一応の面子を保てたのではないでしょうか。
しかし新たに2人の方が行方不明になっています。こちらの方々も迅速な対応で所在把握に努めて欲しいです。

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

いやぁ、なにしろ無事開放、本当にうれしいです\(^o^)/バンザァイ
3人の様子をテレビで拝見しましたが、とくにやつれた感じもなく、よかったです。
拉致された状況やら稚児の生活など、明らかにされるのを期待します(^^)
また、政府がこの件に対してどのような交渉を行なってきたのかも明確にしてほしいです
ね。ともあれ、開放のために立ち上がってくださった多くの皆様には、本当に敬意を表す
ると共に、お慶びを申し上げたく存じますヽ(^.^)ノ

また、このトピで真剣に彼らについて論じてくださった皆様。皆様の心労も報われた形に
なりましたね。管理人として、その点もうれしく思います(^0^)


さぁて、お待たせしました。
3人の自己責任について論じるのはここからです。自衛隊の派遣については私は反対する立
場(義がないと考える)ですが、それにしても、「3人の命」と日本という国の「一国の
姿勢と秤にかけられる」という重過ぎる命題が、危険認識の薄い行動から引き起こされ、
国を二分する勢いの騒ぎにまで発展してしまったことは、彼らに厳しく反省していただ
きたいと考えます。
それにしても、3人の中の一人が「同じ仕事を続けたい」と電話で語ったなどと報道されて
おりますが、お気持は崇高ですが、「この次は拉致されても救出しないでけっこう」という
念書を書いておいていただきたいものです(-_-)
これからイラクに入ろうとする日本人にも、申し訳ありませんが同様のことをお願いした
いですね(^^;

なお、まだ依然2人の邦人が行方不明になっております。
以後のカキコも、「この方々への配慮」を忘れないようお願いする次第ですm(_ _)m


To MAX剣志郎さん
>私は。しばらく自重します。また数ヵ月後お会いしましょうm(_ _)m
アハハ、そんなに気にやむことはありませんよ(^^;
かなり腐心して書かれた事が文面から見て取れます。でも、熱いですねぇ、相変わらず。
きっとお稽古も「熱い」んでしょうな(笑)


To 問題提起さん
>私にはあきらめや開き直りにしか聞こえないのですが…。
「口角泡を飛ばすようなことではない」と申し上げているのです。
問題意識をもつことは大切だと思いますがね(^_-)~☆

お名前: MAX剣志郎   
問題提起くんへ

>崇高な理想と、それを実現するための具体的な考え両方を持っていなければいけな
>いはずです。私はそう考えます。
で? あなたのその「崇高な理念とは?」具体的なその理念とやらをあなた自身書
いてないですよね。それが見ていて腹立つんだよね。キョ坊みたいな書き方よしな
よ。君ねぇ、主張していることと、ここに書いている態度に矛盾があるんだよ。君
程度の低い了見で(稚拙な問いかけで)ガタガタいつまでも食い下がるなよ。その
聞き分けのなさに何の説得力も感じないよ。もう少しコミニュケーションの取り方
考えたほうがいいよ。君の考えが全てではないんのだから…。(^▽゜;)

怒髪天くんへ

>何でそんなに真面目に議論する事がいけないんですかね?
真面目に議論することは何も悪くないです。

>もう一回言うけど剣道人でこの話をするのが有意義だと思うんだけどな。
>同じ価値観を共有する人間と語らいたいんですよ。
いろんな話をするというのはとても大切ですが、あれほど他人のことを考えずに罵倒
するのは如何でしょうか? せっかくの有意義かつあなたの正論も「知ったかだな…
」と失笑されるだけです。例を挙げれば限がないですが↓

>みなさん随分テロリストに寛大なんですね。学生のマスターベーションに付き合わ
>された上にテロリストの言い分にまで同情的なんて人道主義万々歳ですな。
それはあなたの単なる感想で、議論としての有意義さのかけらも感じません。

>香港や台湾あたりで行方不明になって東南アジアに売り飛ばされる奴らは隙がある
>からでそんなもんに一々反応してたらキリが無い。
じゃ、世の中で事故にあっちゃたりする人は、みんなそうなんですかね?警察要らず
ですね。ついでに法律も倫理観も道徳も…とても正論とは思えないですよ。

>親も「撤退してください」とか言ってるでしょ?痴呆が始まっていないとしたら
>こんな非常識な人間はいない。この親にしてこの子あり
人の子として当然の発言ではないでしょか? 何らかの犯罪をしにいったわけでもな
い無辜の人間に対して言う言葉じゃないですよ。

↑これを見ても有意義というよりか、単にあなたの人格をご披露しているだけで、と
ても剣道人の正論と呼ぶには恥ずかしい限りです。

ガロアウスさんへ
正直あなたの屁理屈の押しつけにはウンザリですよ。この戦争が始まったときのトピ
でもそうでしたね。どこからか訳のわからない話を持ってきては話をすり替えすり変
えていきなさる。だからあなたにはいちいち反論しなかった。事実を見せられても、
ご納得されない方ですからね…。(-_-)
>非難するなら、もっと論点を具体的にして欲しいと感じるからです。
>(中略)「戦争より平和が大切だと思います」という小学生の投書が定期的に載り
>ますね。誰も反論できない議論ですが、事実上なんの意味も持ちません。問題はそ
>の方法だからです。「人質を見殺しにすべきでない」とは誰でも言えますが、みな
>さんは、その方法は何だとお考えなのですか?
>身代金ですか?政策変更ですか?そこに対する議論なら受けて立ちますが、「人質
を見殺しにすべきと主張するとは、あいつは人間でない」的なことを言われてもなあ
>……。(中略)
>何度も繰り返しますが、人質をとられたとき、政府がどう行動すべきかというのは
>、既に二十七年前に長い議論が行われています。私はそれをふまえて発言している
>つもりですが、私を非難されている方は、どこまで、その議論を認識していらっし
>ゃるのですか?
ということで、あなたは反論が真っ当でないとお考えですが、あなたの言うダッカの
教訓は理解できますが、その後、西ドイツがハイジャックに見舞われたとき、西ドイ
ツ政府は日本政府を批判しました。しかし最大の理由は国内での政治の安定のために
、ダシに使われたまでです。誰かの性にしなければ、己の政権が倒されていたからで
す。また、当時日本の野党も単なるヤジ野党。与党いびりの格好の材料となったので
す。反体制好きなマスコミも同様でした。それに対し福田首相は何もものを言いませ
んでしたが、今で言う「自国の国益(国民の生命)」は守ったのです。一人泥を被る
という形でね。それがもう一方の真相です。
ガロアウスさんもご存知でしょうが、欧米各国のテロ強硬姿勢は多大な代償を払って
います。最近活動を停止したIRAやジハード系イスラム過激組織は「譲らない姿勢」
に対して「眠れない対応(無差別爆破テロ)」を敢行し始めたのです。つまり彼らも
「交渉の余地無し」という対応です。それが悪の連鎖につながっているのはご承知で
しょう。
確かに、「テロに対して無抵抗である」ことは何等の意味もありませんが、彼らの活
動拠点及び活動の大義名分を奪ってしまえば、大衆は彼らに振り向こうともせず、徐
々に活動を弱めてゆくことでしょう。その結果が日本赤軍でありIRAなどの70年
代に暗躍した彼らの末路です。日本の公安組織などの連携を駆使して、世界の警察力
で彼らを抑えることも出来るでしょう。何も結論を急いで「人質となった無辜の人間
を見殺しにする必要」はないのです。人道的観点から物事を推し量るのに猶予がない
という事はないのではないでしょうか?
一つの考えに捉われず、多角的に問題を見ることも必要です。

Hide.さんへ
少々腹が立ったので、文面が汚くなりましたが、お許しください。私はいつ削除され
ても結構です。Hide.さんのサイトで悪いことばかりしていますね…私は。しばらく
自重します。また数ヵ月後お会いしましょうm(_ _)m

お名前: 問題提起   
>Hide.さん
>ちなみに、私たちのような在野の素人が、ここで救出のための政策を論議することによっ
>て、何か世間様のお役に立てますのでしょうか? またそれが、剣道を通じた人間形成のお
>役に立ちますか? 私には疑問に思えますが(^^;


私にはあきらめや開き直りにしか聞こえないのですが…。

お名前: 剣志郎   
とりあえず、交渉が無事実ってよかった☆
しかし、また二人が行方不明…。心配の種は尽きません…。

お名前: 迅雷   
二重投稿失礼しましたm(_ _)m

お名前: 迅雷   
意見ではありませんが・・・
3人が無事に解放されたようですね!!!
もちろんこれが事件の解決になはならないでしょうし、
新たな被害者も増えているのであまり何もいえませんが、
とりあえず、あの3人が無事に解放されてよかったです!!!
ご家族や、関係の方もこれで一安心でしょう・・・。

意見でなくて申し訳ありません(^^;

お名前: 迅雷   
意見ではありませんが・・・
3人が無事に解放されたようですね!!!
もちろんこれが事件の解決になはならないでしょうし、
新たな被害者も増えているのであまり何もいえませんが、
とりあえず、あの3人が無事に解放されてよかったです!!!
ご家族や、関係の方もこれで一安心でしょう・・・。

お名前: よーへい   
うーん、興味を持って欲しいということは分かりました。が、残念ながら今のところそれは難しいかなぁと・・。
やはり好き好みの問題は人それぞれですからねェ・・。

新聞や情報メディアは貴重な情報源ですが、TVの解説者は拉致関連について最近同じことを
言っている気がします。番組にもよるんですが、
・その当事者になってとき、自分は正気でいられるのか?
・なんだかんだ言っても結局我々は見ていることしか出来ない。
そしてこうしたときに「自己責任」という言葉が出てくると「だから言わんこっちゃない。」とか
「常識的に考えて行動して欲しい」などと言った彼等3人の行動を
完全に否定し、一方的に悪者にする意見もよく聞きます。家族の方へも同じようなことを
おっしゃられていますが自分はまさにこの発言に日本人の国民性を感じます。

少しでも非がある人間を一方的に悪者にして罵る。そして自分の方が立場が上だと調子に乗るなど
そうすることで優越感を得て満足している・・これらは日本人の悪しき風習であり、特徴であると思います。
じゃあいざ自分自身や自分の家族が今回と同じ立場になったら同じようにTVに出てきて助けを求めるだろうと
勝手ながら思います。やはり自分が同じ立場だったら・・という視点で考えたことがないのでは?と思わざるを得ません。
そういう意味での思いやりを持った意見、発言を聞きたかったですね(^^;)

お名前: Hide.    URL
削除要請もいくつかあるようですが、せっかくですからもう少しいろいろな方のご意見も
伺ってみましょう。削除するのはいつでも出来ますが、削除してしまうと復活させること
が不可能ですので・・・(^_-)~☆
少しトピの進行も落ち着いてまいりましたので、これまで書こうと思っていて書けなかっ
た皆様のご意見を幅広くお待ちしたいと思います(^0^)


To 怒髪天さん
ついに「泣く子」か「地頭」にされちゃったかな(笑)

>剣道仲間同士語らう事に意味があるんですよ。
そうですね。双方、自己主張をするだけではなく、互いに意見に耳を貸す姿勢が必要でし
ょう。剣道の場合も「自分勝手な攻め」などなんの役にもたちません。それがたとえ中心を
割ったものだとしてもです(^^)
常に「お相手の立場に立って考える」これが剣道でありますヽ(^.^)ノ

>そういえば剣道日本の投書読んだよ(^^)
本トピには関係のない話題だと考えます(^^;

>あと、「家族におもいやりを云々」の意見についてですが、メディアに出てきた時点で
>あらゆる批判に対する覚悟があってしかるべきです。
あの方々は罪人ではありません。昨日の会見をご覧になりましたか? ご家族の皆様の心労
は想像を絶するものがあるでしょうが、世間の皆様にちゃんとわびる言葉を持っておられ
る方々です。私はそんな言葉は投げかけられません(-_-)

>こういった場所で偏った人道主義が蔓延する事がひいては「世論」と言う名の権威とな
>りマスコミなど左寄り媒体に利用される事になる。恰好の餌が出てきたから今は「小泉
>降ろし」のお祭りをやっているって訳ですよ。煽動されずに自分の意見、思想をしっ
>かり持たねばいけない。
あまり十把一絡げに決め付けるのはよろしくないと考えます(^^)

>場所を作ってくれているHideさんに感謝の気持ちもありますから。
では、管理人のお願いにも耳を傾けて、もう少しトーンダウンしてご意見をカキコしてい
ただけますとうれしいです(^^;

>このくらいの「雑談」は大人が3人集まれば今、みんなやっているホットな話題じゃ
>ないですか。
会社の給湯室で雑談をしているわけではありません。全国の人、いや、全世界の人が見る
ことのできる開かれた場所でやってるってことです。そのなかには、今回拉致された方の
関係者もいるかもしれない(実際、拙サイトの別な掲示板におられます)ってことが問題
なわけです。
ご理解いただけませんかねぇ・・・( -o-) フゥ


To 問題提起さん
>剣道人は冷酷で冷たい人間でも、理想を追い求めるだけの人間でもいけないはずです。
>崇高な理想と、それを実現するための具体的な考え両方を持っていなければいけない
>はずです。私はそう考えます。
たいへんご立派なご意見ですねヽ(^.^)ノ
ちなみに、私たちのような在野の素人が、ここで救出のための政策を論議することによっ
て、何か世間様のお役に立てますのでしょうか? またそれが、剣道を通じた人間形成のお
役に立ちますか? 私には疑問に思えますが(^^;

>「政治に興味を持ってください」というのは余計なお世話なのでしょうか?
よけいなお世話です(笑)
もちろん、自分たちの国のことですから、自分たちが関心をもたなければならないことは
明白です。でも、それはあえて他人に言われることではありません。あなたが担任の先生
か地域から立候補した代議士、両親なら別ですがね(^_-)~☆

>ですがこの掲示板は議論に適さないそうなのでスルーしていただいて結構です。
力不足な掲示板で申し訳ありませんm(_ _)m

>ただ、このトピをたてた趣旨についてはご理解いただけたらと思います。
十分に理解させていただいたつもりです。
でも、もしそうなのであれば、この次からは最初のカキコからそのようにお書きいただ
けますと私も含め他の方にもフレンドリーな「問題提起」となることでしょうね(^_-)~☆


To ミーシャさん
玉竜旗は微妙ですね。今年は傘下校に玉がそろっておりませんで(^^;
でも、たまには飲みたいですね。私もたくさん愚痴を抱えておりますゆえ(苦笑)

お名前: へっぽこ   
一度退場した身ですが・・・・(笑)

きっとHideさんがおっしゃっておられることは、議論の内容ではなく、議論の仕方だと
思います。
3人やそのご家族の方が皆さんんの書き込みをご覧になって傷つかないかという点につ
きると思います。(問題は、皆さんが3人やご家族に意見を言えるかどうかではなく、
彼らがご覧になられて傷つくかどうかです。)

管理人さんとして、関係者の皆さんがご覧になって傷つくであろうトビを削除するとい
うのは、1つの判断だと思いますが・・・。
そして、どのようなご意見であれ、書き方によって人が傷つかないような書き方ができ
るのではないでしょうか。
それが、Hideさんがおっしゃる「皆さんのご慧眼にはただただ敬服するばかりです。
でも、カキコとしてみた場合にはあまりお上手ではない。自己主張ばかりが先に立ち、
言葉にとげがありすぎます(^^;」に表れているのだと思います。

実質的な議論については、私の意見は既に書きつくしたので控えます・・・(笑)。

お名前: 怒髪天   
>>ミーシャさん
どのくらいの懐の深さがあるかって問題じゃないですか?

我々の立場なんて削除権限の前では無力ですし。(別に嫌味じゃ無いですよ)
場所を作ってくれているHideさんに感謝の気持ちもありますから。

逆に方向性がまとまってきた所で「それを言っちゃ〜おしめえよ。」って言う
寅さん風な甘えた気持ちもありますが。(´・ω・` )ショボーンですよ?

場外反則で試合に負けましたってところですかね。ははは
何でそんなに真面目に議論する事がいけないんですかね?
何か勘違いされているんでしょうか?別に誰が荒らしに来ているわけでは
無いでしょうに。このくらいの「雑談」は大人が3人集まれば今、みんな
やっているホットな話題じゃないですか。

もう一回言うけど剣道人でこの話をするのが有意義だと思うんだけどな。
同じ価値観を共有する人間と語らいたいんですよ。友達は沢山いるけれど
剣道で出来た人間関係って特別なものが無いですか?議論も白熱するって
ものですよ。私はAE86さんとも前にちょいと言い合いになったりここでも
へっぽこさんや様々な人たちと議論(?)してますがちゃんと意見を言い合える
人間には尊敬の念を抱きますよ。いつかどこかで稽古でも出来ればな、なんて
思ってやっています。得に若いのに堂々と大人に意見する人などは素晴らしいですよ。
本音で語ればこその奇妙な愛情すらありますよ。ある意味裸でぶつかっているわけです。(変な趣味は持ってないですよ)何か問題あるかなぁ?私はガロアウスさんにも
問題提起さんにも愛を感じてますよ。中々オジさんと裸でぶつかれないよ?
皆年取ったらカッコつけちゃうものなんだから。

お名前: ミーシャ   
あれっ!?
問題提起さん、
私のカキコが何かお気に障りましたでしょうか?

私はHideさんのレスの中にある、
>「社会、政治問題」を議論するサイトではなく、剣道愛好家のためのスペースとして
>提供させていただいているわけです。そのあたりを汲んでいただきませんと困りますよ(^^)
と言う部分に注目して「入り口にはこんなお願いもありますよ!」ってカキコして、
自分なりの意見を書いたのですけど…自分の意見を書く事はいけませんかね?

「道具(この場合は掲示板)を管理人の指定通りにつかいましょう!」って言ってるだけなんですけど…。

>ですがこの掲示板は議論に適さないそうなのでスルーしていただいて結構です。

な〜んて書かれた日には私が貴方の言論の自由を奪ってるみたいですね(笑)

お名前: 問題提起   
連続になってごめんなさい。

>Hide.さん
書き忘れていましたが、レスを求めていたのは何度も書いている

>「ものごとを良い悪いだけで判断する風潮に疑問を投げかけたい」

に関する部分です。
ですがこの掲示板は議論に適さないそうなのでスルーしていただいて結構です。


ただ、このトピをたてた趣旨についてはご理解いただけたらと思います。

お名前: 問題提起   
>よーへいさん
若者っぽく見てしまうのも若いのであれば当然ですよ。
それはおそらくマスコミの影響でしょう。下で書いた

>「ものごとを良い悪いだけで判断する風潮に疑問を投げかけたい」

ズバリこれはマスコミに向けて言いたかったことなんです。
どういうことかというと、たとえば不正な献金(ワイロ)で政治家が一人逮捕
されたとします。

すると日本のマスコミは「ワイロをうけとった◎◎は悪い!ヤメロ!」という
でしょう。これ自体は間違ってないんですよね。正しいです。

でもしばらくしたらまた似たような事件が起こります。これは何でだと思いますか?

私はこう考えます。マスコミは「誰々が悪い、誰々はヤメロ!」をとりあげるけれど
「何でこういう事がおきたのか?」「どうすればこういう事件はなくなる(減る)か?」までは論じないから。

さっきの政治家のワイロの場合だと、「ワイロもらった◎◎はヤメロ」で終わらず
「何でワイロが渡ったのか?」「どうすればワイロはなくなるか?」といった報道
まで必要だということです。


そして政治に対する目ですが、これも同じです。
「結局誰がやっても・・・」と思うところでもうひと踏ん張りして、
「何でみんなすぐにやめちゃうのか?」「なんでうまくいかないのか?」
まで考えをすすめてみてください。私はそうやっているうちに政治に興味を
持ちましたよ。


結局長くなっちゃいましたね。。わかりにくかったらごめんなさい。

お名前: ミーシャ   
Hideさん、おひさです〜♪
いや〜大盛況ですねぇ。「長いスレッドがあるなぁ?」と思って一気に読んだら、しまいには目が
チカチカしてきちゃいましたよ(笑)

で、皆様。
<「いちに会の部屋」掲示板利用上のご注意とお願い>の中に、
剣道に限らず社会・文化・生活全般に関する様々な話題をアップし、それについて広く皆さまと
意見交換・情報収集をしていただく「雑談」を趣旨とするものです。
と言うお願いがあります。
ここのやりとりはもう雑談の域を超えてはいませんか?
「意見交換」はすでに十二分になされていると私は思うのですが…いかがでしょう。
これ以上、「屋上屋を重ねるような」カキコを続けていって何か生み出されるのでしょうか?

このスレッドのお題は「これが唯一絶対の正解!」が出るようなものではないでしょ?
自分の意見があって、他人の意見も聞いた!…、あとはそれぞれ各人が自分なりに答えに向かって
考えて行けば良いのではないかな?と私は思います。
これだけ多くの方が自分の意見を書いているってことで「問題提起さん」がこのスレを立てた目的は
充分に達せられてると思うんですけどね。
それ以上ディベートをお望みの方はそれに相応しいステージに上がられた方が良いと思いますよ、
ここでは物足りないでしょうからね。

そんなお前みたいな態度を「なあなあ」って言うんだよ!と仰る方も居られると思いますけど…。
ま、ここは雑談用に設定された掲示板ですから…このへんでご勘弁を! (^_-)-☆

「智に働けば角が立つ。情に竿されば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」
夏目漱石『草枕』


あ、そうそう。
Hideさん、今年も玉竜旗に来るなら前もって連絡して下さいね!
時間があったら飲みにでも行きましょう (^_^)v
言いたい事が山ほどありますので…(笑)

お名前: よーへい   
ジャーナリストはそうみたいですね(^^;)

お名前: よーへい   
おっと、すれ違いになってしまいましたね(^^;)
政治に興味を持つ、というのは具体的にどのようにすれば良いのでしょうかね?
このトピを見ていると「やっぱり小泉も大した事無いな〜政治家って、そんなもんか」と若者視点で見えてしまいます。
逆に関心を持てなくなります・・難しい世界だなぁと。だいぶ昔、うちの母が衆議院議員の地方秘書をやっていたとき、
色んな政治家の方を拝見しました。少年心に思ったのは「政治家って凄いのかなぁ?でもなんか偉そう!」と感じました。
あれから7年経ち、幾度と首相が変わるたびに「結局誰がなってもやってることは同じだし、またすぐ辞めちゃうし」で
明るい話題が見えてきません。そればかりか悪いイメージしかないのですがどういう視点で政治というものを見れば良いのでしょうか?

お名前: あれ?   
ジャーナリストは一山もうけようとしてイラクにはいったんじゃ?

お名前: 問題提起   
私に対する反論も色々あって、それにいちいち答えると「読みにくい!」と
お叱りをうけそうなのでできるだけ簡潔に書きます。

三回目ですがこのトピをたてた理由は

>「ものごとを良い悪いだけで判断する風潮に疑問を投げかけたい」
>
>からです。良い悪いを言うのは簡単ですが、解決する道をさぐることはとても
>難しい。剣道人は冷酷で冷たい人間でも、理想を追い求めるだけの人間でも
>いけないはずです。崇高な理想と、それを実現するための具体的な考え両方を
>持っていなければいけないはずです。私はそう考えます。


あともう一点だけ。
「政治に興味を持ってください」というのは余計なお世話なのでしょうか?

お名前: よーへい   
古館一郎が言ってました。一つ、彼等は決して一山儲けようとしてイラクに入ったわけではありません。
二つ、外務省が再三、入国しないようにと言ったにも関わらず・・と言うならばよほど危険地域なはず。
それなのに交戦権の無い自衛隊は安全なのか?むしろ自衛隊にも避難勧告を出してみては?

彼等が自己責任でイラクに入り捕まって人質になったことは彼等の責任でもありますが
何で彼等のしようとしていたことを理解してあげれないのでしょうか?
このような活動を今の自分がやれと言われても無理でしょう。というか出来ません。
恐らく飛行機に乗ってすぐ上空で足が震えるでしょう。はい、無理です(-_-)所詮、コンビニのレジくらいでしょうな。
でも自分は「いつもありがとう」と言って下さる常連のお客さんや、「今日も出てるの?!頑張るね〜」と言って下さるOLさんが
いてるだけで満足です。イラクがどうだの、小泉がどうだのはっきり言って興味ありません。
でも、同じ日本人が捕虜になってしまったことに関しては、「人命を優先して行動して欲しいな。」と
思うばかりです。彼等のしていたことも最近知りました。自分では出来ない何かをしている人たちをよく
見捨てろだとか言えますね。一番下にありましたけど、このトピってそんなことを書き込むトピだったのでしょうか?
自分は反論されてそれがウザいとか厄介だとか思っているわけではございません。
今現在、帰ってこない3人に、家族に対しこのトピの内容はとても失礼で、同じ内容で他の多くの掲示板と重なります。
ある種、言いたい放題でしょうね。ここで具体的解決法を模索しようというのなら既に間違ってます。
剣道家は剣道のスペシャリストであり、人質を如何に救い出すかのプロではありませんよ。
常識ある社会人の皆さん、他人の汗の匂いを嗅いだ事がありますか?
他の畑を耕した事はありますか?せいぜい、同じ釜の飯を食べることくらいでしょう。
少なくとも、彼等を見捨てるだなんて言えるほど偉い存在ではないですし、彼等を本気で救い出そう!と思って
イラクに行くほどの存在でもありません。彼等の安否を祈ることしか出来ないですけど、それが何か問題でも?
他人を思いやる気持ちの何がいけないのでしょう?お節介だと思って塩でも投げつけますかね?
中途半端な優しさならやめてくれ!と言いたいのでしょうか?それなら部外者なはずの方に言われることではないと思うんですが(^^;)
っというか、↓にも書きましたが自分のことなんて良いんです!(>_<)ようするに3人のことですよ!
怒髪天さんも自分の剣日の記事のことなんて言わないで下さい(^^;)あれはあれ、これはこれです★

問題提起さん、お恥ずかしいながらもう一度お聞きいたします。
このトピでは何を発言すれば良いのでしょうか?自分は彼等の安否を気遣う事しか出来ませんけど
これではこのトピへの参加は出来ないんでしょうか?

お名前: 暴力の連鎖   
米国のイラク攻撃→米国人殺害→米国による掃討作成でイラク人600人殺害→米国人殺害
へっぽこさんが言われた暴力の連鎖になっているような・・。
米国にとってはイラクのテロ。
イラクにとっては米国のテロ。
どちらかが相手を徹底的につぶすまで続くのでしょうか。

お名前: でん   
削除すべき内容でしょうか。
心情的には、へっぽこさんに近い立場からですが、厳しい意見を知る場としてこのサイト
は有用でした。
表現が挑発的であったり、人を不快にさせる箇所もときに見受けられますが、肝心なことは世界を憂いて、何とかしたくて、真剣な意見が出されていることです。
 私は二十数年間政治への関心が冷めておりましたが、もう一度自分に何が出来るのか考えさせられました。
反対意見は自分を鍛えてくれます。厳しい意見を書かれている方達は、それを求めている
のではと思います。

お名前: tyopa~~~      
すみません途中で切れました。
>自分もしっかりします。

お名前: tyopa~~~   
あるお母さんが日曜日TVでおしゃっていました。
「息子がまたイラクに行きたいといったら・・止められないです」

これが結論です。
このような親にならないように。

お名前: Bulldog   
Hide. 先生がこのトピを即刻削除される前に...
剣道家として思うに日本は日本らしくあることが一番です。
「人命は地球より重い」、すばらしいと思います。
それが『世界の非常識』でも、「これが日本だ」と胸を張れないのでせうか。

Kokokara romaji de shitsurei shimasu.
Okotteshimattakotowa shikataga nainodesuga, kunitoshite, korekarawa "ikasu ken" wo kangaerubeki
dato omoimasu. Kiraneba naranu joutai ni narumaeni kotowo kaiketsu suruyouni.

お名前: 怒髪天   
泣く子と地頭には勝てないとは良く言ったものですな。

結局問題提起さんの仰る問題すら気がつかないんだから。
そうした人道主義の妄信こそ疑うべきであって、押し付けがましい「正義」や
「思いやり」なんてのは鬱陶しいことこの上ないですよ。

その上ろくな意見も言わないで「気分が悪いから削除」なんてのは論外。
唯の言論統制でしかない。議論の放棄とみなして宜しいですよね。
こう言った気分でしか語れない人間が世の中に蔓延している事が問題であるから、
ここで語っているわけですよ。あなた方のような意見が権威化している事に「?」
と思っているわけです。削除依頼なんてガッカリさせないで下さい。
特にガロアウスさんの様に子供に対してもちゃんと長くともわかりやすいレスをつけて
いる方の誠意も感じてあげて下さい。これじゃあ、まるで「人道ファシズム」ですよ。
あなた方と「議論」することに価値を見出しての書き込みなんですから、
ヒステリックにならずに冷静に論じましょうよ。「論敵以下」ならレスせず無視しますよ。

剣道仲間同士語らう事に意味があるんですよ。

「気分が悪い」と思う自分の根源を問え、と言う事です。ゴシックな文体は
時に冷徹さを感じさせますが、冷静に良く読めばごく普通な事言ってると思うんです。
あと、「私の方が思いやりがある」と言った傲岸不遜な書き込みは憤りを感じますよ。
非常に傲慢で不快ですよ。目の前で困っている人間がいたら助けてあげようって気概も
ありますし、そうしてます。剣道をやっているんだからそのくらいの美学を持って生きたい
ものだと思っています。「捨てた面」が打てるように、と言う事でしょうか。

ちなみに「人質擁護派」の方は「剣道家はこの問題に何が出来るか?」など具体的な
話合いでもここでしたらいかがでしょうか?ここで「可愛そう」「頑張って欲しい」
と言うだけなら唯の野次馬に過ぎない。偽善。口舌の徒であろう。
>>よーへい君も「影ながら」なんて言わずにイラクに開放を訴えにいけば?
3人の彼等なら迷わずそうするでしょう。極論でもなんでもないと思うけど。
そこまでやるんだったら骨は拾ってあげますよ。一期一会だ。約束します。

そういえば剣道日本の投書読んだよ(^^)

あと、「家族におもいやりを云々」の意見についてですが、メディアに出てきた時点で
あらゆる批判に対する覚悟があってしかるべきです。そうでなければかわいそうだけれど
「公」に対する認識が甘いと言われても仕方が無いですよ。サングラスをつけての会見
など見ても認識の甘さが出てますけど。これは「礼」に反している行為ですよ。
坊主のお姉さんは反省して坊主な訳ではないでしょうし。

そして国にどうあってほしいか、を論じるのを個人的感情とは別個にして考えるべきです。
その場合「見捨てる」と言うのも選択肢の一つにはなると考えます(個人的には気の毒
だなぁとは思いますよ、いつ殺されるかわからない状況下での生活は想像を絶します)
つまりここでも「公」の意識を個人個人がしっかりと持ってしかるべきであると考えます。

こういった場所で偏った人道主義が蔓延する事がひいては「世論」と言う名の権威となりマスコミなど左寄り媒体に利用される事になる。恰好の餌が出てきたから今は「小泉降ろし」
のお祭りをやっているって訳ですよ。煽動されずに自分の意見、思想をしっかり持たねばいけない。

剣道家は概して「先生から教えを賜る」考えが強いからこういった個人の意識の形成に弱い。
つまり「守破離」の「守」が体に染み付いている。師匠から一端「離れて」自分の考えを
形成出来なければいけない。この時代、スピードが要求されるので悠長に「守破離」では
済まされないだろう。「守破離、守破離、守破離、・・・」と自己の形成においては
これを何度も繰り返すべきでは無いだろうか。

お名前: よーへい   
to 問題提起さん
自分のことなんてどうでも良いんですよ(^^;)専門的な知識なんかありません。
むしろ自分が問題視しているのは問題提起さんを始め多々の方々がご自分の論説を
ずらずら〜っと書かれていること。これだけ自己のお考えを持っておられて今回の
拉致関連に対する見解を長々と書かれる事はとても凄いと思います。
けれども、肝心な部分で見落としていることがあります。それは思いやりです。

先にHideさんもおっしゃられましたがこのサイトには今井くんのお知り合いという方が来られています。
彼等は危険地域に自分の意思で踏み入れました。しかし、彼等の活動を本当に知っていますか?
今井くんは劣化ウラン弾の廃絶を訴え、現状を知るためにイラクの病院で劣化ウラン弾が原因と見られる病気に
かかった子供達に会いに行ったんです。その後彼はその悲惨さを伝える絵本を作りたかったそうです。
確かに自己責任も付いてくる世の中です。しかし、リスクを負わなければ大成出来ないこともあるんです。
あなた方一般社会人は本当に正論を言う代わりに、本当にやりたいこと、世界の誰かのために伝えたい何かという
素晴らしい夢を忘れたんでしょうね。今井君は自分と同年代です。彼は本当に同期の誇りだと思います。
そんな彼等に「自己責任」という言葉を浴びせ掛けるのはどうかと思います。

剣道の指導者は押し付けるだけでしょうか?ときには一緒に笑い、泣き、怒り、ぶつかることもあるでしょう。
一方的に押し付ける指導で成功した指導者はいたでしょうか?残念ながら自分は存じません。
例えば上段をやりたいという生徒がいたら、「お前には無理だ」の一言で片付けれてしまうでしょうか?
世界は悪いことだらけです。でもその他大勢の人の思いやりでなんとか成立していると思います。
ここでブッシュだの何だの語りたいならそれこそTV○ックルや報道○人、○まで〜などに出演されては如何でしょう?

最後にもう一度だけ言います。
3人の無事生還を、そして今後の活動を陰ながら応援させて頂きます。
そしてこのトピの即刻削除願います。

お名前: kimi   
まず、拉致されたお三人の身の安全とご無事で帰還される事をお祈り申し上げます。
ご家族の心労はいかばかりかと毎日胸が詰まる思いです。

さて、拉致されたお三人の安否が定かでない中、国論を二分するような内容の議論を、
さも正論であるとのふれこみで、延々とお続けになる方々の神経が分かりません。
ご家族に対する配慮も全く感じられません。

ここはHide.さんが運営する剣道サイトです。
剣道人自ら、7つの提言に反するカキコはお慎み下さい。
見る方々が不快になって行くばかりです。

どうしても正論(?)を述べたい方は、2チャンネルやyahoo掲示板、新聞投書欄、
次回の参議院選に出馬し大いに熱弁をふるって下さい。
舞台はいくらでもあります。

Hide.さん、即刻の削除をお願いします。

お名前: Hide.    URL
To 問題提起さん
>肝心の部分にはレスされないのですね。
>なぜでしょうか?
え〜とぉ、すみません「肝心の部分」とはどこでしょうか?
最近、加齢とアルコール性痴呆症のため、めっきり読解能力が落ちておりましてm(_ _)m


To kayoppeさん
>Hideさんがおっしゃるように、加熱し過ぎのカキコに読むのが大変で、しかも、とって
>も不快に感じましたので、途中でROMするのを止めておりました。
アハハ、私も読むのをやめたいのですが、自分の掲示板ですので、何か問題が起こってもい
けません。しかたなく・・・ですが、1日に膨大な量進んでしまうと、はっきり申し上げて
斜め読みしか出来ません(^_^ メ)
加熱する内容だっていうのはわかるのですが、「カキコを通じた人間形成」には遠く及ば
ない気がいたします( -o-) フゥ


To 剣志郎さん
>Hide.さんと問題提起さん・ガロアウスさん・怒髪天さんと意見が合わない
>から怒っている訳ではないと思います。
フォロー、ありがとうございます。
私は皆さんと違い、こういった社会性のある問題に対して通り一遍の知識しか持ち合わせ
ておりませんので、皆さんのご慧眼にはただただ敬服するばかりです。
でも、カキコとしてみた場合にはあまりお上手ではない。自己主張ばかりが先に立ち、言葉
にとげがありすぎます(^^;
そのあたりを改善していただきますと、皆さんにとって読みやすい文章になると、管理人
としてお願いしているわけなんですが・・・(^^;

聞き入れていただけない場合、残念ですがこのトピは閉鎖いたします。これ以上、剣道愛好
家の恥を世間にさらしたくありませんから・・・


To ガロアウスさん
>「人質を見殺しにすべきでない」とは誰でも言えますが、みなさんは、その方法は何だ
>とお考えなのですか?
まだおっしゃいますか!

そういうご意見をお持ちなのはかまいませんが、わざわざこうした場でご発言されなくて
もよろしいのではありませんか(^^)
今朝のラジオで聞いたのですが、3人のご家族を支援する事務所には脅迫めいた電話が数多くかかってい
るので警察で警備を増やしたそうです。なぜ、傷ついている人たちに追い討ちをかけるよ
うなことをするのでしょう?
私も、3人の方には多かれ少なかれ責任があると思いますし、今後、海外、とくに紛争地帯で
活動する日本人にはそうした部分での自己認識を新たにしてもらいたいとは思いますが、
いまは、3人のご無事をただただ願う・・・これだけです。

ここにはさまざまなお考えを持った方がおられるのと同時に、ご本人やご家族に関係する
方もおられます。そして「社会、政治問題」を議論するサイトではなく、剣道愛好家のため
のスペースとして提供させていただいているわけです。そのあたりを汲んでいただきませ
んと困りますよ(^^)

お名前: ガロアウス   
 どうも袋叩きにあっているのは、私の発言のようですが、さほど反論する気にもなれず、
見守っておりました。
 理由は簡単です。
 みなさん、私の「見殺しにすべき」という部分に反発なされているようですけど、非難
するなら、もっと論点を具体的にして欲しいと感じるからです。
 あの小泉首相も「人質は全力で救出する」と言ってますね。そういう発言をしている一
方、人質の家族との面会は拒否したんじゃありませんでしたか? 
 首相としては当然でしょう。「人質救出に全力で……」は当たり前ですが、首相として、
できる妥協とできない妥協がある……ということだと思います。
 ところで、韓国人人質が、三万ドルの身代金を支払って解放されたと報じられています
が、みなさんはこのニュースをどう聞きましたか?(韓国人で、三万ドルということは、
日本人人質でいくらになるのか、計算した人は多かったでしょうけどね。三十万ドル程度
かな……??)
 ロシア(むろんイラクに軍隊を派遣していない!)が人質を八人とられて、「復興援助
のために派遣している数百人を、すべて引き揚げる」と息巻いているらしい。このニュー
スに対してはどうでしょうか?
 おそらく、たいていの人が、本音として「こんな国に、かかわりを持ちたくないなあ」
と思ったのではないでしょうか。
 スイスみたいに、「わが国は永世中立だよーん」と宣言して、外国のトラブルには一切
背を向けるということができたら、こんな幸せなことはありません。
 それができないから、日本の政治家も苦労しているわけです。
 さて、本題に戻りますが、「見殺しにすべきか、そうでないか」を議論するなら、「見
殺しにすべきでない」と主張する人が偉いに決まってます。よく日本の新聞の投書欄に「戦
争より平和が大切だと思います」という小学生の投書が定期的に載りますね。誰も反論で
きない議論ですが、事実上なんの意味も持ちません。問題はその方法だからです。
「人質を見殺しにすべきでない」とは誰でも言えますが、みなさんは、その方法は何だと
お考えなのですか?
 身代金ですか?政策変更ですか?そこに対する議論なら受けて立ちますが、「人質を見
殺しにすべきと主張するとは、あいつは人間でない」的なことを言われてもなあ……。
 日本人の人質解放が遅れているのは、私はやはり金がからんでいるのではないかと見て
ます。むろんまったくの推測ですので、はずれていたら、いつでもあやまりますが、金を
支払って解決したいと考えるグループと、それに待ったをかけているグループが政府内で
折り合いがつかないのではないかと、私は勝手に推測しています。
 何度も繰り返しますが、人質をとられたとき、政府がどう行動すべきかというのは、既
に二十七年前に長い議論が行われています。私はそれをふまえて発言しているつもりです
が、私を非難されている方は、どこまで、その議論を認識していらっしゃるのですか?
 土曜、日曜の討論番組とか見ていると、さすがに年輩の方はあの事件をふまえて発言な
さってますが、若い人はどうでしょうか。
 「日の下に新しきものなし」と言いますが、こういう事件には、必ず前例があります。
歴史の教訓をふまえて考えることこそ大事で、感情的に「人命こそ大事」と声高に主張す
るのは、二十七年前にもあったし、いささかどうかと思っています。

お名前: 通りすがり   
怒髪天、お前、根っからの左翼だね・・・テロルだとさw
いまどきそんな宗教用語つかわねぇつうのge

お名前: 剣志郎   
問題提起さんへ


他人の意見に私が首を突っ込むのもなんですが、Hide.さんが不快に感じられたのは
、恐らく未熟者さんが手厳しく指摘されている点ではないでしょうか? 正直、私も
一人一人に同じ事を書いてやろうかと思いましたが、ある程度、大人の方々は理解で
きたのではないでしょうか? Hide.さんは一人一人の言葉尻を捕まえて「これはい
い。」「あれはいかん。」と言っているわけではないのだと思いますよ。また、物事
にはいろんな人のいろんな意見がありますし、良い悪いは読んだ方々の判断にゆだね
るべきではないでしょうか?議論ですから、当然、異論・反論の部分にはそれなりの
信念の込められた意見が書かれるものです。しかし、それにしても相手を頭ごなしに
相手を罵倒するような表現や人格を否定するような下りは如何なのでしょうか? そ
れについてHide.さんは「気品と礼節」という書き込みをしているのだと私は読み取り
ましたが。Hide.さんと問題提起さん・ガロアウスさん・怒髪天さんと意見が合わない
から怒っている訳ではないと思います。

>少なくとも私は家族や本人の前でも同じことが言えます。
と書いていますが、それは愚かな事だと思います。それを論じること自体意味のない
事ですし、Hide.さんは「(このサイトに於いては)相手の気持ちを考えて発言してく
ださい。」と言っている訳ですから、直接いえるかどうかの事実を指しているわけで
はないのです。

>あなたはこのサイト上では多くの中高生のあこがれであり、「先生」…
と、余計な話をしていますが、他人のサイトに来て、他人の思想に偉そうに説教をす
るというのは如何なものでしょう?(以前、私もHide. さんと一触即発でしたが、そ
れはお互いの表現の読み取りに誤りがあった訳であり、「こうしなければHide.さん、
あなたはダメですよ」なんて言った事はないですよ。)

>感情的になって根拠のないこと(コンビニで〜の部分)を書くと余計に説得力がな
>くなって悪循環です。私はあなたのことを攻撃しようなんて思っていませんし、む
>しろあなたが政治に興味をもって色々と自分で勉強するようになって欲しいと思っ
>てます。
以前、どこかで私が誰かを駆逐した表現に似ていますが(苦笑)、残念ながら、似て
異なる(状況的差異)話は、全て説得力がないのは他の方も同じことです。そんなこ
とを書くとまた油に火を注いでしまいそうですが。

例えば、問題提起さんを含めた強行派の方々の意見は、あくまである一面をとらえた
ものに過ぎません。それぞれ貴重な体験談であったりしていますが、直接関係は無い
し状況も異なります。ガンジーやダッカの件も含めてね。正直、全部の意見を覆せま
すよ。何故、西ドイツは福田首相及び日本政府を批判したか…頭の良いあなたなら察
しは着くじゃないですか? 独裁体制をひっくり返したのはガンジーだけではありま
せん。世界史にはいくつもあるでしょう。近年ではベルリンの壁崩壊なんて出来事あ
りましたね…。あなたの文章は全て誰かの尻馬に乗り、議論を煽っているようにしか
見えません。
(まぁ、意見が同じだからしょうがないのかも知れませんが、白文での同調は、あな
た自身が書いた文章でなくても、同じものと判断されるものなのですよ。気をつけま
しょう。)それにここは基本的に剣道のサイトです。直接的に剣道に関係のない分野
で積極的に議論を盛り立てても仕方ないんじゃないですか?

また「誰が何に興味を持とう」なんて他人にとやかく言われることではないのではな
いでしょうか? 私は大きなお世話だと考えます。

ついでに、今、私が書いてることも大きなお世話な訳ですが、このトピを不快に思っ
ている者の意見として書かせてもらいました。

お名前: 怒髪天   
>未熟者さん

レスはあんたが一番ながいやんけ!ってつっこんでおきますね。

>>イラクの子供達のためや劣化ウラン弾の・・・・

こういう「いい事」って唯の自己満足ですよ。そういう「善」に対して何の欺瞞も
持たない人なんですよ。で、俺はいい事してるんだから保護されてしかるべきだ、と。
この男の子は絵本だか書きたくてその「取材」も兼ねてたワケでつまり営利目的、
もっと悪ければ名誉目的(こっちの方が人間的に不快だな)ですよ。
この高遠さんと男の子は革マル系絡んでるよね?
ここの親類の反応もモロに左のそれだしね。「権利」とか言いそうだわ。
マスコミは左に寛容だな〜 あ、仲間だったな(笑
まあ、それでも助かった方が良いと思ってますよ。かかった費用はあとで
全部はらって貰いましょうよ。こういった常識人では考えられない行動を
とる人たちにはさ。

>>日航機事件のような対応をした国は日本以外にはまずありませ
ん。』『世界の非常識』『日航機ハイジャック事件以上の国際的大恥をかくことになり
ます。』と世界標準使いまんな。商いでもアメリカはんと商いすると、いつもあちらさ
ん『わてが「ぐろーばるすたんだあど」だす』ゆうて押し切りはるんや。

それ私の発言じゃないけど言わせてもらえれば、狂牛病騒動を知らないと見える。

しかしあれだよ、それについては日本が基準が厳しくて欧米ってのは緩いから
日本人が工業製品などで欧米で商売する場合には徳って部分もあるからね。
でもそれで押し切られて開国してるけど「力」に「技」で何とか抵抗しているよね。
マツダ、三菱自動車、日産は海外企業になってしまったが。

あと、これは私は珍しくハチロクさんと同意見で引用させていただきますが
>>さて人質問題ですが、3人の為にテロに屈するのは絶対に反対です
ガロアウスさんが仰ってるようにダッカ事件以降、日本人は
海外で狙われています、南米で邦人が誘拐され多額の身代金を要求されたりなど
これはダッカ事件で日本がテロに屈したためにテロリストは
日本は人質をとって脅せばなんでもするという考えが芽生えているからです
もし、今回も要求を飲んでしまえば更なるテロを呼ぶのは火を見るより確かです。

って言葉に集約されているんではないかな?
アメリカ支持や世界標準ってのも言う人あるけれどもそういった欧米コンプレックス
は嫌なものであるのは貴方と同意見ですよ。これは剣道の国際化って言う無理矢理な
路線にも感じるものではあるが。

唯、その言葉の裏返しには日本と言う国の情けなさを憂いての発言でもある点は
着目すべきであると考えますが。

私はヤクザもテンプラ右翼も大嫌い、ヤクザ暴走族は射殺しても熟睡できるくらい嫌
い。実家の方じゃ山菱系が飲み屋でデカイ顔してオダ上げとりますわ。
商店街も博打で巻き上げられて3〜4人死んでますね。首くくった酒屋が葬儀屋になっ
たよ。あれは屑。人権なんぞねえよ。山口組は今すぐイラクにボランティアしに行く
べきだ(笑)そういえばヤクザは被差別階層の人間が唯一差別から逃れられる手立てと
して昔から存在しますね。私の知り合いも一人いますが金貸しやってますね。
民族商売って奴ね。不動産、パチンコ、金券屋・・彼等にだって自己弁護は存在する。
「世の中でまともな就職が出来ない」とかね。テロリストもワケがあるでしょうね。
でも、悲しみを乗り越えてまっとうにやっている人間が大半なんです。
戦後の日本だってそうだった。真面目にやってればちゃんと新井将敬みたいに帰化人
だって国会議員やっているんだ。そういった真面目にやっている人間こそ評価してやる
べきであってさ。

暴力の連鎖ってへっぽこさんが書いていたけどもそうであればこそテロなんて認めては
いけないんです。たしかに大阪ノリで「あんたも苦労したんやなぁ〜」なんてどおくまん
の漫画みたいな世界は人情的には感じ入る所があるんだけれども国がそれでは生きていけ
ないと思うんですな。

アメリカが大儀なき戦争を行ったことで盗人にも三分の利ならぬテロリストにも三分
(数億か?)の利が人々の感情に芽生えている。それはわかる。
しかし、テロルである。罪を憎んで人を憎まずと言うレベルでは無い。

お名前: kayoppe   
問題提起様
初めましてm(_ _)m 
もしかして、女性のカキコは私だけかしら?
何度かカキコしようかと思いましたが、顰蹙を買うかもしれない・・・と思い
躊躇しておりました。

私は、体育会系おばはん(おやじ入ってます(^_^;))でして。
自衛隊関係の方ともお付き合いがございますので気になってROMしておりましたが
Hideさんがおっしゃるように、加熱し過ぎのカキコに読むのが大変で、しかも、とっても
不快に感じましたので、途中でROMするのを止めておりました。

最近、このサイトのファンの方達とお会いしました時にこのレスの話題が出まして
今日ROMしましたらばHideさんに対して

> 肝心の部分にはレスされないのですね。なぜでしょうか?

とのカキコに益々不快に思い、思い切ってカキコさせてもらいました。

管理人としてのHideさんの気持ち、自衛隊員としてお国の為に頑張っている人たちの
気持ちになって考えてみてください!!

言葉では何とでも言えますが、それならご自分がやってみて完璧に出来ますか?・・・と
申したい気持ちでございます。

一度、剣を交えてみたいものですね。
ここは、剣道人のサイトですから・・・。

大変失礼なカキコになりましたが、素直な気持ちです。

お名前: ドン・キホーテ   
戦場を経験しました。
米国の為に戦いましたが、動機はただ永住権が欲しかっただけでした。
熱帯雨林の掩壕の中で震えていました。

あなたがたの議論は空しすぎる。正義を振りかざし口角泡を飛ばして人の命は地球より重い、
家族の心情如何に・・なんておっっしゃるが、あそこは戦場です。
覚悟無き者は行ってはならぬ所です。
あえて行ったならば、銃弾を受けようが、吹っ飛ばされようが黙って己の取った行動に納得し
体が冷たくなって行くのを静に待つべきです。

自衛隊の所為でもない米国の所為でもない、自分の所為なのです。


快適な生活をエンジョイしながら温かい食事をし、TVニュースを眺めながら
気楽なことを言い合っている。
眠りにつく頃には人質もテロのことも頭にないはずだ。
どうしても我慢ならないなら行動を起こしなさい。

お名前: 問題提起   
>Hide.さん
肝心の部分にはレスされないのですね。
なぜでしょうか?

>よーへいさん
私は「見捨てろ」とは一言も書いてませんよ。
書き込みが多く読むのはたいへんでしょうが、あのような書き方をされるのであれば
よく読んでから書いた方がいいと思います。

また、どなたかが書かれているようにこの程度の知識は新聞やニュースを読めばすぐ
出てくる程度のものです。それに知識がなくても書き込みをすることはできます。
私だって大した知識はありません。大事なのは開き直らないことではないでしょうか。

感情的になって根拠のないこと(コンビニで〜の部分)を書くと余計に説得力がなく
なって悪循環です。私はあなたのことを攻撃しようなんて思っていませんし、むしろ
あなたが政治に興味をもって色々と自分で勉強するようになって欲しいと思ってます。

お名前: 未熟者   
こんばんわ。大阪(ナニワ)の商人だす。
日々商いしかしておまへんよって、今日は剣道を通じて人間形成されておられる偉い皆
さんの議論を拝聴しに参りました。よろしゅうお頼み申します。

いやーそれにしても長いスレでんな。ちょっと眠気が・・おーあったで。日々剣道を通
じて人間形成をされているガロはんのご意見。
『日本人のノーテンキ振り』『小泉首相は(救助するよう)ちゃんとアメリカに電話し
たのか!」などと、朝の番組でコメントした人がいましたが、馬鹿を言うのもいいかげ
んにしなさい。』『福田赳夫首相(いまの官房長官のお父さん)が、「人命は地球より
重い」と、テロリストの要求をのんで、日本が世界で大恥をかきました。』ガロさんに
かかれば一刀両断でんな。それにしても、ガロさんからしたら、馬鹿が多おまんな。や
はり偉くなったら周りが馬鹿に見えるもんでんな。私なんぞ、自分が馬鹿なもんで、人
が馬鹿か自分ば馬鹿かいっつも悩んでおま。ガロはんのように気持ちよく人のことを馬
鹿と言える人間にはよなりたいもんでんな。

『今回の3人は見殺しにするのが正しい判断』。おっしゃるとおり。責任があれば死ぬ
のは当然。『イラクに行った罪』で死刑でんな。私なんぞ、自分が見殺しにされたくな
いもんでよって、『見殺し』なんてよう言いまへん。はよ虫けらのように『見殺し』に
せえと言えるようになりたいもんでんな。『若王子氏に「犠牲になって欲しかった』当
然でおま。フィリピンみたいな危ないところで商売やっていたんやから、死んで当然で
おま。

怒○はんの一刀両断のご意見。
『自分で責任とれない人間は夜の歌舞伎町歩いちゃいけませんよ。それと何らかわらん
よ。香港や台湾あたりで行方不明になって東南アジアに売り飛ばされる奴らは隙がある
からでそんなもんに一々反応してたらキリが無い。』気持ちいいでんな。隙があるやつ
は自業自得。イラクの子供達のためや劣化ウラン弾の・・・・奴ら何しに行ったんや
ろ・・・まあ、イラクに行くやつは生きたまま火をつけられても自業自得でおま。

『親も「撤退してください」とか言ってるでしょ?痴呆が始まっていないとしたらこん
な非常識な人間はいない。この親にしてこの子ありなんだろうな。』言うことありまへ
ん。日本人たるもの、子供が生きたまま火つけられても、政府にすがるなんぞもっての
他。どうせ死んだら火つけられるんやから、ちょっと時間がはよなっただけでんな。私
なんぞ子供が生きたまま火つけられそうになっとう時に、テロリストから人刺したら解
放したるといわれたら、福○官房○官や川○○務大臣刺してしまいそうですわ。まだま
だ修行が足りまへん。やはり剣道修行して、娘に火つけられても「(娘の)自業自得で
おま。こんな娘の救出に1円たりとも血税を使わないでおくれやし。」と言えるように
ならなあきまへん。

さらにガロはん
『米国が罪もない人を巻き込んだと非難するのも簡単ですが、無実の人を巻き込まずに
独裁者だけ排除することは、ほとんど不可能です。』まさに正論だす。アメリカはんは
民間人が4人ほど殺されて、モスクに爆弾ぶち込みましたな。イラク人が500人ほど
死んだそうやけど、あれで犯人が死んだ保証はおまへん。犯人殺すためなら、何百人で
あろうとやむをえない犠牲でおま。やはり、民間人のまきぞえ関係無しに、徹底的にテ
ロをたたく。アメリカはんはテロ対策の見本でんな。だけど、(殺された米国民間人+
テロリストの数)<死んだイラク民間人の数・・・・・そうや、アメリカ人1人はイラ
ク人100人の価値があるんや。これで算数つじつまあいまんな。

怒○はん
『テロリストなんてのは思想犯みたいに思われているが人間の屑のやる事でしょう?』
やはり剣道で人間形成されておられる方はちがいます。わてみたいな人間は、自分が屑
のような未熟者やさかい、人に対して『人間の屑』なんぞいえません。

へっ○こはんも頑張ってはったけど、『>>一旦撤退し、本当に復興支援する気なら、再
度派遣すれば良い。前にも書いたけどこういう馬鹿げた事を言える無神経さ、テロに対
する認識の甘さは改めてください。テロリストの歴史でも紐解いてさ。放言連発であき
れますよ。こういう馬鹿げた事を言える無神経さ、テロに対する認識の甘さは改めてく
ださい。テロリストの歴史でも紐解いてさ。放言連発であきれますよ。』でばっさりで
んな。撤退していいって言ってはんのはへっ○こはんだけやないけど、怒○はんからし
たら「馬鹿げた事」のひとこと、お見事としかいえまへん。

ガロはん
『なかなか見事な活躍をする人達がいました。たとえば、右翼のおっちゃんたちで
す。』オオ−−人一倍きびしいガロはんから賞賛のお言葉を頂戴するとは、右翼のおっ
ちゃんも剣道で人間修行してるんやろか。

さらにAEさん
『もっと活躍した、日本最大のNGO組織があります(^^;)山口組です。』
剣道されている方は、右翼はんやヤクザ屋はんが好きでんな。

やけど、怒○はんによれば、テロリストは『人間の屑』。テロリストも、イラクでアメ
リカはんに爆撃された人助けてるような気がするけど・・・・。
やくざ屋はんは、若い連中に覚せい罪売りまくってシャブ漬けにし、闇金使って年寄り
に追い込みかけて金巻き上げてるけど・・・。
そっか、シャブ買うのは馬鹿者やし、闇金で金を借りるのも馬鹿者。怒○さんがおっし
ゃっていた、そんな『奴らは隙があるからでそんなもんに一々反応してたらキリが無
い。』や。シャブ漬けになろうが、闇金に追い込みかけられて首くくろうが自己責任
や。

さらに問題提起はん   
『成人されているのであれば下に出ている程度の知識ははっきりいって常識です。少々
酷な言い方ですが知識のないことは何の言い訳にもなりません。』びっくり仰天でお
ま。わてなんぞ、とっくの昔に成人式もおわったのに、皆さんの知識なんぞ、TVチャ
ンピオン近現代政治選手権レベルとただただ感心するばかり。剣道で人間修養されてお
られる方にとっては『常識』とは・・・。ワテも一応大学はでてまんけど、非常識やっ
たんや。

よーへい君((君)でええやろか。)
コンビニバイトご苦労はん。わても大学時代、徹夜で弁当つめのバイトしたで・・・・
といった話やなかった。コンビニでふっくらおにぎり売ってる場合やないで。(ちなみ
にわてがすきなんは明太子のおにぎりや。)最近警察の取締りが厳しくて、ヤクザ屋は
んもあがったりや。ヤクザ屋はんが地震の時に活躍できるように、おにぎりのかわりに
シャブ売らなあかんで。そして、政治の勉強や。皆さんのように知識をつけな話になら
ん。え、『朝日新聞と赤旗でええやろか』って。この大馬鹿もんが。地震の時に右翼の
皆さんがしっかり活躍できるように、右翼はんの機関紙に決まってるやろが。

だけど、皆さん、『日航機事件のような対応をした国は日本以外にはまずありませ
ん。』『世界の非常識』『日航機ハイジャック事件以上の国際的大恥をかくことになり
ます。』と世界標準使いまんな。商いでもアメリカはんと商いすると、いつもあちらさ
ん『わてが「ぐろーばるすたんだあど」だす』ゆうて押し切りはるんや。なんでこんな
に国があんのに、アメリカはんが「すたんだあど」なんやねん。テロの世界も自国民4
人殺されたら100倍にして返すアメリカさんが「ぐろーばるすたんだあど」でんな。
まあ、みなさんがおっしゃるんやからアメリカはんのやり方が正しいのは間違いおまへ
ん。

皆さん、今日は勉強させてもらました。
だけど、毎日竹刀でおつむ叩かれて人間形成されている皆さんのようになれそうにはあ
りまへん。いろんな意見があるのはわかっておま。やけど、人を馬鹿よばわりしたり、
簡単に人を見殺しにできたり、子供や兄弟が生きたまま焼かれそうな時に政府に助けを
求めた親を非常識よばわりはようしまへん。
一生かかっても、皆さんのように偉くなったり、強くなったりできまへんわ。

また商いに戻りま。あほやさかい、誤解も仰山あると思いますが、あほのたわごととや
思って許してやってくださいまし。

Hideはん、こんな書込みしてご迷惑をおかけします。
不適切とご判断されたり、また皆さんからの要望がありましたら、遠慮なく削除して下
さい。

お名前: 九郎   
Hideさん、問題提起さん
未成年の、しかも国やサイトに何の貢献もしていない自分がいうのは、申し訳ないですが、
先日自分は、相対正義を意見として書き込みました。
お互いの悪を攻撃し合うのは、相対正義の理論からすれば確実に悪だと思います。
このスレを読んでかなり勉強になりました。ありがとうございます。
失礼だらけの発言、お許しください。

お名前: AE86   
発言を控えている身なのですが、少し話をさせて下さいm(_ _)m

自衛隊が行くべきではないなど世間で出ていますが
自衛隊がイラクでどう思われているかみなさんご存知でしょうか?
現在、イラクのサマハにおいて自衛隊は、給水活動や学校など
建築物の復興、医療活動等に携わっています。
サマハでは生活用水が自衛隊が来るまではほとんどなく
衛生面でも悪い環境でした
しかし、自衛隊が来たことで水が使えるようになり
喜ばれています。来るまでに過大な期待があった為に
一部不満が出ていますが、もう少し量をなど
評価をしてでの不満となっています。
自衛隊派遣は実際問題、憲法9条等に反しているでしょう
そのことで、近いうちに誰かが裁判を起こすでしょう
しかし、ああした危険地域での人道支援を行う為には、
その他のNGO組織より最も適していると僕は思います

さて人質問題ですが、3人の為にテロに屈するのは絶対に反対です
ガロアウスさんが仰ってるようにダッカ事件以降、日本人は
海外で狙われています、南米で邦人が誘拐され多額の身代金を要求されたりなど
これはダッカ事件で日本がテロに屈したためにテロリストは
日本は人質をとって脅せばなんでもするという考えが芽生えているからです
もし、今回も要求を飲んでしまえば更なるテロを呼ぶのは火を見るより確かです。

余談ですが
ガロアウスさんが阪神淡路大震災の時、右翼の方の活躍が書かれていますが
もっと活躍した、日本最大のNGO組織があります(^^;)
山口組です。日頃は皆さんから恐れられる存在ですが
震災の時、全国の事務所から物資を集め、被災者に配っていました
ある人に言わせれば、必要な物は山口組が持ってきてくれたそうです
あまり知られていませんが、知っている人にはかなり有名な話です 

よーへい君へ
問題提起さんが仰ってる様にこの程度のことは
NEWSを観、新聞を読んでいれば分かる事です 
世界情勢を分かりやすくしようとしたらもっとずら〜とした
文章を書かなくてはなりません。 
また皆さん、心底見捨てろと言っているのではありません
最悪の場合、見捨てろと言わざる得ない状況になっていることを分かって下さい
これが、世の中なのです。何処の国でもジャンボジェットが乗っ取られ
街に突っ込んでこようものなら、打ち落とすでしょう。
テロとの取引は一つ間違えば大変なことになるのです
>犯人グループはアディダスのシューズを履いていたみたいですね。
かなりいい所に気が付いています。
犯人のこと、イラクの事、被害者のことなど調べれば
TVなどでは放送されていませんがこの事件の正体が見えてくると思います

お名前: サラリーマン剣士   
一般的な情報に頼ってると
偏ったものの見方しか出来なくなるので、
ガロアウスさんの書きコは大変勉強になってよかったです。
(全部読んでませんけど)

お名前: よーへい   
to 問題提起さん
むしろ、一般常識と銘打って論説をばらまいていることにこのスレへの入り難さを
感じます。というよりももっと色んな世代が見ても分かりやすいように説明していただけないのでしょうか?
知識が無い、知識が無いとあなたはおっしゃられますが知識がないと書き込めないようなスレを立て、そのような
展開にされたあなた方のほうに問題はありませんか?おまけに始めの方は見捨てろだの言いたい放題ですよね?
しかもずらずら〜っと長ったらしい文章で見ているこっちは腹立たしいい気持ちを覚えます。

ま、余談ですが最近コンビニでバイトしてると色んなお客様を見ます。あなたのような方は大抵、小銭をカウンターに叩きつけるようにおくんですよね(-_-)(苦笑)

お名前: Hide.    URL
To 問題提起さん

>少なくとも私は家族や本人の前でも同じことが言えます。

拙サイトの某掲示板に、「今井君とつながりがある」という未成年者の書き込みがありま
した。ここも見られているかもしれませんね(^^)


>といった書き方をするのは如何なものかと思います。正直残念です。
>これこそ「礼を失したカキコ」だと私は感じます。

お気に触りましたら謝ります。半分冗談で半分本気でした(^^;
なにしろ、読むのがたいへんでね。正直、加熱しすぎの書き散らしにはうんざりです。
私以外にも、不快に思っておられる方はたくさんおられるはずです。管理者としてそうした意見を代弁したつもりなんですが、ご理解いただけますか(^_-)~☆

まったく、このトピを削除しちゃいたいくらいですよ( -o-) フゥ


>このように書いています。これは思いやりのないかきこみでしょうか?

私はあなたに対して「思いやりがない」などとは一言も書いておりませんが(^^;
ご自身が「思いやりがないことはない」と思われるのであれば、胸を張っておられればよ
ろしいのだと思いますよ(^^)

お名前: A   
>皆さん    
人の気持ちを考えないというのは最低ですね。
ただ、物事を考えることができないのは論外ですよ。

お名前: ちち   
はじめまして、私は自衛隊の派遣については賛成でも反対でもどちらでもありません。
そして、自衛隊の派遣と3人の拉致事件は別モノと考えて意見を述べさせていただき
ます。

まず、拉致された3人についてですが様々なメディアで自己責任ともいわれてきて
おり、彼らには十分な落ち度があったと多くの人々が感じているはずです。
政府は非難勧告を出しており、彼らはそれを無視して危険な国へ渡航してしまった
からです、そして政府には強制的に渡航を無視する権限はなく、非難勧告を出す以上
のことはできないのです。
ですから政治家が「政府に責任があるの?」といってしまうのも仕方がないのです。
そしてテロの要求を飲んで自衛隊を撤退させるとう選択はできません。
そんなことをしてしまうと日本は民主主義からテロリスト主義になってしまい、世界
各国から信用を失ってしまいます、ダッカ事件の二の舞ではいけないのです。
今回のテロリストの要求は飲まず、3人の解放のために全力を尽くしている政府の
対応は当たり前のことであり、そして評価できることであると私は思います。

そしてアメリカに従い、自衛隊の派遣について。
先に書きましたが、私は賛成でも反対でもないですが、派遣したことに関してはいた
仕方ないと思います。
「大義がない」と感じていらっしゃる方も多いですが、大義云々よりも日本のため、
仕方のないことだと私は思っているからです。
もちろん、できることなら自衛隊にはなるべく危険な場所へ行ってもらいたくはありま
せん。
しかし日本は、ヨーロッパ諸国のように近くの国同士が1つの国になって手を取り合ってる状態ではなく、逆に近隣に北朝鮮という日本にとって危険な国が存在しています。
日本の平和を維持するためには、北朝鮮に対抗できる武力を持つ必要があると私は
思いますが、日本の国だけではかなり無理があると思います、そのためにアメリカと
仲良くしていく必要があると思います。
それとは別に、お金だけ渡して後はアメリカ等の連合軍ががんばってください、と
いっていられるような状況でもなくなってきているのは事実です。
そういうのをいろいろと天秤にかけて政府は自衛隊の派遣を決定したのだと思うので、
今回の事件は自衛隊の派遣によるために起こった、やっぱり自衛隊の派遣は間違って
いた、とそれだけで自衛隊派遣は間違いと捉える人は可愛そうだと思います。

お名前: 問題提起   
>よーへいさん
あなたが現在何歳かわかりませんが、もし成人されているのであれば
下に出ている程度の知識ははっきりいって常識です。
少々酷な言い方ですが知識のないことは何の言い訳にもなりません。

政治や経済に興味を持ったら、自分で幅広い情報を集め、学んでいく
ことが大切です。それは結局自分の身を守ることにつながりますよ。


>Hide.さん
少なくとも私は家族や本人の前でも同じことが言えます。
まぁネット上で言っても口だけだと思われそうですが。。。

あなたはこのサイト上では多くの中高生のあこがれであり、「先生」
であるはずです。私もこれだけのサイトを運営されているHide.さんに
対して感謝の気持ちがあります。そして剣道面だけでなく思想面でも
あなたの影響をうける子供たちは数多くいるでしょう。
そのあなたが自分の対立意見をつかまえて

>まったく、人の留守中によくもこんなに書き散らしてくれるもんだ(苦笑)
や、
>自説を振り回すのはかまわないんですが、

といった書き方をするのは如何なものかと思います。正直残念です。
これこそ「礼を失したカキコ」だと私は感じます。




下でも書きましたが私がこのトピをたてた理由は、


>「ものごとを良い悪いだけで判断する風潮に疑問を投げかけたい」
>
>からです。良い悪いを言うのは簡単ですが、解決する道をさぐることはとても
>難しい。剣道人は冷酷で冷たい人間でも、理想を追い求めるだけの人間でも
>いけないはずです。崇高な理想と、それを実現するための具体的な考え両方を
>持っていなければいけないはずです。私はそう考えます。

>最後になりましたが、3人の方が無事解放されることを祈ります。


このように書いています。これは思いやりのないかきこみでしょうか?
荒らすつもりも誹謗中傷するつもりも全くありません。
ましてやひけらかすほどの専門知識もありません。
思うところを素直に書いています。

お名前: 皆さん   
議論の中身はわかりませんが、人の気持ちを思いやれなければ最低です。
子供たちの模範となるべき(有段者であろう)剣道家がこんな書き込みをされているこ
とに幻滅しました。
(Hideさんのおっしゃる)気品も礼節もあったものではありません。
子供に剣道を通じてお相手の気持ちがわかる人間になってもらいたいと思っていました
が、子供に剣道させる気持ちも失せてしまいました。

お名前: よーへい   
なんか読んでても全然分からない・・結局専門的な知識をひけらかしているだけとしか見えないんですけど(^^;)
ところで犯人グループはアディダスのシューズを履いていたみたいですね。
比較的若いグループの暴走だったみたいで上の幹部のお偉い指導者さんが3人の素性を教えたら
解放に向ったとか。未だに解放の一報はなく、解放期限24時間を既に越えていますが
きっと3人は元気に無事でいてくれることを願うばかりです。

ま、テロリストも結局面子と縦社会ってとこだったようで・・(-_-;)
日本政府の言う各方面の情報筋というのも不透明で家族の方は本当に心配でしょうねぇ・・。

お名前: 剣志郎   
Hide.さんの意見に同感ですね。
私も正直、このトピを発見したときには「時すでに遅し…」と思うくらいカキコが
多量にあり、またもや関係のある話ない話が入り乱れて、レスつけられずに傍観し
ていました(苦笑)。

私の考えとしては、「自衛隊の派遣可」「自衛隊の撤退可」「救出は国是」です。
なんか、また皆さんとは違う変な考えですが…(笑)。

当然、それなりに理由はあります。自衛隊の派遣については、ああした危険地域で
の人道支援を行う為には、その他の組織より最も適しているということです。敵意
の無いことを示す為に「丸腰」という考えもあるでしょうが、それはあまりにも政
府の無責任というところでしょう。また、確かに湾岸戦争の際の金銭的貢献があま
りに効果を成さなかったことを考えると、人的支援はせざる得なかったと思います
。私はアメリカがどうのこうのというより、国際協調の面で必要なことであったと
思います。

次に「撤退すべきか?」についてですが、正直「テロに屈する」取られてしまうと
辛いですが(苦笑)、「何も恩着せがましく、居座る必要もないだろ」っていうの
が私の考えです。相手が自衛隊を治安・警防活動を行う軍隊と認識し「要らない」
と言っているなら、「そりゃぁ、ありがた迷惑でしたね」と引き返してしまえばい
いのです。まぁアメリカの「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」の要請もわかります
が、何もアメリカにどこまでもべったりという必要はないと思います。確かにアメ
リカに「食と防衛を抑えられている」という現実もありますが、日本はアメリカの
国債を数兆ドル握っています。つまり、金を握っているのです。以前、橋本首相が
ちょっとした冗談で「我々はあまりに経済摩擦が激しいので、日本はアメリカの国
債を売ってしまおうかと、何度も考えましたよ(笑)」と日米摩擦解消時に悪気な
しに、日米協調の重要性を話したつもりが、翌週アメリカ株の大暴落、ブラックマ
ンデーを引き起こしました。彼らにとっても、日本は本国の借金の肩代わりをして
くれる重要な相手国であり、あまりに強硬なブッシュの姿勢はアメリカにとっても
破錠を招くのです。日米の実情は「均衡」の状態であり「主従」ではないのです。
今後は食糧需給率の改善とアメリカ一国のみの外交ルートの再編を行う必要があり
ますね。

次に「救出は国是か?」ですが、これは物取りの犯行ではありません。一般民間人
を使った政治テロです。彼らが危険にさらされたのは日本政府の宣伝不足(人道復
興支援を目的に自衛隊を派遣したという宣伝)であり、彼らの認識の甘さとは別の
ところにあります。入国した3人はそれなりに覚悟を持って入国しており、プラプ
ラ観光にいった訳ではありません。「紛争地域に行けば拉致されるのは当たり前だ
」というのは一見正論のようでが、別な見方をすれば「紛争地域であれば、何があ
っても良い」と逆にテロや犯罪を容認しているようにしか見えません。それはちょ
っと違うのかな?と思います。テロ組織が拉致した3人を使って政治問題にしてい
る以上、政府はそれを「知りません」とは言ってはいけない筈です。何せ「無辜の
人々」なのですから。日本政府への要求の道具に使われてしまった以上、政府は全
力で救出活動をする義務があると思います。

とはいえ、どんなことにも呑める条件と呑めない条件があり、「はい。解りました
。」とは行くはずもありません。何にしても理解得るための交渉は必要です。ただ
今回の自衛隊派遣の名目は「人道派遣」であり、「テロ殲滅戦」ではありません。
もしテロ殲滅戦であれば、どのような要求にも屈せず、強硬な態度を取る必要もあ
るでしょが、今回は助けに行って「イラネッ(゜Д゜=)ノ⌒゜」って言われてる訳で
すから、おせっかいせずに引き上げても良いと考えたのです(苦笑)。

お名前: Hide.    URL
まったく、人の留守中によくもこんなに書き散らしてくれるもんだ(苦笑)
せめて1日に1レスにしてほしいですよ。自説を振り回すのはかまわないんですが、読者
の負担も考えてくださいね(^^;


さて、とは申しましても、一生懸命ご意見をカキコしてくださった皆さんありがとうご
ざいます。

ちょっと話はそれますが、私はネチケットとして
 ●本人及び関係者が読んだとき不快にならないこと
を第一に考えております。
こちらにお書きになっておられる皆さんは、カキコされたご意見をご家族の前に言って同
じようにお話できますか?
私は前のカキコでそういうことも言いたかったのですが、その部分はちっともご理解いた
だけなかったようです。残念ですね。

たぶん書き方をもう少し改めていただきますと、もっと皆さんにとって読みやすくフレン
ドリーなカキコになると思うんですがねぇ(-_-)
カキコには常に「気品と礼節」を意識し、自分以外の読者に対しての配慮をお願いいたし
ますm(_ _)m


いやぁ、とりあえず開放にむかいそうでよかったですね(^o^) 
まだ、油断はできませんが・・・。
この問題を契機に、ボランティアとしてイラクのような紛争地帯に足を踏み入れる日本人
の自己責任の問題を明確にしていかねばなりませんね。一筆書かせるなどの方法もありで
しょう。それなら「見殺し」もOKだと思いますよ(^^;
いずれにしても「無事に解決してから」の話ですが・・・(^^)

お名前: ガロアウス   
 勇んで神戸に出掛けた私は、ろくに役に立たず、数日ですごすご引き返すことになりま
したが、なかなか見事な活躍をする人達がいました。
 たとえば、右翼のおっちゃんたちです。
 街宣車ってわかりますよね。彼らはあの車で神戸に乗り込んできたのです。
 なるほど、あの車なら、神戸に必要な食糧、その他のものも運べるだろうし、自分たち
はあの中で寝ることもできます。
 ふだんは、大音量のスピーカーで、「国賊、日教組は日本から出て行けえーっ!!」な
どと叫んでいるのですが、その同じスピーカーから、
「熱いお茶はいかがですか。カップラーメンもありますよ」なんて流していました。
 私は「負けたな」と思いましたね。
 ちなみに、私は列に並んで、お茶を頂きましたが、あとでボランティア仲間から叱られ
ました。「ああいうのは、神戸の人達のためにやっているのだから、外部の人がもらうの
はおかしいのだ」というわけです。
 正論なので、まったく反論できず、ただ叱られておりました。(しかし、ボランティア
も、のどは渇くので、ちょっとくらいは……??)
 いまでも、あのときの右翼のおっちゃんたちの声を思い出すことがあります。「俺たち
は、やるときはやるんだ」という心意気が伝わってきましたね。
 ここで、右翼の人達の宣伝をするのはおかしいでしょうが、彼らの活躍は忘れることが
できません。

お名前: 問題提起   
ボランティアを否定しているのではなく、危険地域へ行くのであれば
それ相応の覚悟と責任で行って欲しいということです。

ボランティア活動自体はとても素晴らしい活動ですが、残念ながら今回
のようなケースでは自己満足といわれても仕方ないでしょう。
ガロアウスさんが神戸での経験について書かれていますが私も同感です。
あくまでも自己完結組織であり、他人に迷惑をかけないことが前提では
ないでしょうか。

お名前: へっぽこ   
怒髪天さん

私も、今のイラクに民間ボランティアが行けるとは申しておりません。
ただ、自衛隊が派兵される前の治安状態で、民間ボランティアが活躍していたことを全
面否定するのは躊躇します。
100%安全でないとボランティアは行けないのか。
現地で医師が足らずに日々現地の人々が死んでいるときに、(必ずしも安全でない地域
に)自分の身の危険を顧みず、医療ボランティアとして行かれる場合、それは非難され
るべきことなのか。
私には、そのような人を非難することはできません。

(yahooのカンファレンスを見ますと、多くの方が3人に対して言いたい放題意見
が言われております。それを見ると、日本人もここまで地に落ちたかという思いで
す。)

>>一旦撤退し、本当に復興支援する気なら、再度派遣すれば良い。
>前にも書いたけどこういう馬鹿げた事を言える無神経さ、テロに対する認識の甘さ
>は改めてください。テロリストの歴史でも紐解いてさ。放言連発であきれますよ。
一つの意見ではなく、放言として切捨てられたら議論のしようもありません。
私は今でも、日本が世界の笑いものになろうが、3人の人命を優先すべきだったと考え
ていますし、今回の政府の決断は3人を見捨てたものと考えています。

この2日間の議論で、私もいろいろと考えさせて頂きました。
3人も解放されることになりそうですし、私もそろそろこの議論から退場しようと思います。
皆さんお付き合い頂きましてありがとうございました。

お名前: ガロアウス   
 神戸地震のちょうど一年前にアメリカで大きな地震があったのをご記憶でしょうか?ノー
スリッジ地震といいます。その街に住む医者や看護婦たちが、神戸にボランティアにいら
してました。
 さて、日本政府は彼らを歓迎したか?
 必ずしもそうではなかったですね。
 理由は簡単です。立派なお医者さんや、看護婦さんを迎えるというのに、泊める所がな
いのです。当時、神戸入りした私も寝る所に困った話は書いたと思いますが、日本政府も
彼らを迎える場所が見つけられなかったわけです。
 かといって、外国からの客を断るわけにもいかず、困り果てました。結局政府がどうし
たかというと、神戸の港に客船を一隻チャーターしまして、それをホテル代わりに使った
のです。
 ここから汲みとれる教訓はなんでしょうか?
 われわれが外国にボランティアに行こうとする場合、寝る所、飲料水、食料などで、そ
の国に決して迷惑をかけてはいけないということです。
 ボランティアに行ったつもりが、その国にとってお荷物になってしまう可能性も大きい
ということを忘れてはいけません。
 日本政府は金持ちですから、客船をチャーターするという芸当もできたでしょうが、貧
しい国だったらどうでしょうか?かえって迷惑をかけてしまったのではないでしょうか?
 以前の話を繰り返しますが、外国に行くなら、「自己完結型」の組織であることが最低
条件です。その国に行って、「寝る所は?水は?食糧は?」などと言い出すくらいなら、
行かないほうがいいのです。

お名前: ガロアウス   
>>テロ相手に対話で解決したらまずいみたいですね<<

 対話で解決したのがまずいと言っているのではありません。誘拐事件には裏取引が常識
なのに、表面上の「平和的解決」を大まじめに信じてらっしゃるようなので、書いている
のです。
 私は以前の発言で、「若王子氏に犠牲になって欲しかった」といった顰蹙を買いそうな
ことを書いてます。
 世界で日本人以上に、誘拐されて真っ先に身代金を持ってくると評判の民族はあります
まい。東南アジアにせよ、南米にせよ、日本人の進出したところは、必ず日本人をターゲッ
トにした誘拐事件が発生してます。
 欧米人を狙ったら、下手をすると皆殺しが待っているかもしれませんが、日本人なら金
をとるのは容易です。
 かつて、テロリストと平和的解決(実は金による解決!)をした日航機ハイジャック事
件では、一ヶ月後のルフトハンザ機ハイジャック事件を呼びました。はっきりいって、西
ドイツ政府に「今回の事件は、すべて日本政府のせいだ」と怒鳴りつけられても、弁解の
しようがありませんでした。
 ルフトハンザ機ハイジャック事件では、西ドイツ政府は犯人皆殺しという強硬作戦に出
ました。
 以後のハイジャックの件数を見ても、どちらが有効だったかはあきらかです。
 欧米には日本より長いテロとの闘いの歴史があります。そして、彼らにとっては、「テ
ロとの闘いは強行作戦が一番だ」というのが歴史的教訓なのです。
 日本のように、金でなんでも解決してきた国が、欧米人に説教たれても、誰も聞いてく
れません。歴史が違いすぎるのです。
 ところで、私の希望としては、「日本人を襲っても、国の政策も変わらないし、一円の
身代金も取れない」との国際的評判がたって欲しいのですけどね。
 現状はまったくその逆でして、「日本人を襲えば、一生、安楽に暮らしていける」と思
われているのでしょう。
 どこかで、この負の連鎖を断ち切らなくてはいけないのですが……。

お名前: 怒髪天   
>>役割分担の問題だと思いますが。

まだそんな事いっているとはもう言う事ないですな。

>>民間ができることは民間がする。

だから・・・まだまだ先、治安が安定したらね。
問題提起さんの仰る>>「ものごとを良い悪いだけで判断する風潮に疑問を投げかけたい」

私はこれが非常に重要だと考えますがへっぽこさんのレスを見たところ非常に無頓着
に感じます。悪いけど貴方みたいな事は誰でも思っているが口に出さないですよ。

>>一旦撤退し、本当に復興支援する気なら、再度派遣すれば良い。

前にも書いたけどこういう馬鹿げた事を言える無神経さ、テロに対する認識の甘さ
は改めてください。テロリストの歴史でも紐解いてさ。放言連発であきれますよ。

お名前: へっぽこ   
なんか皆さん、テロ相手に対話で解決したらまずいみたいですね(笑)。

>「今回の件で、民間ボランティアによる活動はできなくなった」のではなく、初めから>こういう活動は自衛隊でなくては無理なのです。

役割分担の問題だと思いますが。

自衛隊が適していることは自衛隊が分担する、民間ができることは民間がする。
治安が悪い地域でも、医療ボランティア等、各国からの様々な民間ボランティアが活動さ
れているのではないですか。

お名前: ガロアウス   
>>今回の件でも、問題は「力」ではなく「対話」によって解決されるということが示され
ていると思いますが、いかがでしょうか。

 私らくらいオジサンになりますと、こういう話を額面通り信じることはいたしません。
「陰でお金が動いたのかしらん??」と、つい考えてしまいますね。
 かのフィリピンで起きた若王子氏誘拐事件だってそうですが、いちいち身代金をいくら
払ったか発表しましたっけ?
 「犯人との交渉によって……」と発表されただけじゃありませんでしたか?
 なにも言わなくても、若王子氏の身内、または会社が身代金を払ったと考えるのが普通
です。
 あの北朝鮮だって、裏では、「拉致した人間を一人返すごとに十億円(よこせ)」とか
要求していると噂が飛んでますよね。
 今回の事件の真相は、むろん私は知りませんからいいかげんなことを言うと叱られます
が、あまり表の情報だけ信じないほうがいいです。世の中には裏があります。
 とくに誘拐事件には裏の交渉がつきものです。その裏の交渉では、表に出せない取引が
隠されているのが普通なのです。

お名前: 問題提起   
今回の事件をおこした武装集団について書いておきます。

犯行声明を見ると、コーランからの引用も少なく稚拙な文であるため、
宗教的な見地からでなく身代金など金銭目的で事件をおこした可能性が
高いと考えられます。また、このテの武装集団は離合集散を繰り返して
いる(数が多い)ため、特定が遅れたそうです。

期限が3日というのも余りに短く、到底プロのやることではありませんね。

お名前: 怒髪天   
>>へっぽこさん
>>実際に解放されるまでなんともいえませんが、今回の件でも、問題は「力」ではなく
「対話」によって解決されるということが示されていると思いますが、いかがでしょうか。

非常に稀有な例ですね。まあ良かったですね。それほど過激な組織ではなくて良かった。
>>一旦撤退し、本当に復興支援する気なら、再度派遣すれば良い。

こんな事にならなくて本当に良かった。

>>ぐりさん

OKです。NO問題です。

お名前: ガロアウス   
 中田厚仁さんの話を書いたら、やはり高田氏を書かないわけにはいかないでしょう。以
下の引用は毎日新聞です。

>>1993年、第一回カンボジア政権の議会選挙の際、現地警察の指導、警察活動のため
に、国連カンボジア暫定統治機構の文民警察官として、日本から派遣されたのは75人の
警察官だった。5月4日、パンテアイ・ミアンチェイ州で、オランダ海兵隊らと共に車で
移動中の日本人文民警察官は、武装集団による急襲を受けた。守ってくれるはずのオラン
ダ海兵隊は、真っ先に現場から逃亡していたという。あとには、丸腰の文民警察官だけが
残された。岡山県警から派遣されていた高田警部補らが撃たれていた。

 ネットではさらに次の情報が出てきます。

>>1997年、故高田警視の父は、殉職した息子のためにと、カンボシアのタン・コーサ
ン寺院内に慰霊碑を建立している。後に小泉首相が訪れることになるあの寺院だ。だが、
慰霊碑を建立したその父親も、その後の度重なる心労のためか、息子の七回忌を機に自ら
の命を絶った。

 この話は、初耳です。正直、ショックを受けました。確か(私の記憶が正しければ)高
田警視には、若い奥さんと小さな子供さんがいたはずです。
 子供さんは、いまなにをしているのでしょうか?
 国際貢献というのは、危険がつきものです。
 丸腰でどうにかなる世界ではありません。

お名前: ガロアウス   
「今回の件で、民間ボランティアによる活動はできなくなった」のではなく、初めからこ
ういう活動は自衛隊でなくては無理なのです。
 私は既に神戸地震のときの体験を下に書きました。ああいうボランティアに参加してみ
ると、民間援助の限界というのをはっきり認識できます。自分で体験しない人に限って、
机上の空論を吐きます。
 たとえば、へっぽこさんがイラクに赴いたとしましょう。現地の人達と一緒に泥水飲ん
で活動できますか?それで病気になったとして、助けてくれる現地のお医者さんとか探す
のですか?なにしに行ったかわからなくなりますよ。
 実際、私と一緒に神戸に行った仲間にそういうのがいたのです。
 神戸でまともな所に寝られるわけでなし、時期は一月ですから、たちまち風邪をひいて、
真っ赤な顔に、せきをゴホゴホさせながらボランティアをやっていた人がいました。
 彼は医療ボランティアだったのですが、自分がゴホゴホ、風邪の病原菌をふりまく医療
ボランティアでは格好がつきません。
 テレビのコメンテーターの中に、民間援助のほうが自衛隊援助より上だと力説なさる方
がいますが、こういう人は神戸に行ったのでしょうか?自分で行ってみたら、実情がわか
るはずですがね。
 なんでも、自分で経験してみることです。そこから、現実的なアイディアがわいてきま
す。

お名前: へっぽこ   
アルジャーラに対して、日本から3人の活動(彼らはイラクのために活動し、自衛隊派
遣に反対していた人間であるということ)を紹介した多数のメールやファクスが寄せら
れたそうです。
(私も、多数のメールがよせられているということを知ってアルジャーラにメールしよ
うと思ったのですが、アルジャーラのHPにメール送信の箇所を見つけることができま
せんでした。)

実際に解放されるまでなんともいえませんが、今回の件でも、問題は「力」ではなく
「対話」によって解決されるということが示されていると思いますが、いかがでしょうか。

ガロアウスさん

>へっぽこさんは、どうしても自衛隊を撤退させたいようですが、撤退してその代わりに
>なにをしたいのですか?丸腰ボランティアを出したら安全だと言いたいわけ?

残念ながら、今回の件で、民間ボランティアによる活動はできなくなったでしょうね。
今後、日本による支援の途は、自衛隊しかなくなりました。

お名前: へっぽこ   
「カタールの衛星テレビ、アルジャジーラは10日夜(日本時間11日未明)、日本人
3人を拉致したイラクの武装グループ「サラヤ・アル・ムジャヒディン(戦士旅団)」
が3人を24時間以内に解放するとした同旅団の声明を報道した。」(共同通信)
ということです。

実際に解放されるまで予断は許されませんが、大きな望みが見えてきました。

お名前: ガロアウス   
「日本人がターゲットとされるようになったのは、自衛隊を派遣したからですよね。」

 へっぽこさんへ
 自衛隊を派遣したら襲われるが、自衛隊を派遣しないなら襲われないなんて単純なこと
う言ってはいけません。
 善意に対して悪意が返ってくることもあるというのが世の中です。
 いまの民主党は、「アメリカ主導の復興には反対だ。国連主導型なら日本は参加すべき
だ」なんて言ってますよね。では、過去に国連主導型でやったものは襲われなかったのか?
違うでしょ。
 カンボジアPKOのときに、いろいろ議論されたようですが、国連主導のPKOといっても、
ずいぶん犠牲者が出ていると聞きます。うろ覚えの数字なので、間違っていたらすみませ
んが、過去に千人くらいの犠牲者が出ているとか──。
 中田厚仁さんという人がいました。世界の平和を心から願い,平成4年7月,国連ボラ
ンティアとしてカンボジアに行きました。公正な選挙を実現させるため、全力でがんばっ
たのですが、25歳の時、平成5年4月8日殉職しました。
 カソリック教会は、あのマザーテレサだけではなく、全世界にボランティアや布教のた
めに尼さんを派遣したりしてますが、この人達が襲われて殉教するケースも少なくないと
聞きます。むろん、彼女たちは、「殉教こそ天国への近道」と信じているわけで、われわ
れと立場が違いますけど……。
 「善意には善意が返ってくる」と信じこむのは、はっきりいって『寅さん映画』の見す
ぎです。あの映画のせいなのか、映画を文字通り実行して亡くなった人もいましたよね。
 もう十年くらい前のことですが、お茶の水女子大学の学生が台湾に旅行に行って、旅先
で会った人をそのまま信用して泊まったりしたあげく殺されるという事件がありました。
車寅次郎の世界をそのまま現実だと思ったのでしょう。
 イラクどころか、アメリカだって危険ですよね。
 アメリカの一部の地区は、夜はもちろん、昼間でも立ち入るのが危ない場所があります。
 そんな場所(そういう場所は、たいてい貧困地区なので)にあえて飛び込んで、ボラン
ティアをしている方がいらっしゃいました。
 ところが、その人が何度も何度も襲われる結果となり、結局、その人はボランティアは
続けるものの、住む場所はもっと安全な地区に移ることにしました。
 これが世の中でしょう。
 へっぽこさんは、どうしても自衛隊を撤退させたいようですが、撤退してその代わりに
なにをしたいのですか?丸腰ボランティアを出したら安全だと言いたいわけ?

お名前: ぐり   
怒髪天様:
申し訳ありません!見落としておりました。
ご無礼をお許しください。本当にすみませんでした。

お名前: 問題提起   
みなさんだいぶ議論されてるようですね。私の意見を少し。


テロリストの要求を呑むことがどういうことか、あまりわかってらっしゃらない方が
多いようですね。日航機事件のような対応をした国は日本以外にはまずありません。
今回の人を見殺しにしろとは言いません。日本政府は、今回のような3人であっても
助けるために最善を尽くすべきです。ですがあくまでも「自衛隊の撤退」ではなく、
例えば「特殊部隊による突入」などの方法によるべきでしょう。

ガロアウスさんがおっしゃるように、私も対案が出せないのなら反論は無意味だと
考えます。なぜなら、Hide.さんやへっぽこさんの意見も間違ってはいないからです。
人間にとって最も大切なやさしさを感じます。ただ、悲しいことにそれを唱えるだけ
では世界はかわりません。


そもそもこのトピをたてた理由は、日本にはびこる

「ものごとを良い悪いだけで判断する風潮に疑問を投げかけたい」

からです。良い悪いを言うのは簡単ですが、解決する道をさぐることはとても
難しい。剣道人は冷酷で冷たい人間でも、理想を追い求めるだけの人間でも
いけないはずです。崇高な理想と、それを実現するための具体的な考え両方を
持っていなければいけないはずです。私はそう考えます。

最後になりましたが、3人の方が無事解放されることを祈ります。

お名前: へっぽこ   
日本人がターゲットとされるようになったのは、自衛隊を派遣したからですよね。
「民間NGOによる支援活動⇒自衛隊派遣⇒日本人がターゲットに⇒退避勧告」という
流れなのでしょうか。

事情は知りませんが、彼らは自衛隊が派遣される前からイラクで活動していたんでしょ
うか。
とすれば、自衛隊派遣によって日本人がターゲットになるようになったからといって、
(それまでの)活動を中断できなかったのかもしれません。

それによって民間による支援活動ができなくなったのであれば、自衛隊派遣はイラク復
興にとってプラスとはいえないですね。

お名前: 怒髪天   
ぐりさん

その誰かさんですが
>>しかし私は見捨てるなんてことはしてはいけないとは思います。
って書いてあるのを見落とさないで下さいな。貴方と同じ意見ですよ?私は。

お名前: ガロアウス   
 生活のために魚をとって暮らしている人が海で遭難したらどうするか?当然助けに行く
べきでしょう。
 しかし、太平洋をヨットで横断している人が遭難したらどうするか?私は無視すべきだ
と思う。その覚悟がないなら、太平洋横断などすべきではありません。
 国は打ち出の小槌を持っているわけではなく、ドラエモンのポケットを持っているわけ
でもありません。どうしても救助して欲しいなら、かかった費用が何千万だろうが、全額
支払わせるべきです。
 今回の3人がイラクの人のために行ったからなどというのは、議論がおかしいですね。
 なぜかって?考えてもみてください。
 自衛隊を海外に出すかどうかというのは、もう十年以上も議論が続いています。
 その間、社民党(旧社会党)の人達、たとえば、辻本さんとか、福島さんとかは何て言っ
ていましたか?
「自衛隊を出せば襲われるが、民間ボランティアなら襲われない」と、繰り返し言ってま
したよね。今回の3人のような人達が出てくるのは、私はすべて社民党のような発言をし
てきた人たちに責任があると思います。
 つまり、まっさきに、社民党の人達がテレビの前に出て謝罪すべきだと考えます。
 でも、彼らはそれをしないでしょうなあ。口をつぐんでおしまいでしょう。
 ところで、神戸の地震のとき、海外からボランティアにかけつけた人達がいました。彼
らが神戸の現状を見て、「アメリカでこんな地震が起きたら、略奪、暴行でとんでもない
ことになる」と漏らしていました。私が「いや、新聞報道によると、神戸でも強盗などは
多少あったらしい」と説明すると、彼らに笑われました。
「神戸地震で強盗が起きたというなら、アメリカの地震ではその百倍起きる」というので
す。
 アメリカには、過去に苦い経験があります。
 かつてニューヨークの停電のとき、群衆が店の窓ガラスを叩き割って、店の品物を略奪
したのです。文明国といわれるアメリカでさえ、停電、地震などのときは、無政府状態と
なり、略奪が始まるのです。
 みなさんもイラク政府が滅亡したときに、美術館で手当たり次第、略奪に走るイラク民
衆というのをテレビで見たはずです。
 イラクに行くというのはそういうことです。電話かけたら、すぐに警察官がかけつけて
くれるわけではないのです。水道が出ないからといって、水道局に苦情を言うわけにもい
かないのです。
 今回の3人が、せめて神戸地震のボランティアに出掛けていれば、もう少し頭を使えた
と想像しますけど、もはや手遅れでしょうか。

お名前: ぐり   
確かに、外務省から退避勧告の出ているイラクへ乗り込んで行った3人の
自己責任の問題と言えないこともないと思います。
事実、今日の朝日新聞の夕刊に「素粒子」に、イスラム専門家池内恵さんの談話として、
「退避勧告を無視し、危険地帯に無防備で入り込む国民のことまで、政策には織り込みようがない」
と出ています。私も、それはその通りだと思います。

しかしそれでも、自国の国民がテロリストに拉致されたのなら、救出に全力を尽くすのが
国家とか政府というものだと思います。国家には国民の生存を保障する義務があります。
誰かさんが「ライオンの檻の中で肉持って歩いてる人に同情は出来ない」と言っておられましたが、
それでは動物園側はどう対応するでしょうか?同情せず、見てるだけ??そんなはずはありません。
その誰かさんは、その人を見殺しにするおつもりですか?法律では、見殺しは立派な犯罪です。
ましてや、3人は自分の興味本位でイラクに行ったのではなく、イラクの人々のために、イラクに赴いたのです。
犯罪者が、逮捕された後においても、黙秘権や、弁護士をつける権利は保障されているのに、
人道支援のためにイラクへ赴いた3人を見殺しにすることは、あってはならないことです。
同情うんぬんの話ではありませんが、同情してしかりです。

テロやいじめが無くならないのは事実かもしれません。では、テロやいじめが有っていいのでしょうか。
できれば無い方がいい、というのが常識的な考え方だと思います。
「これからも有る」「いつか無くなる」という議論ではなく、「有ってもいい」「有ってはならない」という
観点で議論するほうが、よっぽど意味の有ることだと思います。

犯人側の期限まで、あと1日。
自衛隊を撤退させるのはあまり現実的な選択ではないとは思いますが、
それ以外の方法で、なんとか救出してほしいです。

お名前: 怒髪天   
>>へっぽこさん
思いっきりテロに肯定的な文章書いておいてそう言われても困りますね
これじゃあ誤解しちゃうな(笑

私は反米、自衛隊派遣については是なんです。

>>ガロアウスさん
中東のことは中東に任せておくべきだったとは思います。
だってアメリカの狙いは石油および中東での勢力拡大でしょう。

お名前: へっぽこ   
怒髪天さん

そんなこと書いたのかと見直しましたが・・
私が書いたのは
「子供を殺されたイラク人の何割かは、米国への報復に身を投じたでしょう。
親を殺された子供達の何割かは、将来米国への報復に身を投じるでしょう。
そして、肉親を殺されたイラク人による米国への報復活動は、米国からみたら「テロ」
と呼ばれることになります。
しかし、彼らにとって、それは正当な報復活動に他なりません。」
です。

「彼らにとって、正当な報復活動」ということです。

あと、
「イラクを空爆したブッシュと、彼らの米国への報復のどちらが正義なのでしょうか。
私には、罪もないのに空爆により身内を殺されたイラク人による報復の方が(正当なも
のとはいいませんが)理解できます。」とも書いています。

彼らの報復活動が正当なものだとは考えておりませんので、誤解されませんように。

お名前: 怒髪天   
>>へっぽこさん
>>子供を殺されたイラク人の何割かは、米国への報復に身を投じたでしょう。
>>親を殺された子供達の何割かは、将来米国への報復に身を投じるでしょう。
>>それは正当な報復活動に他なりません。

まったくテロリストみたいな卑怯な連中を被害者扱いするなんてのは正気ではないと思われますよ。
では太平洋戦争で死んだ人々の仇を討つ為に日本人はアメリカ人にテロを仕掛けたのでしょうか?
樺太侵略においてロシア人にテロをしかけるべきでしょうか?琉球人は薩摩人に琉球征伐の仇をテロで
返したでしょうか?北朝鮮は日本に・・・・やっておるようですが(笑)
大体報復活動は正当な権利なのでしょうか?
そんな話は聞いたことがないですよね。地域に貢献する活動をしにいって「強力国」は無いでしょう。
アメリカの子分?今頃気がついたのですか?だから完全な独立国家になりたいなら軍隊を持って
自国を防衛出来ないといけませんね。皆で徴兵行きますか。毎日剣道が出来そうですよ〜!
中東ってのは解らずやがそろっているから何十年も戦争ばっかりやってる地方なんですよ。
宗教の本質は狂信なんです。なにを言ったって聞きませんよ。
どのような条件であれ難癖つける人間は出てきますよ。いちいち聞いてられますか?10人が10人
みんな意見を聞き入れられる人間では無いですよ。今回はこちらの誠意を無碍にするイラク人による
卑劣な行為であることは間違いないですよね。テロリストなんてのは思想犯みたいに思われているが
人間の屑のやる事でしょう?

貴方の理屈でいくとイラク人を見つけたら袋叩きにでも
してやった方が良さそうですが、そんな事はないですよね?しかしイラクでは日本人を見つけたら
拉致してやろうって人間が沢山いますよ。そのぐらい戦場と言うのは狂気が生まれる。
人命などパンよりも軽い。確かにアメリカは侵略をしているとは思いますよ。だからと言って
飢えた獣の檻に肉もって歩いている3人に同情なんて出来ない。ライオンの為に檻に入って餌をやり
にいってもライオンは腹が減っていれば人間を襲いますよ。獣にイラクを例えてイラクの人には
悪いけどそれぐらいの狂気が渦巻いている土地であります。

まあここまでが私の「正論」であります。しかし私は見捨てるなんてことはしてはいけないとは思います。
ガロアウスさんの意見では「テロに屈しない姿勢」を貫くとのお考えのようですが確かに国としては
そのような姿勢を貫くべきであります。そうしなければいけないんです。
唯、「テロに屈しない姿勢」=見捨てる事が答えではないと考えます。これからの交渉や作戦によって
まだまだ人質奪回の手立てが取れる可能性もあるわけですから。実際のところ電撃作戦でもって
人質奪還ができれば一番良いと思ってます。唯、国全体が「自衛隊撤退!」とヒステリックになって
いる事に疑問を持ちましたので下の様な意見を書きました。人質が生きて帰ってこれたらそんな言葉の
一つも言ってやりたいもんだと思うんです。
これはHideさんの意見への回答にもなってると思いますが。。

お名前: ガロアウス   
 すぐ後に稽古に出掛けますから、議論はまたあとにしたいのですが、神戸での体験を少
し書いておきます。
 私は神戸の地震でボランティアに行きました。
 東京から電車、バスを乗り継いで行ったのですが、まず、到着した夜から、困りました
ね。泊まるところがないのです。
 当時は、神戸市役所の一階から三階まで、布団を引っ被って乞食のような格好で被災者
が寝ていました。その状況下で、「自分の寝る所を紹介してくれ」といっても無駄な話で
す。困り果てて、「開いている旅館はありませんか?」と尋ねて大笑いされました。
 まったく間抜けな話です。みなさんだって笑うでしょうね。
 しかし、私としてはボランティアに行きたいという純粋な気持ちで行ったのです。
 しかし、考えてみると、神戸なんてまだまともでした。
 たとえば水。
 イラクの人々は飲料水の確保に苦しんでいると報道されてますが、神戸は私の行ったと
きには、既に自衛隊の給水車が出てましたし、水の出ている所も多かったのです。(たと
えば、神戸市役所、中央区役所などでは水洗便所が使えました。小学、中学で水道、水洗
トイレが動いている所は多数ありました)
 食糧はどうか?
 私も多少、用意はしていきましたが、車で行ったわけではありませんから、それほどた
くさん持ち込んだわけではありません。しかし、中華街では肉まんとか販売していました
から、金さえ出せば、食糧に困ったわけでもないのです。
 結局、神戸地震の場合は、私のように、ろくな準備もなく飛び込んだ間抜けにも、なん
とかなるケースだったということです。
 今回のイラクはどうか?
 今度の3人がどんな立場の人か私は知りません。
 しかし、寝る所、食糧、飲料水などの確保をどう考えていたのでしょうか?
 もし、自衛隊の活動に反対という立場でしたら、自衛隊の供給する飲料水に頼ろうとす
るのは、立場が変ですね。
 神戸の地震でも、いざ現場に行ってみると、さまざまなことがわかります。
 私は基本的に、イラクのような場所に行こうとするのなら、「自己完結型」つまり、寝
場所、食糧、飲料水など生活に必要なものを自分ですべて用意できる、訓練された組織以
外は行かないほうがいいと考えています。それが、神戸地震を現場で見た人間としての結
論ですね。

お名前: よーへい   
ってか、これだけ専門的な意見が出たら皆さん書き込み難いと思いますが・・。

個人的には、確かに3人も危険な地域に足を踏み入れたことがいけないとは思います。
しかし、彼等はイラク国民のために行ったはずです。そして拉致されました。
そして犯人は自衛隊の撤退を要求しています。彼等が人質として捕られたのも全ては
大儀なき派遣を国が決定したからでしょう。そんな彼等を見殺しにしろと言うのでしょうか?
それは余りにも非人情的、非人道的だと思いますけど・・。

お名前: 怒髪天   
別にガロアウスさんはアメリカ支持ではないとおもうんですが・・
愚痴だけなら言っても意味がないと仰ってるんではないでしょうか?

お名前: へっぽこ   
九郎さん

>右のバーが1cmになってる時点で、書く気がうせると思うのですが・・・。
それもそうですね(笑)。

ただ、個人的には、剣道だけやっていてもダメだと思うんです。
剣道で生き方を学び、それで物事を考えてゆけなければ、剣「道」の意味がないように
思うんです。

>戦いは常に相対正義だと思うのですが・・・。
そうですね。
私もそこがポイントだと思います。
テロはテロで、(金目当てでない場合)自分が正義だと確信している。
だから、自爆テロができるんです。

お名前: 九郎   
へっぽこ様
>これだけの人しか書き込みをしていません。
これだけ圧倒的な独壇場にしておいて、そんな事を言うかって気持ちです。
右のバーが1cmになってる時点で、書く気がうせると思うのですが・・・。

ガロアウス様
横槍すみません。フセイン政権が続けばよかったという事はないと思います。
ですが、イラクの問題はイラクで解決するのが筋だと思います。


個人的には、アメリカの絶対正義的考えは気に入らないですね。
戦いは常に相対正義だと思うのですが・・・。
アメリカの「自分は正義」主義を表す、有名な「パールハーバー」という映画。
2機のP−40と5機の零戦の空中戦で零戦が全滅するというシーンがあります。
零戦の型番は三二型。当時として最強の戦闘機です。
っていうか、そもそも零戦5機の編隊がまずありえない。
ではなぜ、こんなシーンが存在するのか、存在してしまったのか。

それは、日本が敗戦国だからだ。

きっと50年後くらいには、イラク戦争を題材にした映画ができて、奴らは
こうしてイラク国民が解放された、みたいなことを言い出しますよ。

お名前: へっぽこ   
付け加えれば、フセイン政権を妥当するために空爆で罪のない多くの市民を巻き添えに
する正当性を米国は有していなかったということです。

お名前: へっぽこ   
米国にイラクを空爆する正当性はなかったということです。

お名前: ガロアウス   
つまり、フセイン政権が続けば良かったと??

お名前: へっぽこ   
米国はイラクに空爆すべきではなかった。
だから「空爆しない」というのが代案になるのでしょうか。

米国の対応が自体を好転させているのであれば、代案云々の話になるのかもしれませんが、私には、米国のイラク攻撃が自体を悪化させたとしか思えません。
個別の判断ではなく、力を力で制圧するという基本姿勢に賛成できないということです。

お名前: ガロアウス   
 「暴力の連鎖はけしからん」とおっしゃるのは、当然です。みんなそう思っているでしょ
う。
 で、あなたに代案はあるのですか?
 たとえば、2001年9月11日、ニューヨークテロが起きました。あなたが、アメリ
カ大統領だったら、そこで何をしたのですか?テロリストの要求を聞いて、イスラエルを
滅亡させることに同意なさるのですか?テロリストに反撃せず、かといって、テロリスト
も十分に満足させる手段などあるのですか?
 もし、そんな手段があるのだったら、世界の人に教えてあげてください。みんな聞きた
がっていると思いますよ。
 私は代案が出せないときには、他人を批判しないことにしてます。中東問題の複雑さと
いうのは、われわれ日本人にはとうてい理解できないレベルです。なにしろ二千年の怨念
がつまっているのですから──。
 波多野敬雄氏(元国連大使)という方がおられます。テレビのコメンテーターにもよく
登場してましたね。
 この方は、イラク問題について、国連でどういうやりとりが行われたか、すべて、自分
の眼で見てきた方です。
 この方は、アメリカのイラク攻撃について、かなり同情的な言動をしていましたね。
 ところが、国連でのやりとりがどういうものであったか、何も知らない人に限って、
「もっと国連での話し合いを続ければよかった」と言ってます。
 もっと現場の人の意見を聞くべきじゃないですかね。
 少し話は飛びますが、オウムという宗教団体があります。いまでもアレフとして活動し
ますね。
 あの連中が麻原奪還テロを計画しているとの噂はあるようです。仮定ですが、復讐のた
めのテロがオウムの連中によって起こされたとしましょうか。そのとき、みなさんは、「そ
れみろ。暴力の連鎖が起きるから、麻原を逮捕したのは間違いだったのだ」と言いますか?
言わないでしょう。将来、復讐のためのテロが起きるかもしれないが、やらなければなら
ないときがある。世の中とはそういうものです。
 いまのイスラエルがヤシン氏を殺害したことに対して、おそらく報復テロがあるでしょ
う。イスラエルにもそれはわかっているはずです。
 日本の警察当局は、「麻原を野放しにしてもテロが起きる。麻原を逮捕したら奪還テロ
が起こされるかもしれない」という状況で逮捕の道を選択しました。
 私はイスラエルのやったことを正当化するつもりではありませんが、おそらく日本のオ
ウムに置き換えると、イスラエル当局の判断は日本の警察と同じだったのだろうなと秘か
に同情してます。
 繰り返しますが、アメリカの政策をけなすつもりなら、代案を出してください。単に「話
し合いを続ければよかった」だったら小学生でも言えます。

お名前: へっぽこ   
気になったこと

このトビについて、一部の人しか書き込みをしていません。

剣道をされている方が集まっているこのサイトで、これだけの人間からしか意見がでな
いことが残念です。
人間形成の道として剣道をされているのであれば、今回の問題について問題意識をもた
れるのが当然なのではないでしょうか。

試合に勝つことや、剣道に強くなることが剣道ではありません。
人間形成の道として剣道をされている方が集まるサイトだからこそ、より活発な意見が
でてしかるべきではなないでしょうか。
意見の内容はともかく、このような問題について考えないようでは、何が人間形成の道
なのかと思ってしまいます。

剣道の理念をこの問題に当てはめたらどういう意見になるのでしょうか。

このトビが、私と、ガロアウスさんとHideさんの議論の場になっているのは残念です。

お名前: へっぽこ   
ガロアウスさんへ

あなたが博学であることは良くわかりました。
しかし、私が書いた「暴力の連鎖」についてどうお考えなのでしょうか。

私の書き込みから「米国の力による制圧によってテロはなくなりましたか?」という一文を抜き出して意見されているだけですよね。

あなたの書き込みを読んでも、「今の状況が、力での制圧がテロをなくすことにつながるものではなく、テロを拡散することになるだけであることを示している」ことにかわりはないでしょう。
身内を殺されたイラク人による報復が悪で、米国の攻撃が正義だと決めることができる
のですか?

お名前: ガロアウス   
 中国の『三国志演義』に「泣いて馬謖を斬る」という有名なエピソードがあります。馬
謖は諸葛亮孔明の愛する弟子でした。
 馬謖が軍律違反をして大敗したとはいえ、孔明は彼の処刑を望んではいませんでした。
しかし、私情においてしのびないとはいえ、政治家として決断を迫られて、孔明は馬謖を
斬ったのです。
 政治家はときとして、泣いて馬謖を斬らなくてはなりません。というより、「泣いて馬
謖を斬る」決断のできない人が政治家を目指すべきではないのです。
 話は飛びますが、新約聖書マタイ伝に次の話があります。

>>あなたがたはどう思うか。ある人が羊を百匹 持っていて、その一匹が迷い出たとすれ
ば、九十九匹を山に 残しておいて、迷い出た一匹を捜しに行かないだろうか。<<

 一匹のいなくなった羊を探しておろおろするのは、宗教家の仕事としては正しいのでしょ
うが、政治家の仕事ではありません。いなくなった羊よりも、目の前の九十九匹の生活を
考えるのが政治家です。
 みなさんの発言を読んでいると、宗教家の仕事と政治家の仕事を混乱しているように感
じられます。
 3人の人質をとられて政策を変えるべきだと主張なさるのはけっこうですが、もし、い
まの自衛隊の給水活動で恩恵を受けている人が、3人の人質をとって、「帰るな!」と要
求してきたら、どうするつもりなのですか?人命は地球より重いから、さっそく自衛隊を
元に戻すのですか?そして、また別の人質事件が起きたら、すぐ日本に引き返すのですか?
 人質をとられるたびに、政治家はコロコロ政治を変えるべきだと本当に考えているので
すか?
 まあ、私は小泉首相がそこまで愚かとは思ってませんから、そんなことで心配している
わけではありませんけど……。
 しかしみなさんは、かつての日航機ハイジャック事件からなにも学ばなかったのですか?
というより、若い人はあの事件そのものを知らないのじゃないですか?
 古い新聞を調べるのなら、1977年9月28日のことです。
 人質をとられて、政策変更などやるべきではありません。日航機ハイジャック事件以上
の国際的大恥をかくことになります。みなさんは、それでもいいのですか?
 もう一つ書いておくと、イラクについては、事実上の渡航禁止になっているはずです。
外務省は危険な地域については情報を出しています。たとえば、
ここを見てください。
 でも、イラク国境に日本の外務省の役人が立って監視しているわけじゃありませんもん
ね。無理に入国しようとする人間を止める手だてはありません。
 あくまで自己責任が原則です。

お名前: へっぽこ   
政府が3人を見捨てた今、頼れるのは3人を拘束している集団の良心しかありません。
尊い活動をされてきた3人が無事解放されるのを祈るばかりです。

お名前: Hide.    URL
皆さんのカキコを読んでいてなんともいえない憤りを覚えました。
「対案」がないと意見を述べても現実味がないとお叱りをいただくのかもしれませんが、
一言書かせていただきたく存じます。

たしかに今のイラクに民間人が行くことはたいへん危険なこと。でも、あの人たちは夜の
歌舞伎町遊びに行ったわけでも、自分のわがままを通して雪山に昇りに行ったわけでもあ
りません。国から何の援助も保障も、そう、安全の保障すらないにもかかわらず、自ら
「イラクの人たちのために」「イラクの今を見つめに」行った人たちなのではありませ
んか。「見殺しにしろ」「自己責任」・・・本当にそんな言葉で片付けてもいいものなの
でしょうか?
国が責任を取れないのなら、なんで「渡航禁止」にしないのですか? 密航してイラクに
入ったわけでもあるまいに。だとするならば、日本国が日本国民を守る義務があることは
誰が考えてもわかるはず。
もしこの掲示板を拉致された方のご家族や関係者がお読みになったら、どのように感じ
るか・・・。「剣道人ってなんて人非人の集まりなんだ」って思うと思いますよ。いや、
少なくとも私が家族だったら許せるご発言ではありません(-_-)


平和ボケといわれるかもしれませんが、日本は世界にも認知された「不戦」の憲法を持つ
国家です。それはアメリカが主導してできた憲法によるものだったのではありませんか?
日本の国力がアメリカの期待以上に回復して今度は軍隊を差し出せというのでしょうか?
どれだけ日本は戦争に加担するのでしょうか? 基地問題にしてもしかりです。
いじめは黙ってみているだけでもいじめに加わっているのといっしょですね。日本はアメ
リカに基地を提供することによって、積極的に戦争を「支援」してきた歴史すらあります。
いつまで「敗戦国」なんでしょうか?
湾岸戦争で日本が金だけ出したと非難されたのは「戦費」を負担し「手を汚さずに戦争に
加担した」からですよね? それは「生き金」「死に金」?
アメリカとその傀儡政権のおかげで、私たちの国にまでテロの脅威が襲い掛かってきてい
ます。

いかなる理由があろうと、断固断っていいはずです。個人と家族を守るための国家なので
はないのですか? 私は人殺しに加担するために税金を支払っているつもりはありません。
戦争に大儀などあろうはずがありません。まして今回のイラク戦争は国連を無視しての
暴挙でしたね。
いつでも苦しむのは民衆です。それは歴史が証明しているばかりではなく、現在進行形
の事例を見ても明らかです。こんな愚かなことは、一刻も早くやめるべきです。
人の痛みを知ることができる剣道愛好家だからこそ、私は争いごとに「力」を使うべきで
はないと主張したいのです。

報復合戦はどこまでも続きます。私も家族が殺されたら復讐に立ち上がりたい衝動に駆ら
れるでそう。でも、そんなことをしても死んでいった人間は戻っては来ないのです。
「命は地球よりも重い」はけっして念仏ではありません。
誰かが英断の旗を振らなければ・・・。

お名前: ガロアウス   
「米国の力による制圧によってテロはなくなりましたか?」

 この問いにお答えする前に、少し別の話をしましょう。
 昔からいっこうになくならない問題に「いじめ」があります。かつて、鹿川君の自殺
(86年2月1日  東京中野富士見中 鹿川裕史くん13歳が盛岡駅ビルトイレで首吊り自殺)
などは大きく報道されました。こういう事件の直後には、「こういう悲劇は二度と起こっ
てはならない」と校長の談話が発表されますが、しばらくするとまた起きるのが普通です。
 このサイトでも、定期的にいじめの相談があるようですね。
 さて、それでは、いじめがなくならないから、今の文部科学省の行政が悪いという立場
で私がものを言うのか??私はそんなことは決して言いません。
 なぜかって?私は人間世界から「いじめ」は決してなくならないと見ているからです。
 人間が人間である限り、いじめは続くし、戦争も犯罪もテロもレイプもなくならない─
─それが私の立場です。
 ところが、世の中にはそう思っていない方もいらっしゃるらしい。
 たとえば新聞の投書欄に「いじめを出した学校の教師はクビにすべきだ」とか「いじめ
を出した学校の教師や校長は減給にすべきだ」なんて意見が載ったりしますね。
 私はまったく不同意です。そもそも無くなるはずもないことを仮定してものを言ってる
のがおかしいのです。
 話がそれすぎかもしれませんが、「ゆとり教育」についても同じことが言えます。
 あれは、クラス四十人が仲良く全員授業を理解して……ということを前提としてます。
そもそも、四十人が集まって授業を受ければ、ある人はすばやく理解し、ある人はさぼり
……というのが人間世界でしょうが、まったく机上の空論のもとに組み立てられたのが「ゆ
とり教育」でした。それがどう破綻したかは、みなさんご存じの通りです。
 さて、本題に戻ります。
 私は「戦争を無くせないから国連は馬鹿だ」という発言はしません。それは、「犯罪を
なくせないのは、日本の警察が馬鹿だからだ」という発言をしないのと同じ理由です
(注 とはいえ、私は国連には否定的な考えの持ち主ですけど)。戦争も犯罪も人類の始
めから終わりまで存在するのであって、それが無くせないからあいつは馬鹿……という発
言は意味を持ちません。
 ところで「米国の力による制圧によってテロはなくなりましたか?」なんて問いを発し
ているとは、つまり、テロがなくなることがあると本気で考えてらっしゃるのですか?
 テロとは人類の始まりから既に存在してました。これからも決してなくなることはあり
ません。私はその前提でものを言いますし、「テロがなくならないのはアメリカが馬鹿な
せい」とは決して言いませんね。
 問題は代案が出せるかどうかです。
 「米国の力による制圧によってテロはなくなりましたか?」などというのは、議論の前
提が既に支離滅裂です。

お名前: へっぽこ   
暴力の連鎖

●テロの種

米国はイラクへの空爆を行いました。
その結果、多くの罪のないイラク人が殺害されました。
親や子供や兄弟を殺されたイラク人は、これはフセイン打倒のためだからと納得したで
しょうか。私はそうは思いません。
彼らに残るのは、米国(とその協力国)への憎しみです。
子供を殺されたイラク人の何割かは、米国への報復に身を投じたでしょう。
親を殺された子供達の何割かは、将来米国への報復に身を投じるでしょう。
そして、肉親を殺されたイラク人による米国への報復活動は、米国からみたら「テロ」
と呼ばれることになります。
しかし、彼らにとって、それは正当な報復活動に他なりません。
結局、米国のイラク攻撃は、テロの種をまき、拡散させることになっただけです。

●どちらに正義が

イラクを空爆したブッシュと、彼らの米国への報復のどちらが正義なのでしょうか。
私には、罪もないのに空爆により身内を殺されたイラク人による報復の方が(正当なも
のとはいいませんが)理解できます。
ブッシュのイラク空爆は、米国の面子と兵器産業からの利権によるものにすぎません。

●力ではテロを制圧できない

力ではテロを制圧できません。
自爆テロを見ればわかるように、彼らは死を恐れません。
死を恐れない集団に対して、攻撃は抑止力にはなりえません。
結局、力での制圧によって罪のない人々が巻き添えとなり、テロの種を植えることになるだけです。

前にも書きましたが、米国の力による制圧によってテロはなくなりましたか?
今の状況が、力での制圧がテロをなくすことにつながるものではなく、テロを拡散する
ことになるだけであることを示しているのではないですか。

お名前: ガロアウス   
 ポール・ボネという人の書いた、『不思議の国ニッポン』という本に次の話が紹介され
ています。細部は忘れましたが、こんな話です。

 戦後日本にやってきた欧米人たちが、日本人に、これからどんな国になりたいかを質問
した。むろん、アメリカとかイギリスという返事を期待していたに違いない。ところが、
かえってきた返事は「日本はインドのようになりたい」だった。その返事を聞いた人達は、
「なんで、あそこまで落ちぶれなければいかんのか……」と言葉を失った……。

 ガンジーに関して詳しく書くのはスペースの都合で遠慮します。ただ、日本人のインド
に対する誤解を植え付けるのに最大の貢献をしたのがガンジーであることは間違いないで
しょうね。
 いまだにその誤解が解けてない人がいるわけですか?
 インドの歴史を調べてみれば、インドは決して平和国家ではないし、ガンジーがすばら
しい国を作ったわけでもないことはすぐわかるはずです。
 参考までに、イラクがクウェートに攻め込んだ1990年8月の直前のタイム誌に、い
つ戦争になってもおかしくない地域として、イラク対クウェート、そしてインド対パキス
タンが紹介されてました。
 もし、核兵器対核兵器の戦争が起きるとしたら、それはアメリカやロシアではなく、イ
ンド対パキスタンであろうと予測する専門家が多いことくらいはご存じでしょう?
 もういいかげん、ガンジーなどありがたがるのはおよしなさい。
 ガンジーの功績をすべて否定するつもりはありませんが、インドは決してガンジーの路
線を歩んだわけではありません。
 もひとつ付け加えておくと、日本人旅行者でインドに行って詐欺にあう人って多いんで
すってね。ガンジーのイメージが強いものだから、インド人はみな、善人で哲学者くらい
に思って旅するのですが、なんのことはない、暮らしている人はただの人間だったのです。
お金を巻き上げられて大使館に駆け込む人はあとを断たないのだとか──。
 ガンジーも罪作りな人です。

お名前: へっぽこ   
非暴力で効果があった例・・・マハトマガンジー

対米同時多発テロ後の力で抑える米国の対応により、世界情勢が悪化している可能性は
ありませんか?
歴史の検証は既に選択されたものの検証であって、違う選択をしていたらどうなってい
たかの検証はできないでしょう。

いえることは、米国がこれまで相手を力でおさえつづけてきて、その結果が今のイラク
情勢と各地でのテロの危機でしょう。
力での制圧により平和は実現していますか?

お名前: ガロアウス   
 先日、テレビを見ていたら手塚治虫の『火の鳥』をやってました。
 手塚治虫が亡くなった同じ日、若王子信行氏の死をテレビが伝えていましたが、みなさ
んお気づきでしょうか?昭和六十一年11月に、フィリピンで日本人商社マンの誘拐事件が
ありましたが、その被害者であった若王子信行氏は、手塚治虫と同じ1989年2月9日に亡
くなられたのです。
 フィリピンのマニラで誘拐された若王子氏が、犯人に解放してもらうのに、いくら身代
金を払ったのか私は知りません。まあ、裏で会社が動いたのでしょうから、億単位のお金
を支払ったのでしょう。
 私は、原則として、テロリストの要求に屈するのには反対です。
 若王子氏に「犠牲になって欲しかった」などというと、叱られそうですが、テロリスト
の要求を呑むと、必ず次のテロが起きるのです。
 南米などでも、日本人を狙った誘拐事件はたびたびありましたが、みなお金で解決して
いるようです。そして、それが新たな誘拐事件につながっていきます。
 ところで、西ドイツの特殊部隊がハイジャックされたルフトハンザ機に突入したとき、
むろん乗客に犠牲者が出ることは覚悟したでしょう。しかし、日本の福田首相にはその覚
悟がありませんでした。
 乗客に犠牲者が出れば、マスコミに叩かれるし、問答無用で犯人を射殺することに対し
ても、マスコミから非難があがります。(日本のマスコミは必ず犯人側にたってものを言
うのです)
 困ったときは、金で解決する──というのは、いかにも日本的ですが、問題を先送りし
ているだけでしょう。しかし、当時の福田首相の決断は、朝日新聞の投書欄では、けっこ
う誉められたんですけどねえ。いやはや……。

お名前: ガロアウス   
 「力で解決しようとする」のに反対とおっしるのは立派ですが、歴史上、力以外の方法
で独裁者が倒れたことなどありません。
 湾岸戦争のとき、瀬戸内寂超という尼さんが、寺にこもって断食したり、念仏唱えたり
しましたが、こんなことで倒れた独裁者っていましたっけ??私はあいにく、一人として
知りません。
 米国が罪もない人を巻き込んだと非難するのも簡単ですが、無実の人を巻き込まずに独
裁者だけ排除することは、ほとんど不可能です。
 できるとおっしゃるのなら、「こういう方法なら、罪のないドイツ人を巻き込まずにヒ
トラーだけ排除できた」などという方法を示して頂きたいものです。
 第二次世界大戦のドイツでは、東京大空襲のようなのがたくさんありまして、無実の人
がたくさん亡くなりました。だからといって連合軍を責めるのは酷というものでしょう。
 一人の独裁者が出れば、無実の人が何万、何十万人と巻き添えをくう──これが歴史で
す。いい、悪いの問題ではありません。
 念のため付け加えると、いまのアメリカも、戦争やるよりは……というわけで、独裁者
だけ狙った暗殺部隊を派遣しているケースもあるようです。むろん公にできる話ではあり
ませんから、正確な実情を私は知りませんし、事実が明らかにされるのは百年は先のこと
でしょうけど。(アメリカが狙った有名な例をあげるとキューバのカストロとか)
 ハマスの精神的指導者ヤシン氏がイスラエルによって殺されたと最近騒いでますが、そ
ういう裏の戦争というのも昔からあったようですね。かつて、国連のハマーショルド事務
総長が事故死したとき、裏でソ連が動いたのでは──と噂が飛びました(私はむろん真実
は知りません)。一九八一年五月にローマ法王ヨハネ・パウロ二世暗殺未遂事件というの
がありましたが、裏で指示を出したのはソ連とされています。
 私はこういうのが望ましいと言っているのではありませんよ。
 世の中には表の戦争があれば、裏の戦争もあります。これが世の中だと言いたいだけで
す。
 かつて福田首相の頃、西ドイツのルフトハンザ機でハイジャック事件がおきました。西
ドイツ特殊部隊が突入して犯人が全員射殺されるという結末でした。
 ところが、その一ヶ月前、日本航空の旅客機がハイジャックされたのですが、日本政府
は犯人の要求を全面的に受け入れ、何億というお金を渡して、おまけに凶悪犯を刑務所か
ら釈放するという暴挙までやりました。
 テロリストの要求はなんでも呑む日本という国際的イメージはここからきています。
 また、日本政府がテロリストの要求に屈したということが、一ヶ月後のルフトハンザ機
のハイジャックを招いたとも言えるのです。つまり、日本がテロリストの要求を聞くかど
うかということは日本一国の問題ではないのです。
 さて、その息子がいま官房長官をしているようですが、今度はどんな対応をするのです
かね。親父の不始末の尻拭いはしっかりやって欲しいものです。

お名前: へっぽこ   
なんでも力で解決しようとする米国の戦略に反対。
米国の爆撃で多くの罪のない人々が死んでいる。
(米国も立派なテロリスト?)
罪もないのに家族を殺された人々は、米国政府がどんな説明をしても納得できないだろう。

日本は、米国の飼い犬として米国の言われるままで、米国に意見もできない・・・。

暴力に暴力で対抗するのは憎しみを生むだけで、何の解決にもならない。
現状がそれを示していると思う。

今解決すべきことは、3人の命を守ることだろう。
一旦撤退し、本当に復興支援する気なら、再度派遣すれば良い。

お名前: 怒髪天   
みなさん随分テロリストに寛大なんですね。学生のマスターベーションに付き合わされた
上にテロリストの言い分にまで同情的なんて人道主義万々歳ですな。
自分で責任とれない人間は夜の歌舞伎町歩いちゃいけませんよ。それと何らかわらんよ。
香港や台湾あたりで行方不明になって東南アジアに売り飛ばされる奴らは隙があるからで
そんなもんに一々反応してたらキリが無い。親も「撤退してください」とか言ってるでしょ?
痴呆が始まっていないとしたらこんな非常識な人間はいない。この親にしてこの子あり

なんだろうな。好きなことやってるんだから人に迷惑かけないのは最低限のこと。
こういうことを「恥」とも思わないんだから。手前のケツは手前で拭けって。
アメリカの子分〜と言う意見があるがこれで屈したら子分どころか国と呼べませんな。
大体こんなことでガタつく国なんてあるか?

お名前: ガロアウス   
 自衛隊派遣に反対なさるのはけっこうですが、代案は出せるのでしょうか?
 自衛隊派遣に反対のマスコミも、実はイラクの人達の多数派が自衛隊が来るのに賛成だ
ということは報道せざるを得ませんでした。
 では自衛隊派遣をやめたとして、いったい日本はなにをすればいいの?
 せっかく軌道にのりはじめた給水活動をほっぽりだして帰れば、テロリストは喜ぶでしょ
うが、イラクの一般の人達はどうなるのでしょうか?
 自衛隊ではなく、民間ボランティアでと主張なさる人もいますが、別に民間だから襲わ
れないということはありません。その民間ボランティアが襲われた場合、他国の軍隊に守
りに来てくれとでも言うのでしょうか?
 「我が国はきれいごとでいきますから、手の汚れるきたない仕事はお宅でやってね」と
でも言うつもりですか?
 むろん、金だけ出してそっぽを向くというのも一つの選択ではあります。
 湾岸戦争のとき日本はそれをやりました。結果、膨大なお金を出したあげく、誰にも感
謝されませんでした。
 あの繰り返しをしたいのですか?
 もう一つ。
 戦争の大義などと言う人は肝心なことを一つ忘れてます。
 イラクのフセインはクウェートに攻め込み残虐なことをしました。そして、戦争後も、
堂々と政権の座にいすわり、好き勝手なことをしていたのです。
 日本はあの戦争のとき、金だけ出してごまかすようなことをしたので、ふつうの日本人
は湾岸戦争の記憶がすっぽり抜けてます。
 日本でいえば、東条英機首相が太平洋戦争後も十年以上にわたって政権の座にあり、好
き勝手なことをしている状態を思い浮かべてください。
 もし、そんなことがあったとしたら、中国はそれだけで日本に軍隊を送り込む理由とし
ては十分な「大義」だと判断したことでしょう。それで当然です。
 みなさんが、クウェート人だと仮定してみてください。
 湾岸戦争後、本来なら、戦犯として裁かれるはずのフセインがそのまま権力の座にいす
わっていることが、どういうことなのか考えてみてください。
 当時のアメリカがフセイン除去までやらなかったのは、いろんな事情があったことでしょ
う。日本の専門家は、「とことん追い詰めなくても、恥をかかされたフセインは失脚する
しかないのだ」なんて言ってましたね。
 私は当時、中東専門家といわれる人達が、どれほど間違った予想をするか身にしみまし
た。いま、思い浮かべて、当たった予想なんてありましたっけ??
 長くなるので、このへんでやめますが、ともかくみなさんは、自衛隊派遣をやめたとし
て、日本はなにをすればいいと思っていらっしゃるの??
 

お名前: へっぽこ   
日本国民が自衛隊の派遣をのぞんでいるわけではない。
日本政府が、米国の子分として派遣しているだけ・・・・。

自衛隊員もイラクに残りたいなどと思っていない。
現地でも警備に人をさかれてたいした活動もできていない。

「復興支援」は建前にすぎず、イラクはそう見ていない。
3人は、自衛隊を派遣したから拉致されたのであって、国が保護すべきだろう。
福田官房長官は、復興支援のために行っているから撤退する理由はないと説明していたが、3人の人命は撤退の理由にならないのか。
(報道陣はなぜ聞かないのだろう。所詮、報道陣との想定問答か。)

人命最優先のための決断を望むが、米国の子分となっている日本政府にその決断を期待するのは難しい。

お名前: 怒髪天   
まあ今のイラクに日本人が行くなんてのは死にに行くようなもんですけどね。

お名前: ぐり   
結局、日本が自衛隊を派遣したこと自体が間違った判断だったのではないでしょうか。

自分の個人的な意見としては、
世界各国の猛烈な反対を押し切って、大義の曖昧なイラク戦争を始めたアメリカ・イギリスが一番悪い。
大量破壊兵器は未だ発見されないし、情報操作もするし、劣化ウラン弾で罪無き人の命を奪うのみならず
その子孫の人々にまで苦しみを与える。
そして、その戦争を支持した日本も悪い。
日本とアメリカがいくら仲が良いとはいえ、何でもかんでも一緒に行動するというのは
真の仲良しとは言えないでしょう。片方が間違ったことをした、またはしようとしている、としたら、
毅然とした態度でそれを静止するのが、真の仲良し、友情というものだと思います。
仲良し、友情という単語で片付く問題でないことは重々わかってはいるのですが・・・
自衛隊派遣が、日本の主体的な判断ではなく、アメリカから半ば強制的に「自衛隊出さんかい!」と言われて
従っただけという、なんとも腰抜けな話です。

少しお題から外れてしまいましたが、こうなったら、3人の無事を祈るしかありません。

お名前: ガロアウス   
 昔、福田赳夫首相(いまの官房長官のお父さん)が、「人命は地球より重い」と、テロ
リストの要求をのんで、日本が世界で大恥をかきました。
 あの二の舞はやめて欲しいですね。
 冷たいようですが、今回の3人は見殺しにするのが正しい判断だと思います。
 イラクが危ないことなど初めからわかっていたのです。日本政府は彼らが行くことなど
許可したわけではありますまい。危ないところに勝手に飛び込んでいって、危険になった
から、国の責任で救助すべきだというのは論理がおかしいです。
 吹雪の冬山に乗り込んだ登山家が「助けてくれ」といっているようなものです。
 以前、早稲田大学の探検部が、「危ない」とさんざん大使館から注意されていたにもか
かわらず、パキスタンかバングラデシュの危険地帯に出掛けて、誘拐されて、億の身代金
と引き換えに解放されるという事件がありました。
 テレビのコメンテーターは、いつも、「自衛隊なら襲われるが民間ボランティアなら襲
われない」などと、世界の非常識を繰り返してますが、日本人のノーテンキ振りは、あの
早稲田の事件からなにも学んでいないということなんでしょう。
 自衛隊のように国の責任で送り出した場合ならともかく、今回のように危ない場所に勝
手に出掛けた場合は「自己責任」が原則です。
 「小泉首相は(救助するよう)ちゃんとアメリカに電話したのか!」などと、朝の番組
でコメントした人がいましたが、馬鹿を言うのもいいかげんにしなさい。
 世界の非常識もここまでくると、アゼンボーゼンびっくり仰天ですね。

お名前: よーへい   
でも本当にテロリストって汚いですよね。自衛官を拉致するんじゃなくて、
ガードの甘い一般の民間人をさらって行くなんて本当に汚いです。
テロに屈して欲しくは無いですが、小泉総理と福田官房長官には人命を最優先で
行動して欲しいものです。結局アメリカの手先とみなされたってことですからね(^^;)

お名前: Hide.    URL
管理人のHide.です。

あくまでも個人的な意見ですが、私は自衛隊のイラク派遣に「国是はない」と考えており
ましたので、あくまでも「人命尊重路線」でモノを考えてほしいですね。
「真の復興支援とは何か」を今一度問い直すべきでは?

悔い改めるのに遅すぎるってことはありませんから(^^)


3人の方の安否ならびに開放を心から望みます!!

お名前: 九郎   
自分が航空自衛隊を目指しているせいか、こういうニュースを見ると胸が痛みます。
拉致された三名の方、恐らくある程度覚悟の上のことだったと思うのですが、
「自分が(家族が)もし・・・」と考えると、震えが止まらなくなります。
推察を言い出すと、きりがありませんが、
ビンラディンがCIAのエージェントだったと主張する本もあります。
そのことも考えに入れると、
今の世界の情勢に深い謀略の匂いが立ち込めているような気がします。
(もっとも世界の情勢には常に謀略が渦巻いているのですが・・。)
ニュース一つでがやがや騒ぐのは得策ではないように感じます。
剣道の例え話ですが、
担ぎ技やフェイント技などの動揺を誘う技には落ち着いて中心を押さえるのが一番かな、と。
三人の生死は政治が決めることです。
政治が個人を守るのか、世界とのバランスを守るのか、微妙なところですが、
無事を願いたいです。

お名前: 問題提起   
日本人が三人拉致されました。


記事一覧に戻る